【あおガルシナリオ集】想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」


2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」を紹介します。

目次
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第1話「キミだけの君」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第2話「ホワイトナイト」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第3話「闇に還る」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第4話「隠されていた仕掛け」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第5話「タネ明かし」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第6話「アイドルになること」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第7話「奇跡」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第8話「今より強くなるために」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第9話「王者の助言」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第10話「奇異と好奇の瞳」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第11話「逆境を機に」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第12話「終わりなきカタストロフィ」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第13話「守るべきもの」
想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第14話「影の主」

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第1話「キミだけの君」

ーー駅前

●神蔵
はぁ……はぁ……。しんどっ!
おっさんもう歳なんだよ! 無理させんなって!

●アリス
すごいですわ……。あれだけいたのに、2人だけで
全部やっつけてしまいましたわ……。

●栞歩
…………。

●アリス
っ! シホさん!?

●神蔵
悪い……。いままでやらなかったのは、
火神栞歩にも影響があるから、ってのもあるんだ。


●アリス
というのも? つまり、他にもあるのですの?

●神蔵
もう1つは……あー、なんだ。

火神栞歩が、俺との魂のつながり、ってのを感じちまう。

そういうの、嫌だろ。青春真っ只中のガールが、
おっさんとつながってる、なんてよ。


●栞歩
…………。

……オレは、テメェだったのか……。

●神蔵
そいつは違うぜ。魂の欠片が、一部紛れ込んだだけだ。
生まれ変わりとかじゃねーし、火神栞歩は火神栞歩だ。

●栞歩
そうは思えんがな。テメェが戦っている最中、
テメェの記憶の一部が流れ込んできた。

それをオレは、オレの記憶として受け止めた。
昔は1つだったんじゃないのか?

●神蔵
ほんの一部だけだっての。魂の一部が、俺のものになってる。
だから記憶も少しだけ共有してる、それだけだ。

●栞歩
……そうか。

●神蔵
ほら、眼鏡落ちてるぜ。

●栞歩
……ありがとうございます。

●神蔵
おう。俺は、そっちの声のほうが好きだぜ。

●栞歩
当たり前です。
この声に、何人のファンがついてると思ってるんですか。


●神蔵
へへっ、そうだったな。

――ガサッ

●プロデューサー
いま、何か……。

●神蔵
なんだと? ……想世<アンダー>に人影?

相棒! 逃がすな!
怪しい匂いがプンプンするぜ!

●プロデューサー
分かった!

●神蔵
それから、相棒の相棒も連れて行け!

●アリス
なんでワタクシまで!?

●神蔵
歌姫<ディーバ>が近くにいたほうが、
調停者<プロデューサー>は力が出せる。

それに……俺も力が空っぽだ。もしこれ以上、
瘴念<ノイジー>が襲ってきたら、2人は守れねぇ。

●アリス
わ、分かりましたわよ!
もう! こっちに来てから、ろくなことがありませんわ!

●神蔵
頼んだぜ、2人とも!

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第2話「ホワイトナイト」

ーー学園内広場

●アリス
ここは……学園ですの?
さっきまで駅前にいたのに……。

空間のつながりがメチャクチャってことですのね。
これが、想世<アンダー>……。

…………。

●プロデューサー
どうしたの?

●アリス
適応している自分が悲しいですわ!

●プロデューサー
いいことだよ。

●アリス
ですが……どうせ記憶もなくなるんです。
せめて、向こうの世界での糧になればと思いましたのに。

い、いま何か!?

●プロデューサー
逃さない!

ーー格技場

●巨大な瘴念<ノイジー>
――オオオオオオ……。


●アリス
お、大きいですわ!?

急いでいるときに限って……。
む、無理はなさらないでくださいね。

●プロデューサー
大丈夫。

●アリス
本当ですの? 戦いっぱなしですし、
ワタクシなんか、ただの足手まといですわ。

守ってくれるのは嬉しいですが……
その、邪魔なときは、ちゃんと切り捨ててくださいまし。


自分の力不足で、誰かに迷惑をかける。
……それよりも、みじめで悲しいことってありませんから。

●プロデューサー
分かった。

●アリス
……絶対に、分かってませんわよね?

ワタクシのこと、何があっても守る。
そんな顔をしてますわよ。

●プロデューサー
そんなことない。

●アリス
信じられませんわ。

……不思議な方ですわね。
少なくとも『ヴァルキュリア』にはいないタイプですの。

●巨大な瘴念<ノイジー>
――オオ……オオオオオオ!

