クリエイターアンケートで振り返る2018年スマホゲーム業界Vol.3【年末企画】



AppBankの2018年の年末特別企画として、昨年に引き続きスマホゲームのクリエイターの方々に2018年を振り返るアンケートを行いました!

あの人気作を手がけるクリエイターのみなさんは、どんなことに心を動かされたのか? そして、来たる2019年をどんな年にしようとしているのか? その第3弾をお届けします!

→Vol.1はこちら:クリエイターアンケートで振り返る2018年スマホゲーム業界Vol.1【年末企画】

→Vol.2はこちら:クリエイターアンケートで振り返る2018年スマホゲーム業界Vol.2【年末企画】

【お答えいただいたクリエイターの皆様(会社名五十音順)】

●1ページ目

  • NHN PlayArt:池田康隆さん(『アトリエ オンライン ~ブレセイルの錬金術士~』プロデューサー)
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント:荻原智さん(『サモンズボード』プロデューサー/ディレクター)
  • クローバーラボ:歴舎忠良さん(『るるたるイデア』プロデューサー)
  • コーエーテクモゲームス:細井順三さん(『アトリエ オンライン ~ブレセイルの錬金術士~』プロデューサー)

2ページ目

  • DMM GAMES:はせPさん(クリエイティブディレクター・プロデューサー)
  • バンク・オブ・イノベーション:清水啓之さん(『ミトラスフィア -MITRASPHERE-』プロデューサー)
  • バンダイナムコエンターテインメント兼BXD:高山祐介さん(制作プロデューサー)
  • ポノス にゃんこスタジオ:石橋廣樹さん(『にゃんこ大戦争』プロデューサー)
  • ポノス ダークホーススタジオ:岩原ケイシさん(『ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争』プロデューサー)

3ページ目

  • マーベラス:八破ツバシさん(『千銃士』コンセプター)
  • ミクシィ XFLAG スタジオ:テルーマンさん(『モンスターストライク』プランナー)
  • ミクシィ XFLAG スタジオ:山本さん(『ファイトリーグ』ディレクター)
  • モバイルファクトリー:塩川仁章さん(『駅メモ! – ステーションメモリーズ!-』ゼネラルマネージャー)

NHN PlayArt:池田康隆さん(『アトリエ オンライン ~ブレセイルの錬金術士~』プロデューサー)

【代表作】『チョコットランド/チョコットランドSP』『アトリエ オンライン~ブレセイルの錬金術士~』


ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
2018年では『ブレイブ フロンティア2』がいろんな意味で衝撃でした。
『1』からのヘビーユーザーだったことや、PRも大々的に実施したことで注目していました。なにより、ビジネスモデルとしてガチャを実装しないっていう点で衝撃を受けたタイトルでした。

ーー2018年で一番気になったコンシューマゲームはなんですか?
PS4の『Marvel’s Spider-Man』です。映画を見ている人がこのゲームをやったら誰だってはしゃいじゃうなと思いました。映像表現もそうですが、自由度もあって「スパイダーマン」の要素を見事に再現したなぁって実感しました。

ーーゲームに限らず、2018年で一番衝撃を受けたコンテンツはなんですか?
動画を取り巻くコンテンツです。2018年は映像や動画を中心にして爆散したコンテンツが多く目立ったなと思ってます。しかもそのヒットの仕方が桁違いだという点もすごく興味深くて。

爆発ヒットしたコンテンツは綿密な仕込みや売れる要因が他にもあったわけですが、それでも「USA」「米津玄師」「Vtuber」「TikTok」などは、どれもそのコンテンツが桁違いにバズって、桁外れにメガヒットしたのは本当にすごいなと思いました。

ゲームと親和性の高い『Mirativ』とかもその候補になりますが、配信している人とかのコンテンツはとてもおもしろいですよね。1つのゲームをとっても全然違うように見えてしまう。すごく可能性があるなと思いました。

