【あおガルシナリオ集】アイドルストーリー「Remuage(ルミアージュ)」編

2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、アイドルストーリー「Remuage(ルミアージュ)」編を紹介します。

▼メンバーはセリア・ウエスギ[声優:杉町麻由子]、日比野 彩(ひびの あや)[声優:七瀬彩夏]、本条 佳奈恵(ほんじょう かなえ)[声優:本田かおり]、棗 楓李(なつめ ふうり)[声優:奥谷楓]。


なお、Remuage(ルミアージュ)のユニット&キャラクターは別記事で詳しく紹介しています。

目次
セリア・ウエスギ:第1話「ショッカク文化、伝来」
セリア・ウエスギ:第2話「ワタシの眼鏡にかなうヒト」
セリア・ウエスギ:第3話「子々孫々の秘伝ワザ」
日比野 彩:第1話「懐柔のススメ」
日比野 彩:第2話「ジャンクなドレスで夕食を」
日比野 彩:第3話「止まらない恐怖への誘い」
本条 佳奈恵:第1話「ギャル女房、誕生」
本条 佳奈恵:第2話「ちっちゃな元気の監察官」
本条 佳奈恵:第3話「ソーイングチャレンジ」
棗 楓李:第1話「クシャミはアイドルの敵」
棗 楓李:第2話「気の向くままに、気のままに」
棗 楓李:第3話「ぷろぐらみんぐは飲み物に」

セリア・ウエスギ:第1話「ショッカク文化、伝来」

ーー校門前

●セリア
だーかーらっ!
ワタシのこれは、寝癖ではないデス!


●彩
じゃあなんなのよ。

●セリア
これはショッカクでありんす!
なんでアヤたちが知らないのでやんすか!?

●楓李
うへぇ、触覚って『G』についてるアレやろ?
セリアはん、虫好きやったんか。

●セリア
ノン! G! 流石に怒るデスよ!?

●佳奈恵
はいはい、女の子なんだから髪の毛ぐらいセットしなよ。
ほら、こっちきて。直してあげるからさ。

●セリア
これはこういうセットでありんすよ!
古くはチョンマゲと呼ばれていた、由緒正しいものでやんす!

●佳奈恵
チョンマゲって……。
位置がだいぶ変わってないか……?

●セリア
ウィ!
時代が移り変わり、なごりだけが残ったのデス。

あんなクールな髪型が失われたヤマトは本当に残念デース。

本当なら、『Remuage』も古くからの伝統を守るために、
ショッカクかネコミミにすべきなのでありんすよ!?

●彩
絶対イヤ。

●佳奈恵
あはは、ムリ。

●楓李
『Remuage』解散やな。

●セリア
ジェズュ・クリ!
ヤマトダマシイは死んだ!


●彩
というか、セリアがネコミミなんかつけてたところ見たことないけど。

●佳奈恵
流石に恥ずかしいとか?

●セリア
いえ、トラミミはここぞという勝負にとってるのデス。

●彩
……なんでトラ?

●セリア
だってウエスギ・カゲトラは、ノワールティーグルという意味デスよね?
黒きトラミミのご先祖様は、きっとかっこよかったのデス……。

●彩
こんな子孫で可哀想なご先祖様ね……。

●セリア
ええ!? なにゆえ!?

目次へ戻る

セリア・ウエスギ:第2話「ワタシの眼鏡にかなうヒト」

ーーレッスン場

●セリア
そこをなんとか!
『Remuage』にはサナが必要なのデース!

●更菜
ええっ、いや、突然そんなこと言われても……。

●セリア
掛け持ちOKでやんすから!
ねっ!? チョットダケ! 今なら入会金ゼロ!
お得! 期間限定! 閉店セール! 月々のお支払いが5ヶ月無料!!!


●更菜
いや! ますます意味がわからないんですけど!?
ちょ、ちょっと楓李さん、
セリアさんは何で『Remuage』に私を勧誘してきてるんですか!?

●楓李
? なんでうちがわかると思っとるの?

●更菜
あれ!? だいぶ突き放されましたよ!?

●セリア
いーじゃないデスか!
今なら特別に1日センター権をあげても!

●麗華
そこまでよ。
勝手にうちの更菜を引き抜こうとしないでくれない?

●更菜
麗華!

●セリア
むむっ、邪魔するデスかレイカ!

●麗華
更奈は『GE:NESiS』の大切なピースよ。
絶対に渡すことはできない。

●更菜
麗華……!

