【あおガルシナリオ集】想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」


2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」を紹介します。

目次
想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第1話「初歩的なことだよ、君。」
想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第2話「混沌を超越する者」
想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第3話「参上する少女たち」
想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第4話「銀河を渡る少女たち」
想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第5話「弩級少女2人組」
想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第6話「強者の凱旋」
想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第7話「凛々の一番星」
想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第8話「破滅への序曲」
想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第9話「調停者の条件」
想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第10話「意地の鉄槌」
想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第11話「終焉と胎動」

想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第1話「初歩的なことだよ、君。」

ーーステージ裏

●神蔵
初めからオリジナルと瘴念人<ミアノイジー>が
入れ替わっていただって? そんなこと……。


●アリス
まさか……ですわ……。

●輝音
ふふふ……。

●栞歩
…………。

カノン、こんなときまで悪ふざけはやめてください。

●輝音
悪ふざけ? それはどうかな?

仲間の中にラスボスが紛れ込んでいるというのは、
RPG的にも、すごく燃える展開――。


●栞歩
カノン。

●輝音
…………。

冗談だ。私が正真正銘、オリジナルの天道輝音だ。


●アリス
え、えぇ!? 嘘でしたの!?

●神蔵
な、なんだ。ガールズの冗談か。
驚かせてくれるなよ。

●栞歩
ごめんなさい。本当に空気が読めないんです。

●輝音
だが瘴念人が黒幕だと?
さっきの瘴念<ノイジー>も、お前が操ってたってのか?

●輝音の瘴念人
私は長い間、想世<アンダー>にいるからな。
それくらい造作もない。

●薊禰
瘴念人も瘴念も、本質的には同じものだからね。
いわば彼女は、瘴念のボスのようなものなのかもしれない。


であれば、瘴念を操れるというのも納得だ。

●律
そもそも、なんでカノンの瘴念人が
こんなことしてるの? 目的は?

●輝音の瘴念人
悪いが、それは教えられないな。
だが少しは見当がついてるんじゃないか?

●神蔵
歌の力を集めている。違うか?


●輝音の瘴念人
見事だ。イエスと答えておこう。

●律
待って。瘴念人はオリジナルの心の悩みから生まれる。
だったら、それさえ解決すれば、倒すことができるのよね?

カノン。あなたは一体何を悩んでいるの?
敵を倒す鍵なの。教えて。

●輝音
ふむ。私の悩みか。
それは……。

●律
それは……?

●輝音
思いつかないな、まったくもって。
いや、強がりとかそういうことではない。

●律
は?

●輝音
心あたりが、ないのだ。

●神蔵
なん、だと?

●アリス
……どうなってますの?

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第2話「混沌を超越する者」

ーーステージ裏

●アリス
あの……カノンにさん、瘴念人<ミアノイジー>が
発生する心当たりがない。


つまりそれって、倒しようがないってことでは……。

●輝音の瘴念人
そういうことだ。私もそれを分かっているから、
こうやってノコノコ出てこられるのだ。

●神蔵
む、無茶苦茶だ! もうそんなの、瘴念人じゃねぇだろ!

●輝音の瘴念人
そうだな。私はいわば、瘴念人を越えた瘴念人。
『ネオミアノイジー』とでも呼んでくれ。


●輝音
『ネオミアノイジー』……。うむ、イかすな……。

●栞歩
カノンは黙っていてください。
ただでさえ面倒くさいあなたを、2人も相手にできません。

●輝音
…………それはひどいぞ、シホ。

●輝音の瘴念人
私も元は、普通の瘴念人だったのだ。

だが天道輝音とは袂を分かった。
私はもはや、まったく別の存在なのだよ。

●薊禰
理解が追いつかないね。
もう少し、分かりやすく教えてくれないか?

●輝音の瘴念人
そうすることに、こちらになんのメリットが?

●薊禰
ほら、キミはお喋りじゃないか。

●輝音の瘴念人
それ以上に、人見知りなものでね。

●薊禰
……ダメか。

●輝音の瘴念人
まあ、信じる信じないは自由だ。
こちらにはなんの不都合もないからな。

●神蔵
あ、おい! どこ行きやがる!?