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
まずは『アトリエ オンライン』を安定した運営軌道に乗せていきたいと思います。それ以外では、長年のゲーム開発経験を活かして、いろんな“遊び”を作れたらと日々考えています。

▼代表作:『アトリエ オンライン~ブレセイルの錬金術士~』。


©2018 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

ガンホー・オンライン・エンターテイメント:荻原智さん(『サモンズボード』プロデューサー/ディレクター)

【代表作】『サモンズボード』

ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
『ロマンシング サガ リ・ユニバース』

どストライクの世代なので、完全新作と言われてしまってワクワクしないわけには行かないです。
実際にプレイをしてみても表現だけでなく音もしっかりロマサガしていて、ついついにやにやしながらプレイさせていただきました。

ーー2018年で一番気になったコンシューマゲームはなんですか?
『ゼノブレイド2 黄金の国イーラ』

自分が好きな作品ということもありますが、発表されてからずっと楽しみにしてました。
もはやシーズンパスのボリュームではないアップデート内容に衝撃を感じながら、『ゼノブレイド2』という作品を何倍にも楽しませてくれて、2があるからこそこの作品が何倍にも面白く感じるあたり絶妙でした。

単純なボリューム追加ではなく、時代背景に合わせたバトルシステムの変更など、システム面でも没入感がましており、とても面白かったです。

ーーゲームに限らず、2018年で一番衝撃を受けたコンテンツはなんですか?
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』

まさにスペシャルでした。
あの数のキャラクターが一同に会すこと自体とてもすごいことなのに、新規機能の実装からバランス調整まで本当に大変なことだったと思います。
作品にかかわられたすべての皆様、ありがとうございます!

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
『サモンズボード』もおかげさまで5周年になります。
今年は遊びやすさの改善を軸に様々な改修を行ってまいりました。

6周年からは改めて遊びの拡張を軸に楽しんでいただけるようなアップデートを運営・開発してまいりますので、サモンズボードを引き続きよろしくお願いいたします。

また、ガンホーも新作を発表しておりますので、そちらの方も楽しみにお待ち下さい!

▼代表作:『サモンズボード』。


© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

クローバーラボ:歴舎忠良さん(『るるたるイデア』プロデューサー)

【代表作】『るるたるイデア』


ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
『プリンセスコネクト!Re:Dive』
3Dゲームが多くなっている中、2Dゲームであそこまでクオリティの高いゲームを作れるのはすごい!
しかも見た目だけでなく、ゲームとしての深さやユーザービリティの部分などもしっかり作り込まれており、色々な点でよく出来ていると感じました。

弊社もほぼ2Dでゲームを開発しているのですが、ゲーム内にアニメーションを再生するなどちょっと真似できないですね。

ーー2018年で一番気になったコンシューマゲームはなんですか?
『モンスターハンター:ワールド』
『モンハン』シリーズは2ndからプレイしているのですが、『モンスターハンター:ワールド』は初めてプレイして驚きました。

過去作での常識だった事を無くし、よりストレスを無くしプレイしやすくすることに特化されていた
マップのローディングがなくなるなどのハードでの制限はわかるのですが、クエスト中に装備を変えられる、アイテムを無限に持っていけるなど、ゲーム性に紐づく部分もプレイしやすくするために変わっていたのは驚きでした。

新しい体験を与えるためには既存のルールを壊すことの大事さを気付かされました。

ーーゲームに限らず、2018年で一番衝撃を受けたコンテンツはなんですか?
『荒野行動』と『PUBG』ですね。

以前からPCで流行っていたのは知っていたのですが、僕自身がFPSなどのガッツリしたゲームはPCやコンシューマなど腰を据えてプレイしたいと思っていた派なので、スマホのインターフェースではそこまで流行らないのではと思っていました。

しかし気づけばまたたく間に人気になってビックリしました。

実際自分でやってみるとスマホでも案外プレイでき、お昼などに集まってプレイして盛り上がってました。

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
僕が担当している『るるたるイデア』も来年から新しいコンテンツなど増やしていこうと思っています。
ちびキャラが大量に出てきてハチャメチャにバトルするゲームで、兵士を育てるなどコアなユーザーさんが楽しめる要素があるので興味ある方は1度ぜひプレイしてみてほしいです!

