『ロマサガ リ・ユニバース』先行レビュー! シリーズファンが新作アプリの見どころを語る

スクウェア・エニックスからiOS/Androidで配信予定のスマートフォン向けRPG『ロマンシング サガ リ・ユニバース』。本作のクローズドベータテスト版(以下、CBT)をプレイしたライター・まさんによるプレイレポートをお届けします。なお、今回のプレイはAndroid8.0.0に対応したスマートフォンでのプレイとなり、iOS版には触れていないのでご了承ください。


みなさん、こんにちは。『サガ』シリーズの記事を担当しているライターのまさんです。まず結論から言うと、今回もちゃんと『サガ』でした。いきなり何を言っているんだコイツと思われるかもしれませんが、本当に『サガ』だったとしか言いようがないのですよ! 何の話かと言えばそう、もちろん『ロマンシング サガ リ・ユニバース』の話です。

CBT版のデータをもらってから10日間、毎日コツコツと遊び続けた結論が、もう『サガ』だったとしか言えない感じでした。序文の時点で、いったい何回『サガ』って言っているんだろう。

とにかく、それくらいよいほうに予想を裏切ってくれたんですよ。『サウザンドメモリーズ』や『八月のシンデレラナイン』を開発しているアカツキと、スクウェア・エニックスの共同開発ということでどう転ぶか予測がつかなった部分もあったのですが、まごうことなき『ロマンシング サガ』の完全新作でした。

とくにゲーム性の部分がちゃんと『サガ』しているんです。というわけで今回のレポートでは、自分がどこに感動したのかを語っていきたいと思います。ただ『サガ』ファン的な視点で見てしまうため、自分は割と変なところや「そこ語る?」といった部分を中心にレポートするかもしれません。なに? それでもいい? ふっ、ならばアビスの底まで付いてこい!

▼『サガ』らしさを証明するシーン


『ロマサガ3』の300年後×シリーズキャラのクロスオーバーはいかが?

今回の舞台は『ロマンシング サガ3』の300年後。何者かにさらわれた主人公ポルカの妹リズを取り戻すため、異界から召喚された戦士(歴代作品のキャラクター)たちと一緒に戦っていくのが基本的な話になっています。

主人公のポルカは妹をさらわれて塔士になり……と個人的な事情やらが絡んでくるのですがソコはソレ。ゲームをやればわかることなので、もうメインストーリーは解説しません! 

▼『ロマサガ3』の続編としてのストーリーが展開していきます。オリジナルキャラクターも盛りだくさん!


異界の戦士ということで、さまざまな作品からキャラクターが登場するのですが、とくに重要なのが『ロマサガ3』の主人公たち。今回の範囲では1章までしかプレイできなかったのですが、2章以降では『ロマサガ3』のサラがポイントになるようです。

というのも、なぜかサラ以外のエレンやユリアンといった主人公たちは「サラに関する記憶」をなくしているんですよ。エレンですら覚えていないのはありえないレベル。

オリジナル主人公ポルカのメインストーリーにくわえ、サラをめぐる物語も同時に展開していく模様。1章の時点でもいろいろな話が展開するのですが、ネタバレするのもアレなので詳細は実際に遊んで確かめてください。

個人的に見どころをPVなどでもわかる範囲で語るのなら、やはり『ロマサガ3』の世界が、その後どう変わっていったのかですね。

300年後なので海岸線などの形が変わっているのですが、ワールドマップの建物の位置などにちゃんと既視感があるんですよ。モウゼス・グレイブと呼ばれる塔がある位置が、ちゃんとモウゼスの付近だったりします。レオニード伯爵の城があった場所は、雪が少なくなっているような気もしますが位置的にあっている感じ。

▼『ロマサガ3』の全体マップを開いたときに、ほんのちょこっとだけ見えた左上の島(拡大すると出ない)もあります。今回は行けるのかな……?