●輝音の瘴念人
こちらにも機というものがある。

●神蔵
機、だと?

●輝音の瘴念人
つまり、いまはそのときではない。
逆に言えば、倒すならいま、ということになる。

だが、そちらとて、いまはその力もあるまい。
ということで、ここは一度仕切り直しだ。

せいぜい、震えて待つといいさ。

●神蔵
余裕ぶりやがって。
ネオミアノイジー? 信じられるか。

●薊禰
何者なんだ……? どうして彼女たちのような存在が?
素性も、目的もさっぱり分からない……。

倒す方法すら見当がつかないってのは、絶望的だ……。

戦って退けることはできるだろう。
だけど、それは根本的な解決にはならないからね。

●神蔵
分かってる。けど、とにかくいまは、
敗者復活戦の間、界門<ゲート>を守ることに集中しねーと。


相棒。そういうわけだ。

相棒は一度、現世<エイドス>に戻ってくれ。

●プロデューサー
大丈夫?

●神蔵
1つはっきりしているのは、やつらの狙いが
歌の力だってことだ。

そして、やつらは機じゃないと言った。
だったら、侵攻して来るのは、最も歌の力が強くなるとき。

つまり『Twinkle☆Star』のライブだ。

だから、それまでは安全だ。
現世に戻って、身体を休めてくれ。

●プロデューサー
分かった。

●神蔵
『Twinkle☆Star』のライブの前には、
戻ってきてもらうことになる。すまねぇな……。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第3話「参上する少女たち」

ーーステージ裏

●ナレーション
神蔵たちに言われ、一度現世<エイドス>へ戻ってくる。

そこでは敗者復活戦の直前。
トップバッターの『Remuage』が、すでに準備に入っていた。

●萌
もう、プロデューサー! いままでどこにいたんですか!?
早く! こっちですよ!


●ナレーション
萌に手をひかれる。

そうして、光のなかへ飛び出した――。

ーー控室

●セリア
オオ……アヤ、緊張してるデスか?


●彩
ききききんちょうなんて、してな……っ!


●佳奈恵
あはは、ま、しょうがないよ。
だって責任重大だもんね、一発目ってさ。

●彩
……うぅぅぅぅ……。

●セリア
アヤ……。

●彩
セリア……。

●セリア
早くステージに出ないと、ヤバイデース。
フウリがもう先に出て……。

●愛美
は、はぁ!?

ーーライブ会場

●楓李
あー、ごめんなぁ? 今ちょっと彩はんが
キンチョーで泣きそーやから、落ち着くまで時間くれる?


あ、あかん? あーダメやわ終わったわ~。

――アハハハハハ。

●佳奈恵
あのバカ……。


●楓李
あーごめんセリアはん。
はよ演らんと棄権扱いやって~。

ほんにごめんな? 彩はんちょっとアガリ症やから~。

昨日からストレスでハンバーガーむしゃむしゃしてるん。
あれ絶対しょーらい太ってま……あ。

●彩
フ・ウ・リィィィィ!!


●琴音
ああっ! 彩さんまでステージに!?

●楓李
わぁっ! ちょ、堪忍してっ! 

パンツ見えてしまうわっ、あっ、リボン取れてもーた。
うち、ボタンもつけれへんのに……。

●彩
このっ! 何勝手なことしてるのよ!

●佳奈恵
楓李の気遣いだと思う?

●セリア
カナエはフウリが好きですなぁ。

●佳奈恵
あたしはみんなが好きなんだよ。

●セリア
ワタシもみんな好きデスよ。
さて……緊張しますが、行きますか。

●佳奈恵
あ、ヤッパリ?

●セリア
ワタシだって、女の子デスからね。

それじゃあプロデューサー! 行ってくるでやんすっ!

●佳奈恵
ま、サクッと盛り上げてくるわ。

●プロデューサー
がんばって!

●彩
プロデューサー! どうしよう! 楓李の衣装が!

●楓李
出落ち要員としてはもう十分役目果たしたから、
プロデューサーはんも許してくれるやろ。


●セリア
こらこら何勝手なこといってるデスか!

