【あおガルシナリオ集】現世(エイドス)サイド:第24章「未来に向かって」


2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、現世(エイドス)サイド:第24章「未来に向かって」を紹介します。

目次
現世(エイドス)サイド:第24章「未来に向かって」第1話「歩いてきた道のり」
現世(エイドス)サイド:第24章「未来に向かって」第2話「凛星と帝王」
現世(エイドス)サイド:第24章「未来に向かって」第3話「私たち、生まれは違えども」
現世(エイドス)サイド:第24章「未来に向かって」第4話「銀河の卒園式」
現世(エイドス)サイド:第24章「未来に向かって」第5話「卒業したいキミたちへ」

現世(エイドス)サイド:第24章「未来に向かって」第1話「歩いてきた道のり」

ーープロダクション室

●ひなた
……ねぇ、プロデューサー。
あたし、自分でも信じられないんだけど……。

●プロデューサー
うん。

●ひなた
初戦で負けちゃって、でも敗者復活で
もう一度チャンスをもらって……。

●プロデューサー
うん。

●ひなた
それからも、対戦相手はみんな強くて。
ギリギリの戦いばっかりで、だけどなんとか勝って……。

●プロデューサー
うん。

●ひなた
次、決勝戦? これで勝ったら、
あたしたち、スタフェスにいけるの?


●プロデューサー
そうだよ。

●ひなた
っ……! す、すごい、あたしたち――!!

●萌
ついに、ここまで来たんですねー!!


●ひなた
わっ! も、萌ちゃん!?
それ、あたしのセリフ……。

●萌
いやー、ごめんなさい!
自分のことのように嬉しくてつい!

スタフェスなんて、こんな弱小プロダクションからしたら、
夢のまた夢の夢の夢の夢の夢の夢の夢ですからね!

●愛美
言い過ぎじゃないかしら?
……気持ちは分かるけど。


●寧々
い、一度負けたけど、また甦った……。
まるで、ゾンビみたいに……。

●くるみ
ふぇ? いまのくるみたち、ゾンビですか?
略してゾンドル、です?

●悠
ゾンドル! なんかカッコイイ!
自分、ゾンドルっすから……とか言ってみたい!


●麻里紗
変な略し方しないの。
……でも、妙に語呂がいいわね。

●麗華
盛り上がっているところ悪いけれど、
まだ全然、スタフェスまでは遠いわよ。

なんせ、決勝の相手はあの『ヴァルキュリア』。
これまでの試合が辛勝だったと考えると、かなり厳しい戦いね。

●琴音
そう、ですよね……。
一度惨敗していますし、気合いだけで勝てる相手じゃないです。

●セリア
ここがまさしく、あちきたちの天王山でありんす!


●佳奈恵
アンタ、それいつも言ってるよね?

●ひなた
……ねぇ、プロデューサー、決勝も勝てるかな?
あたし、その、うまく言えないんだけど……その……。

●プロデューサー
どうしたの?

●ひなた
うーん……やっぱり、うまく言えないからやめとくね。
まだちゃんと、自分でも分かってないのかも。

●茜
何よそれ。まったく、アタシたちの大将はマイペースね。

だけど、それがいいのよね。
アカネはこれまで、せかせか生きすぎたのよね、きっと……。


目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第24章「未来に向かって」第2話「凛星と帝王」

ーープロダクション室

●輝音
邪魔するぞ。


●和歌
……えっ?

●響香
やっほ~。みんな元気してた~?

●愛美
『ヴァルキュリア』!? きゅ、急に何!?

●栞歩
突然すみません……。
カノンがどうしてもって、きかなくて……。

●律
…………。


●アリス
し、失礼しますわ~……。

●希
雁首揃えて何の用?
偵察にでも来たわけ?

●輝音
偵察? なぜそんなことをするのだ?
普通にやれば、私たちが負ける要素はないだろう。

●希
はぁ!? ケンカ売ってんの!?
いまこの場で決着つけてもいいのよ!


●美雪
そうですわよ! 希が買うと言っているのですから、買います!
おいくらですの!? 一括払いでお願いしますわ!

