【あおガルシナリオ集】現世(エイドス)サイド:第23章「決戦の舞台」


2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、現世(エイドス)サイド:第23章「決戦の舞台」を紹介します。

目次
現世(エイドス)サイド:第23章「決戦の舞台」第1話「雲かかる星々」
現世(エイドス)サイド:第23章「決戦の舞台」第2話「ほとばしる輝き」
現世(エイドス)サイド:第23章「決戦の舞台」第3話「新しい風」
現世(エイドス)サイド:第23章「決戦の舞台」第4話「みんなのチカラ」
現世(エイドス)サイド:第23章「決戦の舞台」第5話「未来の予兆」

現世(エイドス)サイド:第23章「決戦の舞台」第1話「雲かかる星々」

ーー廊下

●萌
あ、プロデューサー、おつかれさまです。
ちょうどいいところでお会いしましたね。

学園長がお呼びみたいです。
一体、なんの用事でしょうか?

ーー選択肢1
●プロデューサー
絶対に嫌だ

ーー選択肢2
●プロデューサー
断固拒否する

ーー選択肢3
●プロデューサー
無理

●萌
……一瞬、返事を迷うふりをして
最初から断る以外の選択肢がありませんでしたね?

気持ちは分かります。
このパターンだと、これまでろくなことになってませんから。

ですが、今度こそ大丈夫だと思います。
経験者の勘、ですね。いやマジで。


いまや我々は、フレプロを下し、
弱小プロダクションではなくなりました。

そして引き続きスタフェスの予選を控えた大切な立場。
学園にとっても、大事にしたいプロダクションの1つです。

悪いようにはなりませんよ。

ささ、そんな人間に怯えるチンチラみたいな顔しないで、
学園長室にレッツラゴーです!

ーー学園長室

●学園長
いらっしゃい、プロデューサーさん♪
最近、大活躍みたいで、学園長も超嬉しい~♪

●萌
ね、言いましたよね。
ご機嫌みたいですし、大丈夫です。

●学園長
それでね、さっそく用件なんだけど……。

……このままだと『Twinkle☆Star』の存続が危ぶまれるわ。


●萌
……………………あー、はいはい。
やっぱり、そういう感じですか。

●学園長
いえ、『Twinkle☆Star』に何か問題があるわけじゃなくて
ひなたちゃんがこの記事を見たら、ショックを受けると思って。

●萌
なんですか?
……って、これ、櫻花すばる!?

アイドル誌のインタビューを受けてます!
まさか、メディアに姿を見せるなんて!

●学園長
これ、来週発売の雑誌なんだけど……問題は中身よ。
ひなたちゃんに関してコメントしている部分があるわ。

●萌
ええと……『最近、妹さんもアイドルとして活躍し、
頭角を現してきていますが、姉妹でライブの予定などは?』

『質問に対し、すばるさんは……。』

『未来永劫ありえない。
私にはひなたと姉妹の縁を切る予定がある。』……!?


……どういう、ことですか?

●学園長
櫻花すばるさん、在学中から独特な子だったけど……
彼女の考えていることは、私にもさっぱりね。

●萌
ひどいです……。ひなたさんは、
ずっとすばるさんに憧れて、走り続けてきたのに……。

あんまりです、プロデューサーさん!
このひと、本当に姉なんですか!?


●プロデューサー
落ち着いて。

●学園長
これを見て、ひなたちゃんが平静でいられるとは思えない。
でも隠したところで、すぐに耳に入るでしょう。

●萌
先手をとって話して、
うまくフォローしろ、ということですね。

●学園長
ええ、あなたたちが側で支えてあげれば
きっと大丈夫だと思うから。

ひなたちゃんをよろしくね。
あなたたちに託すしかできない、無力な学園長を許して頂戴。


目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第23章「決戦の舞台」第2話「ほとばしる輝き」

ーー廊下

●萌
気が重いですね、プロデューサーさん。
これからすばるさんのこと、伝えないとですし……。

●プロデューサー
そうだね……

●萌
でも、いまやひなたさんは1人ではありません。
みんなで支えてあげましょうね。

ーープロダクション室

●愛美
……ふーん、そう。
櫻花すばるって、意外と小者なのね。


●萌
第一声がそれですか!?
……ていうか、小者って?

