【あおガルシナリオ集】アイドルストーリー「Twinkle☆Star(トゥインクルスター)」編

2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、アイドルストーリー「Twinkle☆Star(トゥインクルスター)」編を紹介します。


なお、Twinkle☆Star(トゥインクルスター)のユニット&キャラクターは別記事で詳しく紹介しています。

目次
櫻花 ひなた:第1話「友情もあるよ!手品師ひなた」
櫻花 ひなた:第2話「マス・こみゅにけーしょん」
櫻花 ひなた:第3話「センター合同戦線〜キャッチコピーとは〜」
水科 和歌:第1話「カラダを作る食事の理論」
水科 和歌:第2話「甘いママの関係」
水科 和歌:第3話「未知との遭遇」
望月 愛美:第1話「裏表のない先生」
望月 愛美:第2話「人のふり見て我がふり直せ」
望月 愛美:第3話「深淵のヴィーナス」
嘉陽 千尋:第1話「グルメ旅、はじめます」
嘉陽 千尋:第2話「私たちの無人島談義」
嘉陽 千尋:第3話「お菓子こわい」
野々宮 琴音:第1話「名探偵琴音ちゃん」
野々宮 琴音:第2話「ドキドキをもとめて」
野々宮 琴音:第3話「瑠璃花専門家庭教師」

櫻花 ひなた:第1話「友情もあるよ!手品師ひなた」

ーーレッスン場

●ひなた
ねぇねぇ和歌!
あたしの手品、見ててくれない!?

●和歌
もちろんいいわよ。
何を見せてくれるの?

●ひなた
ふっふっふ……ほら、見て見て! スカートの下から、するするする~!


●和歌
へぇ! 万国旗ね!

でも、それって普通じゃない?
ハイパー・アイドル・エンターテイナーとしては、
もっとあっと驚くような……。

●ひなた
するするする~!

●和歌
……って、まだ出てくるの? い、一体いつまで……。

●ひなた
150カ国だよ!

●和歌
150!?

●ひなた
でも、万国旗の数が足りなくて、最後の一枚だけ和歌のを借りたんだぁ。

●和歌
借りた? 何を?

●ひなた
それはね……ほら、これが最後の1枚だよ!

●和歌
それって……わ、私の下着!?


●ひなた
かたちとか似てるし、結びやすかったんだ~!

●和歌
ひ、ひひひひひひひなた……な、何を……。

●晴海
って、コラー! 何やってるの!

●ひなた
あ、晴海ちゃん!

●晴海
女の子なんだから、そういうことしちゃダメ!
ほら、早くしまって!


●ひなた
えー、ちょうどいいと思ったのになぁ。

●和歌
ひ、ひなたが私の下着を……。

は、恥ずかしいけど……大切に使ってくださいね……。


●晴海
いや。お客さんに見せられないんじゃないかなぁ~……。

目次へ戻る

櫻花 ひなた:第2話「マス・こみゅにけーしょん」

ーー図書室

●琴音
ほら、ひなたちゃん。
ここ、分かる?

●ひなた
ん、んん~……。

●琴音
まず、いちばん前の数字の2乗があって、
次にこの後ろの数字同士と、さらに2をかけて……。


●ひなた
う~……。

わ、分からない……。

●琴音
そ、そう……。
この因数分解、初歩の初歩なんだけどなぁ……。

●ひなた
あたし、数学とか苦手なんだよぉ~……。

そうだ! あたしでも分かるように、アイドルに例えて欲しいな!

●琴音
あ、アイドルに!?

●ひなた
うん! そうしたら、イメージできると思うんだ!

●琴音
じゃ、じゃあ……。

因数分解っていうのは……。

●ひなた
うん!

●琴音
『Twinkle☆Star』のメンバーがそうだったように、
いろんなアイドルとユニットを組んで、より大きくなったり……。

●ひなた
うんうん!

●琴音
逆にメンバーの不仲とかで、
ユニットを解散してバラバラになったりすること、かな。


●ひなた
……え? か、解散!?

●琴音
い、いえ。ただの例えだよ?

●ひなた
解散……そうか、分かった!

●琴音
はい?