ロアーヌのように知っている国もあれば、全然知らない国名もあって、懐かしさと同時に300年後だとわかる要素も。東方の国らしき名前も多く出てきているので、もしかすると今回は東方をしっかり掘り下げてくれるのかもしれません。

『ロマサガ』シリーズ以外にも『サガ フロンティア』や『アンリミテッド:サガ』のキャラクターたちが登場して物語に絡んでくるのですが、あくまでもメインは300年後を中心としたオリジナルストーリー。『エンペラーズ サガ』や『インペリアル サガ』のように、コラボ的な過去キャラを交えつつ300年後の話が展開していくようですね。

これ以上語ると、何かもったいないネタバレをしそうになるので次にいきましょう、次! あ、そうそう300年後のロアーヌ候とか参謀とか、オリジナルキャラもいい感じですよ!

▼有能そうなロアーヌ候。現時点でマスコンバットはないですが、何やら今回も戦争をしそうな雰囲気はあるので実装に期待したいです。


ガチャを回して「あわれなムシけらども」をする準備はいいか?

本作はいわゆるソーシャルゲームなので、キャラクターによって複数存在する「スタイル」をガチャなどで増やしていくのが基本です。

とはいえ、ストーリーの進行に従ってSSランク(最高レアリティ)のモニカが報酬で手に入ったり、ログインボーナスでSSランク確定チケットが手に入ったりします。毎日の無料ガチャなど、無課金でも仲間を手に入れる方法は豊富。


▼メインストーリーのクリア報酬として、SSランクのスタイルがドロップすることも。


同じキャラクターでもスタイルが変わると覚える技や成長傾向が変化し、同じキャラクター&同じ武器種なら技の継承もできます。

最高ランクのスタイルだけではなく、AランクやSランクのスタイルまで揃えたくなってきますが、とりあえず30連くらいまでのジュエル(課金石)はすぐにたまるので、ガンガン回しちゃいましょう。

▼フリーファイターのヘクターはオライオンと同じスタイルということで、オライオンがひらめいた技を継承できます。


▼『サガ』シリーズ総合ディレクター河津秋敏氏が書いている戦士たちのフレーバーテキストも見どころ! アスラのテキストがもう、なんていうか、ヒドイ(笑)。


ん、なんかアスラが出たぞ……? そうです。異界の戦士たちは別に主人公キャラクターだけではありません。ヴァンパイアレディとかアスラも仲間になります。『エンペラーズ サガ』方式ですね。

初回から手に入るキャラクター(スタイル)の数自体も多いのですが、ここからが沼! 本作は『サガ』ファンの時間を奪う破壊するものによって仕掛けられた育成という沼が存在しています。

そう、育成できる要素がマジで多すぎる! まず、戦闘による能力値の上昇。今回は、戦闘で力尽きても最終的に勝てば能力値が上がる『サガ スカーレット グレイス』の能力値上昇が採用されており、倒れた仲間が起き上がって「すばやさがアップ!」したり「愛がアップ!」したりします。だから、愛はなんなんだよ!

▼誰か1人生き残っていればOKな『サガスカ』方式の成長。つまり、誰か1人だけギリギリ生き残るくらいの敵の強さってことです。


次に、経験値を割り振ってスタイルのレベルを上げる要素。キャラクターのレベルを上げるのは、自分が好きな『サガ3 時空の覇者』以来なので思わずジャンプしてしまいましたが、なんと今回はレベル上げの要素があります。プレイヤーレベルではありません。キャラクターのスタイルごとにレベルがあるのです。


レベルを上げると能力値に補正がかかってキャラクターが強化されていくので、レベル上げは必須。というか、やらない手はありません。「道場」コマンドからスタイルの強化画面を選び、こまめに上げていきましょう。

▼ボタンをタップし続けるとスタイルのレベルが上昇。この上がる感覚がギュインギュインして楽しいです。


スタイルのレベルは最大30までですが、交換所やショップ、ガチャで同じスタイルを入手すると手に入る「専用ピース」やランクごとに決まった「万能ピース」を使うことで限界突破が可能。1レベルずつ上限が増えていきます。

▼レアリティに関係なく、最大レベルの上限は50のようです。


ちなみに、SSランクのピースがレアすぎるので、AランクやSランクのほうがすぐに限界突破できるのもポイントです。ぶっちゃけ、経験値を稼いでキャラクターのレベルアップを繰り返しているだけでも相当遊べるのでは……?