●理子
……美雪、それは違うぞ。

●輝音
そう警戒するな。
私たちは、ただ――。

●ひなた
負けない!


●輝音
……ん?

●ひなた
今度は……負けないから……!
絶対に、決勝で、借りを返すから……!

●輝音
…………そうか。

●麗華
ひ、ひなた? あなた、急にどうしたの?

●彩
どうって、この前負けたからリベンジってことでしょ?
別に、普通のことじゃ……。

●麗華
そ、そうなんだけど……。
でも、ひなたが自分からそんなこと言うなんて……。

●栞歩
無用な心配だったみたいね。

●輝音
そのようだ。まさかこの私が見誤るとはな。

●アリス
さっきから、なんの話ですの?

●輝音
よし、帰るぞ。用は済んだ。

●希
はぁ!? いま来たばっかりじゃない!

●アリス
えっと、キョーカさん、これはどういう……。

●響香
言葉通りの意味よ。
もう目的は果たしたみたい。

●アリス
???

●律
分かってないの、アリスだけだから。

●ひなた
あたしも全然、分からないんだけど……。

●輝音
櫻花ひなた。

●ひなた
あ、うん。何?

●輝音
すまなかったな。

●ひなた
へ? 何が?

●輝音
私が見誤っていたことを、だ。
これ以上はライバルへの助言になってしまうから、
言えないが……。

いまから決勝が非常に楽しみだ。
正々堂々、勝負しようじゃないか。

●ひなた
え、あ、う。……こちらこそ?

●栞歩
今のあなたを見たら、すばるもきっと喜ぶわ。
目をハートマークにして飛びついてくるかも。

●愛美
ちょっと言っている意味が……。
櫻花すばるってそんなキャラじゃないでしょ。

●栞歩
あら、そう? 私の知っているすばるは、
とっても妹想いで、理想のお姉ちゃんって感じよ。

●愛美
それ、絶対ウソでしょ……。

●佳奈恵
アタシも大概自虐的だけど、
櫻花すばるよりは、いいお姉ちゃんしてる自信あるわ……。

●栞歩
さて、どうかしらね。

●輝音
とにかく、邪魔したな。
決勝で会おう。

●ひなた
……本当に行っちゃった。
なんだったんだろう?

●麗華
すごいわ、ひなた。

●ひなた
え、え?

●麗華
気づいてない? あの輝音が、あなたに謝ったのよ。

そして、ライバルだと、楽しみだと。
わたしでさえ、そんなこと言われたことないわ。


●ひなた
う、うん…‥? ありがとう……。

●麗華
(まだ、ひなたは無自覚。
だけど、意識するのも時間の問題ね)

(この子が……ひなたが初めて、自分の意志で勝ちたいと言った。
それはすなわち……)

さ、決勝に向けてレッスンを再開しましょう。
もう、立ち止まっている時間が惜しいわ。

……とはいえ、このタイミングだと、
必ずしも詰め込むのが最善とは限らない。

まずはユニットごとに時間をとって、
レッスンするなり、身体を休めるなりするのがいいと思うわ。

どうかしら、プロデューサー?

●プロデューサー
いいと思う。

●萌
では、そういうことで、明日と明後日いっぱいは
ユニットごとの自由時間とします。

●萌
それ以降のことは、プロデューサーさんと話して決めておきます。
みなさん、よろしくお願いしますね。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第24章「未来に向かって」第3話「私たち、生まれは違えども」

ーー学食

●千尋
はい、プロデューサーさん、萌ちゃん。
おでんが煮えたよ~。


●プロデューサー
おでん?

●萌
いい匂いがすると思ったら……。
レッスンはどうしたんですか?

●ひなた
しないよ。

●萌
は、はぁ……。自由にとは言いましたが、
本当に自由ですね……。

●愛美
やるべきことはやったからね。
人事を尽くして天命を待つ、よ。

●琴音
私たち、大切なイベントの前とか、
記念日には、おでんを食べるようにしてるんです。

●萌
なぜに?

●ひなた
知らない!


●萌
は?

●和歌
私とひなたは知りません。大事な日には、
いつもわけも分からず、おでんを食べされてるんです。

●萌
何ですかその儀式……。

●和歌
だっていくら聞いても教えてくれないんですもん!
これは『ラブ・ビューティー』の秘密だって!