●アリス
悠長に話している場合では、ありませんでしたわ!

●プロデューサー
任せて。

●アリス
ほらやっぱり! ちっともワタクシのこと、
見捨てる気がありませんのね!

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第3話「闇に還る」

ーー格技場

●巨大な瘴念<ノイジー>
――オ、オオ、オオオ……。

●アリス
倒、した……。
良かった。本当に、もうダメかと……。

大丈夫ですの? ケガとかしてないかしら?

●プロデューサー
逃げられた。

●アリス
……黒い影、でしたわね。
だけど、無事だったことを、まずは喜びましょう

●神蔵
相棒!

●栞歩
アリスも、良かった……。神蔵さんが、プロデューサーさんが
戦ってる気配がするっていうから、心配していたの。

●アリス
ワタクシは何も……。
プロデューサーさんが、戦ってくれましたから。

●薊禰
……僕がちょっと目を話した隙に
こんなことになるなんてね。悪かった。


だけど、ちょっと問題が起きていてね。
駆けつけたのはいいんだけど……助けになれないかもしれない。

●プロデューサー
どういうこと?

●薊禰
戦絆衣<フォーム>が、出ないんだ。

●プロデューサー
え?

●薊禰
変身、できない。つまり、戦えなくなってしまった……。
本当に申しわけない……。

●神蔵
原因は分からねぇ。
だけど、現状でこの戦力ダウンは痛い……。

●薊禰
でも代わりに、神蔵と彼女が戦ってくれるんだよね?

●神蔵
俺は、もちろん構わねぇが……。

●栞歩
…………はぁ。いいですよ。

●アリス
シホさん!?

●栞歩
だって、見て見ぬふりはできませんし。
元々、私たちの世界を守ってくれているのでしょう?

それに、私はちょっと疲れるだけだし、平気です。
普段から鍛えてますから。

●神蔵
……すまない。ここまで巻き込むつもりは、なかったんだが。

●栞歩
いいですよ。これも芝居や歌の糧になると思えば。
……記憶がなくなっちゃうのは、ちょっと困りますけど。


●神蔵
恩に着るぜ。青春のガールズたちよ。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第4話「隠されていた仕掛け」

ーー格技場

●薊禰
しかし、謎の黒い影か……。
やはり、裏に何かいるのかもしれないね。

●神蔵
瘴念<ノイジー>は
歌姫<ディーバ>の歌にひかれてやってくる。

それは動物的な反応で、そこになんの意思もない。

だが、それを統率し、操っている者がいるって仮定すると……
目的はなんだ?

●アリス
あの……その瘴念というのは、
現世<エイドス>で歌姫が歌っていると近寄ってくるのですよね?

●神蔵
そうだが?

●栞歩
…………。

……神蔵さん、薊禰さん、ひょっとして、
すばる……櫻花すばるも、その歌姫なんですか?


●神蔵
そうだが?

●アリス
え、えぇ!?

●神蔵
あれ? 言ってなかったか?

●栞歩
初耳ですけど。

●神蔵
そ、そうか悪い……。
別に、秘密にしていたわけじゃないんだ。

特に口にする必要がなかったもんでな。

●薊禰
……でも、それがどうかしたのかい?

●栞歩
実は、今日はすばるのステージがあります。
他のアイドルのステージに、サプライズ出演、というかたちで。

●神蔵
本当か!?

●栞歩
はい。

一般的には公表されていません。
関係者の一部だけに、伝えられている情報です。

●神蔵
それでさっきの瘴念の大群が……。
黒い影はそれを知っていて、狙ってきたのか?

●薊禰
それは分からないね。
でも、タイミングが良すぎる。ありえる話だ。

●神蔵
だが、歌の力が強力であれば、
界門<ゲート>が閉じるのも当然早い。

現世への侵攻が目的なら、わざわざ櫻花すばるにはぶつけまい。

●栞歩
なるほど……。

●アリス
う、うーん。さっきから、分かったような
分からないような……。

●栞歩
じゃあ、敵の目的はなんでしょう?

●薊禰
櫻花すばる、そのものか。
もしくは、強力な歌の力。

●栞歩
待ってください。薊禰さんのときは、それで説明がつきます。
でも、プロデューサーさんのときはなぜでしょう?

●薊禰
あ、そうだね。櫻花すばるがずっと歌っていた、
というわけではないよね?