経験値はメインクエストで稼ぐ以外にも、毎日2回までプレイできるデイリークエストの「洞窟修練」や、道場から仲間を派遣して一定時間たつと帰ってくる「遠征」で稼ぐことができます。


今回は敵が強いので育成しないと全滅の嵐! いや、違った。今回もか。『サガ』で敵が弱かったことはないな……。

とにかく、容赦ない敵に出くわすことも多いので能力値の上昇はもちろんのこと、スタイルレベルによる補正で強化することが必須です。なんとか突破したときの快感を得るために修練して遠征して……と、育成に比重が置かれています。育成好きにはたまらないですよ。

もちろん、ただ育成しただけでは突破できません。陣形やパーティ編成。戦闘中の技の使い方など、勝つためには全力を尽くさないといけないので、そこも『サガ』らしさ。時間がない人も、ちょっとした合間に育成用のクエストをオートで回していくことで、戦力が強化されていく楽しさを味わえます。

▼2種類のオートは結構優秀。ただし、後述する「OverDrive」は使ってくれないので使わなくても勝てる相手と戦いましょう。


さらに、今回は装備品も存在します。装備品は武器、主防具、副防具、装飾品の4種類に分かれており、手に入れて装備するだけではなく、鍛冶屋で強化や進化もできるのです。

▼なんと道場や鍛冶屋、ショップに登場するキャラクターにはボイスが用意されていました! ノーラさんもしゃべってくれます!


強い装備品を求めてクエストを周回し、進化素材を求めて専用のデイリークエストに潜り……と育成沼のサイクルにハマるとメインストーリーそっちのけで鍛えだしてしまうかもしれません。

▼装備品やピースなどは、ショップの品ぞろえに並ぶことがあります。なんでジニーが店員をやっているんだろう。パパ……ママ……おじいちゃん……みんな……ショップを手伝って!



閃き! 連携! 全滅! バトルもガチで『サガ』すぎるのだ

本作では、シナリオを見る「ストーリークエスト」と、バトルを楽しむ「バトルクエスト」の2種類のクエストが存在。これを繰り返して物語を進めていくことになります。移動や探索などがない代わりに、物語とバトルをじっくり楽しめるわけです。

そして、その肝心の戦闘が……熱い! これまでの『サガ』シリーズで培ってきたシステムのいいとこどり+新システムの導入で、コンシューマーゲームのように考えて戦うバトルになっています。

まず、戦闘中に技を覚える「閃き」システム。これは単純に技をひらめくだけではなく、同じ技を使い続けることで電球が出てランクアップします。これも『サガスカ』方式ですね。

▼1人につき、最大3つまでの技&術をひらめきます。今回はスタイルごとにひらめく技が決まっていて、未収得の状態でも確認可能。パーティ編成に悩みますよ。


▼ひたすら技を使い続ければ、ランク99まで成長します。


次に、仲間同士で技をつなげていく「連携」。複数のキャラクターが技や術を連続で使用し、1つの技名のようにつながる『サガ フロンティア』からのシステムですね。変な連携名になるのが面白いし、一気にダメージを与えられるのが爽快なんですよ。

ちなみに、今回はAランクのレオニード伯爵が「かわづ掛け」を持っていることを確認しました。「チンクラッシュ」は未確認なのですが、これは伝説の「かわづ連携」ができるかも……。え、何の話かわからない? そんな人は『アンリミテッド:サガ』を購入して「かわづ掛け」と「チンクラッシュ」を使いまくりましょう。私からは以上です。

▼技や術を使うと、たまに「連携」が発生します。今回はオーバードライブで狙って出すことも可能になり、戦闘がガチで楽しい!