●愛美
だってそうじゃない。
本人に直接言う勇気がないから、こうしてるんでしょ?

●琴音
あの、私も、そんなに気にする必要ないかなって。
って、それを決めるのは私じゃありませんけど。


●くるみ
なんだか、みんな反応が大人です。
ちょっとのことじゃ動じない、心の余裕が見えるです。

●彩
むしろクールすぎない?
その……ひなたの気持ちも、考えたほうが……。

●ひなた
…………。

●プロデューサー
大丈夫?

●ひなた
え? 何が?

●茜
って、分かってないんかーい!

●ひなた
あ、うん、あたしは大丈夫だよ!
お姉ちゃんが言うなら、仕方ないなって。


ほら、姉妹じゃなくなったからって、
縁が切れるわけじゃないし……。

いまは姉妹っていうより、
同じアイドルって絆で、つながってると思うから。

お姉ちゃんも、きっとそう言いたいんだよ!

●希
このお気楽センターっぷりには、もはや感動すらするわね。
嫌味じゃなく真剣に。

●麻里紗
………『他山の石以て玉を攻むべし』、ね。

どんな言葉をかけられても、青空があって太陽がある限り、
ひなたちゃんはへこたれそうにないなって、思ったから。

●ひなた
あはは、そんな立派なものじゃないよー。
……でも、ありがとう。

●佳奈恵
ひなたのメンタルはガチだよね……。
アタシ、弟たちに縁を切るって言われたら……たぶん泣いちゃう。

●千尋
ひなたちゃんを悲しませるなら
絶対に許さないけど……。

本人が気にしてないから、ぎりぎりセーフかなぁ~。

●愛美
幼馴染として、和歌としてはどうなの?

●和歌
本心では、いますぐお姉さんの家に行って
火を放ちたいけど……。

●愛美
やめなさい。

●和歌
千尋さんと同じで、本人が許すって言うなら意志を尊重するわ。
……ひなたと同じユニットから、犯罪者を出すのもなんだし。


●彩
だ、だけど! もっと真剣に考えたほうが!
だって、家族ってかけがえのないものだし……!

●美雪
僭越ながら、私もそう思いますわ……。
家族とは、かけがえのないものです……。

●愛美
とはいっても、こっちからは何もできないし。
だったら気に病むだけ損よ。

●美雪
ですが……。

●ひなた
み、みんなごめんね!
あたしのために色々考えてくれて……。

でも、本当に大丈夫だから。
それよりも、スタフェスの予選のこと、考えよ?

●琴音
そ、そうです! いまはスタフェスですよ!
フレプロに勝って、さらに赤点まで回避したんですよ!?

●楓李
せやせや! うちの苦労を無駄にしたらあかん!
琴音はんハウス送りは、もう嫌や!

●希
2人にとって、赤点回避はフレプロよりも上なわけ?
……これ、滝崎さんが聞いたら、怒るわよ。

●瑠璃花
ヴィ……愛美さんが言うように、
こちらに打つ手がない以上、気に病むだけ損。

●悠
ヴィ?

●愛美
…………。

●瑠璃花
加えて、もう1つ問題がある。
多分、今回のことで、わたしたちは世間から叩かれる。

みんな、櫻花すばるの味方。
櫻花すばるの敵は、みんなの敵。

●更菜
はい。
根も葉もないことも、言われると思います……。

●セリア
そんなの、望むところでありんす!
アキンドとアイドルは、叩かれて強くなるのだぜ!


●彩
商人……あ、買い叩かれる、ってことか!