ども! お待たせしたデース!
いろいろ言いたいことはあるデスが……。

……ライブで伝えさせてもらうでありんす。
『Remuage』、推して参る!


目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第4話「銀河を渡る少女たち」

ーーステージ裏

――ワァァァァァ!

●晴海
うふふ、何が出落ちなのよね、
いきなりハードル上げてくれちゃって。


●くるみ
ううぅうぅ……緊張しますですぅ!

●悠
うっす! 気合い入れます!

●寧々
お客さん……みんな楽しそう。
私たちで、がっかり……させちゃわないようにしなきゃ……。

●麻里紗
上手い言葉が思いつかないけど……。

プロデューサー、私たち、精一杯キラキラしてくるわ。


●晴海
あはっ、麻里紗さん、精一杯キラキラって。

●麻里紗
……いい名言が浮かんでこなくて。
私としたことが……。

●くるみ
精一杯キラキラしてくるですっ!

●麻里紗
く、くるみちゃんまで……。

●悠
銀河の歌劇団ですから。
自分たちがスターとして、キラキラしなきゃってことですよね!

●晴海
そうそう。一生懸命キラキラしましょう。

●麻里紗
も、もう……。

●晴海
それじゃ、プロデューサーさん。
行ってきます!

●プロデューサー
しっかり見てるよ。

●晴海
はいっ!
『銀河歌劇団』のキラキラから目を離さないでくださいね?


目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第5話「弩級少女2人組」

ーーステージ裏

●茜
どうしよう、めっちゃ緊張するんですけど。

●瑠璃花
今更……。

●茜
だってぇ! おかしくない!?
だいたい、アカネたちだけ2人っきりだし!

●瑠璃花
2人のユニットだから。

●茜
『プリティ→プリンセス』とか、
ちょっとぶりっ子すぎてアレな気もしてきた!


●瑠璃花
え、それいま言う?

●茜
うー、不安だよ。

なんかもう、アカネたち出なくて良くない?
このいい感じの流れを、止めたくないっていうか……。

●瑠璃花
茜。

●茜
瑠璃花だってめんどくさいでしょ?

●瑠璃花
わたしは、茜と一緒に出たい。


●茜
え。

●瑠璃花
でも2人だけのユニットだから。

●瑠璃花
茜が出たくないなら、仕方ないけど諦める。

●茜
……最初に誘ったの、茜なんだよね。

●瑠璃花
『プリティ→プリンセス』をやろうって言ったのは茜なんだから。
逃げられるのは、困る。

……わたしもバンジーやったんだし。

●茜
はぁ……オッケー。
プロデューサー!

2人の可愛いお姫様のライブ、
ちゃんと見ててよね♪


●プロデューサー
行ってこい!

●瑠璃花
それはそれとして勝手なこと言った罰はあとでする。


●茜
えええええええっ!?

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第6話「強者の凱旋」

ーーステージ裏

●麗華
いつも通りやりましょう。

●更菜
あはは、リハーサルの時と同じこと言ってる。

●希
むしろリハと違うことしたら、
リハの意味がないでしょ。

●理子
今日のために、しっかり準備してきたんだ。

●美雪
頑張ってきましたから……きっと上手くいきますわ。

●麗華
ええ。……ただ欲をいえば。

いつもよりも、上手くやりましょう。
無理する必要はないけどね。


●希
……まあでも、それもいつも通りってことよね。

●更菜
前よりももっと、上手く。

●美雪
昨日よりも今日を素晴らしく。

●理子
今日よりも、明日はもっと輝かしく……だろ?


●麗華
うふふ、そうね。
……ではプロデューサー、行ってくるわ。

●プロデューサー
信用してる。

●麗華
ええ。……落ち着いていきましょう。
私たちのできることをしにいく。


それだけのことよ。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第7話「凛々の一番星」

ーー控室

●ひなた
すごいなぁ、みんな。

●琴音
そうですね。レッスンの成果がフルに出てますよねぇ。

●ひなた
あ、それもそうなんだけど。

●琴音
はい?

●ひなた
本番前のセンターのひと言、みたいなやつ。
どうしてあんな格好いいこと言えるんだろ?


●琴音
か、格好いい……?
ええと、ひなたちゃんは、いつも格好いいと思うよ?