●セリア
ぐぬぬっ!

●麗華
……『Remuage』だって、楓李を渡せと言われたら困るでしょ?

●セリア
いや、どうしてもダメでしたら、
フウリと交換は提案するつもりでシタ。

●麗華
…………。

●楓李
人生で売られる経験が一回くらいあってもええやろ。

●更菜
い、いや……。
まあ、それは置いておいて、本当になんで私を『Remuage』に?

●セリア
っく……これは『Remuage』の弱点を話すことになるデスが……。

●更菜
……弱点? それを補うために私を……?

●セリア
『Remuage』には……眼鏡っ娘がいないのデース!


●更菜
は?

●セリア
あちきの理想のユニットには!
どうしても眼鏡っ娘が必要なのでやんす!
だからどうか! 後生でやんすから!

●更菜
……いや、もう伊達眼鏡でも誰かかければいいじゃないですか。
なんですか眼鏡っ娘って……。

●楓李
うわっ。

●麗華
更菜……それは……。

●セリア
……ふぅ~~。

●更菜
え!? あれ!? そこまで非難されることですか今の発言!?

●セリア
名案デスね、サナもレイカもお騒がせしたデース。

●更菜
って、いいの!?
私って伊達眼鏡分の価値しかないってことなの!?

え!? 本当に今のでこの話終わり!?

目次へ戻る

セリア・ウエスギ:第3話「子々孫々の秘伝ワザ」

ーーレッスン場

●セリア
マリサは歴女だと聞いてたデース。

●麻里紗
歴女って言われるほどでもないけれど、たしかに歴史は好きよ。

●セリア
そうデスなぁ、なんでそんな間違った歴史を覚えてるんデスか?
日本の教科書が捏造だらけって、本当だったデスかね?

●麻里紗
上杉謙信について、語った時の話かしら?
特に間違ったことは言っていないつもりだけど……。

●セリア
そうデスか……?

じゃあ出生から確認するデスが。
ウエスギ・ケンシンはエチゴガーティアンの四男として生まれたでありんす。


●麻里紗
え、エチゴガーディアン……?
……ああ、越後守護代のことね。諸説あるけれど。

●セリア
ウィ。幼名はミル・ティーグル。
千の虎を率いる毘沙門天の使いとして現世に顕現したデス。
毘沙門天とは、ヤマトのエイトミリオンゴットの一柱でシテ。

●麻里紗
……うん。

●セリア
一度戦場に出れば神の雷によって、
敵軍を一瞬で塩の塊にしたため、塩には困らなかったとか……。
それで虎仲間のタケダ・シンゲンに親愛を込めて塩を送ったりしたデス。

●麻里紗
…………。

●セリア
ご先祖様は、塩が好きすぎて脳溢血で死んでしまったデス。
だから我が家では、今でも塩分少なめの食事を心がけてるのデース。

●麻里紗
うん、それは健康にはいいと思うけど……。

●セリア
人間にはビーム出せないデスが、ご先祖様は毘沙門天の顕現デス。

●麻里紗
……その理屈でいうと、
子孫のセリアちゃんもビームが出せることになるわね。

●セリア
ふっふーん!

●麻里紗
だ、出せるの?

●セリア
ふっふっふ、あちきは1年中たまにビリッてするでやんす!
特に冬場とかにっ!


●麻里紗
それは静電気ね……。

目次へ戻る

日比野 彩:第1話「懐柔のススメ」

ーーレッスン場

●彩
ワンッ、ツー、ワンツーワンツー!

●楓李
わん~つ~? わんつ~わん~つ?

●彩
……イチ、ニッ、サンッ!

●楓李
いち、にーさん!

●彩
もー! なんでそうっ、ステップ遅れるわけ!?

●楓李
ええ~、これでも一生懸命やで。

●彩
……本当に?

●楓李
一生懸命、うちなりに頑張っとる。

●彩
楓李のペースに合わせて頑張ってもしょーがないでしょーが!

いい? ダンスは息を合わせるのが大事なの!
マイペースとかじゃなくて、ユニットのペースに合わせる!

そのためにお互いの気持ちを一致させることで、
統一感のあるダンスになるの!


●楓李
うー、わかったで。
みんなにペースを合わせる、ゆーことやな?

●彩
そーいうことよ。
わかったら、ちゃんとしなさい!