●ひなた
だったら、お姉ちゃんのことで、みんなにも迷惑かけちゃうね。
……ごめんなさい。

●更菜
ひなたさん、謝らなくていいです。
こういうのって、アイドルである以上、絶対にあるので。

●寧々
き、気にしてない……。
むしろ、気にしないで……。

●ひなた
更菜ちゃん、寧々ちゃん……。
うん! ありがとう!

そうだね、いまはいっぱい嫌なこと言われても、
あたしたちを、いっぱい、応援してくれる人もいるから。

その人たちのことを考えよう!
……ね、みんな!

●全員
おーっ!!


目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第23章「決戦の舞台」第3話「新しい風」

ーーレッスン場

●1年生アイドル
あの……私たちのステージ、どうでしたでしょうか?

●寧々
え、ええと……そう、ですね……。
まだ、ふりつけをちゃんと覚えてなくて、ぎこちない、かも……。


まずは動きを覚えること……。
こればっかりは何度も繰り返すしかない……です。

●美雪
それから、もっとライブバトルを
なさるのがよろしいですわ。

世の中には、見たことも感じたこともない感動で溢れています。
アイドルならば、同じアイドルから学び、感じるべきですわ。


●ひなた
そうだね! あ、だけど、仲間を見て動いてるのはすごいな!
ステージってみんなで作るものだから、その気持ちは大事!

●1年生アイドル
あ、ありがとうございます!
私たち、もっと練習して、うまくなります!

●茜
いまの子たち、基礎レッスンはできてるわよね。
動きはぎこちないけど、身体はブレてなかった。

●寧々
そう、ですね……。
努力家、なんだと思います……。

●茜
ずっと笑顔を崩さなかったし、愛嬌もあるわね。
……まあ、アカネちゃんには及ばないけど!?

●瑠璃花
どうして茜は、いつも最後に余計なこと言って株を落とすの?
もうわざとでしょそれ。


●更菜
いい仕上がり、ですね。
いつの間にかみんな、誰かに教える立場になってます。

●麗華
フレプロに勝って、他ユニットが
習いにくるようになったわね。

……なんの惜しげもなく、ノウハウを教えちゃうのは
ちょっともったいないけど。

●更菜
ふふ……。そういう麗華だって、何も分からない
ひなたちゃんに、一から十まで教えたんでしょ?

●麗華
あ、あれは……まあ、別にいいじゃない。

●更菜
いいことだと思うな。
こうして後輩に受け継がれていって、アイドルはつながっていく。

その技術とか知識って、本来隠すものじゃないもの。
むしろひなたちゃんは、みんなに知って欲しいって思ってる。

●麗華
でしょうね。その顧みない姿勢もあってか、
最近、うちの学プロのファンが増えているみたい。

●更菜
いい風が吹いてるね。

●萌
そうですね。例の櫻花すばるさんの記事が広まってからは、
世間的にはひなたさんを叩く流れですが……。

そんなこと、彼女たちはちっとも気にしていません。
いい意味で、周りが目に入っていないみたいです。

●更菜
ひなたさんも、全然気にしているようには見えないから
本当にそうなら、それが一番なんだけど……。

●麗華
それが本心なのか、ってことね。

●更菜
……うん。

●萌
それは私もプロデューサーも気にしています。

でも本人も『Twinkle☆Star』のメンバーも
一緒になって否定してますから……。

なんだか、改めて問いただし辛くて……。

●麗華
わたしは、なんとなく分かる気がするわ。
『Twinkle☆Star』のメンバーが、否定する意味。

彼女たちは、とても仲間思いなのでしょうね。

●プロデューサー
どういうこと?

●麗華
わたしの口からは……。
だって、違っていたら恥ずかしいもの。


●萌
うーん、意味深ですね……。

ですが、どちらにしても一度、ひなたさんには本心を
尋ねるべきだと思います。

無理をしているのであれば、それは後々大きな歪みになります。
……ですよね、プロデューサーさん?