……となると、いま現世で、他に大きな
アイドルの祭典といえば。


●プロデューサー
スタフェス。

●薊禰
ああ。となると、瘴念たちは櫻花すばるそのものを
狙っているわけではなさそうだ。

つまり、敵の狙いは……。

●プロデューサー
歌の力。

●薊禰
そういうことになる。

……敵の正体が、だんだん絞れてきたね。


●神蔵
そうか、スタフェスかぁ。青春の真っ只中って感じだな。

相棒のとこのは……まあ、残念だったな。
来年もあるし、あんまり気落とすなよ。

●アリス
…………。

なるほど! 歌の力を敵が狙っている、ということですのね!


●栞歩
アリス。

●アリス
あっ! は、はい! なんでしょう?

●栞歩
緊急事態ですし、例のあの話、してもいいわよね?

●アリス
あ、あの話っていうのは……。
ええと、どの?

●神蔵
なんだ? ガールズたち?

●栞歩
ここだけの話にして欲しいのですが……。

今年のスタフェス予選はレベルが高かった。
だから、例年にない処置をとることにしたんです。

●神蔵
例年にない処置?

●栞歩
敗者復活。
再び、返り咲ける可能性があります。


●神蔵
おおー! マジかやったな相棒!

●アリス
あ……その話、でしたのね……。

●薊禰
でも、キミたちも参加者だろ?
どうして知らされているんだい?

●栞歩
立場上、色々と情報は入ってきます。

と言いますか、問題はそこではなくて……。

●神蔵
敗者復活があるってことは、
まだもうしばらく、スタフェス予選は続く。

次に敵が狙ってくるとしたら、そこだな。

●栞歩
そういうことです。

●薊禰
うん、そこでケリをつけよう。
必ず捕まえて、敵の正体を暴くんだ。

●神蔵
ていうことで、悪いな相棒。
本番は相棒のガールズたちとでなく、こっちにいて欲しい。

大丈夫か?

●プロデューサー
仕方ない。

●薊禰
では、それに向けて準備をしよう。
みんな、よろしく頼むよ。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第5話「タネ明かし」

ーー屋上

●和歌
見つけた……っ!

ひなたを見つけましたっ! プロデューサーさん!

●ひなた
わ、和歌に……プロデューサーも!?

●和歌
なかなか見つからないから、すっごく心配したわよ。

●ひなた
……ごめん、なさい。

あたし……みんなに迷惑かけて、失望させちゃった。

せっかく……期待してくれてたのに。

●栞歩
お前は本当にオンリーワンになりたいなんて思っていない。
そのことに気づけない限り、お前はすべてを台無しにする。


●和歌
そうね……裏切っちゃったかもね。

●ひなた
……うん、だから——。

●和歌
アイドル、辞めたいって?


●ひなた
……っ。

●和歌
ねぇ、ひなた。
私たち、ずいぶんと変わったわね。

2人だけだった時は、何しても困るのは私たちだけだった。

●ひなた
うん。

●和歌
それが、『Twinkle☆Star』が、5人になって。
学プロに入って、他のユニットの仲間もできて……。

責任がどんどん大きくなって、辛かったと思う。

●ひなた
辛くて……怖いよ。

だって、あたしは何も変わってないのに、
みんなの目は変わっていくの。

あたしはもっとスゴいことができるはずだって……。
でも無理だよ……できないよ。


期待には応えたいけど、でも……!

●和歌
……でもね、ひなた。
アイドルってそういうものじゃない?

トンネルを抜けたら、そこにはまた次のトンネル。
そして、何の障害もなしに、先に進むことはできない。

●ひなた
わかってる……わかってるけど……っ!

●和歌
だったら、元の2人に戻る?

●ひなた
え……?

●和歌
あの時は楽しかったなぁ……。

毎日、好きなことを気軽にやって、
いつも明日はもっと楽しいことをしようって。

●ひなた
う、うん……楽しかった。

●和歌
でも……誰も、私たちを気にしてくれなかったね。

●ひなた
……!

●和歌
期待はされなかったから、裏切ることもなかった。
……それって必ずしも悪いことじゃないと思うの。


●ひなた
わ、和歌……。

●和歌
私はひなたが好きだから。
あの時に戻りたいっていうなら、ついていくよ。

(みんなゴメン、これは私の本心だ……)

●ひなた
あたしは……。

●和歌
私はね、ひなたが辛くてしょうがないなら、
その方がいいかもって、思ってる。

●ひなた
……ごめん。少し考えさせて。

●プロデューサー
無理しないでね。

●ひなた
……ふふっ。
プロデューサーはいつでも優しいよね。

大丈夫……ちゃんと考えるよ。
私にとって、大事なことだと思うから。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第6話「アイドルになること」

ーー学園内広場

●ひなた
和歌、プロデューサー。

●和歌
ひなた……答えは出たの?

