『Twitter』アプリにデータセーブ機能追加! データ通信量を自動で減らせるように


『Twitter』アプリがアップデートされ、【データセーブ】機能が追加されました。

この機能をオンにすると、動画は自動再生されなくなったり、画像が低画質で読み込まれたりなど、自動でデータ通信量を減らすことができます。

Twitterのデータ通信量が気になる方は、オンにしておきましょう。

データセーブ機能の設定方法

以下の手順でデータセーブ機能をオンにできます。

1. メニューの「設定とプライバシー」をタップ。


2. 「基本設定」→「データ利用の設定」をタップ。


3. 「データセーブ」のスイッチをタップすると設定できます。


「データセーブ」をオンにすると、「高画質画像」「高画質動画」「動画の自動再生」がオフの設定になります。


Twitter ・販売元: Twitter, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ニュース
・容量: 177.7 MB
・バージョン: 7.33
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Twitter, Inc.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