そして2019年でいよいよ『ゆるドラシル』が5周年に突入します。
今までプレイしていただいているユーザーの皆様により満足していけるように頑張っていきたいです。

▼代表作:『るるたるイデア』。


© 2018 Clover Lab.,inc.

コーエーテクモゲームス:細井順三さん(『アトリエ オンライン ~ブレセイルの錬金術士~』プロデューサー)

【代表作】『アトリエ オンライン~ブレセイルの錬金術士~』『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』

ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
『ロマンシング サガ リ・ユニバース』
『ロマンシング サガ』という長い歴史のあるタイトルをスマートフォン向けにどのように変化進化させるのかが非常に気になったため。

ーー2018年で一番気になったコンシューマゲームはなんですか?
『フォートナイト』
コンテンツの配信方法や展開等、ゲームシステムともに非常に高いレベルでまとまっていたため。

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
『アトリエ オンライン』は今後も継続的にアップデートを行っていきますので、どうぞご期待下さい。

また、CSタイトルになるのですが、『アトリエ』シリーズ20周年記念作品である『ネルケと伝説の錬金術士たち ~新たな大地のアトリエ~』(PlayStation®4/PlayStation®Vita/Nintendo Switch™)が1月31日に発売されます。

『アトリエ』シリーズ初心者や、一度シリーズからは離れてしまった方も楽しめるゲームに仕上がっておりますので、お手に取って頂けると非常に嬉しく思います。

それ以外にも様々なタイトルの発表を予定しておりますので、2019年も引き続きガストブランドと『アトリエ』シリーズにご支援賜りますようお願い申し上げます。

▼代表作:『アトリエ オンライン ~ブレセイルの錬金術士~』。


©2018 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

DMM GAMES:はせPさん(『FLOWER KNIGHT GIRL』クリエイティブディレクター・プロデューサー)

【代表作】『FLOWER KNIGHT GIRL』『ガールズシンフォニー:Ec ~新世界少女組曲~』


ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』

これは、本当にスクエニさん凄いと思いました。スマホでこの手触り感とコンシューマーゲーム張りの満足度。滅茶苦茶遊びました! 子供のころにテリーのワンダーランドで熱狂した世代なので、ノートに配合表とか描いて友達と交換したりした事を思い出しましたね。笑

あとスマホ版『FLOWER KNIGHT GIRL』よろしくお願いいたします! 今年配信しております! (宣伝)

ーー2018年で一番気になったコンシューマゲームはなんですか?
直近ですと『Fallout 76』を遊んでおりますが、ちょっとギリギリの範囲かもしれませんが(2017年12月の為)、『地球防衛軍5』これがやはりめっちゃ熱かったですねー。

コンシューマーなら去年から今年の中盤にかけて一番遊んだんじゃないかなと思います。
コミュニケーションメニューがしっかりしていたので、知らない人たちとの辻パで遊んでも全然問題ない感じなので、相変わらずの大量のUFO、タンク、蟻に蜂という敵が、蟻に蜂という敵…ウッ頭が! (宣伝)

ーーゲームに限らず、2018年で一番衝撃を受けたコンテンツはなんですか?
結構いろいろ衝撃を受けたものはあったのですが、映画から『ボヘミアンラプソディ』ですね。
あまり内容を書くと、ネタバレになってしまうので、「Queen」ってバンドはかなり小さいころから聞いていたので思い入れが深く、いやーもう映画の中盤からずっと泣いてましたね。

一緒に行ったKADOKAWAの方が後ではせPさん誰より早く泣いてたけど、あの場面で泣くところあった?笑
ってめちゃくちゃ笑われたのですけど、「Queen」に思い入れある人もなくてもあれはぐっとくると思います。最後のライブエイドのシーンは必見ですね!

