【あおガルシナリオ集】メモリアル「黒瀬 麗華」編


2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、メモリアル「黒瀬 麗華」編を紹介します。

目次
SSR:クイーンオブノーマル1
SSR:クイーンオブノーマル2
SSR:クイーンオブノーマル3
SSR:クイーンオブノーマル4
SSR:月下の想い1
SSR:月下の想い2
SR:旋律の中で1
SR:旋律の中で2

SSR:クイーンオブノーマル1

ーーステージ裏

●麗華
…………ふぅ。

あ、プロデューサー……。
ライブバトル、勝ったわ……。

●プロデューサー
嬉しそうじゃないね。

●麗華
……あれを見ていると、なんだか素直に喜べなくて。

●対戦相手
っ、く……うぅうっ……!

●麗華
勝負には勝者と敗者が付き物だとは理解しているわ。


……そのつもりだったけど、
わたしの目から見てもあの子は上手だった。

一言声をかけたかったのだけど、
今のわたしがどんな言葉をかけても彼女にはきっと届かない。

……負けたからと言って、全てが駄目だったなんてことはありえない。

悪い所があれば、わたしが感心するほどにすばらしい点もある。

なのに、それをうまく伝えられない……。

負けた方にどのように敬意を払えばいいのかわからない……。

そんな自分の未熟さが恥ずかしくて、ほとほと呆れているところよ……。

●プロデューサー
……元気出して。

●麗華
……ありがとう。こうして気にしてくれるひとがいるのは、本当に嬉しいわね。


もちろん、誰でもいいわけではなくて、プロデューサーだからいいのよ。

ここまで苦楽をともにしてきたのだから。
……言葉の重みが違うわ。

目次へ戻る

SSR:クイーンオブノーマル2

ーー学園内広場

●麗華
プロデューサー、少し時間いいかしら?

……この前のライブバトルの後、負けた方に
声をかけたかったのにかけられなかったこと……。

わたしなりに、色々考えてみたの。

でも、どれだけ考えても答えが出なくて……

優しい言葉をかけても、きっと相手には届かない。

それどころか、
傷ついている人を、更に傷つけてしまうかもしれない。


……プロデューサー。
わたしは、どうすればいいと思う?

●プロデューサー
胸を張って。

●麗華
……胸を張る、か。

……そうね。

自分より強い相手が、申し訳なさそうに縮こまっていたら、
負けた自分がみじめに思えるだけよね。

どんな時も胸を張る。
それが、勝者の義務。

ありがとうプロデューサー。
これからは、もう迷わないわ。


目次へ戻る

SSR:クイーンオブノーマル3

ーーステージ裏

●麗華
…………ふぅ。

プロデューサー、ライブバトル、また勝てたわ。

今回は、少し危なかったけどね。

●対戦相手
あ、あのっ!

●麗華
あなた、相手ユニットの……。

●対戦相手
麗華さんのライブパフォーマンス、素敵でした。
よかったら、握手してください!

●麗華
……わたしと?

……ええ、もちろんよ。喜んで!


●対戦相手
あ、あのっ! ありがとうございます!
それでは、失礼します!

●麗華
ふふ、プロデューサーの言った通り。

勝利した後、驕らず調子の乗らず、
ただ前を向いて凛と胸を張る……。

勝者が先を見ていないと、負けた方も前を向くことは
できないものね。

……あの子のためにも、わたし、勝ち続けるわ。

●プロデューサー
一緒に頑張ろう。

●麗華
ええ。あなたがプロデュースしてくれる限り、負ける気なんてしないわ。


目次へ戻る

SSR:クイーンオブノーマル4

ーーアリーナ


ーー控室

●麗華
……今日のライブも盛況だったわ。
プロデューサーのおかげよ、ここまで勝ち続けられたのは。

あなたがわたしを支えてくれたから。
わたしひとりだったら、とっくに折れてたと思う。

でもわたしが勝った数だけ、負けたひとがいる。

そう考えると、余計に負けられなくなっちゃったわね。

……でも、いいわ。それが勝者の宿命だもの。

これからも、勝つわ。
負けたひとのため、わたしのため、プロデューサーのために。


プロデューサーも、ずっといてくれるんでしょ?