●ひなた
え、本当!?

●愛美
嘘に決まってるでしょ。

●ひなた
え……。

●愛美
本当に格好いい人は、格好いいこと言おうと思って
言ってるわけじゃないの。


こう、内側から自然ににじみ出てくるものなのよ。

●ひなた
えっと、麗華さんみたいな感じ?

●愛美
そうよ。分かってるじゃない。

●ひなた
そっか……。

●愛美
…………。

●千尋
もう、愛美ちゃんはイジワルだねぇ。

●愛美
ど、どういう意味よ?

●千尋
それを言うなら、ひなたちゃんはとても格好いいよぉ。

だってわたしたち、何度ひなたちゃんの言葉に感動して、
励まされたか分からないじゃない。


●愛美
……それは、まあ。

●ひなた
そうなの?

●愛美
う、うるさいわね! じゃなきゃ私もそうだし、
みんなこんな場所にいるわけないっての!

●ひなた
愛美ちゃん……。

●和歌
ひなた、胸を張りましょう。

この学プロはあなたと、プロデューサーさんが
運命的な出会いをして、そこからすべてが始まったのよ。


2人きりだったのが、いまでは23人。
そのみんなが、オオトリを預けたいって言ってる。

●ひなた
……うん。そうだね。今度はもう失敗しないよ。
自分が背負ってるものの重さ、分かった気がするから。


……行こう、ステージへ!
みんなの想い、全部あたしが背負っていくから!

……でも、ちょっと重くて支えきれないときは。

こっそり手を出して、手伝ってくれるといいなぁ。

だからプロデューサー……。

あたしたちのこと、一番近くで見守っててね!


ーー選択肢1
●プロデューサー
任せて。

●ひなた
えへへ♪ ありがとう♪
プロデューサー、大好きだよ!


ーー選択肢2
●プロデューサー
(笑顔でごまかす)

●ひなた
も~。そこは、任せて! って言ってくれないと。


絶対に、勝つね。
それで、みんなでスタフェスに行こうね。


目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第8話「破滅への序曲」

ーーライブ会場

●プロデューサー
ただいま。

●神蔵
……来たか、相棒。

どうだ、ガールズの様子は?

●プロデューサー
ばっちり。

●神蔵
そうか。そいつは良かった。
だったら、俺たちは俺たちで仕事に集中できる。

それから、みんなも謝らないとな。
特にそこの2人には。

●栞歩
私は、別に良いですよ。
良いと言うか、仕方ないことですから。


●神蔵
おお、さすが俺だな。
器の大きさが光るぜ!

●栞歩
だからそういう言い方やめてください!

●神蔵
悪い悪い。冗談だって。

●アリス
ワタクシも、謝られる理由は……。
足をひっぱってばかりですし。

●神蔵
そんなことはない。これから、相棒のパートナーである
ガールの力は、きっと必要になる。

●アリス
そうは思えないですの。
まず、パートナーってなんですの? なぜワタクシが?


●神蔵
まだ言ってるのか。

●アリス
だって、守られてばっかりですもの!
誰かの足手まといになるのは、もう嫌ですの……。

●響香
足を引っ張る、ねぇ……。

●神蔵
それ、前も言ってたな。
でも仲間ってのは、守り守られだぜ。

なあ。ガールズたち?

●輝音
え? ああ、そうかもな。

●栞歩
…………ふふっ。

●律
…………。

●神蔵
あ、あれ?

●響香
……バカ。
どうしてそういうこと、聞いちゃうかなぁ……。

●神蔵
と、とにかく!

ガールが覚醒したら、相棒のこと、守ってやんな。

●アリス
ワタクシにはそんな力、ありませんわ……。

それに、プロデューサーさんは、1人でも十分強い。
強い、力と心をもっています。

ワタクシにできることなんて……。

●神蔵
……なあ相棒。俺、なんか間違ったこと言ったか?
どうしてこんな空気になってるんだ?

●輝音の瘴念人
さて。みんな、揃っているようだな。


●神蔵
……出やがったな。

●響香
にしてもちょっと、数多くない?