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
来年あたりに僕がP(プロデューサー)とCD(クリエイティブディレクター)を担当する新作を皆様に見せることが出来るかもとは思っておりますので、ご期待いただければと思います。

ユーザーさんに、楽しんでもらえる、愛してもらえる作品であったり、キャラクターを作っていきたいは僕の変わらない毎年の目標です。

またGS(ガールズシンフォニー)はEC(アンコール)として僕もP、CDとして担当しつつ、生まれ変わりますので、こちらも宜しくお願い致します。

最後に、『FLOWER KNIGHT GIRL』も今年4周年の節目を迎え、これもひとえに支えて下さっている、ユーザーさんの皆様と愛情を持って開発運営を行っていただけている、YourGames様、FLOWER KNIGHT GIRL運営チームの皆さまのおかげです。

この場をおかりして、支えになってくれているユーザー様に感謝と、何卒変わらぬご支援いただけましたら、
幸いです。
FLOWER KNIGHT GIRL運営・制作チーム一同、DMM GAMESを今後とも何卒よろしくお願いい申し上げます。

▼代表作:『FLOWER KNIGHT GIRL』。


© DMM GAMES

バンク・オブ・イノベーション:清水啓之さん(『ミトラスフィア -MITRASPHERE-』プロデューサー)

【代表作】『ポケットナイツ』『ミトラスフィア -MITRASPHERE-』


ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
今月リリースされたばかりですが『ロマンシング サガ リ・ユニバース』ですね。自身の世代としてシリーズの懐かしさもあり、その懐かしさを音楽やキャラクター等によって強く喚起された作品です。

ーー2018年で一番気になったコンシューマゲームはなんですか?
『OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)』です。ドット絵で描かれた、懐かしさを感じさせる雰囲気にまずは惹かれて興味を持ち、久しぶりにプレイをしたコンシューマゲームのRPGとなりました。

ーーゲームに限らず、2018年で一番衝撃を受けたコンテンツはなんですか?
『ネオジオ ミニ』『プレイステーション クラシック』といった往年のゲーム機を小型化した商品ですね。
一昨年、昨年と『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』が発売されましたが、それに続いて今年も、往年のゲーム機を手軽に遊べるコンパクト化した商品が続々とリリースされました。

過去のゲームに対するノスタルジックさが持つ魅力やパワーを、スマホゲーム、コンシューマゲームも含めて特に感じた一年になったと思います。

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
プレイヤーの皆様に長く安心して楽しんでいけるような運営を心掛けて、2019年も取り組んでまいりますので、来年も引き続きよろしくお願いいたします。

▼代表作:『ミトラスフィア -MITRASPHERE-』。


© Bank of Innovation, Inc.

バンダイナムコエンターテインメント兼BXD 『アイドルマスター シャイニーカラーズ』制作プロデューサー:高山祐介さん

【代表作】『アイドルマスター シャイニーカラーズ』


ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
『フォートナイト』(Epic Games)

スマートフォンでもプレイできるという意味で、こちらの欄でご紹介をさせていただきます。魅力的なゲーム性はもちろんですが、PC、PS4、iOS、Android等々、マルチなプラットフォームで展開している点が素晴らしいと思います。ユーザーの生活サイクルに合わせた選択をできるというのが、これからのゲーム市場では重要になるのでは……と考えさせられたタイトルです。

ーー2018年で一番気になったコンシューマゲームはなんですか?
『FINAL FANTASY XIV』(スクウェア・エニックス)

今年の夏頃に復帰し、以来ほぼ毎日欠かさずプレイしています。ソロでも楽しめるライトな要素からマルチ必須の高難易度コンテンツまで隙が無い面白さです。シナリオも非常に良く、「イシュガルド編」や「暗黒騎士」のジョブクエストにはただただ感服しました。それだけではなく、「プロデューサーレターライブ」を始めとしたユーザーコミュニケーションも非常に素晴らしいと思っています。バランス調整や新規コンテンツの追加、要望への回答など……ゲームに関する情報を誠実に伝えている印象で、見習いたいと常々思っています。最近発表された「漆黒の反逆者(ヴィランズ)」も楽しみです!