●プロデューサー
その通り。

●麗華
あ、だけど、1つ言えるのは……。

まずはひなた以外の『Twinkle☆Star』メンバーと
話をしたほうがいいと思うわ。

彼女たちも、ひなたの前では言えないこと、
抱えているような気がするから。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第23章「決戦の舞台」第4話「みんなのチカラ」

ーープロダクション室

●愛美
櫻花すばるさんのこと、
ひなたの前では気にするだけ無駄なんて言ったけど……。

●琴音
ひなたちゃん、気にしてないわけ、ないですよね……。


●萌
え、そうなんですか?
本人、あっけらかんとしてるから、意外と平気かもって……。

●愛美
あれ、強がりよ。
当たり前じゃない。

●千尋
だって、憧れのお姉さんだよ?

お姉さんに憧れてアイドルになって
いつかは認めてもらいたい。
……そう思ってるんだから~。

萌ちゃんもプロデューサーさんに、
お前なんかもうアシスタントじゃない~
って言われたら、ショックでしょ~?

●萌
な、なんでそんな例えなんですか!?

●千尋
ショックじゃないの~?

●萌
そ、それは、まあ……はい……。
た、多少、ですけどね!


●愛美
あそこでは、一緒に哀しんで変に元気づけるより、
怒ってみせたほうがいいと思ったのよ。

●和歌
まあ、私は割と本気で言ってましたけど。

●萌
やめてくださいね、火つけたりするの。

でも、どうしてそんなことを?

●愛美
それは……。

●琴音
ひなたちゃんも、
そっちのほうが喜んでくれると思ったんです。

一緒に哀しむと、ひなたちゃんに
哀しみを自覚させてしまうというか……。

●琴音
それよりは、ひなたちゃんのために怒ってみせたほうが、
1人じゃないんだって、思ってくれるかも、なんて……。

●愛美
そのときは理屈で考えたわけじゃないけど、
いま思えばきっとそういうことよね。

ずるいやり方よ。お姉さんを敵にして、
私たちは味方だよって、アピールしたんだから。


●和歌
ひなたには悪いけど、私は少しラッキーだとも思ってる。
略奪愛でも、最終的に私といたほうが幸せになれるなら……。

●萌
和歌さん、最近ひなたさんへ抱いてる気持ち、
隠さなくなりましたよね?

●愛美
そういうわけだから、ひなたがショックを
受けているのは間違いないわ。

だけど、このまま普通に振る舞っていたほうが、
ひなたにとって救いになる気もして……悩んでるのよね。

●琴音
何がひなたちゃんにとって、一番なんでしょう。
難しいです……。

●ひなた
……ごめん、みんな。
あたしのことで、悩ませてたんだね。


●和歌
ひ、ひなた!?

●琴音
なんで、いま、昼休みなのに……。

●ひなた
なんとなく、気づいてたんだ。
あたしがみんなに、気遣わせちゃってるの。

そしたら、芸能科の校舎なのに、萌さんがいるのを見つけて、
もしかしたら、あたしのことで何か話すのかもって。

●萌
わ、私のせいでしたか……。不覚です……。

●ひなた
でも、みんなの言う通り、あたし嬉しかったよ?
みんな、あたしのために怒ってくれるんだって。

それで救われた気がした。
だから、哀しくないっていうのは、嘘だけど……。

喜びのほうが大きいかな。これは本当!
……ありがとうね、みんな。

●愛美
べ、別にお礼を言われることじゃ……。
アンタに調子を崩されたら、この先困るのよ!

●ひなた
そうやって、愛美ちゃんはいつもあたしのことを心配してくれる。
……えへへ、あたしはいま、すごく幸せだと思う。

●愛美
だ、だからそんなんじゃ……。

●千尋
ひなたちゃん、本当に無理してない~?

●ひなた
うん、本当!
むしろ、お姉ちゃんのこと、ちょっと怒ってるかも。

直接、あたしに言えばいいのに。
世の中のひとを騒がせてさ……。

いいよ、お姉ちゃんが縁を切るっていうなら、
あたしからそうする。

●和歌
え? ひ、ひなた?
それ、どういう意味?