●ひなた
うん!……でも、2人とも、
ずっと廊下で待っててくれてたんだ……ごめん。

●プロデューサー
気にしないで。

●ひなた
あのね。

あたし、和歌と2人だった時に帰りたい。

●和歌
そう……じゃあ――。

●ひなた
でもね、それ以上に……今が好きなんだ。


●和歌
……。

●ひなた
どんなに重くて、苦しくても。
この期待と信頼は、好きでいてくれる人がいるってことだから。

だから、逃げたくない。
きっと……戦うより、逃げた時の方が辛いと思うんだ。


楽しいだけじゃダメだった、
面白いだけじゃ……ダメだった。

●和歌
ダメ……なのかな。

●ひなた
だって、あたしは1人じゃないもん。

何よりもまず、みんなと息を合わせたライブが
できるようになってないといけなかったんだ。

トップアイドルを目指す、みんなの夢を守るためにも。

●和歌
でも、ひなたは違うじゃない。

●ひなた
うん。
……でもね、あたしはみんなの夢を踏みにじっちゃったんだ。

みんなに注目されて、期待されて、
そして失望されるのが恐くて、あたしは逃げ出した。

あたしね、トップアイドルになりたい気持ちとか
まだ分からない。

だけど、もう二度と仲間の夢を踏みにじったりはしたくない。

みんなの夢のために、一緒に戦いたいって思う。

いまは、それじゃダメかな……?

●和歌
……ひなた。

●和歌
ううん。ダメじゃない。ちっともダメじゃないよ。

なんていうか、すごくカッコイイ。
ちょっと大人になった、みたいな?

同時に、ちょっと寂しいけどね。

●ひなた
え~、恥ずかしいよぉ。
あたし、まだまだ全然子供だと思うし。

●和歌
ともかく、そうと決まればみんなに謝ろう?

●ひなた
……あ!

●和歌
ひなた?

●ひなた
……そ、そうだよ和歌! どうしよう!?

きっとみんな怒ってるよね。
あたし、追い出されたりしないよね!?

●和歌
そんなワケないでしょ。
みんな心配してたわよ。

●ひなた
本当!? よかっ、じゃなくて。
心配かけちゃってたんだ……。

●プロデューサー
まずは謝ろう。

●和歌
そうですね。まずはそれが第一歩です。

●ひなた
……うん! 

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第7話「奇跡」

ーーレッスン場

●ひなた
……ええっと、その。
怒ってないの……みんな?

●希
怒ってるに決まってるじゃない!
スマホに連絡入れても反応しないし!


●ひなた
ご、ごめん!

●悠
学園の中にいたんですか!
自分、ずっと外を走って捜してましたよ!

●希
警察に電話しようかと迷ってたけど、しなくてよかったわ。

●理子
流石に大丈夫だと言っただろうに。

●ひなた
け、警察!?

●寧々
先生たちには、もう……。

●ひなた
ええええ!? うわぁっ、後で謝らないと……。

じゃなくて、本当にごめんなさいっ!

あたしのわがままで……。
スタフェスをダメにしちゃって。

みんな優しいから、
そうやって気にしないフリをしてくれてるけど……。

●佳奈恵
このことを教訓にさ、
まぁスタフェスだけがアイドル活動じゃないさ。

●更菜
勝者がいるってことは敗者がいるってことですからね……。

●ひなた
ご、ごめん……本当にごめんなさい……。

あたし……トップアイドルになりたいっていう、
みんなの夢……台無しに……。

これからはみんなのことも考えられるように……。
ひとりよがりにならないように気をつける……。

それだけは、信じて欲しい。

●麗華
ええ、もちろんよ。

●晴海
……あの……。

●ひなた
あ、晴海ちゃん。

●晴海
私……謝りたくて。
ひどいこと言っちゃった……。


●ひなた
ううんっ、悪かったのはあたしだから。

●晴海
でも……。

●ひなた
謝っても、もう……手遅れだけど……。

●晴海
ひなたちゃん……。

●瑠璃花
…………。

……そうでもないかも。

●ひなた
え?