●ひなた
『Twinkle☆Star』は解散しない!


●琴音
……答えになってないですからね?

目次へ戻る

櫻花 ひなた:第3話「センター合同戦線〜キャッチコピーとは〜」

ーープロダクション室

●ひなた
さて、今日は週に1回のセンター会議だよ~! やったね!

●晴海
どうしてセンター会議で、「やったね!」なのかな?

●茜
アカネはむしろ、こういう堅苦しいのって苦手なんだけどぉ。

●ひなた
堅苦しくないよ? 今日の議題は、
うちの学プロのキャッチコピーを決めよう! だから!

●麗華
たしかに、そういうのは大切かもしれないわ。
お客さんが最初に目にするものの1つだもの。

●セリア
うぃ! ではあちきは、
『情けはヒットマンのためにあらず!』
を提案するでありんす!


●晴海
ちょっと意味がわからないのだけれど……。

●セリア
『情に囚われるとなんだかんだで最後に裏切られて死ぬ』……
そんなニンジャの教訓でありんす!

●麗華
……そうね、分かりやすく、それでいて目をひくものがいいと思うわ。

『天地創造 ~アイドル・フロンティア~』

なんて、どうかしら?

●茜
……なんて?

●晴海
……えっと……あの……。

●茜
もしかして、麗華さんって中二病ってやつ?


●麗華
……そ、そんなにおかしいかしら。

●茜
仕方ないわねぇ。
だったら、このアカネちゃんが、ズバッと決めてあげるわ!

ずばり! 週休3日制! 各種保険完備、正社員雇用制度有り!
とかどーよ!?

●麗華
ただの願望ね。

●晴海
アイドルに正社員って、あるのかなぁ?

●茜
何よ~! そんなに言うなら、晴海ちゃんは何かあるわけ!?

●晴海
私? 私は……。

じゃ、じゃあ、アイドルであり、学生らしさも出るように……。

さ……『サイン・コサイン・ラブサイン!』
……な、なんて! どう……かな?

●全員
…………。


●晴海
う、うぅ……。
殺して……誰か私を殺して……。

●茜
恥ずかしいなら言わなきゃいいのに……。

●セリア
介錯なら任せるデース!

●麗華
結局決まらないわね。

●ひなた
あたしはみんなの案、どれもいいと思うけどなぁ。

●晴海
ひなたちゃんは何かないの?

●ひなた
あたし? うーん、そうだね。それじゃあ……。

『あいさつは大事にしましょう!』
……とか!

●茜
……フツーね。

●晴海
うん。
なんだか、小学校の廊下の掲示板に貼ってそうな……。

●麗華
キャッチコピーとしてはちょっと……。

●セリア
うーん、結局決まらないでありんすねぇ。

●ひなた
ダメかぁ~!
あいさつは……大事だと思うんだけどなぁ……。

目次へ戻る

水科 和歌:第1話「カラダを作る食事の理論」

ーー学食

●和歌
ち、千尋さん……。それ、お昼ご飯ですか?

●千尋
そうだよぉ?

●和歌
ハンバーグ定食大盛りに、たぬきうどん……。
それからフルーツサラダと、デザートのミルフィーユ……。

●千尋
今日はちょっと調子が悪いの。だから、少なめだよ?


●和歌
少なめ!? これで!?

●千尋
んー? アイドルは身体が資本だよぉ?
たっくさん動くんだし、これでも足りないくらいだよ~。

●和歌
……私は、オクラと納豆のねばねばうどん1杯で、
お腹いっぱいになるのに。

でもたしかに、私はもう少し食べたほうがいいいのかもしれませんね。
最近よくスタミナ切れが起こるのは、食事が原因かも?

●千尋
そうそう。和歌ちゃんは小食なんだよ~。

●和歌
では、千尋さんを見習って、私ももう少し……。

●愛美
おっつー。千尋に和歌。
私もここで食べていい?


●千尋
愛美ちゃん、いらっしゃ~い。

●和歌
ええ。もちろん構いませんよ。

愛美さんも練習量すごいですし、さぞかしたくさんの昼食を……。

…………。

●愛美
どしたの?

●和歌
愛美さんのお昼、そのバナナ1本と牛乳だけですか?