こっちは戦えるの2人だけだし、
数の暴力にも限度があるような……。


●輝音の瘴念人
私は真摯ではないのでね。目的のためには手段を選ばないさ。

なにしろ、『どんなことをしてでも目的を達成する』。
それがアイドルとして、最も真摯だと思っているからね。

●アリス
もはやこれ、アイドル関係ないですわ……。

●輝音の瘴念人
何を言うか。私のオンステージだ。
最後まで楽しんでいってくれよ。

●輝音
1つ、アドバイスをするのなら。

私という人間は、どこまでもクソ不真面目だ。
世の中を舐め腐って、自分が一番だと本気で思っている。


だが、バカではない。バカではないが故に、
なんの根拠もなく、自分が一番だなんて思わないのだ。


●神蔵
つまり?

●輝音&輝音の瘴念人
私は、強い。誰よりもな。


目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第9話「調停者の条件」

ーーライブ会場

●神蔵
はぁ……。はぁ……。
どう、だ……。全部いなしたぞ……。

●輝音の瘴念人
ほう……! 意外と頑張るではないか!
そうでなくては、盛り上がりに欠けるがな!

●律
2人とも、あんなにボロボロに……。
このままだと……。

●響香
とはいっても、アタシたちじゃどうしようも……。

●アリス
……どうして。本当に、理解できませんわ。

●響香
アリリン?

●アリス
力があるのなら、自分のために使えばいい。
どうしてそれを、他人のために?


気まぐれでそうすることはあると思いますわ。
だけど……この方たちは、ずっと気まぐればかりしています。

●神蔵
それはもう、気まぐれじゃないってことだよ。

仲間ってのは、守り守られるもの。
そう言ったじゃねぇか。


●アリス
だから、それが分かりませんの!

ここに来てから、ワタクシは守られてばかり。

いつか成長してワタクシが
プロデューサーさんたちを守るときが来るからって……。

そんな……そんな期待をされても困りますの!

ワタクシは、きっと何も返せません。
ワタクシは、何もできませんから。


『ヴァルキュリア』にいるのだって……繰り上がり……。
実力だとは思っていませんの?

だから実際、みんなはワタクシのことを気にもかけませんわ。

でも当然ですわ。ワタクシに使う時間があったら、
自分を磨いた方が、ファンのためでもありますし。

●輝音
そうだな。自分が最も見込みがあるのだから、
他人のために身を捧げる理由がない。


●アリス
……プロデューサーさんだって、自分で精一杯のはずですわ。
だって、貴方は天才ではないから!

それは、今日まで見てきて分かります。
プロデューサーさんはいつだって不器用で、非効率ですわ。


身を削って、いっぱいいっぱいで生きてる。

そんな方が、どうしてワタクシたちを守ると?
気持ちはとても、とても嬉しいですわ。……だけど。

正直、信頼できないのです。
プロデューサーさんにメリットが、何もありませんもの。

●プロデューサー
それは違う。

●アリス
どう違いますの?

ーー選択肢1
●プロデューサー
考えるより先に動いてたから。

ーー選択肢2
●プロデューサー
やりたいことをやっただけ。

ーー選択肢1
●プロデューサー
それがプロデューサーだから。

ーー選択肢2
●プロデューサー
それが調停者だから。

●アリス
…………。

●神蔵
さすが相棒、良いこと言うね。
そうだ。調停者もプロデューサーも、おんなじ精神さ。


覚醒していつか俺たちを守ってくれって言ったけどな、
あれは嘘なんだよ。

●アリス
嘘、ですの?

●神蔵
ガールに見返りを期待してない、ってわけじゃない。
見返りがあろうがなかろうが、関係ないんだ。

表から、裏からアイドルを守る。
それが俺たちの仕事であり、誇りなんだよ。


●薊禰
うん。誇りを失くしては、死んだも同じ。
調停者として、ボクたちはこの世界で生きているからね。


●神蔵
……まあ、プロデューサーとか調停者とか以前にだ。

仲間を見捨てるような、格好悪い男になりたくないのさ。

●アリス
…………仲間……ですの。

●輝音の瘴念人
さあ、最終決戦前の会話イベントは終わったかな?
私もそろそろ待ちくたびれたのだが。


●神蔵
へっ、自分が悪役だって分かってんなら、
潔くやられてくれるってのはどうだ?