うー、あんまり偉そうなこと言いたくないんだけどなぁ……。
人に合わせろ、か……私も苦手なんだけど……。

ーーステージ裏

●佳奈恵
彩、はりきってたじゃん。
楓李にちゃんとステップを踏ませるんだ~! って。

●セリア
ステージ中に何度もぶつかりそうになったりして
危なかったデスからねぇ。

●楓李
あ、セリアはん、佳奈恵はん。お疲れさんやで~。

●セリア
おお、楓李。
どーでしたか? 彩のスペシャルレッスンの成果は?

●楓李
バッチグーやで! なー? 彩はん!

●彩
ほんまや~、もーどないしよー思たわ。

●佳奈恵
へぇ、よかったね、あ……や?

●彩
でもな? もう最後はピッタリ、ぴしっと踊れるようになってん。
楓李もやればできるってことや~。

●楓李
も~、彩はんが息を合わせてがんばろうって言ってくれたおかげやで~。

●彩
楓李の努力の成果やで~、ほんまよーやったわ、なー?
あの、のんびり楓李が、うちに合わせてステップ踏めるなんて~。

●セリア
ジェズュ・クリ……なんて、むごい……。

●佳奈恵
完全に楓李のペースに合わせられちゃってるじゃん……。

●彩
はぁ、お腹すいたわ、みんなでハンバーガー食べに行かへん?

ポテト山盛りで、シェイク飲んでも今日はええやろ。
楓李もうちも頑張ったし、お祝いや、な~?


目次へ戻る

日比野 彩:第2話「ジャンクなドレスで夕食を」

ーー教室

●美雪
彩さん、ハンバーガーがお好きなんですって?

●彩
え、あ、うん……。

●美雪
まぁ! 私も大好きなんです! ハンバーガー!


●彩
……へぇ、意外。
美雪ってお嬢様だから、そういうの食べないって思ってた。

●美雪
あら、そういうものなんですか?
うちの家族の食卓にはよく出ますよ。

●彩
結構庶民派なんだね、私はフェンリルバーガーが好きなんだけど。

●美雪
フェンリルバーガー? 牛のブランドでしょうか……?
うちのシェフは、親戚の農場の黒毛和牛を使うので美味しいのですが……。

●彩
……く、黒毛和牛。

●美雪
ええ、箸でもスッと切れるのが自慢なのです。
よろしければ、うちのシェフの店にいらっしゃりませんか?

●美雪
今度銀座で、週末だけ小さなお店を開くそうなんですよ。

●彩
ぎ、銀座……。

●美雪
ただの趣味らしいんですがね……うふふ。
あ、もちろんご馳走しますので。

●彩
え、あ、うん……。

……あ、あの、ハンバーガーだから?
ドレスコードとか、テーブルマナーとかはないよね?


●美雪
まぁ、彩さん、うふふ。

●彩
え、えへへ……なーんて。

●美雪
うふふ、食事の前に服屋さんでショッピングもいたしましょうか。

●彩
え。

●美雪
きっといいお洋服を仕立てましょうね。
あ、それではレッスンがありますので。

●彩
ちょっと、美雪!? ドレスコードはあるってこと!?

●美雪
ふふふっ。

●彩
ねぇってばぁっ!?

目次へ戻る

日比野 彩:第3話「止まらない恐怖への誘い」

ーー下駄箱

●彩
……うぅ、ホラー映画のチケットなんてもらってもなぁ。
なんだか怖そうだし、検索しても引っかからないし……。


●寧々
あ……。

●彩
フェンリルバーガーもコラボするのはいいけど、
もっといい映画をやってくれればいいのに。

●寧々
……それ、今月から上映の『100mを7秒台で走るゾンビ』の
チケットですよね?

●彩
わっ!? あ、寧々じゃない。
って、知ってるのこの映画?

●寧々
はい、大昔に業界に疲れて
引退したアイドルが脚本を書いてるんですよ。

●彩
へ、へぇ、詳しいのね?

●寧々
死ぬほど愛したアイドルが犯した殺人を、
愛ゆえに庇うラブロマンス……。

●彩
ラ、ラブ?

●寧々
そうです。
自らの心が狂信なのか愛なのか迷う狂信者の話です。

自らの殺人が世に暴かれてでも、
狂信者から身を守るべきか迷うアイドルのホラー映画なんですよ。

●彩
み、観たの?

●寧々
はい! とっても素敵な映画でした。
まさか無理矢理書かされた遺言状が、最後の伏線になるなんて……!

