パスコード要求「iPhoneのロック解除パスコードを60分以内に変更してください」と表示されたときの対処法

Twitterで「パスコード要求 iPhoneのロック解除パスコードを57分以内に変更してください。」と表示されたことを警告するツイートが、話題になっています。


この問題については、じつはApple側で「その原因はコレです」と確定している情報はないのですが、考えられる原因と対処法を紹介します。

Webサイトを開いたときに表示された場合

まず、考えられるのが「フィッシング詐欺」です。

Webサイトの閲覧中にパスコードを要求された場合は、パスコードを盗み出そうとするフィッシング詐欺の可能性があります。

Webサイトの閲覧中に表示された場合は、パスコードを入力せずに「後で」をタップしましょう。

一度、ブラウザを閉じるのも有効です。

iPhoneを起動したときに表示された場合

Twitterで話題になっているのは「iPhoneを起動したとき」に表示される場合です。

この現象について、Appleはサポートページで次のように案内しています。

構成プロファイルや Microsoft Exchange に基づくメールアカウント (企業や教育機関のデバイスでよく利用されます) では、パスコードについてポリシーが定められていて、それが理由で以下のような問題が起きることがあります。

  • パスコードをオフにすることができない。
  • パスコード設定がグレイ表示されるなど、利用できないため、変更できない。
  • 「パスコード要求」という警告メッセージが表示される。たとえば、「iPhone のロック解除パスコードを 60 分以内に変更してください」というメッセージが表示されることがあります。

iPhone、iPad、iPod touch でパスコードを使う – Apple サポート

要するに、「会社や学校から貸し出されているiPhoneの場合、設定によっては表示されることがある」ということです。

お手持ちのiPhoneが貸し出されている端末の場合は、管理者に問い合わせてみてください。

個人所有の場合の原因は不明

問題は個人所有のiPhoneで表示される場合です。

このときに表示されてしまう原因はわかっていません。

対処法としては次の2通りがあります。

  • iPhoneを再起動する
  • iOSを最新版にアップデートする

iPhoneを長期間利用していると、まれに不具合が起きることがあります。この不具合は、基本的には再起動することで解決できます。

また、iOSのバージョンが古いとセキュリティの脆弱性をつかれてパスコード要求画面が表示されている可能性も考えられます。
そうしたことを防ぐために、iOSをつねに最新版にしておきましょう。

この問題について原因は特定されていませんが、今のところは「パスコードを入力せず、再起動する」という対処法が効果的です。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

画像は「Apple サポート」より引用

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