【戦場の絆】あると助かる!覚えてると便利!武装の「効果」に注目[PR]


※ゲーム画像の一部を加工してあります

AppBankが動画や記事でお届けする『機動戦士ガンダム 戦場の絆』(戦場の絆)の応援企画。今回も『戦場の絆』をプレイされている方や、これから始めようかなと思っていらっしゃる、まだまだ伸びしろのある方々にお役に立てるような記事をお届けします。

多彩な機体の中で注目すべき要素のひとつ「武装」

170を超えるモビルスーツが選べる『戦場の絆』。プレイしてポイントを貯めて支給される機体が増えていくと、そのうちどの機体を選んで戦っていけばいいのか、わからなくなる局面も出てくることと思います。そこで今回は「武装」に注目してみることにしましょう。

ヒット効果を見極める

射程の長短など様々な特徴を持つ「武装」。その中で注目すべき特性を持っているものをいくつかまとめてみましたので、ご参考にしてください。ちなみに、『戦場の絆』公式サイトの有料会員であれば、「MSデータベース」において全機体の武装やセッティングのデータが閲覧できますが、「備考」欄に特記されている事柄に注目したいポイントが多いので、覚えておきましょう。

・貫通

出典:『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式サイト(有料会員ページ)


これは敵味方関係なくモビルスーツを貫通して攻撃がさらに届くという効果です。敵に斬られている味方を挟んで敵と対峙している時など、即座に撃つことで敵の連撃をカット(中断)させ、味方にチャンスを与えたり、敵をダウンさせて味方を助けることも可能になります。注意点がひとつだけあり、敵味方を1体貫通することで次のモビルスーツにヒットした際のダメージが下がります。

位置関係に関係なく味方のカットができたり、同じ射線にいる複数の敵にダメージを与えることが可能で、格闘型〜射撃型、支援型の「ビーム・ライフル」系統の武装に多い効果です。

・強制よろけ

出典:『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式サイト(有料会員ページ)


これは相手にヒットした段階で必ず「よろけ」効果が誘発されます。「よろけ」状態はこのゲームのひとつの特徴で、「よろけ」状態中は攻撃行動ができなくなります(レバー入力で移動方向を変えたりすることは可能です)。「強制よろけ」は機体のバランサー(よろけやすさやダウンしやすさに影響するパラメータ)に関係なく、ヒットした相手をまさに強制的によろけさせることができ、相手は立ったままの状態になるので、たとえ敵の攻撃中であっても瞬間ですが攻撃を止めることができ、よろけた相手を追撃したり、味方にパスして攻撃してもらうためのきっかけ作りに役立ちます。

格闘型の強制よろけ効果を持つメイントリガ武装は「アレックス」の「腕部ガトリング・ガンB」や「ユニコーンガンダム」のNT-D発動中の「ビーム・マグナム」、「ゴッグ」の「腹部メガ粒子砲A」(貫通+強制よろけ)、「ギャン」の「ニードル・ミサイルB」など限られていますが、近距離戦型、射撃型、支援型の「ビーム・ライフル」に多く見られます。中にはチャージ時間によって特性が変わるものもあるので研究してみてください。

▼ゴッグの「腹部メガ粒子砲A」。貫通+強制よろけ効果と2つの便利機能を持つ武装です。

出典:『機動戦士ガンダム 戦場の絆』公式サイト(有料会員ページ)



また、サブ射撃の「バルカン」系列の武装や一部「クラッカー」などにもこの効果を持つものがあります。近距離で敵味方が入り乱れるような状況でもこの「強制よろけ」効果で味方をすぐに助けたり、敵の前進の出鼻を挫いたりすることができることも多いので、覚えておくといい効果だと思います。

ただし、ヒットした相手も立ったままなので、例えば格闘連撃中の敵にヒットさせると敵味方ともに立ち状態で至近距離にいることになります。僚機が自分の武装を知っていればすぐさま反撃に出てくれると思いますが、流れ弾が当たったりした場合、さらに味方が斬られてしまう……なんてことも起こりうるので、その後の様子をチラッとでも見てあげるといいでしょう。

中には「ダウン値」(一定数当たると敵がダウンする)が0(ゼロ)というものもあり、ヒットさせて敵をよろけさせたら大ダメージのチャンス、という武装もちらほらあります。「ジム」の「頭部バルカン砲」や「νガンダム」の「頭部バルカン砲」、「グフ」の「ヒート・ロッド」、「ドラッツェ」の「40mmバルカン砲B」、「ジュアッグ」の「メガ粒子砲」、「ローゼン・ズール」の「サイコ・ジャマーA」、「クシャトリヤ」の「胸部メガ粒子砲B」などがそれにあたります。ただし、全てがいわゆる「使いやすい武装」というわけではない(連続でヒットさせるのが難しいなど)ので、万人におすすめというわけではありません。

・ダウン値「300」の武装

これは備考欄ではなく「ダウン値」の項目に記述されているものですが、ヒットしたら全ての機体がダウンする武装です。中でも射出が早く弾速も速いものが好まれます。「強制よろけ」と似た展開の事例になりますが、味方に攻撃しようとしている相手にこの武装をヒットさせ、例えば連撃中の相手をダウンさせられれば被ダメージを抑えるカットとなります。また、相手のダウン〜起き上がりの間の2〜3カウントは数的有利を作ることが可能になり、他の敵に攻撃をしかけたり、位置どりを変えて戦局を変化させることができるでしょう。


※画像の一部を加工してあります

ただし、300に限らず、100〜150以上のダウン値の武装は、単体ダメージがよほど高いものでなければ、味方が狙っている敵にかぶせたり、格闘連撃中の味方が斬っている敵に当たらないように気をつけることが大切です。本来入るはずの味方の攻撃中に敵がダウンしてしまうと、敵の被ダメージが下がってしまうからです。味方がロックオンしている敵に自分がロックオンしている場合、ロックオンマーカーに「JOINT」サインが出ているので、慣れないうちはそれに少し気をつけてみましょう。

また、自身が撤退したい時などにも便利な武装です。敵のブースト速度が自分より早い時などは、こうした武装を敵のダッシュや着地硬直に当ててダウンさせている間に、自身のブーストゲージの回復とダッシュの時間を稼ぐことができます。瀕死の味方を助けたい時などは、それを追っている敵に当てることで味方の撤退を助けてあげることもできます。

今回はこのようにヒット時の効果に注目してご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか? うまく使いこなせばいろんな効果を発揮してくれるので、使いどころを考えて機体選択の一助になれば幸いです。ではまた。


©創通・サンライズ


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