●瑠璃花
みんな、ちょっといい?

●麗華
どうしたの?

●瑠璃花
朗報、かもしれない。


●麻里紗
かも、しれない?

●瑠璃花
ネットの不確かな情報だから分からない。

本来なら、この時点ではまだ、
みんなに知らせたりしないんだけど……。

●愛美
けど、何よ?
もったいぶってないで教えてちょうだい。

●瑠璃花
あるかも、敗者復活。

●愛美
……へ?

●瑠璃花
もう一度、挑戦できるかも知れない。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第8話「今より強くなるために」

ーーレッスン場

●ナレーション
その後、律たちに聞いていた通り、敗者復活の話が通達される。
それを受けて、合宿をやろうという案が出た。

●麗華
純粋な文字通りの『特別訓練合宿』ね。

●茜
うええ、スパルタってこと? イヤだなぁ。

●理子
楽しくはないが、その分経験になる。

●琴音
私は賛成です、悔いが残らないようにしたいので。

●悠
手を抜いた思い出は一生残るって、父さんが言ってました!


●麻里紗
鉄は熱いうちに打てと言うわ。
チャンスを見誤ると、取り返しがつかなくなるわよ。

●茜
いや、でも体育会系のノリは遠慮したいかなとか……。

●楓李
せやせや、好きこそモノの上手なれやで!

●ひなた
うーん……汗と涙の合宿……。
スポ根とか、甲子園みたいで青春かも。


●茜
ええ!?

●楓李
え~、イヤやわぁ。
前時代的な発想やで!

●晴海
プロデューサーさんはどう思いますか?

●プロデューサー
賛成。

●茜
げぇっ。

●瑠璃花
はぁ……まぁ、しょうがないかな。

●彩
プロデューサーの判断なら、従うまでです。

●千尋
合宿用の特別ディナーメニューを考えないとだね~。

●萌
いや、合宿は私も同伴するので、
そっちのメニューは普通でいいです。

●琴音
麗華さん、よかったらレッスン内容に関して
まとめてもらえませんか?

精神修養的なのは専門外だとは思いますが……。

●ひなた
それなら、タイヤ引きとかいいと思う!

●麗華
わかったわ……まあ、そういう息抜きも適度に入れて
考えてみましょう。

●更菜
タイヤ引きが息抜き……?

●セリア
トレビアン! ニンジャ・シュギョウ!
タイヤ引き! 瓦割り! 滝行!


これは盛り上がってきたでありんす!

●愛美
ま、前回と違ってお互いを知ってる仲だし。
ユニットを超えてもっと効率良く教え合えるはずよ。

●晴海
そうね。
言い辛いことも言えるくらい、仲良くなった後だしね。

●楓李
せやろか渡辺はん……言い辛いことって
どこまでいってもあると思うで。

●晴海
そんなことないよ。
……早速聞くけど、なんで楓李ちゃんは私だけ苗字呼びなの?


●楓李
え……? なんでやろな~?

●晴海
言い辛いことがあっても、言える仲、よね?

●楓李
言い辛いことではないから、それには当てはまらんよ~。
ただ単に言いたくないだけや。

●晴海
え、なにそれ……?

●希
……だから、緊張感がないって言ってんの。

でもまあ、ガチガチに固まって、
何もできないよりかは数百倍マシだけどね。

●萌
とにかく、学園長の許可は私がとっておきます。

みなさんは合宿に向けて、
各々持ち物などの準備をお願いしますね。

●全員
はーい。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第9話「王者の助言」

ーーカフェ

●神蔵
どうだ? 現世<エイドス>のほうは。
いまは強化合宿中なんだって?

●プロデューサー
大変。

●律
いまが勝負どころだわ。
文字通り、ラストチャンスなんだから。


●栞歩
一番つらく、でも一番楽しい時期かもしれませんね。
あの子たちなら、きっと乗り越えてくると思います。

●アリス
そうですわよ! 黒瀬麗華には、きちんと本戦まで
勝ち上がっていただかないと!

それに、櫻花ひなたたちにも、勝ち上がってほしいですわ。
現世でのワタクシも、そう思っていますから。

●プロデューサー
ありがとう。

●律
だから、あなたに礼を言われたくない。

●アリス
ワタクシだって、ワタクシのために言っているんですの。
アイドルとしての、素直な気持ちですわ。

●神蔵
あはは……。相棒はこっちでもあっちでも大忙しだな。
身体が眠っていたとしても、精神はずっと起きてるしな。


身体にだけは、気をつけろよ。

●輝音
ふむ。1つ、アドバイスするのなら……。

櫻花ひなたには、敗者復活戦までに、
1つ越えるべき壁が残っている。


●プロデューサー
壁?

