スマホ1台で誰でもVTuberになれる新機能エモモがすごい!【ミラティブ】


ライブ配信プラットフォーム『Mirrativ』が運営するミラティブは、スマホ1台で誰でもバーチャルYouTuber(VTuber)のように生配信ができるアバター機能「エモモ」について、全ユーザーへのテスト提供を開始しました。

「エモモ」限定βテスト開始から約1ヶ月足らずで、利用者15,000名突破

『Mirrativ』内のアバター機能「エモモ」は、8月1日(水)よりクローズドβテストで一部ユーザーを対象として提供されていましたが、いよいよ全ユーザーへの提供が開始されました。

国内のVTuber人口は、4,500名と推測されていますが、エモモではクローズドβテスト開始の1ヶ月でVTuber(アバター)数が15,000人を突破し、大きな反響を生んでいます。

「エモモ」のコンセプトである「あなたは、誰にでもなれる」を実現し、『Mirrativ』が1人でも多くのユーザーにとっての居場所、「サードプレイス」となることを目指し、機能の追加や改善が行われています。

※一部非対応機種あり。

「エモモ」紹介動画

バーチャルYouTuber・人気ゲームキャラクターの外部3Dモデル配信開始

『Mirrativ』では、8月31日(金)にupd8参加のバーチャルYouTuber「由縁ミナ(AyaMina Games)」で、外部3Dモデル(VRM)を用いたリアルタイムの試験配信が実施されました。

配信では、新機能である感情表現を使い、「由縁ミナ」が会話に合わせた表情や仕草をしたり、ゲームプレイの生配信を行うなど、ユーザーとのリアルタイムでの双方向のコミュニケーションが実現しました。

▼由縁ミナ配信の模様


また、9月4日(火)には、人気ゲーム『コトダマン』の公式キャラクター「ニューワード」が登場しています。

詳しくは、ミラティブ会社ブログで紹介されています。

▼『コトダマン』の公式キャラクター「ニューワード」


Mirrativ配信で収益化の開始予定

『Mirrativ』上で、各配信者が収益化できるモデルの導入が今秋に予定されています。

配信の多様性や配信ハードルの低さを維持しながら、新たなコミュニケーションの形や視聴者を楽しませるモチベーションのきっかけを提供することで、数多くの配信者にとって、それぞれの自己実現の助けになるような新しい収益化の形を目指していきます。

「エモモ」詳細

【内容】
スマホ1台で誰でもバーチャルYouTuber(VTuber)のように生配信ができるアバター機能

【利用方法】
・配信を開始して、ミラティブアプリを起動すると、エモモのβテストへの参加希望有無が表示されます。
・参加希望をタップして利用する。

【機能紹介】
・配信者の声(音)に合わせてキャラクターの口が動きます。
・ユーザーは、キャラクターの目・口・輪郭・髪型・髪や肌の色・洋服とカラーバリエーションが自由に選択できます。
・「エモモ」を画面上で指をスライドすると、挨拶・喜ぶ・悲しむなどの感情が表現できます。
・ゲーム配信画面では、視聴者の画面上でスマートフォンを持った配信者のキャラクターが動きます。

詳細は、特設ページをご確認ください。

Mirrativ(ミラティブ) ・販売元: Mirrativ, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 287.1 MB
・バージョン: 6.18.16

© 2018 Mirrativ, Inc.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