【LINEたまごっちプレイ日記#2】今さら聞けない『たまごっち』って何が楽しいの?

LINE QUICK GAMEの『LINEで発見!! たまごっち』を機に、10数年ぶりにたまごっちを遊び始めたライターのどったんばったんな育成ライフをレポートする連載企画。

前回は「たまごっちと10数年ぶりの再会。初代白ボディで遊んだ夏休みの思い出」について書かせていただきました。

今回は初代からずっと変わらない本作の魅力と、大きく進化したシステムについて語らせていただきます!(文:唐傘)


たまごっちのお世話と私

『たまごっち』は、たまごから生まれるキュートなキャラクターをお世話する育成ゲームです。

たまごっちたちは本当の生き物のようにお腹をすかせますし、トイレやお風呂に入れてあげる必要もあります。

放っておくと病気になって、死んでしまうシビアさも!

ゲームを遊んでいるというよりも、命を預かっている楽しさ&大変さを追体験できるのもシリーズ通した魅力の1つです。

▼こまめにお世話する必要があり、手間暇もかかりますがそのぶん愛着も強くなります。お世話できないときは、ホテルに預けるという手もありますよ。


私も男の子のたまぼっちの育成をスタートしました。できるだけお腹すかせないように、時間があれば遊んであげて……と気にかけていたのですが、どうしてもお世話できないタイミングが出てしまうんですよね。

ときおり病気にしてしまうこともありましたが、「きゅうきゅうばこ」で治療しつつ、順調に成長してくれています。

体感として半日くらいなら、面倒を見られなくても命にかかわるような事態にはならない印象(もちろん、ちゃんとお世話できるのが理想ですけどね)。

お世話のしかたによって、たまごっちたちはいろいろな姿に成長。よい子に育つも、悪い子に育つもプレイヤーの行動次第なので責任重大!

どのキャラクターもかわいいですし、「自分のうちの子が一番かわいい」という気持ちに変化はないんですけどね。

ミニゲームと私

プレイしたのがたまご型の端末だった初代以来なので、システム面での進化に驚くことが多いです。

1番はカラーになり、たまごっちたちが思い出のキャラクターよりもかわいくなっていること。泣いたり、笑ったり、表情もアクションも豊富になっているんですよね。

成長後の姿もバリエーションがかなり増えています。そんなたまごっちがいろいろなおどうぐを使っている姿を見たり、ミニゲームで一緒に遊べるようになっているのも個人的にうれしいです。

ほかにもお花を育てる、友だちのたまごっちと結婚させて家系図作るなど、やりこみ要素が増えているので遊びごたえもグッと増えています。

▼ミニゲームでは育成に必要なポイントも稼げますし、楽しそうなたまごっちたちも見られますし、一石二鳥!



お気に入りのたまごっち:まめっち

▼シリーズの顔とも言える優等生なたまごっち。うちのたまぼっちは、最終的にまめっちになりました!


関連記事
『LINEで発見!たまごっち』攻略。結婚方法やお世話の頻度、ごっちポイントを稼ぐコツは?
『LINEで発見!!たまごっち』攻略。ごはんとおやつの回復量を検証してみた!
『LINEで発見!! たまごっち』攻略。ごっちポイントの効率的な稼ぎ方は?
結婚が楽しい『LINEで発見!! たまごっち』レビュー。隠しキャラもいるぞ!?

LINE上から『たまごっち』を遊ぶ方法

『LINEで発見!! たまごっち』を遊ぶには、LINEのトーク画面の【+】ボタンをタップ。


メニューが表示されるので、「QUICK GAME」をタップ。


すると、遊べるゲームが一覧で表示されます。


あとは、『LINEで発見!! たまごっち』を選ぶと遊べます!

※『LINEで発見!! たまごっち』のアカウントと自動で友だち登録されます。



LINE ・販売元: LINE Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 336.7 MB
・バージョン: 8.14.5
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©LINE Corporation ©BANDAI, WiZ

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