●彩
あっ! ていうかネタバレじゃん!

●寧々
私! 3回観たんですけどまた観ようと思ってるんです!
ぜひ彩さんも感想聞かせてください!


●彩
感想も何も、完全に観る気が失せたんだけど……。

あ~……そ、そうだ!
そんなにファンなのなら、このチケットあげよっか!?

きっと私みたいな素人がみるより、
本当のファンが何回も見たほうがいいよ!

4回目、見たいんでしょ!?

●寧々
彩さん……。

●彩
うん! どうぞ!

●寧々
実はチケット私も持ってるんです!

●彩
え。

●寧々
その……よければなんですけど、ご迷惑じゃなかったら。
一緒に観に行きませんか? 一緒に感想が言える友達が欲しくって……。

●彩
え、いや、その。
そのチケットとこれで5回も観れるよ、なんて……。

●寧々
あ、ご、ごめんなさい。
……そうですよね、いきなり馴れ馴れしくしちゃって……。

●彩
へ?

●寧々
映画、1人でも楽しんでくださいね……。
それじゃ……。

●彩
ま、……待って寧々!
行く! 私も行くよ! 映画一緒に!

●寧々
ほ、本当ですか!
わぁ! 私、映画に友達と一緒に行くの初めてです!

●彩
……そ、そうなんだー。

●寧々
いっつも何故か友達の予定ずれちゃって!
楽しみにしてますね! 週末とかどうですか!?

●彩
い、いいわよ! じゃあ週末に!

……はぁ。

目次へ戻る

本条 佳奈恵:第1話「ギャル女房、誕生」

ーーカフェ

●佳奈恵
……セリアさぁ、メイク変えてみない?


●セリア
白粉でお歯黒は確かにやってみたかったでありんすっ!

●佳奈恵
いや、そんなこと一言も言ってないし。

●佳奈恵
ギャルメイクしてみないかってこと。
セリアは似合うと思うんだよね。

●セリア
前から思っていたのデスが、ギャルってなんデスか?

●佳奈恵
なんですかって……。

●セリア
フウリはヤンキーで柄が悪い人って言ってたデスが。

●佳奈恵
あいつ……後で、覚えてろよ……。

うーん、しかしギャルねえ。
こんなメイクとオシャレしてる、
アタシみたいな子を言うんだよ。

●セリア
ああ、優しくて思いやりがある大和美人のことデスか?

●佳奈恵
はぁ!?

●セリア
なるほど、最近は大和美人のことをギャルというのデスね……。
確かに、カナエはおしとやかで、ママンみたいデスし……。

●佳奈恵
誰がママかっ! てゆーか、そういうのじゃねーから!


●セリア
ああ、お姉ちゃんみたいな。
姉さん女房ジャンルというやつデスか?

●佳奈恵
そのジャンルとかやめろって!

●セリア
ワタシが男だったら、カナエを放っておかないデスが。
最近は大和美人は流行らないんデスかねえ。

●佳奈恵
それ絶対勘違いだからな!?
大和美人っていうのは、こう……美雪みたいな女のことを言うんだよ!

●セリア
カナエは家事万能で健康で美人な女房、男の夢デスからなぁ。

●佳奈恵
バッ、もぅっ! やめろよぉ! ほんと違うから。

目次へ戻る

本条 佳奈恵:第2話「ちっちゃな元気の監察官」

ーー街中

●くるみ
わぁ~甘栗のおこわ、美味しそうです~!

●悠
ねぇねぇ、向こうで福引やってるんだって、福引!

●くるみ
ガラガラ回せる!? 悠くんガラガラ!

●悠
さっきチケットを魚屋さんにもらっちゃったんだ~!

●くるみ
いいないいな~!

●佳奈恵
こらこら、落ち着けって。
歩いてる人にぶつかるからさ。


●くるみ
はーい! あっ! 風船っ! 風船配ってるです!

●悠
ええ~、風船はちょっと恥ずかしいよ。

●くるみ
いーもん、くるみだけでも、もらうです!

●佳奈恵
……食レポなんだけどな、今日は……。

ーープロダクション室

●麻里紗
ごめんなさいねぇ、大変だったでしょう。

●悠
ええ~、そんなに迷惑かけてないですよ。
ちゃんと仕事してましたよねえ?

●くるみ
そーですよね、佳奈恵さん~?