●プロデューサー
もちろん。

●麗華
……ありがとう。

その言葉だけで、わたしはどこまでだっていけるわ。
……ずっと見ていてね。

目次へ戻る

SSR:月下の想い1

ーー旅館

●麗華
お月見用のお団子作り、か。

私、あまりお菓子作りに慣れていないのよね。
普通の食事ならそれなりに作るけれど。


でも、和菓子は糖分も脂質も、洋菓子に比べたら低いから……
この機会に、作り慣れておきたいわね。

ふふっ。お菓子作りって意外と簡単みたいだし。

混ぜて、茹でるだけでしょう?
こうして……手のひらで丸めて……。


丸めて……。

……上手く、丸くならないわね。

大きさもなんだか不均等だし……。

いえ、茹でればきっとなんとかなるわ。
茹でれば……。

……さらに形が崩れたわね。

……大丈夫よ。どんな仕事でも妥協はしないわ。

材料もたっぷりあるから、練習すれば上達するはず。

こうして……こうやって……うん。

どうかしら。形を崩さずに茹でる方法も身についたわ。

なかなか上手く作れるようになったでしょう?
……そのおかげで、お団子は天井に届きそうな勢いだけど。

お味見どうぞ、プロデューサー。

●プロデューサー
ありがとう。

●麗華
どういたしまして。苦労して作ったのだから、
ちゃんと全部食べてくださいね……なんて。


目次へ戻る

SSR:月下の想い2

ーー旅館

●カメラマン
遅れてすみませーん!

●撮影スタッフ
それじゃ、撮影準備入ります!

●麗華
よろしくお願いいたします。

プロデューサー、みんなの着物のチェックお願いね。

その間にお団子とすすきの準備……。
撮影前に、廊下を綺麗にしておかないと。

雑巾で軽く拭いておきましょう。

さて、これで……あら?
ここに食べる用のお団子を置いていなかった?

……もしかして、もう、全部食べられちゃったのかしら?

●プロデューサー
そうみたい。

●麗華
私、まだ1つも食べていないのだけど……。

味見も、プロデューサーがおいしいっていうから
しなかったのに……もう。

手塩にかけて育てた娘が、どこぞの馬のボーンとも知れない男にとられてしまう……。
その気持ちが、少しわかった気がするわ。


せっかく綺麗に作れたのに。
せめて、少しくらい食べたかった……。

●プロデューサー
元気出して。

●麗華
……まあいいわ。
プロデューサーにはおいしいって言ってもらえたし。

お団子はまた作ればいい。
だけど今度は、2人で一緒に食べましょうね。


目次へ戻る

SR:旋律の中で1

ーー音楽室

――ポロロン ポロロン


●麗華
……あら、プロデューサー。

今日のレッスンはもう終わったわ。
帰る前に少しピアノを触りたくて、残っていただけ。

ピアノはいいわね。
触っているうちに、自分の中でズレた音程を調節することができるから。

アイドルにとって、リズム感は大切だもの。

よかったら、ちょっとだけ聞いてみてくれる?

――ポロロン ポロロン

――ポロロロ

●プロデューサー
上手だね。

●麗華
ふふ、ありがとう。

歌もダンスも、リズム感を磨いて頑張るわ。


目次へ戻る

SR:旋律の中で2

ーー廊下

●麗華
プロデューサー、相談したいことがあるのだけど
少しいいかしら?

実は最近、どれだけ歌やダンスの練習をしても、
自分の技術が向上している感覚が薄くて……。

気分の問題かと思って、ピアノの練習をしてみたりと
色々試してみたけれど……どうも、そういうことじゃないみたいで。

もちろん、ここが限界だなんて思っていないわ。
わたしたちはもっともっと、上を目指せるはずだもの。


そのためにも、まだまだレッスンを増やさないと……。

●プロデューサー
レッスン以外も大切。

●麗華
レッスン以外……。
たとえば体力とか、そういうこと?

……そうね。

ボイストレーニングのために体幹を鍛えたりもするし。

一見関係の無い行動が、求めた結果につながることも
めずらしくないわよね。

この機会に、色々なことに挑戦してみようかしら。

よかったら、プロデューサーもわたしと一緒に色々やってみない?


目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!