●ひなた
そのままの意味だよ!
もうお姉ちゃんじゃない!

あの人は、櫻花すばるさん。
あたしたちの、ライバルだよ!

●プロデューサー
落ち着いて。

●ひなた
落ち着いてるよ!
でも、もう決めたんだもん!

●琴音
何もそこまでしなくてもいいんじゃ……。

●愛美
困ったわね……。
聞く耳もたないって感じね……。

●ひなた
大丈夫だよ。
だって、あたしにはみんながいるから。

すばるさんたちよりも、すごいアイドルになろう!
ほら、そのためには、もっともっと特訓しなきゃ!


目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第23章「決戦の舞台」第5話「未来の予兆」

ーーレッスン場

●麗華
……そう。
強くなったのね、ひなたも。


●更菜
お姉さんとの決別……。
哀しい気もしますけど、それで前に進めるのなら……。

●理子
お姉さんの記事の話がでたとき、
様子がおかしいとは思ってたよ。

そっか、『Twinkle☆Star』はそんなこと考えてたんだ。
示し合わせもせず、みんな同じことを。

●麻里紗
まさに以心伝心。
表面だけじゃなく、心の奥からつながってるのね。

●ひなた
それじゃ、もう一度最初から通してやってみよう!
いまの感覚を、忘れないうちにね!


●プロデューサー
立派になった。

●萌
ええ、最初の決起集会のときなんか、
本当に酷かったと聞いています……。

愛美さんの話を、琴音さん以外誰もまともに聞かず、
完全に女子会のノリで、好き勝手に喋っていたと……。

そんなひなたさんたちが、
まさかこんな立派なアイドルなるなんて……。

●理子
思ってなかった?

●萌
あ、いえ! もちろん、信じてましたよ!
むしろ、ここまで来られたのは、経験者である私の功績が……!

……いえ、ひなたさんたちの努力があったからでしょうね。
そこに私の力も、ほんのちょびっと入ってますけど!

●麗華
ひなたたち『Twinkle☆Star』だけじゃないわ。
みんな、いい感じで仕上がっていると思う。

もちろん、まだ粗はあるけれど、
お客さんが求めているのは、完璧なアイドルじゃないから。

キラキラして、だけどちょっと頼りなくて……
そんなアイドルを、誰もが応援したいって思うのよ。

●麻里紗
少しくらい、隙きがある方が親しみやすいって感じ?

●麗華
そうね。もちろん、色々なアイドルがいるけれどね。
『GE:NESiS』は完璧なパフォーマンスで魅せるアイドルよ。

●更菜
隙きがある方がいい、っていうのを、
練習しない言い訳にはしちゃダメです。

この学プロには、そんなこと考えず、
みんな一心に頑張ってる子たちだかりですけど。

●茜
いい、瑠璃花? 失敗して倒れても、
「ふみゅぅ~痛いです~」ってかわい子ぶってればいいのよ!

そうすりゃ失敗がプラスになるわ!
むしろ、ポイント狙って敢えて倒れに行くのも、可!


●更菜
……まあ、色んな考え方のアイドルがいていいと、
私は思います。

●麗華
とにかく、いまの私たちなら、
十分にスタフェス予選突破を狙えるわ。

問題は……『ヴァルキュリア』。
彼女たちは、間違いなく決勝まであがってくる。

幸いにもブロックが違うから、当たるなら最後。
そこまでの過程は、勝って当然よ。

●プロデューサー
みんななら、大丈夫。

●萌
はい、同感です。

技術面でいえば、まだまだ完璧ではないですが、
不思議と負ける気がしないんですよね。

それが頼もしくもあり……少し、寂しくもありますね。


●ナレーション
それから、ひなたたちは
スタフェス予選を戦った。

フレプロを倒したことや、櫻花すばるの件があり、
相手ユニットからのあたりは強かった。


楽な戦いは1つもなかったが、
ひなたたちはギリギリのところで勝ち進み――。

『ヴァルキュリア』の待つ、決勝へと進んだ。


目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

c SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