●千尋
前にも話したけどぉ、ひなたちゃんと和歌ちゃんだけ、
ふたりの思い出があってずるいじゃない?

だから、このおでんはわたしたち3人だけの秘密よ~。
プロデューサーさんだって知らないんだからぁ。

●琴音
と、いうわけなんです。
ごめんなさい……。

●和歌
とはいっても、問答無用に、ブクブクになった高野豆腐とか、
とろろ昆布とか、食べさせられる身にもなってよね……。

●萌
なんですかその謎の具……。
おしいんですか?

●和歌
まあ……悪くはなかったけど。

●ひなた
あ、和歌! 干芋が煮えたみたいだよ!

●和歌
だから、どうしてそんな汁を吸う具材ばっかり!
というか、甘いものは入れないで!

悪いけど、それ食べたら
体調崩してレッスンに影響がありそうだから……。

●ひなた
あたしが食べさせてあげるね!
はい、あ~ん……。

●和歌
あ~ん!!!!

ふふ……ふふふ……! ひなたったらもうッ!


●萌
色々謎ですが、2人とも
幸せそうなので良しとしましょう。

●愛美
ホント、決勝直前だってのに、全然緊張感ないわね。
ま、それが狙いなんだけど。

●千尋
おいしものを食べながら、楽しくお喋り♪
わたしはこの時間が、一番幸せだよ~。

●愛美
そこは嘘でも、「ライブをしてる時間の次に~」とか
言っておきなさいよ。

●千尋
自分の胃袋に嘘はつけないの。うふふ~♪

●愛美
千尋が食事なら、琴音は勉強してるときが一番幸せ?

●琴音
ち、違いますよー! そんなわけないですー!

あの、この際だから言いますけど、
私、別に勉強が好きなわけじゃないですからね!

●愛美
じょ、冗談よ……。
そんなに怒らないで……。

●琴音
あ、でも、人に教えるのは好きです。
将来は、学校の先生とかも悪くないかなぁって思います。

●愛美
だから、そこは嘘でもアイドルって言っておきなさいよ!

●萌
というか、琴音さんが先生……。
楓李さんが聞いたら、琴音はんハウスの悪夢が蘇りそうです……。

●琴音
もちろん、アイドルになれるならなりたいですよ?
でも、ほら……ね?

●愛美
何よ、煮え切らないわね。なりたい、じゃなくてなるのよ。
私は、それ以外考えてないわ。

●千尋
ストイックだね、愛美ちゃんは~。

●ひなた
あっ、お喋りしてる間に、
具材が汁を吸って大変なことに!

琴音ちゃんは煮えきらなかったけど、
おでんはすっかり煮えきったね!

●愛美
言ってる場合!? ど、どうすんのよこれ……。

●千尋
あら大変~。
風船みたいに膨れ上がってるね~。

●和歌
汁を吸うものばかり入れるから……。
もう諦めて、新しい具材を……。

●ひなた
早く食べないと!
はい和歌、あ~ん!

●和歌
あ~ん!!!!

●愛美
もしかしてひなた、自分が食べたくないからって、和歌に……。


●琴音
全然緊張感ないけど……いいのかなぁ?
いい……んですよね?

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第24章「未来に向かって」第4話「銀河の卒園式」

ーーレッスン場

●くるみ
……とうとう、お別れのときが、やってきました。

嬉しかったこと、楽しかったことが、たくさんありましたね。

春に行った……。

●くるみ・悠・寧々・晴海
ピクニック!


●悠
お弁当を落としてしまった自分に、
みんながおかずを、少しずつ分けてくれました。

●くるみ
夏にやった……。

●くるみ・悠・寧々・晴海
肝試し!


●寧々
ほ、本物のゾンビが出ればいいなと
ひ、1人、朝まで待っていました……。

●プロデューサー
何これ?

●麻里紗
卒園式、らしいわよ……。
ほら、私たちって、銀河幼稚園って呼ばれてるじゃない?

