シリーズ新作『龍が如く ONLINE』レビュー。スマホでもバトル、熱いドラマ、そしてキャバクラは健在!?


11月21日にセガゲームスが配信予定の新作『龍が如く ONLINE』。メディア向け先行体験会にて、PVなどで『龍が如く』シリーズの正統続編と謳われている本作を、一足早くプレイさせていただきました!

『龍が如く』シリーズといえば、極道をはじめ、巨大歓楽街に生きる者たちが見せる熱いドラマが注目ポイント。

これまで数多の伝説を紡いできた桐生一馬に代わって主人公を務める新たな龍・春日一番(かすが・いちばん)は、いったいどんなドラマを見せてくれるのか?


加えて、スマホアプリになったことによる変化なども気になるところです。

シリーズファンはもちろん、『龍が如く』という名前だけ知ってる人も注目しているであろう本作の片鱗を、少しでもお届けできればなと思います。(文:ユート)

時は2018年。神室町は大きな変貌を遂げていた!?

本作の舞台も、これまでのシリーズで中軸を担ってきた東京・神室町。

この町で生まれ育ち、東城会系荒川組の若衆としても活動していた主人公・春日一番は、同組の若頭・沢城丈が犯した罪を被って出頭し、17年の時を刑務所のなかで過ごすことに。


刑期を終え、彼が再び神室町に戻ってきたことから物語は動き始めます。


かつては東城会が仕切っていた神室町は、彼らの宿敵である近江連合が幅をきかす地に変貌を遂げていました。さらに、警察までもが近江連合とつながり、東城会に組していた春日を追い始めます。



旧知の者たちや、ふとしたことで出会った者、そして神室町の伝説といえる者たちとも出会いつつ、神室町の今を探る春日。

神室町が変貌を遂げた理由とは? そして、東城会や彼が所属していた荒川組の人々の行方は?


序盤から、これまで同様に熱くも一筋縄では行かない展開を予感させる物語に、没入すること請け合いです!


基本システムはオーソドックスですんなりと入り込める

ゲームシステムは、手に入れたキャラを育てつつクエスト形式のストーリーを進めていくというオーソドックスなものです。基本的な要素を写真とともに見ていきましょう。

▼ホーム画面。わかりやすいUIです。


▼「ストーリー」から進むとこの画面に。「メイン」は物語の本編、「サブ」は外伝やバトルの練習など、「キャラクター」はキャラ個別のエピソード、「曜日別試練」は日替わりで報酬などが変化する内容です。


▼「サブ」は「メイン」を進めることで選べるものが増えます。


▼「キャラクター」はキャラを手に入れることで解放。レアリティにかかわらず、対象のキャラ1人につき物語は1つです。


▼ホーム画面の「キャラクター」から進んだ画面。キャラの強化やバトル用の編成、装備アイテムの装着などが行えます。


▼資金と素材を使ってキャラをレベルアップ。新たなスキルやアビリティの解放、限界突破なども可能です。



▼みんな大好き「ガチャ」画面。ステップアップで好きなキャラがもらえる仕組みも!



▼「連合」はいわゆるギルド。ポイントでの強化などのほか、GvG形式の専用バトル「ドンパチ」もプレイできます。



▼「神室町」画面。注目は「派遣」と「キャバクラ」です。


▼主人公は美人社長がいる警備会社に雇われて、神室町を守ることに!? 「派遣」は、警備チーム(キャラ)を編成して出発させると一定時間後に報酬がもらえるシステムです。「キャバクラ」に関しては後述!



以上が本作に用意されている基本システムです。ゲームサイクルとしては、スタミナを使って「ストーリー」をプレイしつつキャラの強化や派遣を行ったり、ときには連合で自身の組の発展に汗を流すといった具合でしょうか。

スマホアプリとしてはオーソドックスかつ親しみのあるシステムで、初めてでもまったく迷うことなく進められました。

バトルシステムは『龍が如く』らしさがキラリと光る! 細かい気配りにも大満足

「ストーリー」で発生するバトルは、手軽ながら『龍が如く』らしさもしっかりと備わっていた点が印象的。

アクションではないものの、スマホアプリとして落とし込まれたバトルシステムを紹介します。

▼バトル画面。自身で編成した4人+助っ人1人の5人で戦います。通常攻撃は自動で発生。


▼キャラの頭上に矢印が表示されたら、上にフリックすることでスキルが発動。攻撃や回復などキャラによって効果もさまざま。



▼シリーズでおなじみの、ゴルフクラブや自転車などのオブジェクトを使った攻撃も! 画面右上に表示されるオブジェクトをタッチすることで、それを使った攻撃が繰り出されます。