●輝音&輝音の瘴念人
ああ、それは無理だな。

●栞歩
どうしてカノンまで答えるんですか。

●輝音
悪役などというのは立場の違いでしかない。
見方を変えれば、私たちこそ悪役だ。


向こうは向こうで、己の信じる正義や、守るべきものがある。
手を抜いたりなんて、するわけないだろう。

●輝音の瘴念人
……さすがは私だった者だな。
まったくもってそのとおりだ。

というわけで、私は私の守るべきもののために戦う。

聴かせてあげよう。
これが、歌姫<ディーバ>に捧げる小夜曲<セレナーデ>だ。


目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第10話「意地の鉄槌」

ーーライブ会場

●神蔵
どうだぁ!?
これが調停者<プロデューサー>の意地ってもんだぜ!

●輝音の瘴念人
ま、負けた……。
この、完璧であるはずの私が、か?


●輝音
完璧? それは少し違うな。

完璧なのは私であって、お前ではない。
お前が私から離れた時点で、負けるのは仕方のないことだ。


●輝音の瘴念人
何を、自惚れたことを……!

●輝音
自惚れるさ。
なんせ私は、完璧だからな。

●栞歩
まあ、今回カノンは何もしていませんけどね。

●輝音
…………。

●神蔵
トドメをさすぞ、相棒。

現時点で瘴念人<ミアノイジー>を
完全に倒すことはできないが、しばらく活動を抑えられる。


●プロデューサー
分かった。

●輝音の瘴念人
……ふっ。これだからお前らは三流だと言うのだ。

敵が1人だと、いつから錯覚していた?
私を倒しても、また第二第三のネオ瘴念人が現れるぞ!


●神蔵
またいつものゲーム台詞か。
お前もブレないな。恐れ入ったよ。

●輝音の瘴念人
そうか。では恐れ入るついでに、
驚き悔しがってもらおうか。

●神蔵
なんだと?

●輝音
っ! いかん! 早くそいつにトドメを――!

●神蔵
おわっ!?

●薊禰
神蔵! 逃がすな!

●輝音
……いない。逃げられたみたいだな。

●輝音の瘴念人
今回は私の負けだ。潔く認めよう。

だが、私たちの正体と目的を突き止めぬ限り、
何度でも立ちはだかるぞ!

●神蔵
私、たち……。
マジに第二第三の魔王がいるってことか……。

●薊禰
いまの爆破も、味方の援護射撃だろうね。
組織的、なのかもしれないが、規模がわからないな。

●輝音
その目的もな。

あいつが私の手を離れ、想世<アンダー>で天啓を
受けたというのなら、私にもそれは想像がつかない。

●神蔵
だが、たかだが1人のネオ瘴念人に
ここまで手こずるようじゃ、先が思いやられるな。

俺たちのパワーアップが、目下の課題になりそうだ。

ーー控室

●薊禰
みんな、おつかれさま。
全員無事で何よりだよ。


大事なアイドルに、傷をつけるわけにはいかないからね。

●響香
まー色々大変なことになっているのは、よく分かった。
でも楽しかったよ、個人的にはね。

●律
楽しかったって……本気で言ってる?
もうこんな思いは二度としたくないわ。

●響香
割と頻繁にすることになると思うなー。

●律
縁起でもないこと言わないでよ!
あんな虫とか虫とか虫とか、思い出したくもない……。

●栞歩
私も虫は嫌ですけど、何よりカノンが2人もいるというのが、
どうやっても生理的に受け付けませんね。

●輝音
だからシホ、ちょっとひどいと思うんだがそれは……。

●律
……はぁ。いいからさっさと元の世界に返してよ。
もう用事は済んだのでしょう?

