【パズドラ攻略】超ヒカりん 評価・考察・使い方


この記事は、「超ヒカりん」の評価記事です。
ステータス詳細やリーダー・サブとして使用する場合、参考にして下さい。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

目次
ステータス詳細 リーダー評価 サブ評価
おすすめの潜在覚醒 おすすめの覚醒バッジ 総合評価
最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ



ステータス詳細

超ヒカりん

属性 副属性 タイプ コスト
回復 17
HP 攻撃 回復
最大Lv99 3,110 1,222 750
各+99 4,100 1,717 1,047
限界突破 3,732 1,466 900
各+99 4,722 1,961 1,197


スキル「ヒカりんパワー 」 Lv.最大
1ターンの間、回復タイプの攻撃力が3倍。闇ドロップを回復ドロップに変化。 10ターン
リーダースキル「ゴールドの加護」
回復タイプの全パラメータが1.5倍。ドロップ操作を3秒延長。5コンボ以上で攻撃力が上昇、最大5倍。
覚醒スキル
スキルブースト スキルブースト スキルブースト 封印耐性 操作時間延長
光ドロップ強化

付けられる潜在キラー
ドラゴンキラー 攻撃キラー
付けられる超覚醒スキル
askill_52 askill_55 スキルブースト

リーダー評価

適性 LS系統 HP/攻撃/回復倍率・操作延長

扱いやすいリーダー

超ヒカりんは回復タイプに全パラメータ『1.5倍』の倍率がかかります。その上、攻撃倍率は5コンボ以上で発動、さらにドロップ操作を3秒延長。耐久力・条件・操作時間のどこを取っても非常に扱いやすいリーダーと言えるでしょう。特に復帰面に関しては、自身の回復力が高いこともあり、扱いやすい性能です。

やや火力は低め

超ヒカりんは扱いやすいリーダーである一方で、攻撃倍率は最大『7.5倍』。やや攻撃面では不安が大きいリーダーと言えます。しっかりとサブにコンボ強化や2体攻撃など、攻撃的な覚醒を持つモンスターを編成し、火力面を補う必要があるでしょう。

サブ評価

適性 スキル系統 変換・エンハンス

スキルが優秀

超ヒカりんのスキルは回復タイプに『3倍』のエンハンスをかけ、闇を回復に変換するというもの。特にエンハンス効果は攻撃的覚醒を持たない超ヒカりんにとっては非常に嬉しいポイント。自身の高い回復力との相性も良く、パーティ全体をサポートしてくれる優秀なスキルと言えるでしょう。

3個のスキルブースト

超ヒカりんは覚醒スキルにスキルブーストを3個持っています。そのため、バトル開始から他キャラクターのスキル発動ターン数を短縮するサポートをしてくれます。また、超覚醒させることでスキルブーストをさらに1個付けることが可能。所持していて損はしないモンスターと言えるでしょう。

おすすめの潜在覚醒

潜在 オススメの理由
スキル遅延耐性 要所でエンハンスを使えるよう遅延対策しておきたい
回復強化 自身の回復力をより伸ばせる
ドラゴンキラー 攻撃的な覚醒がない分、潜在覚醒で補いたい

おすすめの超覚醒

順位 潜在 オススメの理由
1 スキルブースト より効率的にパーティを回すことができる
2 askill_52 ここでバインド対策をしておけば、編成の幅が広がる
3 askill_55 やや頻度は低いが、対策しておいて損はないギミック

おすすめの覚醒バッジ

超ヒカりんは超覚醒前の状態ではバインド耐性を持っていないため、「バインド耐性バッジ」でカバーしてあげるのがオススメ。
また、さらに耐久力を伸ばしてあげるのであれば「HPバッジ」をつけてあげましょう。耐久面を自身のリーダースキルで十分補えていると考えるならば、「攻撃バッジ」で攻撃面を強化してあげるのもあり。

覚醒バッジ一覧
バインド耐性 HP 攻撃力

総合評価

スキブ要員として活躍

超ヒカりんはリーダーとしては非常に扱いやすい1体。ただし、攻撃倍率がやや低く、高難易度ダンジョンを挑む際にはしっかりとサブで火力面を補ってあげる必要があるでしょう。
一方、サブとしてはスキルブーストを3個持つモンスター。超覚醒でスキルブーストを4個にまで増やすこともできるため、非常に貴重な1体と言えます。

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 119.4 MB
・バージョン: 4.1.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!