『サガ』シリーズのファンが大好きな「閃き」と「連携」が入っている時点でプレイする人は多そうですが、個人的によかったのが新要素の「OverDrive」ですね。

これは戦闘中に攻撃したり、ダメージを受けたりすると蓄積する「ODゲージ」を最大までためると発動できる特殊なシステム。OverDrive状態になると必ず先制攻撃になって技の威力も上昇。さらに、OverDriveを発動したキャラクター同士が必ず連携を行い、専用の「OverDrive連携」が発動します

▼最新作でもディープワン先生は「先生」として活躍してくれます。


これを使うと必ず先制が取れるうえに、連携が確実に発動できるのでメチャクチャ便利です。たとえば、1人ずつOverDrive状態になって敵をスタンする技で行動を封じていったり、連携で一気にダメージを与えたりと、発動することで戦略の幅が大きく広がります。

▼技が当たっている最中に別のキャラクターが動き始める、『サガフロ』っぽい美しい連携が楽しめます。


戦闘はオートで倒せる敵もいれば、しっかり考えないと瞬殺される敵もいて、本当にコンシューマー寄りのバランス。ザコだと思っていたら全員スタンさせられて手も足もでなかったり、骨砕きでプレイヤーの心ごと砕いてきたりと全然手を抜いてくれません。持てる限りの力を使って戦うことになるので、出し惜しみせず「OverDrive」に頼りましょう。

▼こちらのHPの2倍を超えるダメージの技や、状態異常で心をへし折ってくるモンスターも。


▼HPが0になっても回復術で復活できますが、通常の回復術でLPを消費するのが、その、開発スタッフいじわるだなチクショウ! ちなみに、LPが0になってもキャラはロストしないのでご安心ください。


あ、そうそう。言い忘れていた。コンシューマーゲームしか遊んでいない人には当たり前に聞こえるかもしれませんが、今回の戦闘は敵のターゲットも味方のターゲットもちゃんと選べます。

1人1人、どれを狙うのか。誰を回復するのか選べるので安心。ソシャゲだとターゲティングができない場合もあるので心配だったんですよね。

メインストーリー以外も盛りだくさん! ありがとうユリアン

今回の範囲では育成が足りなすぎて全然極めることができませんでしたが、メインやデイリークエスト以外にも強敵たちと戦う「螺旋回廊」や「武闘会」といった“チャレンジクエスト”や期間限定のイベントクエストも用意されています。


▼CBT版のイベントで戦えたスービエ。パラメータが足りなくて歯が立たない……!


個人的には『ロマサガ3』の続編ということでトレードやマスコンバット、コマンダーバトルが実装されるのも期待していますが、現状でもコンテンツは充実しているので一安心ですね。たぶん、いきなり実装されても遊びきれないのは間違いないし……。

いつゲームが配信開始されるのかはわかりませんが、遊んだ感触としてはすぐにでも配信できそうでした。おそらく、配信されたら「スマホが破壊の力で満たされるわ」「もう、ぼくたちにはおさえられない!」という感じで遊び続けてしまう人も多いはず。

育成の沼と戦闘の沼に腰までつかって一気に駆け抜けるのもいいですが、関係性が深いであろうHDリマスター版の『ロマサガ3』が出るまでじっくり遊ぶのも手。自分のペースで好きなように遊びましょう。


■『ロマンシング サガ リ・ユニバース』
ジャンル:RPG
価格:アイテム課金制(基本プレイ無料)
プラットフォーム:iOS/Android
配信時期:未定

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powered by Akatsuki Inc.
ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