ーーゲームに限らず、2018年で一番衝撃を受けたコンテンツはなんですか?
ゲームにも関連してしまうのですが、HTML5市場の拡大には注目した1年でした。

BXDは、2018年4月にHTML5技術を用いたスマートフォン向けブラウザゲームプラットフォーム「enza」の提供を開始いたしましたが、他社さんからも続々とHTML5を用いたブラウザゲームが登場しています。

成熟したアプリゲーム市場だけではなく、次世代を担うであろうHTML5技術はもっともっと広まっていくと確信していますし、BXDも「リアルとデジタルの融合」をキーワードに、よりよいゲーム体験を提供していきたいと考えています。

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
『アイドルマスター シャイニーカラーズ』はサービスの開始から8か月を迎えることができました。これもいつもプレイをしてくださるプロデューサーの皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

10月に実施した「ユーザーアンケート」でも様々なご要望をいただき、また開発チームでも実現したい要素がまだまだありますので、2019年の『シャニマス』にも是非ご注目いただければと思います。

また、2019年3月には初の大型ライブ「THE IDOLM@STER SHINY COLORS 1stLIVE FLY TO THE SHINY SKY」の開催も決定いたしまして、様々なメディアを通して「シャニマス」の魅力をお届けできることを本当に嬉しく思います。

そして……早いもので、2019年4月には1周年を迎えます。現在1周年を盛り上げる様々な企画を鋭意準備中ですので、そちらにも是非ご期待ください!

これからも、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』をよろしくお願いいたします。

▼代表作:『アイドルマスター シャイニーカラーズ


©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©BXD Inc.

ポノス にゃんこスタジオ:石橋廣樹さん(『にゃんこ大戦争』プロデューサー)

【代表作】『にゃんこ大戦争』


ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
『Pokémon GO』
今年のタイトルではないですが、復帰してプレイし続けています。
イベントでは街中で本当たくさんの方が老若男女問わずプレイされてますし、ゲームの力で世界を変えられていると改めて実感します。

ーー2018年で一番気になったコンシューマゲームはなんですか?
ふたりで!にゃんこ大戦争
自社タイトルで恐縮ですが2人で協力出来て親子でも友達とでも1人でも、面白おかしく、そしてボリューム満点の内容に満足いただけると思います。価格も999円という低価格に設定したのでぜひダウンロードしていただけると幸いです。

ーーゲームに限らず、2018年で一番衝撃を受けたコンテンツはなんですか?
『search/サーチ(映画)』
あらゆるシーンがPC画面上で展開していくという発想もさることながら、映画の構成上、間接的に表現される数々の手法やアイデアに感服しました。

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
『にゃんこ大戦争』はこの11月に6周年を迎え、久々にTVCMなど大きく仕掛けた年となりました。
これを期に復帰していただいた方々、初めて知っていただいた方々へも引き続き、期待を裏切らないにゃんこらしい裏切りや笑いを提供していければと思っています。

『にゃんこ大泥棒』というスピンオフタイトルも来年リリース予定ですので楽しみにしていてください!

▼代表作:『にゃんこ大戦争』。


© PONOS Corp.

ポノス ダークホーススタジオ:岩原ケイシさん(『ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争』プロデューサー)

【代表作】『ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争』『Wizardry Online』

【Twitterアカウント】岩原ケイシ/紅蓮士


ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
『にゃんこ大戦争』
自社タイトルで恐縮ですが、6周年を迎えてもこの勢いは凄いなと。

ーー2018年で一番気になったコンシューマゲームはなんですか?
『レッド・デッド・リデンプション2』
開発規模とゲームのスケール。作り込みも「凄い」という感想。あれを日本でやろうと思ったら、どれだけ優秀なクリエイターを集めて動かさないといけないのかと戦々恐々とします。

ーーゲームに限らず、2018年で一番衝撃を受けたコンテンツはなんですか?
『カメラを止めるな!』(映画)
業界は違いますが、エンタメのモノづくりってこうだよな、と。ラストシーンの笑顔は実体験としてよく分かる!