●愛美
そうだけど? 1日3食食べるときは、私は昼はこんなものだけど……。

●和歌
…………。

千尋さんも愛美さんも、極論過ぎですよね。
やっぱり、私ぐらいが普通なんだと思います。


●千尋
えー、そうかなぁ。

●愛美
……一体、なんの話?

目次へ戻る

水科 和歌:第2話「甘いママの関係」

ーーレッスン場

●愛美
ねぇ和歌。
アンタちょっと、ひなたを甘やかし過ぎじゃない?

●和歌
え? そんなことないですよ?
私ほど、ひなたのダメなところを熟知している人間はいないと思います。


●愛美
熟知した上で受け入れてない??

●和歌
そうですけど。

●愛美
だから、受け入れないで指摘しなさいよ!

●和歌
指摘しますよ? 指摘した上で、受け入れるんです。

●愛美
つまりそれって、指摘しても治らないから、諦めてるってことでしょ?

●和歌
指摘して治らないのは、ひなたの個性なんです。
大事にしてあげないと……。


●愛美
……この親にして、あの子ありって感じね。

●琴音
なんだか楽しそうなお話をしてますね。

●愛美
楽しそうに見える?
今後の『Twinkle☆Star』の方針に関わる、大切な問題なんだけど。

●琴音
娘の教育方針で話し合ってる、
お父さんとお母さんみたいでしたよ?


●愛美
勘弁してちょうだいよ……。

この年にして、子育ての苦労なんて分かりたくないわ……。

目次へ戻る

水科 和歌:第3話「未知との遭遇」

ーーレッスン場

●和歌
悠、くるみ、こんにちは。

●くるみ
あ、和歌さんですー! こんにちはー!

●悠
どうも! 晴海先輩に御用ですか!?

●和歌
そういうわけじゃないの。
ただ近くを通りかかったから。

最近、晴海の調子はどう?

●悠
いつも通りですよ。

●くるみ
いつも通り、壁に向かって1人で何か喋ってるですー。

●和歌
え? 壁……?

●くるみ
はいです!
晴海さんの教室に遊びに行ったら、
くるみに気付いていなかったみたいで、1人で何か喋ってたです。


●和歌
…………。

●悠
くるみ、それは違う。

あれは壁に喋ってるんじゃなくて、
飼ってるペットに話しかけてるんだって。

●くるみ
ふぇ? 晴海さん、ペットを飼ってるですか?

●悠
うん。
晴海先輩は、アリを飼ってるんだよ。


●くるみ
へー! そうなんですか!
くるみ、全然知らなかったですー!

●和歌
あ、アリ……。

…………。

それは大丈夫っていうの?

●悠
大丈夫かどうかは分からないけど、いつも通りですよ!

●和歌
そ、そう……。

……今度、晴海の部屋に行ってみましょう。
1人じゃ恐いから、ひなたも連れて……。

目次へ戻る

望月 愛美:第1話「裏表のない先生」

ーーレッスン場

●琴音
はぁ……。また愛美さんに迷惑かけちゃいましたね……。
私に意気地がないから……。

●愛美
接触が恐くて、動きが縮こまってたものね。
たしかに、あれじゃかえって危ないわ。

●琴音
ごめんなさい。私がもうちょっとうまくできれば……。
やっぱり、アイドルに向いてませんよね。

●愛美
もう、何言ってるのよ琴音は。
そんなことでいちいち落ち込まないの!


●琴音
で、ですけど……!

●愛美
そもそも、琴音は気にしすぎなのよ。
もちろん、反省するなって意味じゃないけど。

過度な反省は、ただの卑屈よ。
琴音ってば、勉強はできるのにこんな簡単なこと、
どうして分からないのよ。

●琴音
えっ……。

●愛美
……あっ。

……え、ええと、違うの。
ひとは誰しも得意不得意があるんだから、
それぞれの得意分野で頑張ればいいって話で……。

●琴音
でも、アイドルに勉強は関係ないですし……。

●愛美
そんなことないわよ!
琴音は実際、ステージの構成考えるの上手じゃない。

●琴音
…………。

●愛美
実際、琴音がいなかったら、
私もここまでやってこれなかったと思うし、その……。

…………。

って、ごめん。私ひどいわよね。
琴音を落ち込ませたかったわけじゃないのに……。

●琴音
え?