予選に乗り切るには、変わらなきゃって
悠とくるみちゃんが言い出したの。

●萌
別に、レッスンをしてろとは言いませんが、
これ、本当に必要なんですか?

●麻里紗
……さあ。
でも、本人たちは本気だから……。

●くるみ
では、卒園生、代表あいさつです!

●晴海
麻里紗さん。

●麻里紗
あ、はい。

●晴海
これまで、ありがとうございました。
今日、私たちは、麻里紗さんから巣立ちます。

これ、麻里紗さんに……。
私たちと違って、この子にはまだ、麻里紗さんが必要ですから。

●麻里紗
ひっ……! あ、蟻!?


●晴海
蟻じゃありません。
くるみちゃんと、悠ちゃんと、寧々ちゃんです。

●悠
え、どういうことですか?
自分、蟻だったんですか?

●くるみ
違うです! くるみは蟻じゃないです!
大型哺乳類舐めんなよっ、です!


●寧々
あれは……晴海さんのペット。
私たちの、名前をつけて飼ってる……。

●晴海
後のことは、よろしくお願いしますね。

●麻里紗
よ、よろしくって言われても……。
私はどうすれば……。

●悠
麻里紗先生、ありがとうございました!

●くるみ
ぼくたち、わたしたちは、
これから、立派な一年生になるです!

●萌
まとめに入りましたね……。

●麻里紗
ちょ、ちょっとみんな!
だから私、これをどうすれば……!?

●晴海
最後に、みんなで、お別れの歌を、歌いましょう……。

●晴海・くるみ・悠・寧々
「DF3 ~遥かなる旅~」

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第24章「未来に向かって」第5話「卒業したいキミたちへ」

ーーレッスン場

●麻里紗
ダメです。
卒園させません。


●寧々
あ……はい。すみません。

●麻里紗
先生の話を聞かず、一方的に押し付けるのはよくないわよ。
先生、どうすればいいか困ってしまったもの。

●晴海
そう、ですよね……。
ちゃんと、世話の仕方を説明してからでないと……。

●麻里紗
そういう問題じゃありません。
……はぁ、もう、どうして卒園にこだわるのよ。

●悠
だって、もう銀河幼稚園って言われたくないです。
自分たちも一人前だって、証明したいです。


●麻里紗
気持ちは分かるわ。
でも、焦らなくていいじゃない。

無理やり卒園式をしても、それは形式だけのものよ。
本当の卒園は、自分に納得ができてからじゃない?

ステージの上で、勢い余って立ち位置を通り過ぎるとか。

●悠
うぅ……自分のことですか?

●麻里紗
歌詞を忘れて涙目になるとか。

●くるみ
は、はい~……。

●麻里紗
緊張しすぎて、頭真っ白になるとか。

●寧々
…………。


●麻里紗
そんなみんなを気にしすぎて、
自分のステージができなくなるとか。

●晴海
ごめんなさい……。

●麻里紗
そういうのがなくなって、納得のできる自分になったら、
そのときは改めて卒園式をしましょう。

だからそれまでは、銀河幼稚園でいいじゃない。
……私も、みんなと別れる気がして、とても寂しいわ。

●晴海
麻里紗さん……。

●くるみ
ご、ごめんなさいです! 
くるみたちが間違ってたです!

●悠
自分も、別れるつもりはなかったです!
卒園して、麻里紗さんと横に並び立ちたかったんです!


●麻里紗
私たちを幼稚園だって言う人がいるなら、
ステージで違うって証明しましょう。

●くるみ
は、はいです!

●寧々
ま、麻里紗さん! 私……私……!

●麻里紗
はいはい、寧々は泣き虫なのを直さないとね。

そして晴海は、そんなみんなを
引っ張っていってね。

これからも、ずっと……。

●晴海
……もちろんです。

私は一度、みんなと離れて気づきました。
私は、みんなと一緒じゃなきゃダメなんだって。

だから、卒園しようが、なんだろうが、
銀河歌劇団はずっと続いていくんです。

●寧々
ぎ、銀河歌劇団は、永遠に不滅……!

●麻里紗
そうね、もし本当にそうだったら、とても素敵ね。

みんな、ずっとずっと、一緒よ……!


目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

c SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