【パズドラ攻略】水スオウ 評価・考察・使い方


この記事は、「流焔の鬼龍契士・スオウ」の評価記事です。
ステータス詳細やリーダー・サブとして使用する場合、参考にして下さい。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

目次
ステータス詳細 リーダー評価 サブ評価
おすすめの潜在 おすすめの覚醒バッジ 総合評価
最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


ステータス詳細

流焔の鬼龍契士・スオウ

属性 副属性 タイプ コスト
ドラゴン/回復 70
HP 攻撃 回復
最大Lv99 4,020 1,955 1,240
各+99 5,010 2,450 1,537


スキル「無形の呼吸」 Lv.最大
全ドロップのロックを解除し、火、水、回復ドロップに変化。1ターンの間、1コンボ加算される。 11ターン
リーダースキル「無邪の鬼気」
火と水属性の全パラメータが1.5倍。水火の同時攻撃でダメージを軽減、攻撃力が6倍。
覚醒スキル
7コンボ強化 7コンボ強化 7コンボ強化 7コンボ強化 スキルボイス
付けられる潜在キラー
ドラゴンキラー マシンキラー 攻撃キラー 回復キラー

リーダー評価

適性 LS系統 HP/攻撃/回復 倍率・軽減

耐久力の高いパーティが組める

水スオウのリーダースキルは「火と水属性の全パラメータが1.5倍」「水火の同時攻撃でダメージを軽減し攻撃力を6倍」にする効果をもっています。火と水属性のキャラクターで組めば、耐久力の高いパーティを作ることが可能。また、火水の2色同時攻撃でダメージ軽減もでき、初心者のユーザーでも非常に扱いやすいキャラクターと言えるでしょう。

バインド攻撃の対策を忘れずに

リーダーとしては扱いやすいものの、水スオウの覚醒スキルには「バインド耐性」が付いていません。敵からバインド攻撃を受けた場合は、火と水属性の全パラメータ補正の効果がなくなるため、パーティのHPは等倍となってしまいます。万が一のときに備え、サブには「バインド回復役」のキャラクターを編成するか、覚醒バッジの「バインド耐性バッジ」でカバーすると良いでしょう。

サブ評価

適性 スキル系統 ロック解除・3色陣・コンボ加算

ロック解除付きの「3色陣」

水スオウのスキルには、ドロップのロック状態を解除できる3色陣と、1コンボ加算される効果が備わっています。高難易度ダンジョンで登場する「ドロップロック」のギミックに対応でき、確実にドロップを供給できるのは大きな強み。また、1コンボ加算をしてくれるため、「○コンボ以下の攻撃を回復」する敵を簡単に対策できるのも嬉しいポイントと言えます。

4つの「7コンボ強化」

水スオウの覚醒スキルには「7コンボ強化」が4つ搭載されています。1つ搭載で「2倍」の効果があり、合計で「16倍」。多色リーダーやコンボリーダーのサブとして編成すれば、アタッカーとしては非常に優秀なキャラクターと言えるでしょう。一方で、コンボ強化以外の覚醒スキルを持っていないため、バインドやスキル封印などの対策には他のキャラクターのサポートが必要となってくる点をお忘れなく。

おすすめの潜在覚醒

潜在 オススメの理由
スキル遅延耐性 敵からのスキル遅延ギミックへの対策に。
操作時間延長 「7コンボ強化」を有効活用するために。
ドラゴンキラー ドラゴンタイプのモンスターに大ダメージを与えられる。

おすすめの覚醒バッジ

水スオウの覚醒スキルには「バインド耐性」や「スキル封印耐性」が搭載されていません。「バインド耐性バッジ」や「スキル封印耐性バッジ」を付けることで、パーティ全体をカバーすることができます。また、7コンボ強化を活用するために「操作時間延長バッジ」を付けて、パズルに安定性を持たせるのも良いでしょう。

覚醒バッジ一覧
バインド耐性 封印耐性 操作時間延長

総合評価

リーダーとサブの両方で使える

水スオウは、火と水属性の全パラメータを1.5倍にし、かつ火と水の同時攻撃でダメージも軽減できるキャラクターです。パーティ全体の耐久力を上げられ、コンボ条件が手軽なため、初心者のユーザーでも扱いやすいリーダースキルとなっています。
また、覚醒スキルに「7コンボ強化」を4つ搭載している点も非常に魅力的。コンボパーティなどのサブとして編成すれば、超高火力を出せるアタッカーとしても活躍可能。リーダー、サブの両方で活躍できるキャラクターと言えるでしょう。

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 106.1 MB
・バージョン: 4.0.9
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