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
2018年11月にスタートしたばかりの『ゆるゲゲ』をもっと楽しくゆる~く遊べるように、いろいろなアップデートを企画していますので、それに注力します。それとは別に新しいゲームを小規模でも一本は出したいと思っています。

あとは……『ゆるゲゲ』リリースで映画を見る時間も惜しんでしまいましたが、来年は劇場で100本以上見たいと思います!

▼代表作:『ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争』(ゆるゲゲ)。


© 水木プロダクション・フジテレビ・東映アニメーション
© ゆるゲ大戦争製作委員会

マーベラス:八破ツバシさん(『千銃士』コンセプター)

【代表作】『千銃士』

【Twitterアカウント】【公式】千銃士

ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
『ポケモンGO』長く休眠していたのですが、2018年になってふと再開。たくさん新要素が追加されており、非常に面白くなっていたので驚きました。

2019年には同じくNiantic社から『ハリー・ポッター』の新作アプリが配信予定ということで、こちらも期待しています。

ーー2018年で一番気になったコンシューマゲームはなんですか?
『Marvel’s Spider-Man』トレーラー映像を見て、臨場感と迫力に圧倒されました。

ーーゲームに限らず、2018年で一番衝撃を受けたコンテンツはなんですか?
ベルリン・コーミッシェ・オーパ―の新演出オペラ『魔笛』。オペラとアニメーション映像が見事に融合した、素晴らしい舞台芸術でした。斬新さを求めてチャレンジしていく姿勢、見習いたいものです。

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
『千銃士』のリリースからおかげさまで9ヶ月が経ち、様々なメディア展開もさせていただくことができました。引き続き2019年も、いつも応援してくださる皆様に驚きと感動をお届けできるよう、『千銃士』の運営に全力を注いでまいります!

▼代表作:『千銃士』。


©LINE Corporation / Marvelous Inc.

ミクシィ XFLAG スタジオ:テルーマンさん(『モンスターストライク』プランナー)

【代表作】『モンスターストライク』

appbank - 5


ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
一番インパクトに残っているという意味で、『パズル&ドラゴンズ』でしょうか。

もはや説明も不要なぐらいな、超人気タイトルであるわけですが、今年10月に発表され実施中の、「パズドラ大感謝祭」には、正直度肝を抜かれました。

この施策内容もさることながら、今年のアップデートは今まで以上に面白かったり遊びやすくなるものが多かったり、怒涛のイベントラッシュでユーザーを飽きさせない姿勢は、さすがはパズドラさんだなと感じ、いい刺激になっています。

周年ではどんなサブライズで業界を沸かせてくれるのか、楽しみです!

ーー2018年で一番気になったコンシューマゲームはなんですか?
『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』です。

Nintendo Switchでの初のポケモン新作ということでしたが、野生のポケモンとの戦いがなくなり、代わりにポケモンを捕まえることで経験値が入る仕様や、ポケモンボックス周りの大幅な仕様の変更など、一新されたシステム面に、Joy-conや新デバイス「モンスターボール Plus」での子供心をくすぐる新たな操作方法により、老若男女、誰でも体験できる新たなコンテンツとして生まれ変わっており、感動しました。

また、ポケモンGOとの連動も、非常に驚かされました。一連の動きが発表されている間、連日社内でこの話題ばかりが上がっていました。

ーーゲームに限らず、2018年で一番衝撃を受けたコンテンツはなんですか?
残念ながら、パッと思いつくコンテンツが特にありませんでした…申し訳ありません。

忙しいと、どうしてもゲームやその周辺領域に視界が偏りがちなので、来年はもっといろいろなエンターテイメントに触れていきたいですね。

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
2018年も、ユーザーの皆様のおかげで、僕自身、またいろいろな経験をさせていただけた、よい年となりました。

来年は、XFLAGとして、すでに発表させて頂いている新作ゲームやアニメ、また、モンストIPを使った新作など、新しいモノが出てくる予定なので、そちらも楽しみにしていただきたいです。

もちろんモンストも、勢い衰えず、今年に負けないよう、より一層皆様に驚きや楽しさをお届けしていけるよう、引き続き邁進してまいりますので、よろしくお願い致します!