●愛美
こんなの、リーダー失格よね。
……と、思ったけど、もう実際に『ラブ・ビューティー』は
無くなったわけだから、とっくに失格してたわね。


ああ、なんてダメなアイドル。うふふ……。

●琴音
え、愛美さん!? 大丈夫です伝わってます!
私を励まそうとしてくれたんですよね!?

というか、なんだか立場が変わってません!?
落ち込んでたのは私のはずなのに!

●愛美
ふふふっ。うふふ……。

目次へ戻る

望月 愛美:第2話「人のふり見て我がふり直せ」

ーーレッスン場

●愛美
ねぇ千尋。ちょっと言いにくい話なんだけど……。

●千尋
ん? どうしたの、愛美ちゃん?

●愛美
千尋、ちょっとやせた方がいいんじゃない?

●千尋
んんー!?


●愛美
あー、ごめん。私、言葉選ぶの下手くそだから……。
本当に悪気はないのよ?

でも、やっぱりアイドルだし、身体は資本でしょ?
少し食事制限とかしたほうがいいんじゃ……。

●千尋
大丈夫。
私、夜はだいたい鶏肉しか食べないんだよ?

●愛美
鶏肉?

●千尋
うん。
鶏の胸肉はタンパク質が豊富で炭水化物が入っていないから、
全然太らないんだよ~。


●愛美
でも千尋、昨日はジュースとかも飲んでたし。

●千尋
あれは100パーセント果汁だから大丈夫。
それも、濃縮還元でなくて、きちんとストレートだよ?

それにやせるにしても、食事を極端に減らすのはよくないと思うなぁ。

きちんと食べて、きちんと運動する!
それがいちばん健康だし、丈夫な身体になると思うの。

あ、それから、夜はきちんと寝ることだね。
愛美ちゃんは、ちゃんと寝てる?

●愛美
……き、昨日は録りためたドラマを観てて、あんまり。

●千尋
もう、ダメだよ~?
愛美ちゃんかわいいんだから、身体は大事にね?

●愛美
……ご、ごめんなさい。
私が完全に悪かったわ……。


目次へ戻る

望月 愛美:第3話「深淵のヴィーナス」

ーー教室

●ハツラツとしたアイドル
愛美ちゃん、またね!
明日の家庭科、一緒に頑張ろうね!

●愛美
ええ、また明日。
家庭科は朝一だから、寝坊しないでよね。

……さて、じゃあ今日もレッスンに行こうかしらね。

●瑠璃花
……あ、ヴィーナスさん。

●愛美
んなっ!!!??

●瑠璃花
こんにちは、ヴィーナスさん。
今日のいいお天気ですね、ヴィーナスさん。


●愛美
る、瑠璃花……!
アンタ人前で何を……!

ちょ、ちょっと来なさい!

ーー廊下

●愛美
どーいうつもりよ!?
ていうか、なんでアンタがそれを!?


●瑠璃花
ネットの闇は深い、とだけ言っておく。

●愛美
ま、まさか……!

●瑠璃花
ヴィーナスさん、小学校のときは自分の名前、自分で言いふらしてた。
外国人みたいでカッコイイって。

●愛美
アンタ、私の小学時代のオーディションビデオ、観たわね!
どーしてそういうの見つけて来るかなぁ!?

●瑠璃花
ネットの闇をのぞき込むとき、闇もまたこちらをのぞき込んでいる。


●愛美
意味分からないわよ!

●瑠璃花
でも、私は好き、ヴィーナスって名前。
本名なのにHNみたいで憧れる。

●愛美
え……っ?