●プロデューサー
分かった。

●神蔵
さあ、そこに一列に並びなガールズ。
助かった。調停者<プロデューサー>を代表して礼を言うぜ。

●プロデューサー
ありがとう。

●アリス
あ、あの……プロデューサーさん。
こちらこそ、ありがとうございましたわ。

たくさん、失礼なことを申しました。
信頼していない、とか……。

なのにプロデューサーさんは、ワタクシたちを
命がけで守ってくれました。

……貴方のようなひとも、いるのですわね。

●神蔵
それが分かってもらえただけでも、
想世<アンダー>に招待した意味があったな。

●アリス
ええ。
おかげさまで、もう少し頑張ってみようと思えますの。

実はアイドルのほうも、少し挫けそうになっていましたが……。

プロデューサーさんたちの、その力と心に少し憧れましたの。
泥臭く、誰かを守るために戦うことに。


だから、ワタクシも強くなって、守られるだけじゃなく、
守るほうにもまわりたいって思いますわ。

●神蔵
……ひとの思いは、強さだ。
その思いがあれば、絶対に強くなれる。

●アリス
……はいですわ!

●神蔵
さ、今度こそ本当に送り返すぜ。

ひとまずはゆっくり休んでくれ。
それで、また会おうな。想世<アンダー>ガールズ。


●アリス
っ!?

へ、変な呼び方はやめてくださいましー!


目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第21章「影の侵略者」第11話「終焉と胎動」

ーーステージ裏

●ひなた
終わったね、ライブ。

●和歌
ええ。

●愛美
はぁ……でも、もっとやれることあったわよねぇ。

●琴音
愛美さんは本当に向上心がありますね……。
私なんか、無事に終わったことにほっとして、力が……。


●千尋
わたしもお腹空いちゃったぁ~
ううぅ……。

●ひなた
あはは……でも『Twinkle☆Star』の魅力は
全部伝えられたと思う。

『GE:NESiS』だって、『プリティ→プリンセス』も、
『銀河歌劇団』も、『Remuage』も!

みんなみんな素敵だった!
あたしなら、あたしたちの学プロに票を入れるよ!

●和歌
それだけ、胸を張れるステージになったってことね。
納得できてないステージだと、自分たちに入れるなんて言えないしね。


ーー控室

●くるみ
あのっ!
『Twinkle☆Star』、素敵でしたですっ!

鳩がバサバサー!
うさぎがひょこひょこーって!


びっくりしちゃいました!

●ひなた
くるみちゃん……。

●琴音
『銀河歌劇団』もかっこよかったですよ。
なんだか、ワクワクドキドキする、星のきらめきを感じました。

●希
しかし『プリティ→プリンセス』が、
まさかライブをキッチリやるなんて……。


●茜
ちょっとちょっとどういう意味よ!?

●希
褒めてるのよ、ちゃんとレッスンして良かったじゃない。
……今日ばっかりは、ちゃんと「天使」だったわよ。

●茜
あ、やっぱり? 知ってたけどね☆

●瑠璃花
総合力ではやっぱり『GE:NESiS』が人気。
一番、正統派アイドルユニットっぽいって評判。

●更菜
正統派って、褒められてるんですかね……。

特にこの学プロはみなさん濃いですし、
無個性、という見方も……。


●理子
……というか、アタシたち正統派っぽいか?

●寧々
で、でも。正統派っていう、真っ向ストレートのジャンルで、
正統派イコール『GE:NESiS』って評価は本当にすごいんじゃ……。


●更菜
え、あ、ありがとうございます……。
そうですよね。素直に褒め言葉だって受け取っておきます。

●美雪
是非とも敗者復活して、スタフェスに行きたいものですね。

●ひなた
うん!

●彩
できるんじゃない、この調子なら。
……うん。大丈夫よ、大丈夫……きっと。

●セリア
うぃ! 絶対できます!

●楓李
できへんかったら暇になるな?
それはそれで、観たい映画観に行ける……むごっ!


●佳奈恵
きっとできるっしょ。
だから楓李はちょっと黙って。

●ひなた
あはは、残念会の準備もしとこうか。

●プロデューサー
必要ないよ。

●ひなた
え? そうかなぁ。
でも、プロデューサーがそう言うなら、きっと大丈夫だね!

●萌
みなさん!
結果発表されましたよ!

●和歌
ど、どうでした…?

●琴音
結果は……?

●萌
結果は……!

(少し時間がたって)

●ひなた
祝!

●茜
敗者!

●晴海
復活!

●麗華
第1位!

●セリア
おめでとうでありんす!

