『Google フォト』がボケコントロールに対応。ポートレートモードで撮影した写真が対象


Googleの写真管理アプリ『Google フォト』がアップデートで、ボケを後から自由に変更できる機能に対応しました。

この機能は「被写界深度コントロール」として『iPhone XS/XS Max/XR』に提供されているものです。ポートレートモードで撮影した写真であれば、デフォルトの『写真』アプリからいつでもボケを変更できます。

今回のアップデートにより、『写真』アプリではなく『Google フォト』で写真を管理しているユーザーも同じことができるようになりました。

『Google フォト』でボケを変更する方法

まずはポートレートモードで撮影した写真を開きます。


画面下の中央にあるボタンを2回タップすると、「奥行き」というバーが表示されます。


この奥行きバーから、ボケ具合を調整できます。


奥行きバーをタップして開くと、より細かく調整できます。


また、写真に表示されている白い丸の位置を変更すると、そこがボケの中心になります。


「高画質」設定でボケの変更が可能

今回、サンプルに使用した画像は「元の解像度」ではなく「高画質」で行いました。
このため容量を気にせずポートレートモードで撮影した写真を保存できそうです。


一度iPhoneから削除した写真はダメ

あまりやっている人は少ないと思いますが、一度iPhoneからPCやMacなどに移動させ、そこからiPhoneに戻したポートレートモード写真はボケを変更できませんでした。
デフォルトの『写真』アプリでは変更できるだけに、この点は残念です。


Google フォト ・販売元: Google LLC
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 285.1 MB
・バージョン: 4.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 2016, Google Inc

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