●瑠璃花
ヴィーナスさん自体も、小さくてかわいい。
……ただ、身長151cmっていうのが、唯一の欠点かも。

●愛美
……いつも思うけど、よく2人でユニット続けていけてるわね。

●瑠璃花
大丈夫。誰にも言わない。
これは、私とヴィーナスさんだけの秘密だから。

●愛美
そ、そう……。ありがとう。

●瑠璃花
それじゃあ。

●愛美
……瑠璃花、なんだったのかしら。

この名前、カッコイイなんて言われたの初めてよ。
あの子も変わってるわね。

……ちょっと、嬉しいじゃない。


目次へ戻る

嘉陽 千尋:第1話「グルメ旅、はじめます」

ーーハンバーガー屋

●琴音
千尋さん、何読んでるんですか?

●千尋
あ、琴音ちゃん。一緒にどーぞ。

●琴音
えーと、古今東西、日本グルメマップ??

●千尋
うん~。ご当地名物の食べ物をまとめた、ナイスな本だよ~。

●琴音
あー、よくありますよね、そういう本!
見てるだけで楽しくなりますよね!

あ、この赤いボールみたいなお菓子はなんですか?

●千尋
ふふふっ、これはお菓子じゃないんだよ?
たしかに、見た目はかわいいけどねぇ。


●琴音
……へぇ、お寿司なんですね!

しかも種類もたくさん!
すごい! 色んな味があって楽しそうです!

●千尋
食べてみたい?

●琴音
え? あ、はい。食べてみたいですけど……。

●千尋
じゃあ、行こう~。
日付はいつがいい?

●琴音
で、でも、これってすごく遠いんじゃ……。

●千尋
はぃぃ?

●琴音
…………。

そう、ですね。いつ行きましょうか。
来月の連休なんていいんじゃないですか?

●千尋
そうだね~。
ひなたちゃん、愛美ちゃん、和歌ちゃんも誘って、
みんなで行こうね~!

目次へ戻る

嘉陽 千尋:第2話「私たちの無人島談義」

ーープロダクション室

●ひなた
じゃーん! 心理テストだよ!

●琴音
心理テスト?

●ひなた
うん! 無人島に1つだけ持って行けるとしたら、何がいい?


●愛美
まーたひなたは。誰も参加するなんて言ってないのに。

●ひなた
しないの?

●愛美
……するけど。

●千尋
人が生きて行くには、食べ物は絶対に必要よねぇ。

●ひなた
だったら、食料?

●琴音
いいえ。無人島には食料になるものは豊富にあります。
むしろ、食料を確保するための道具が必要かと。


だからここは、アーミーナイフです。

●ひなた
あーみーないふ?

●琴音
折りたたみ式のナイフのことです。
ナイフ以外にも缶切りとかハサミとか、たくさんついてて便利なんですよ。

●千尋
だけど、野生動物と戦うには、ちょっと心許ないかなぁ。

●琴音
だったら、ミリタリーナイフでしょうか?

●愛美
……ちょっとアンタたち、心理テストに何真剣に考えてるのよ。

というか、ナイフがどうとか、野生生物と戦うとか、
アイドルなんだからもうちょっと考えなさいよね。

うふふっ☆ エミわぁ、仲良しのうさちゃんのぬいぐるみがいないとぉ、
夜は恐くて眠れないんですぅ~☆


とか、かわいいこと言えないの?

●千尋
うーん、そうだねぇ。
それじゃあ……。

わたしは、コロッケかなぁ。

●和歌
コロッケ?

●琴音
コロッケ、ですか?

●愛美
コロッケ……コロッケって……。

●千尋
うふふ。だって、こんがりきつね色だよ?
とってもキュートだって思うなぁ。


●和歌
かわいい……ですかね?

●愛美
心理テストどうこうより、アイドルとしての
千尋の感性に疑問を感じるわね……。

目次へ戻る

嘉陽 千尋:第3話「お菓子こわい」

ーー控室

●千尋
……あれ?

●理子
おっ? なんだ、千尋じゃないか。

●更菜
あっ、ど、どうしたんでしょうか?
ここって、『GE:NESiS』の控室ですけど。


●美雪
もしかして、控室を間違えましたの?
うふふ、分かりますわ。
同じような部屋が並んでいて、迷路みたいですものね。

●千尋
あー……どうやらそうみたいねぇ。
わたしったら、おっちょこちょいでごめんなさい。

●理子
でもまあ、ちょうどいい。
時間があるなら、混ざっていかないか?

●千尋
混ざる?

