『メガテン』ライター塩田信之が振り返る『D2メガテン』第2章 新宿:激化してゆく戦い!

年が明けた1月22日に、正式オープンから1周年を迎える『D×2 真・女神転生 リベレーション』(D2メガテン)。12月13日のアップデートでメインストーリーの最新章として第7章が実装され、デビルダウンローダーの物語はさらに広がりを見せています。


全6回にわたって、『D2メガテン』のメインストーリーを1章ずつ振り返っているこの連載。今回は第2章、新宿編です。前回は「D×2」としての入門編といった雰囲気もありましたが、アコライツとの戦いも徐々に激しさを増していくことになります。

この連載は、まだ『D2メガテン』を遊んだことがない方、並びに遊んでいるけどまだ6章の終わりまでは進めていない方にも、「こんなストーリーが待っているんだ」という感じでご覧いただければと思いますが、記事の性格上ある程度の「ネタバレ」が含まれることはあらかじめご了承いただければ幸いです。(文:塩田信之)

エスカレートする事件【第2章:新宿】

第2の事件の舞台は新宿。新しいドラッグが出回り、その影響で凶悪犯罪は自殺件数が増加していました。リベレイターズ東京支部のリーダーで人気動画配信者でもある「メガキン(布施太郎)」も加わって調査が始まる。なお、この時に「犀川青蘭」も紹介され、アウラゲートの調査にも行けるようになっている。



調査を進めていくと新型ドラッグはVRゴーグルを使用することで視覚から脳に作用する電子ドラッグであることが判明。

リベレイターズのメンバーである「アイリーン(上田リリン)」と「チョークイーター(ソン・シャン)」の助力も得て、背後にアコライツの息がかかった高額な複製絵画販売グループと、画家・沢田正弘の存在を突き止めた。



沢田もまた、アコライツの一員。しかも「レフティ」のコードネームを与えられた幹部だったが、主人公たちによってその陰謀は潰えたのだった。



「第2章:新宿」をより楽しむためのポイント

対アコライツのメインシナリオに加え、ダンジョン探索を行う「アウラゲート」も始まった第2章。『メガテン』好きなら、3Dダンジョンを歩き回ることができ、悪魔がどのように生まれるのかが語られていくアウラゲートに親しみやすさを感じたかもしれませんね。

ですが、アコライツの存在が徐々に明らかになっていくと、『メガテン』シリーズでよく描かれる「LAW(秩序)」と「CHAOS(混沌)」の対立に近いイメージがリベレイターズとアコライツの関係にも映し出されていることがわかります。

この章の場合は都内が舞台で画家や「盗作」といったキーワードから、『ペルソナ』シリーズを連想したプレイヤーも多いかもしれません。そんな共通点もある中、「電子ドラッグ」といったテクノロジーが物語に入ってくるところが『D2メガテン』らしいスタイルなのです。

D×2 真・女神転生 リベレーション【RPG】 ・販売元: SEGA CORPORATION
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 264.4 MB
・バージョン: 1.8.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©SEGA/©ATLUS

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