▼「ヒートアクション」も健在! 画面左下のゲージが一定量貯まることで発動でき、タイミングよくボタンを押すと効果が増す、派手な演出が入るといったシリーズを踏襲した部分にも大注目!!



バトルはかなりテンポよく進むうえ、攻撃によるエフェクトやスキルでのカットインによって目も楽しませてくれたのが良かったところ。

オブジェクトを使った攻撃や「ヒートアクション」の演出はもちろん、残り体力に応じて表情が変化するといった細かい部分にも、ついつい見入ってしまいましたね。

また、倍速機能とオート機能(「ヒートアクション」は自分で発動する必要あり)もしっかりと完備。

基本的にはこの2つを使ってサクサクと進められるので、めちゃくちゃ手軽です!

遊びとしての楽しみは強敵との戦闘が主で、戦況に応じてのスキル、「ヒートアクション」発動が勝利のカギに。緊張感のあるバトルをきっと楽しんでもらえるはずです。

『龍が如く』といえば「キャバクラ」! 「キャバクラ」といえば『龍が如く』!!

上は言い過ぎかもしれませんが(笑)、本作にも「キャバクラ」がきちんと用意されています。今回確認できたのは5人の女性。ゲーム内で手に入れたプレイチケットを使うことで、彼女たちとの楽しいひと時が過ごせます。

▼5人はシフト制で出勤。意中の女性が出勤する日をしっかりとチェック!


▼入店して女性を選んだら、2人でのトークタイムがスタート。


▼何気ない会話の合間に、3択問題のような選択肢が出現。話の流れや彼女の好みなどに合ったものを選ぶと好感度がアップします。お金を使って正解をわかりやすくすることも可能。




▼仲良くなった女性との専用エピソードも!?


プライベートの会話から世間話まで。『龍が如く』の「キャバクラ」らしい楽しみは、本作でも十分味わうことができました。

女性たちも個性的で、例えば自分が選んだロシア人の大学生・ソフィアは、やや大人なしめな性格ながらボケとツッコミに対して敏感だったり、どこか天然気味なところもあったりなど、それぞれの女性にしかない魅力で特別な時間を楽しませてくれます。

今回はできませんでしたが、ゲーム内で手に入れたプレゼントを渡して好感度を高めることもできるようです。

また、会話終了時の好感度に応じて獲得できる「遊ポイント」を使い、「連合」のレベルを高めることも可能。

女性遊びが「連合」の発展につながると考えれば、硬派な人でも「キャバクラ」をきっと受け入れられる! と思います、はい(笑)。

『龍が如く』シリーズの間口を広げる作品にきっとなる!

シリーズファンとしては、これまでの作品で活躍したキャラが登場するところにも注目。今回は確認できませんでしたが、堂島の龍をはじめとした伝説たちもいずれ……?







ゲームとしては、やや繰り返し気味になりますが、『龍が如く』らしさもありつつ、アプリとしてオーソドックスで遊びやかったという印象が強く残っています。

シンプルに思えてしまう部分もあるにはあるんですが、これはこれでいいのかなと。

というのも、コンシューマ版の『龍が如く』シリーズは、その独特な世界観や物語をきっかけに、普段ゲームをしない人も遊んでいたという話を聞いたことがあります。

本作にもその良さがありつつ、なおかつ遊びやすいシステムとなっているので、普段あまりアプリをやらない人でもスムーズに『龍が如く』の世界に入り込んでもらえると思うんです。

自分のように、シリーズファンとして新主人公の春日が繰り広げる物語と2018年の神室町の姿を楽しみにしている人だけでなく、『龍が如く』シリーズを初めて遊ぶ人、そしてアプリ初心者にもぜひプレイしてみてほしい作品。

配信開始は目の前ですよ!

※画面は開発中のものです。
©SEGA

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!