●更菜
ババ抜きをやってるんです。
でも3人だと、すぐにババが回って来ちゃって……。

●更菜
勝った方には、お菓子が贈呈されるんですよ?

●千尋
まぁ。それはまぁまぁ、お菓子が贈呈!


じゃあせっかくだし、少しだけお邪魔しようかなぁ~。

(何勝負か終えて)

●千尋
うふふ。また勝っちゃったぁ。

●理子
つ、強すぎる……。

●更菜
ここまで負けなしですからね……。

●千尋
情け容赦はしないよぉ?
ふふっ、お菓子もたくさん集まったねぇ。

●美雪
あら? しかし、賞品のお菓子がもうありませんわ。
どういたしましょう……?

●更菜
あ、もう1つだけありあますよ。
これ、なんですが……。

●理子
酢昆布?


●千尋
えっ!?

●理子
なるほど……。お菓子かと言われると微妙な気がするが、
まあこの際致し方ない。

千尋に一度も勝てないまま終わるは癪だからな。
次こそ、勝つ!

(勝負を終えて)

●理子
……勝った。あっさりと。

●更菜
どうしたんでしょう? 千尋さん、今回はずっと
ババを持ちっぱなしだったような気がするんですが。

●理子
まさか、手を抜いたのか!

●千尋
んー、そんなことはしてないよぉ。

●更菜
ババ抜きでわざと負けるって、むしろすごく難しいと思います。

●理子
それもそうか……。

●千尋
私、昆布が大の苦手なのぉ。


●美雪
そうなのですか?

●千尋
うん~……。だからどうにも力が沸いてこなくて……。
正直、こうして目の前にあるだけでも、
身体がふにゃ~ってなっちゃうんだぁ。

●理子
それは意外だな。
うちは父親が好きだから、昆布はいつも家にあったぞ。

味噌汁には必ずはいる。
それに、軒先にはよくぶら下がっていたし。


●千尋
の、軒先に……。

もし、そんなことを、わたしの部屋の前でやられたら、
一生部屋に入れないわぁ……。

それだけは勘弁してぇ~……。うぅ……。

●更菜
だ、大丈夫ですよ千尋さん!
誰もそんな不思議なイタズラしませんから!

●美雪
昆布のせいで力が出ない……。
そのような奇妙なことがあるのですね……。


目次へ戻る

野々宮 琴音:第1話「名探偵琴音ちゃん」

ーープロダクション室

●ひなた
あ、あれ?

●和歌
どうしたの、ひなた?

●ひなた
ない……。あたしの携帯が……。

●和歌
え? カバンの中じゃない?

●ひなた
うーん、違うみたい。
ポケットにもないし、床にも落ちてないよ~……。

●愛美
……いま、アンタの携帯にかけてるけど、
どうやらこの部屋にはなさそうね。

●ひなた
そんなぁ……。

●千尋
あら、どこに行っちゃったのかなぁ。

●琴音
……ひなたちゃん、さっきジュースを買いに行ったよね?

●ひなた
あ、うん。行ったよ。

●琴音
それにひなたちゃん、ジュースを買う前に、
小銭がなくてお札使えるかなぁって心配してたよね?


●ひなた
う、うん……。

●琴音
だったら、もしかしたら自販機の前に落ちてるかも……。

●ひなた
……ちょっと見てくるね!

(自動販売機を見て、戻ってくるひなた)

●ひなた
あったよ! 自動販売機の前に落ちてた!

●和歌
えぇ!? 本当に!?

●千尋
すごいねぇ! 琴音ちゃん、どうして分かったのぉ?

●琴音
ひなたちゃん、制服のポケットに携帯入れてたよね?

●ひなた
うん。

●琴音
それで財布の中には小銭もなかった。
つまり、お札でジュースを買うと、お釣りを回収しないといけない。

お釣りを回収するには、上体を屈ませないといけないから、
そのとき、制服のポケットから滑り落ちたんじゃないかなって。


●ひなた
う、うん……そう、なのかな?

●和歌
すごいよ琴音!
まるで安楽椅子探偵みたい!