●輝音
櫻花すばるだよ。

越えると言っても、実力でという話ではない。
姉という存在の大きさを認め、それに立ち向かう心の強さだ。


きっと近いうち、その機会に恵まれるだろう。
感謝するんだぞ。

●神蔵
おい、なんかこのガール、おっかないこと言ってるぞ。
大丈夫かよ、黄色リボン……。

●プロデューサー
大丈夫。

●神蔵
へへっ、プロデューサー様もすごい自信だな。
それだけアイドルを信じてるってことか。

そういうの青春っぽくて、うらやましいぜ。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第10話「奇異と好奇の瞳」

●ナレーション
無事に合宿を終え、また1つ成長したアイドルたち。

そして輝音の予言どおり、ひなたにも試練が訪れた。


ひなたが櫻花すばるの妹だと、ネットを通じて広まったのだ。

結果、ひなたはすばると比べられることに対して、
激しく自信をなくし、落ち込んでしまう。

だが、いまのひなたであれば乗り越えられる。
そう信じて、彼女のいる屋上げと向かった。

ーー屋上

●ひなた
プロデューサーはあまりしゃべらないけど、
気持ちはいつも伝わってるよ。

だからね、絶対来ると思ってた。

●ひなた
当たり前だよ。

●ひなた
当たり前に優しいって、ステキだよね。

あたしもプロデューサーみたいに、
絶対くるって信じられてる人になりたかったなぁ。

いざって時に、頼ってもらえて。
信じて……もらえて。

みんなの期待を受けて、それを返せて。

誰かを導いて、引っ張ることができて。

信頼されてるって、ことだよね。

みんなプロデューサーのこと大好きだから。


●プロデューサー
みんなもひなたが好き。

●ひなた
うん……知ってる。

ね、今あたし、みんなにスッゴイ心配かけてるね。


迷惑かけちゃっててさ……。
でもね、こんなこと言っちゃうのはダメだけど。

やっぱり、1人じゃなかったって。
勇気、出てきたよ……。

本当はさ、また輝音さんの時みたいに、
期待はずれだって言われるんじゃないかなとか。

また雑誌とかネットで、櫻花すばるの妹はとんだ出来損ないだとか、
そうやって言われるのが恐かったんだ。


でも、もう関係ないかな。

それよりも、みんなの夢がスタフェスにあるなら、
ちゃんと戦わなきゃって。

むしろ、これがあたしの仲間だ、すごいだろって、
みんなに自慢したい気持ちが大きいかも。

だからあたし……もう逃げない。

●プロデューサー
みんなが待ってる。

●ひなた
そうだね。そろそろ行くよ。

まだ、うん……怖いけど……。

でもね、大好きなプロデューサーもいるし。

大好きな友達がたくさんいるもん。

だから、怖いけど……カクゴはしたんだ。

でもね、お願い、プロデューサー。

手、握ってくれる?

●プロデューサー
いいよ。

●ひなた
ありがとう……うん、元気が出るね。

●愛美
あーあー、甘えちゃってまあ。


●ひなた
ふぇ!? 愛美ちゃん!?

●千尋
仲良さそうで、羨ましいわぁ。

●和歌
……えいっ!

●ひなた
わぁっ! 和歌っ、いきなり抱きつくと危ないよ!

●和歌
…………。

●愛美
元気づける役をプロデューサーに取られて拗ねてるのよ。

それはそれとして、左手はもらおうかしら。

●ひなた
うわっ、な、なに!?

●愛美
いきなりフラーっとどっかにいって、
レッスンをサボるようなやつは捕まえておく必要があるのよ。

●ひなた
愛美ちゃん……って、んぎゅっ!

●千尋
うふふ、ほっぺがリンゴみたい。

●ひなた
ち、千尋ちゃん、力つよいよ……ほっぺが歪んじゃうよぉ~!

●千尋
とって食べちゃおうかしら、なんて。


●ひなた
ごめん! ごめん! 怒ってる!? 千尋ちゃん怒ってる!?

●千尋
うふふ……心配はしたよ。

●ひなた
ごめーんって!