●一同
おめでとー!


●ひなた
よかった! よかったよー!

●彩
ホント……よかったぁ……。
結果発表までの間が、心臓に悪いわよ、もう……。

●寧々
あっ……やっぱり、ドキドキしてたんですね……。

●希
まーライブ中にシューズのヒモが解けたのは、
さすがの私も、ダメかと思ったけどね。


●くるみ
え、そうなんですかぁ!?

●希
そうよ。もちろん、結び直す暇なんてないし、
最後まで気合いで踊りきってやったわ。

●美雪
隣にいた私が気付いたのですけれど、どうすることもできず……。
ただひたすら、祈るような気持ちでございましたわ。

●くるみ
す、すっご~い! くるみだったら、解けたあわわ~! ってなって、
もう頭真っ白でふみゅ~……って倒れちゃうです~!


●希
そこが地力の違いね! ふふんっ!

●瑠璃花
実はそれを言うなら、私たちも危なかった。

●悠
あ、それは分かりました!

瑠璃花先輩が、本当は右にはけるところで左にはけて、
それに気付いた茜先輩が、代わりに右にはけました!

●茜
そっ! アカネの機転が利いたから、助かったの!
アカネのおかげでね☆

瑠璃花、アカネに何か言うことは?

●瑠璃花
…………。

●茜
瑠璃花ー?

●瑠璃花
……りがっ! あ、ありがっ……!


●茜
聞こえないよ?

●瑠璃花
あ……ありがとうございまっす!

――バキッッ!


●茜
うげーっ!!!

●琴音
る、ルリちゃん!?
スマホは、スマホはダメだよ!

●瑠璃花
だ、だってこいつ! たった一度のミスで、
何度も何度も私にお礼を強要して……!


●琴音
あー……。

●悠
そうなんですね。
それは茜先輩が悪いと思います……。

●茜
な、なして……。

●麻里紗
ふふふ、みんな、賑やかね。

●和歌
もう、賑やかすぎです。
ちょっとハメを外しすぎでは?

●麻里紗
いいのよ、こんな時ぐらいは。
喜びはみんなで分かち合わないと、ね。

●愛美
そうよ、1位なんだし。

●愛美
それよりひなた、よく見ておきなさいよ。

●ひなた
え? 何を?

●愛美
みんなを、よ。
これが、1位の景色よ。

●ひなた
1位の景色……。

●愛美
うん……みんな、笑ってるでしょ?

●ひなた
…………。

●愛美
もしこれが2位だったら?
……きっと、笑ってないひとがいたと思う。


1人でもそんなひとがいたら、心から喜べないでしょ?
だって、私たちは仲間なんだから。

●ひなた
仲間……。

●愛美
そうよ。だから2位以下は全部一緒。
1位だけが、勝ちなの。


ひなたはナンバー1じゃなくてもいいと言うわね。
もちろん、それも否定はしないわ。

でも、見なさい。
この景色も、悪くないでしょ?

それに、敗者復活とはいえ、他の学プロ全部ひっくるめて、
私たちが頂点に立ったの。

これまでの努力とか悩みとかが、全部報われた瞬間よ。
それが嬉しくないはず、ないわよね。

●ひなた
…………。

うん。嬉しい、すごく。

……そうだね。みんなが笑ってくれるなら、
1位の景色も、すっごくいいね。

●愛美
そうよ。いまさら気付いたのね。

●和歌
ひなた……。

●千尋
ふふふっ。この感動は、塩昆布キャベツのように
やみつきになっちゃうねぇ?

●琴音
私も、みなさんとここに来られて良かったです……。

●ひなた
……そうだよね。これまで仲間と一緒に頑張ってきて、
それをファンが認めてくれた。


それって、あたしたちが最高の仲間だって証明だよね?

そんなの、嬉しいに決まってるよね……?

●輝音の瘴念人
……すまない、しくじったよ。

だが、必ず悲願は達してみせる。
なんたって、お前は私たちの友達なんだからな。


いつかキミに、最高の復活のステージを
用意してみせる……。

だから……。

だから、もう少しだけ、ゆっくりお休み。
私たちの、眠り姫。


to be continued……


目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