●琴音
お、大げさですよ。

●愛美
ホント、琴音の観察眼と洞察力には舌を巻くわね。
私も何かなくしたら、琴音に聞いてみようかしら。


●千尋
あ、それなら、わたしも、
琴音ちゃんに相談したいことがあるんだけどぉ……。

●琴音
なんですか?

●千尋
もってきたはずのお菓子が、楽屋の中で消えちゃってぇ……。
どこにあるか知らないかなぁ?

●琴音
え?
えっと……そ、それは……。

●愛美
……千尋、それは私にも分かるわ。

●千尋
えっ?

●愛美
答えは……アンタのお腹の中よ。
さっき、嬉しそうに食べてたじゃない。


●千尋
そ、そうだった?

●琴音
あはは……。
それは場所が分かっても、どうしようもありませんね。

目次へ戻る

野々宮 琴音:第2話「ドキドキをもとめて」

ーー教室

●琴音
…………。

――ぺらっ

●琴音
…………。

●ひなた
琴音ちゃんっ。

●琴音
っ!?


――パタンッ!

●ひなた
何の本を読んでるの?

●琴音
ひ、ひなたちゃん!?

え、えっと、そんな大したものじゃ……。

●ひなた
ん?

●琴音
……これ、です。

●ひなた
え、これって……小説?
なんだか、ピンク色でかわいい表紙だね。

●琴音
れ、恋愛小説だから……。

●ひなた
恋愛小説……?

へー! 琴音ちゃんって、そういうの読むんだ!

●琴音
は、恥ずかしいのであまり大きな声で言わないで~!


●ひなた
いいと思うけどなぁ。
あたしは、文字だけの本って読めないけど。

●琴音
……すごく、素敵なの。

現実にはありえないし、いざ自分がってなると
まだよく分からないけど……。
でも、王子様みたいな人が、いつか私を迎えに来てくれるって思うと……。

●ひなた
思うと?

●琴音
……ドキドキ、しちゃう。

●ひなた
琴音ちゃんって……。

●琴音
な、なに……?

●ひなた
かわいいねっ!

●琴音
っ!?

ほ、他の本だって読むんだよ!?
冒険活劇とか!

●ひなた
それはどうして好きなの?

●琴音
えっと、ドキドキするから、かな。
恋愛とは違うドキドキですけどね。

●ひなた
ふーん、そっか。
つまり琴音ちゃんは、ドキドキしたいんだね。


●琴音
そう……かもしれないけど、そういう言い方やめて~!
なんか恥ずかしい~!

目次へ戻る

野々宮 琴音:第3話「瑠璃花専門家庭教師」

ーー図書室

●琴音
はい、じゃあルリちゃん、この英単語の意味は?

●瑠璃花
……分からない。

●琴音
分からないときは、どうすればいい?

●瑠璃花
調べる。

●琴音
そうだね。じゃあ、辞書ひいてみようか。

●瑠璃花
…………。

●琴音
って、どうしてスマホを取り出すの?


●瑠璃花
だって、辞書を引くにはこれが一番早い。

●琴音
ダメだよ。ちゃんと紙の辞書を使わなきゃ。

●瑠璃花
どうして、スマホじゃダメなの?

●琴音
え? うーん、そう言われると難しいけど……。

私は、辞書のこの重さがいいんだと思うな。

●瑠璃花
重さ?

●琴音
うん。これだけ分厚いと、意味を調べるのも大変でしょう?
だから、苦労して見つけた単語は、なかなか忘れないんだよ。

●瑠璃花
そんな前時代的な考え方……。
そもそも、英語なんてできなくても、
いまの時代スマホがあればなんとかなる。


●琴音
でも、試験はスマホ使えないよ?
私も、側にいてあげられないし。

●瑠璃花
…………。

●琴音
はい、英和辞書。

●瑠璃花
……。

●琴音
あ、そうだ。
一応、漢字辞典と国語辞典も渡しておくね。

●瑠璃花
……う。

●琴音
あと、何があるかわからないから、
これと……これと……これも。

●瑠璃花
うっ、うっ、うっ……。

●琴音
これだけあれば、安心だね!

●瑠璃花
……お、重い。

む、無理、こんな重量、歩けない……。


目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!