●琴音
……あはは、もうみんな大袈裟ですねぇ。

●ひなた
う、嬉しいけど、大丈夫だよ、あたし……。

…………。

はぁ……うー、もーみんな……。

みんな、大好きだよ。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第11話「逆境を機に」

ーープロダクション室

●ひなた
チャンスだよ。

どっちにしろ、
敗者復活戦では全力を尽くさないといけなかったんだから。

お姉ちゃんのことで、有名になれたのはプラスだよ。
ちゃんとライブで成功さえすれば、この先にも繋がる。

●和歌
でもファンの視線も厳しくなるんじゃ……。

●ひなた
うん……でもね、それはお姉ちゃんと同じ土俵で勝負すればだよ。

●セリア
おお! ステージでスモーで倒すですか!?
土俵外試合、国技館ライブでスモウドロップライブ!


●ひなた
セリアちゃんみたいに、
うちの学プロはお姉ちゃんとは違うものを持ってる人がいる。

ううん、誰もがお姉ちゃんとは違うんだよ。
だから、お姉ちゃんと勝負する時、そこで戦ったら絶対負けちゃう。

●麗華
私たちは、私たちの良いところで勝負するということね。
……当たり前だけど、気をつけないといけないわね。

●晴海
でも、ファンが求めてるものから外れないかな?

●ひなた
それでいいよ。

●茜
そうそう。
だいたいさー、今までのファンはどーすんの。

ひなたのお姉ちゃんのファンは、
アカネのファンじゃないんだからさ。

●ひなた
その通り! あたしたちは
あたしたちのファンに向けてライブしなきゃ!

●茜
え、あれ?

●希
茜にしては良いこと言うじゃない。
そうね、ひなたのお姉さんは、ひなたのお姉さんだもの。

●茜
そ、そうそう!
アカネたちは、もっとスゴイってところを見せるのよ!

何が元トップアイドルよ! 現役の強さをみせつけるのよ!


●悠
おおー! 茜先輩かっこいいです!

●くるみ
なんだか勇気が出てきたです!

●佳奈恵
まあ、それぐらいの気持ちでいた方がいいかもね。

●茜
そ、そうよね! あはははははは……。

……いつもはここらへんで調子に乗るなって言われるのに、
何かさっきからおかしいわね。

●瑠璃花
褒められるのに慣れてない……。悲しいやつ……。

●ひなた
でも、本当にそういうことだよ。

あたしね、みんな素敵な才能を持ってると思うんだ。

だから、お姉ちゃんの評判とか気にする必要ないよ。
みんなは自分らしくあるだけで、輝けるはずなんだから!


●寧々
私は……私らしく、……輝ける。

●理子
そもそも自分以外の誰かになるなんて、誰にもできないからな。

●ひなた
一生懸命やろう? きっと相手のひとたちも一生懸命のはず。

それだけで、結果は出るよ。何がいいかって決めるのは
あたしたちじゃなくて、ファンの人たちなんだから。

●プロデューサー
頑張ろう!

●ひなた
うん! みんな! 心配かけてごめん!

頑張ろう、ただ頑張ろう。

あたしも頑張るよ。
ステージで、櫻花すばるじゃなくて……

櫻花ひなたのこと、覚えてもらうために!

●ナレーション
こうして、メンタル的にも非常に整った状態で、
敗者復活戦を迎える……。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第12話「終わりなきカタストロフィ」

ーー街中

●神蔵
始まったな、敗者復活戦。
そんなときにこっちに来てもらうなんて、悪いな。

●プロデューサー
大丈夫。

●薊禰
大丈夫ってこともないだろう。
キミの大切なアイドルの、正念場だからね。


とはいえ、キミの学プロの出番はもう少し先だ。

それに、一度は現世<エイドス>に戻って、
近くで応援するタイミングはあると思う。

だけど、おそらく最もライブが盛り上がるタイミング……。
つまり、ひなたちゃんのユニットのライブは……。

●神蔵
その頃にはこっちも正念場だ。
近くで見てやれないだろうなぁ。

●響香
心配いらないって。あの子たちならきっと勝てるから。

●アリス
え、ええと……たしかに、何かやってくれそう、
という感じはありますが……。

●律
アリス、はっきり言いなさい。
彼女たちには無理だって。

●アリス
ワ、ワタクシはそこまでは……!

●律
そんなに甘い世界じゃない。
そんなこと、分かってるでしょう。

●響香
リッちゃんが真面目すぎるんだって!
それに、イロモノ枠が上がってきたほうが面白いじゃん!


