LINEってスゲー。HTML5で最大20人の3D対戦を楽しめる時代が到来【Jetpack Banditsレビュー】

「LINE QUICK GAME」メディア先行体験会で遊んだ『Jetpack Bandits(ジェットパック バンディッツ)』のレビューをお届けします。

本作は、9月10日からオープンベータが予定されています。


「LINE QUICK GAME」は、メッセージアプリ「LINE」上でゲームが楽しめるサービスで、専用アプリなどのインストールなしで、すぐにゲームを遊べることが特徴です。(文:ATom)


『ジェットパック バンディッツ』とは?

本作は、最大20人のプレイヤーが入り乱れて戦う対戦型のバトルロイヤルアクション。HTML5では珍しい3Dのゲームとなっています。

インストール不要で大人数の3D対戦アクションを遊べる時代……。ファミコンやゲームボーイ時代からゲームを遊んできた身としては、今さらながらすごい時代になったものだと、しみじみと感動しました。


さておき、キャラクターのタイプは「ヘビー」「ライト」「レンジ」の3種類があり、ヘビーは動きは鈍いがHPや防御力が高い、ライトは攻撃力は低いが素早い、レンジは長射程の攻撃が可能、といった特徴があります。

今回の体験プレイでは各タイプ1人ずつ、3人のキャラクターのなかから選択可能でした。
(オープンベータもこの3キャラクターが登場予定とのこと。本サービスでは、もっとたくさんのキャラクターが登場するそうです)




最大20人の戦士たちが同じフィールドに集まってバトル! 3分の制限時間のなかで、より高い順位を目指しつつ勝ち残るのが目的となります。

なお、全員同時スタートではなく、途中参戦も可能で、プレイヤーは随時入れ替わっていきます。


キャラクターの移動は、タップすると画面に表示される円形の仮想方向キーを、移動したい方向へドラッグすることで行います。

ジェットパックで空を飛んでいるため、慣性で急に曲がれなかったりすぐに止まれなかったりと、動きに少しクセがあるのが特徴です。

▼タテ画面=片手持ちでもスムーズに操作できます。その秘訣は、通常攻撃がオートであること。移動とポジション取りに専念できるので、とても遊びやすいです!


攻撃は一定のタイミングで自動的に行ってくれます。キャラクターが攻撃するタイミングに合わせて、相手がいる場所に向きを合わせてうまく攻撃を当てましょう。


フィールドのところどころに落ちている青いキューブを集めると経験値を獲得でき、レベルアップすることができます。また、赤いハートを入手するとライフを回復することができます。

各キャラクターは3種類のスキルを持っています。画面下に表示されているアイコンをタップするとスキルを発動可能で、左が移動系スキル、中央がキャラ固有スキル、右がバフ系スキルとなっています。

固有スキルは、編成画面で確認できます。うまく使いこなして、有利な状況に持ち込みましょう!




緊張感あふれる白熱のバトルロイヤルを手軽に遊べる!

スマホでいつでもどこでも手軽に対戦型の3Dアクションを楽しめるというのが魅力的ですね。

インストール不要なので、友だちに「ちょっと今から遊んでみようぜ!」と気軽におすすめできるところも◎。

操作方法自体は片手で行える簡単なものですが、ジェットパックによる移動に独特のクセがあるので、慣れるにはちょっとコツがいります。

最初のうちはもどかしいかもしれませんが、うまく相手を狙って攻撃を当てられるようになると気持ち良く遊べますよ!


ちなみにバトルの順位は、キル数によって変動するとのこと。

どんなに強い相手でも3分経過すれば抜けていくため、3分やられずに生き残りさえすれば順位は上がりやすいようです。逃げに徹するプレイもアリかもしれません(笑)。


なお、9月10日にオープンベータとして配信されますが、プレイすれば正式サービスのときにレアなキャラクターなどと交換可能なチケットがもらえるとのこと! 興味のある人は、ぜひ遊んでみてください。

LINE ・販売元: LINE Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 318.0 MB
・バージョン: 8.12.1

※画面は開発中のものです。
© LINE Corporation

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