▼代表作:『モンスターストライク』。


©XFLAG

ミクシィ XFLAG スタジオ:山本さん(『ファイトリーグ』ディレクター)

【代表作】『ファイトリーグ』


ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
『Hole.io』

デバイスと通信が進化して、アプリゲームに対してどんどん目が肥えてきた中、ここのパブリッシャーはとてもカジュアルで面白いゲームをたくさん出していて驚きました。

特に『Hole.io』はBluetoothで友達と遊べるのですが、“友達と集まって盛り上がる楽しさ”をとてもコンパクトに凝縮されていて、開発メンバーとよくランチ代を賭けて遊んでいました。

ーーゲームに限らず、2018年で一番衝撃を受けたコンテンツはなんですか?
『Tik Tok』

SNSの文化として『Twitter』や『Instagram』はわかるんですが、『Tik Tok』は「これは理解できん・・・」とびっくりしました(笑)

同時に、若い世代に流行ってる文化や感情を“理解できない”のは、エンタメ屋として非常にマズイと焦った体験でもありました。

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
今年も『ファイトリーグ』を遊んでいただき、ありがとうございました!!
2月14日からアニメの配信もスタートしますし、さらに盛り上げていこうと思っております!

来年一番気になるスマホゲームは『ファイトリーグ』!!
皆様に素敵なサプライズをお届けできるよう、腹を括って参りますので来年もどうぞよろしくお願いいたします!

▼代表作:『ファイトリーグ』。


©XFLAG

モバイルファクトリー:塩川仁章さん(『駅メモ! – ステーションメモリーズ!-』ゼネラルマネージャー)

【代表作】『駅メモ! – ステーションメモリーズ!-』

【Twitterアカウント】駅メモ!公式


ーー2018年で一番気になったスマホゲームはなんですか?
『PUBG MOBILE』。プレイして楽しい、実況動画を観て楽しい。有名ストリーマーとカスタムルームで一緒に盛り上がったり、各地で大会が開催されたり、そういったコミュニケーションについても新しい体験を提供してくれたように思います。

ーー2018年で一番気になったコンシューマゲームはなんですか?
PlayStation 4『Marvel’s Spider-Man』。映画さながらの映像と、爽快感のある動きでスパイダーマンの世界に入り込めます。ストーリーも素晴らしいです。

ーーゲームに限らず、2018年で一番衝撃を受けたコンテンツはなんですか?
『東京ミステリーサーカス』。ビルまるごと謎解きテーマパークという規模にも驚きましたし、外に出て実際の街を使って謎解きを進めるものや、様々なタイアップ企画など、コンテンツの豊富さにも驚きました。

ーー2019年に向けての抱負をお願いします。
多くのマスターの皆さまに支えていただき、今年『駅メモ!』はアプリ版のリリースから4周年を迎え、5周年に向けてまた新たなステージへと進むことができました。

今年は、新機能ミタメカエレールや背景設定機能のリリース・奪取erポイントの追加やガチャのリニューアルなど、『駅メモ!』における大きな変化が生まれた年でした。

アプリ版『駅メモ!』が5年目に入るこれからにつきましても、マスターの皆さまがより安心して・より楽しく『駅メモ!』をご利用いただけるよう、様々な取り組みを行ってまいりますのでどうぞご期待ください。

▼代表作:『駅メモ! – ステーションメモリーズ!-』。


© G1dash, Inc.

次のページ次はDMM GAMESのはせPさん
1
2
3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