●律
面白いとか面白くないとかじゃなく……。

●瘴念<ノイジー>
――ジジジ……。


●輝音
おしゃべりはそこまでだ。
来たようだぞ。

●栞歩
こ、こんなにたくさん?
あの、後ろのほうとか見えないんですが……。

●神蔵
それだけ来客があるってことは、
どうやらアタリみてぇだな。

●律
いまさらだけど、どうして自然に私たちも
巻き込まれてるの?

●輝音
シホとアリスが巻き込まれたからだ。
我々だけが知らんぷりとはいかないだろう。

●神蔵
悪いとは思っているよ。
だから巻き込まれてくれ。

●律
絶対悪いと思ってないでしょ。

●瘴念
――ギシャシャ!

●アリス
き、来ましたわ!
うう……何度見ても、慣れませんわね……。

●神蔵
お喋りは一時中断だ。

相棒!

●プロデューサー
任せて!

●神蔵
よし、これまで楽してた分、
きっちり働いてやるぜ!

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第13話「守るべきもの」

ーー街中

●神蔵
相棒! 分かってると思うが、
ここを抜かれたら現世<エイドス>にこいつらが流れ込むぞ!

●瘴念<ノイジー>
――ギシャァァァ!

●神蔵
ふんっ!

●瘴念
――ピギィィィ……!

●神蔵
だ、だけど……キリがねぇ!

●アリス
あわわわ……! す、すごいですわ!
たった2人ですのに、あんなにいた虫がどんどん減って……!?

●薊禰
でも、さすがに苦戦しているね。
……僕も戦えればよかったんだけど。

●輝音
いやぁワクワクするな! しかし惜しまれるは、
ここで黙って見ているしかないと言うことだ。


……いや、そう決めつけるのも早計か。
追い詰められれば、私にも秘めたる力が。

●栞歩
覚醒しません。しませんから大人しくここにいてください。

●輝音
ずるいぞシホ! お前だけ、間接的とはいえ
戦いに参加しているなんて!

●栞歩
ずるくないです。可能なら代わって欲しいくらいです。
この声と一緒に。

●輝音
それは断る。

●栞歩
どーしてですか!?

●響香
まー私でも断るかなぁ。
失うものが大きすぎるからね。

●栞歩
……2人とも、あとで説教ですから。

●律
…………。

●薊禰
あ、あの……キミたち?
もう少しほら、緊張感というものを……。


●神蔵
生きてるか、相棒!

●プロデューサー
余裕!

●神蔵
へっ、そいつは頼もしいな!

そんじゃまだまだ行くぜー!

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第20章「現世の誓い」第14話「影の主」

ーー街中

●神蔵
へへっ……どうだ……。
これで少しはきれいになっただろ……。

●アリス
すごいですわ! あれだけたくさんいたのに、
1匹残らずやっつけましたわ!

●薊禰
だけど油断はできないね。
まだ増援はあるだろうし、何より黒幕が分かっていない。

●神蔵
おい! どこかで見てやがるんだろ!?
何者だ!? 正々堂々、姿を見せろ!


●???
…………。


●アリス
あの黒い影ですわ!

●神蔵
クソ逃がすか! 追うぞ!

ーーステージ裏

●律
また変なところに……。
空間がぐちゃぐちゃになってる……。

●薊禰
想世<アンダー>に強い負荷がかかっているせいだね。
それだけここには、負の感情が溢れている。


●アリス
っ! 誰か来る!?

●神蔵
ついに観念したか……。
お前、何者だ!?

●???
……うむ、驚いたよ。
まさかあれだけの瘴念<ノイジー>をたった2人でとは。

●アリス
ええっ!? そ、その声は……!

●輝音
……ほう。

●輝音の瘴念人
はじめまして、というべきかな?
自己紹介の必要は、なさそうだが。


●響香
カノカノ!?

●アリス
そのニセモノですわ!

●輝音の瘴念人
……ふふふ。あははははは!

●響香
な、何よ?

●輝音の瘴念人
キミたちは私のことをニセモノという。
だが、なぜそうだと言い切れるんだい?

●アリス
どういう意味?

●神蔵
ワケの分からないことを……。
俺がどれだけ、瘴念人<ミアノイジー>を見てきたと思ってんだ。

●輝音
……いや、そうかな。

●神蔵
何!?

●輝音
こうは考えないのか?
そっちにいる私が本物で、ここにいる私がニセモノ。


……そう。最初から、入れ替わっていたとは。

●アリス
な、なんですってー!?


目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