●佳奈恵
まあ、ちゃんと2人とも仕事してたよ。

●麻里紗
佳奈恵は甘いから……。

●佳奈恵
いやいや、本当に妹にしたいくらいだったよ。

●麻里紗
妹?

●くるみ
佳奈恵お姉ちゃん?

●悠
うーん、それはちょっと恥ずかしいけど。

●佳奈恵
ちっちゃくて、元気いっぱいなの嫌いじゃないんだよね。

『Remuage』もこれぐらい可愛げのある連中だといいんだけどなぁ。


目次へ戻る

本条 佳奈恵:第3話「ソーイングチャレンジ」

ーー通学路

●美雪
…………。

●佳奈恵
……美雪? どうしたん?

●美雪
か、佳奈恵さん……!
実は……その。

●佳奈恵
なんだ、早く言ってくれれば良かったのに。
ほらっ、縫えたよ。似たような色の糸があって良かった。

●美雪
すいません、まさかスカートを破いてしまうなんて……。

●佳奈恵
植木に引っ掛けちゃうなんて、運が悪かったねぇ。

●佳奈恵
ま、アタシがはやく気づいて良かったよ。


●美雪
恥ずかしくて、危なくお嫁にいけないところでした……。

●美雪
佳奈恵さんは私の恩人ですね。

●佳奈恵
大げさだなぁ。

●美雪
裁縫技術もお見事でしたし……。

●佳奈恵
いやいや、本当大げさだって。

●美雪
今後のために、ぜひ勉強させていただきたいのですが。

……うふふふふ。

●佳奈恵
はぁ……。

●麗華
……今朝は随分と仲がいいのね。
ぴったりと寄り添って、どうしたの?

●美雪
仲良しですから~。


●佳奈恵
そうだねえ。
ええっと、麗華、どこか着替えられる場所知らないかな。
あとハサミ。

●麗華
ハサミ?

●佳奈恵
美雪がアタシと自分のスカートを綺麗に縫い合わせちゃってさ。
あんまりにも細かくやったもんだから、一回脱がないと切り離せれないんだ。

●麗華
……どうしてそんなことになるのよ。

●美雪
だけど、こういうのも新鮮ですわね佳奈恵さん。
今日1日、これで過ごしてみるのはどうですか?

●佳奈恵
悪い気はしないけど、流石に恥ずかしいでしょ、美雪。

●美雪
あら、私は構いませんわよ。

●佳奈恵
…………。

●美雪
あら、赤くなりましたね佳奈恵さん。

●佳奈恵
……別に、まあいいんだけどさぁ。

目次へ戻る

棗 楓李:第1話「クシャミはアイドルの敵」

ーープロダクション室

●楓李
これからのアイドル業界を生き残るなら、
スキルアップはめっちゃ重要やと思うねん。

●佳奈恵
スキルアップ~?

●彩
……楓李にしては真面目な意見ね。

●楓李
なんやー、彩はん。
うちが真面目に勉強してたらおかしいか?

●彩
そういうわけじゃないけど……。
なんの資格の勉強してるの?

●佳奈恵
アイドルに関係ある資格って、イマイチ思いつかないけどなぁ。

●楓李
ふふん、お好み焼き検定やで。


●佳奈恵
アイドル関係なくない?

●彩
楓李が食べたいだけなんじゃ。

●楓李
うち、お好み焼き好きやないで。

●佳奈恵
この前、お店で美味しそうに食べてたでしょ。

●楓李
お好み焼きとかいう、
具材が自由なんてゲーム性を履き違えた料理は嫌いやねん。
完成した料理がいくら美味しくてもな。

要約すると作るのめんどいし、しんどい。
なんでレシピをこっちが考えなあかんねん。

●佳奈恵
それならなんで、わざわざお好み焼き検定を……。

●彩
そもそもなんでお好み焼きがアイドルと関係あるわけ?

●楓李
この間、ステージでくしゃみしてもーたやん?

●佳奈恵
それが?

●楓李
お好み焼きといえば、鰹節と青海苔。
鰹節と青海苔といえば、くしゃみを誘発する食材ナンバーワン。
だから検定をとれば、クシャミ我慢できるかと思ったんや。

●佳奈恵
割と本気で何言ってるかわからないんだけど……。

●彩
ま、まぁ……ガンバって?
確かにステージでクシャミは、結構響いたし……。

●楓李
まあ、あとはパソコンの中身を掃除する時、埃めっちゃでてな。
アレでクシャミするとパソコンが死んでまうから……。


●佳奈恵
アンタは本当にアイドルしろよ!?

目次へ戻る

棗 楓李:第2話「気の向くままに、気のままに」

ーーレッスン場

●セリア
え、な、なんて言ったデスか?

●楓李
やから、うちも何か『Remuage』にできることないかなー思って。

●佳奈恵
ああうん、今体温計持ってくるから。
おとなしくして待ってろよ。

●楓李
え、なんの話なん?

●佳奈恵
うんうん、楓李、アンタは頑張ってる。
あたしはそれをよく知ってる。

●楓李
ええ、あ、うん。

●セリア
フウリは十分、『Remuage』に貢献してるデスから。
そんなこと気にしなくていいデスよ。

●楓李
そうやろか?

●セリア
そう! フウリはヤマトで一番大事な、
はんなりをマスターしているので、問題ないデスよ!

●楓李
え、ややわぁ。
そんな、そんな褒めへんでよ~。


●佳奈恵
そうそう、楓李はよく頑張ってる。
それで、どうしたん? 何か最近辛いことでもあったん?

●楓李
え、なんで? 毎日楽しいで?

●セリア
きっとフウリにも言いにくいことがあるのデース……。
カナエ、ここはゆっくり見守って……。

●佳奈恵
セリアが放任主義だから、こんな自分を追い詰めてるんだろう!?
アタシは前から、もっと楓李には声をかけるべきだと!

●セリア
あちきのせいでやんすか!?

●佳奈恵
そんなこと言わないけど……。
ううん、ごめんセリア。

だって、楓李が自分からユニットのために動こうとするなんて。
……アタシ、動揺しちゃって……。


●セリア
カナエ……いや、ワタシはセンター。
もっと目を配るべきだったデース……。

●佳奈恵
このことは彩を交えて話し合うべきだ。
……とりあえずプロデューサーに異常事態を報告しないと。

●セリア
あー、そうだ! 
フウリがこの間欲しがってたチョコレートを買ってくるでやんす!
決して早まるんじゃないでありんすよ!

●楓李
……あれ? な、なんやみんな。
どうかしたんかな……。

ほんま変わっとるから、いつもさっぱりやわ……。

目次へ戻る

棗 楓李:第3話「ぷろぐらみんぐは飲み物に」

ーーレッスン場

●楓李
やから、瑠璃花はんに弟子入りしよー思っててな。

●瑠璃花
……は?

●楓李
パソコンとかいろいろ詳しいんやろ?
琴音はんが、そういうのを教えてもらうなら瑠璃花はんが一番やー
言っとったから。


●瑠璃花
コトちゃん……また余計なことを……。

●茜
なんだか分かんないけど、いいんじゃない?
瑠璃花、友達少ないし良かったじゃん。

●瑠璃花
茜に友達少ないって言われたくないし、友達ならネットにたくさんいる。

●楓李
あ、ほんま? ひゃー、やっぱスゴイんやなぁ。
うち、ねっとに友達おらんから。

りあるにはいっぱいおんねんけどなぁ。

●瑠璃花
……煽ってるとしか思えない。

●茜
あはは、言うねー、楓李。
そうだよー、瑠璃花は非リアだからね~。

●瑠璃花
だから茜に言われたくない……。

それはとにかく、弟子はとらない。
そんな暇じゃないから。

●楓李
そんなこと言わんといてなー。
ぷろぐらみんぐをべんきょーしよー思ってるん。

●瑠璃花
基礎なら本で学べる。
頑張ればいい。

●楓李
やけど、『グァバ茶』って図書室で調べてもなんも見つからんくてな?

●瑠璃花
グァバ……え?

●楓李
SCレモンとグァバ茶のどっちにしよー思ったんやけど。

●瑠璃花
ちょっと、プログラミングの話をしてるんじゃないの?

●楓李
『あんさんぶる』とかいう古い言語も興味あったんやけど……。

●瑠璃花
……茜、翻訳して。

●茜
え、ちょ、ちょっと巻き込まないでよ。
アカネ、プログラミングどかぜんぜんわかんないんだから!


●瑠璃花
私も分かんないから、大丈夫。

●茜
ええっと……ひょっとして、『C言語』と『JAVA』の話?
あと『アセンブラ』だっけ? 悪いけど瑠璃花もわかんないらしいし。

●楓李
なんや、そーなんか。
じゃ、お邪魔したわ~。

●瑠璃花
……どういうこと?

目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

c SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!