【クロノマギア】破壊力バツグンの「アグロミル」デッキ紹介!

こんにちは。 Non.(@non_0807_)です。

前環境から猛威を振るい始めた「アグロミル」ですが、多少の弱体化はしたものの先攻の止められない黄金ムーブの破壊力は現環境でも健在だと思われます。
明確なアグロ対策が現れるまでは、環境の序盤から無難に使用できるデッキです!

※あくまで雛形のレシピです。
コンポパーツ以外のカードは自由に変えて大丈夫ですが、これが丸く扱いやすいので初めて使う方はまずこのレシピで回してみてから色々入れ替えてみましょう!

デッキ紹介「アグロミル」

デッキコード

172139


レシピ


コンセプト

「聖煌天の麒麟サクヤ」と「猪八戒」や「カマイタチ」のダブルアタッカーで相手の能力者にダメージを与え、残りのライフをバーンマジックで削り取る速攻型のデッキです。 一番流行しているTier1デッキで、一番悪さをしているデッキでもあります。

理想の黄金ムーブは 「聖煌天の麒麟サクヤ」と「猪八戒」による 先攻2伏せムーブ。
「聖煌天の麒麟サクヤ」によるサモン時効果の固定4点と攻撃で4点、場に自分含め四種類のスートがあると更に2点、「猪八戒」による攻撃で4点、更にギア1のハンドブレードによる3点、この二枚だけで相手のHPをこれだけ削れます。

利点

  • 速い
  • 盤面の駆け引きが少ない
  • 初心者でも勝ちやすい
  • ランクマッチ フリーマッチ問わずポイントを稼ぎやすい

難点

  • 先攻の黄金ムーブを決めた時と決められなかった時の勝率のブレが酷い
  • 速度がある分 安定して勝てない
  • 畳返しを4コスに打たれてしまうと押し切れるか怪しい

マリガン

先攻後攻問わず最優先で「聖煌天の麒麟サクヤ」をキープしに行きます。
次に低コストでステータスの高い「猪八戒」を狙いに行きましょう。

後攻の場合はMPが11スタートなので、4コストの「カマイタチ」もキープして良いでしょう。
「カマイタチ」から攻撃して他のクリーチャーの攻撃力を上げるのを忘れないようにしてください。

マジックカードは 「聖煌天の麒麟サクヤ」&「猪八戒」のセットをマリガンで引けている時に残すカードを選びます。
相手の能力者が防御2の能力者であれば、固定ダメージバーンの「ゼウスの雷」や「魔槍グングニル」をキープし、その他の能力者には高火力マジック「混沌の炎弾」などをキープすると良いでしょう。

【注意】
このデッキの4コストのクリーチャーは、全て「畳返し」というマジックカード一枚でセット中から処理されてしまいます。
ある程度プレイしているユーザーなら、基本的に「畳返し」を4コストにノータイムで打ってくるでしょう。
なので、4コストのクリーチャーは「猪八戒」を引けなかった場合の妥協点と言う認識で大丈夫です。

基本的な戦い方

上記のクリーチャーでのムーブを決めた後は、まずクリーチャーか能力者か選べるマジックカードを相手能力者に使用しましょう。

理由としては、相手の場にマジック挑発が出てしまうと相手能力者にダメージを入れられなくなるからです。
能力者限定のマジックバーンは対象をとらないために、マジック挑発関係なく相手能力者にダメージを与えられます。

基本的に盤面のやりとりより、「相手の能力者に直接ダメージを与えて速攻で終わらせる」と言うスタイルで大丈夫です。
「このクリーチャーを残しておくと次のターンが回ってこない」などの展開の場合のみ、盤面にマジックを打つ場合もあります。

臨機応変に対応できるようになると速度を保ちながら勝率はキープすることができます。

「クロノマギア AppBank杯」参加者募集中!

12月22日開催ユーザートーナメント「クロノマギア AppBank杯」の参加者募集中です!
詳細とお申込みは以下の記事をご覧ください!
▼「第7回 AppBank杯」の詳細はこちら!▼


クロノマギア ・販売元: GungHo Online Entertainment, INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 200.8 MB
・バージョン: 2.1.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© GungHo Online Entertainment, INC. © CHRONO DREAM PROJECT

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