【FGO冬祭り】声優陣のマイベスト編成やコマンドコードの人気使用例トップ3が公開

1月19日(土)に「FGO冬祭り 2018-2019 〜トラベリング大サーカス!〜 (FGO冬祭り)」大阪会場で開催されたキャスト&スタッフ トークセッションのステージレポートをお届けします。

赤羽根さん、悠木さん、田中さんらが登壇


日本各地で順次開催中の「FGO冬祭り」は『Fate/Grand Order(FGO)』のリアルイベント。

3箇所目となる大阪会場のキャスト&スタッフ トークセッションには、声優の赤羽根健治さん悠木碧さん田中美海さん、ディライトワークスのカノウヨシキさんバスター石倉さんが登壇。司会進行は田中さんと、アニプレックスの太田さんが務めました。

共感できる『FGO』あるあるが続々登場

最初のコーナーは、公式ラジオ番組「カルデアラジオ局」でおなじみの「あなたの隣に『FGO』」

投稿された「身近で『FGO』を感じた瞬間」を、出演者が「わかる」「よくわからない」の2択で判定するコーナーです。今回のステージでは、司会を務める田中さんを除く4名が判定を担当しました。

1つ目の投稿は、処分のために十字結びした段ボールを見て、ついマシュの宝具演出を真似してしまったというもの。


通販のあとで残る段ボールはキャスト陣にとっても馴染み深いもののようで、悠木さんはヘラクレスのように力づくで破壊する、赤羽根さんは直死の魔眼で処理したい、といった反応をしていました。

2つ目の投稿は、月曜日のマスターミッション更新や週末のラジオ放送といった『FGO』関連の動向によって生活のリズムが作られている、というもの。


やはり登壇者全員が賛同しており、赤羽根さんは『FGO』の更新や情報発表がある水曜日の18時になるとそわそわするとのこと。多くの方が共感できるのではないでしょうか(笑)。

石倉さんによると、開発スタッフの間でもAPを使い切るまで眠れないという話題になるそうで、ステージ上ではほかにも、朝起きてAPが上限を超えているとくやしい、曜日クエストの消費AP1/2キャンペーン中は挑戦回数が倍になるので眠れるまでに時間がかかる、といった切実な意見が続々と語られ、観客を含む会場全体に一体感が生じていました。

新米マスターお助け隊

続いてのコーナーは、熟練マスターによるアドバイスや、新米マスターによる悩み相談が寄せられる「新米マスターお助け隊」。先のコーナーと同じく「カルデアラジオ局」でもおこなわれています。

■初心者はレアプリズムを何に使うべき?


1つ目の投稿は熟練マスターからのアドバイス。初心者はレアプリズムをボーナス効果系概念礼装の交換権開放に使うとよい、とするものでした。

現在交換期間中である星5概念礼装「カルデア・ティータイム」のような期間限定のマナプリズム交換対象とは異なり、レアプリズムで開放された交換権に期限はないので、1度開放すれば焦らずマイペースに交換を進めることができます。

この投稿には、登壇者が満場一致で賛同しました。


田中さんは、QP効率が高いクエストでの星5概念礼装「モナ・リザ」を例に挙げ、サポート編成に設定すればフレンドポイント獲得にも使えることを説明。絶対に交換するべきものとして推薦しました。

カノウさんも、サポートから同じ概念礼装を借りればさらに効率が高まると解説。ちなみに「モナ・リザ」は、やはり「宝物庫の扉を開け」との相性の都合でライダー枠に設定される場合が多いそうです。

赤羽根さんが5枚目の「カルデア・ティータイム」をまだ交換できていないことを語ると、話題はマナプリズムの集め方へと展開。ガチャを回し続けるというストロングスタイルな案も挙がりましたが、やはり星3種火の売却で集める方が多いようでした。なお、田中さんは星3種火をすべて売却しているとのことです。

■スキルはどれを、どのくらい強化するべき?


2つ目の投稿は、新米マスターへサーヴァントのスキル強化の優先度を教えてほしいというもの。

投稿者からは「NPを増やす[Lv]」と記されているものが挙げられました。直後に[Lv]と記されている効果はスキルレベルに応じて強化されます。NPの変化はゲージの数値で可視化されるので強化の成果がわかりやすく、バトルにおいて非常に重要な効果でもあるので、登壇者たちも賛同しました。

スキルによるNP増加量が非常に多い星4キャスター「ニトクリス」星5キャスター「玄奘三蔵」は登壇者たちも愛用しているようで、特に三蔵は決戦用サーヴァントとして大人気。悠木さんは「Lostbelt No.3」の某アサシンとの戦闘に三蔵を起用し、釈迦如来掌の乱打で勝利したそうです。

続いて石倉さんが最近流行のサーヴァントとして星5キャスター「スカサハ=スカディ」を話題に。赤羽根さんもスカディを鍛えたいそうですが、キャスターにはスキルレベルが重要なサーヴァントが多すぎて、まだ順番が訪れていないと嘆いていました。

さらに話題はスキルレベル強化のスタイルへと展開。赤羽根さんは、サーヴァント自体のレベルをMAXにしてから1軍にすると決めたもののスキルレベルを上げているとのこと。

悠木さんは、大好きな星5ランサー「カルナ」についてできることを1つずつ進めるスタイルでプレイ中。レベルを90にし、聖杯を使い、『FGO』仲間に推薦された第2スキルを最優先でレベル10にして……、と進めた結果、現在は「蛮神の心臓」不足により残りのスキルのレベルが8で止まってしまっているそうです。

スキルレベル強化の過程で不足しがちなQPについてはカノウさんが、いわゆるボックスガチャ系イベントのような集めやすい機会に一気に集めることを提案しました。

ほかにも、スキルCTが短縮されるレベル6までの強化を目標にするというアドバイスが挙がりました。敵の強力な攻撃を防げる回避や無敵はCT短縮の恩恵が特に大きい効果。クー・フーリンが大好きな田中さんは、やはり回避をよく使っているそうです。

声優陣が2018年マイベスト編成を紹介

続いての「キャスト&スタッフへの質問コーナー」では、登壇者たちが3つの質問へ回答。

1つ目の質問は、難しいクエストでつまづいた時に助けてもらったサーヴァントや概念礼装を教えてほしいというもの。キャストによる具体的回答として「2018年のマイベスト編成」が紹介されました。

■赤羽根健治さんのマイベスト編成


赤羽根さんは、厳密には2018年のものではないと自ら補足しつつ、最新の高難易度クエスト「吶喊バトル! 人理で一番強い猿」で使った編成を紹介。サポート枠には星5キャスター「諸葛孔明〔エルメロイII世〕」星5キャスター「マーリン」を選んだそうです。

このクエストでは、最初に3体の堅牢な「猿」が出現。続いて出現する「紅閻魔」への強化付与効果がそれぞれに備わっているので、放置すると危険な存在でした。

赤羽根さんは3体の猿を、星5バーサーカー「源頼光」による特攻効果やクリティカル攻撃で処理。続いて登場する紅閻魔については、オーダーチェンジで呼び出したシールダー「マシュ・キリエライト」で無敵貫通攻撃を逸らしつつ、星5アーチャー「ギルガメッシュ」星5アーチャー「アルトリア・ペンドラゴン」で倒す構成になっています。

クリティカル攻撃でマーリンが倒されるといったアクシデントがありつつ、最終的には3騎のサーヴァントを残した状態で勝利できたとのこと。ギルガメッシュという存在の心強さを語ってもいました。

■悠木碧さんのマイベスト編成


悠木さんの編成は星5ランサー「カルナ」を活躍させるためのアドバイスとして「スターを集めてButserで殴れ」と教わった結果で、サポートには星5キャスター「マーリン」を選ぶ場合が多いとのこと。

カルナが脱落したあとに登場する星5アヴェンジャー「ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕」のほうが強いと感じつつ、編成の主役であるカルナよりも目立ってほしくないという意図により、ジャンヌ〔オルタ〕のスキルはあえて強化していないそうです。

ちなみに悠木さんはジャンヌ・ダルク系列のサーヴァントとの縁が強いようで、最初に買った福袋で召喚した星5ルーラー「ジャンヌ・ダルク」はすでに累計6枚引いているとのこと。関連する話題として、赤羽根さんが星5アサシン「刑部姫」を累計7枚引き当てるも、かわいそうな感じがして売却できないと語っていました。

■田中美海さんのマイベスト編成


田中さんの編成は、星5「クー・フーリン〔オルタ〕」がいれば大体なんとかなるという趣旨。採用サーヴァントのスキルレベルがすべて10である徹底ぶりが見事ですね。

Buster関係の特殊ギミックさえなければ、星5キャスター「マーリン」や、自らが演じた星4ランサー「ワルキューレ」の支援による高威力のクリティカル攻撃で、高難易度クエストすらほぼ強行突破できるとのこと。

さらに強行突破以外のプランとして、マーリンのスキルや宝具による味方全体への支援、シールダー「マシュ・キリエライト」による防衛、そして星3アサシン「岡田以蔵」の〔人型〕特攻による難敵への天誅といった中長期的な選択肢も存在。汎用性と趣味性を兼ね備えている秀逸な編成です。

岡田以蔵は、2018年実装のものとしてはもっとも多くの聖杯を捧げられている大人気サーヴァント。キャスト陣からの人気も高いようで、田中さんと悠木さんは以蔵のかわいいポイントとして、被ダメージ時ボイスの「なんじゃあ!」を挙げていました。

▼AppBank.netで実施した聖杯転臨についてのアンケートでもやはり人気が高かった岡田以蔵。期間限定なので復刻が待ち遠しい方も多いのでは。


コマンドコードのさまざまな使い方を提案


2問目の質問は、2018年7月末に実装されたコマンドコードの使用状況について。

赤羽根さんはもったいないので積極的には使えていないものの、星5ランサー「玉藻の前」のデメリット対策として採用しているとのこと。

星3以上の高性能なコマンドコードは、稀少アイテム「コードリムーバー」を消費しなければ分離できないこともあり、もったいなくて使えないプレイヤーも多い様子。会場では半数ほどの観客が「もったない派」として挙手していました。

各サーヴァントに適するコマンドコードがわからず悩んでいる悠木さんに対しては、カノウさんが、上書きできる星2以下のコードから試すことを提案。

さらに話題は悠木さんが大好きな星5ランサー「カルナ」に適するコマンドコードの具体例に発展し、星5「聖夜の極光」のようなスターを増やせるものや、星4「勝利の兵装」のようなスターを集められるものが挙げられました。

■コマンドコードの人気使用例トップ3が公開

同コーナーでは「コマンドコードを刻印されたサーヴァントベスト3」が紹介されました。

第3位:星4バーサーカー「ヘラクレス」+星2「コード;キュアー」


星4バーサーカー「ヘラクレス」は耐久性が非常に高いバーサーカーですが、ガッツ発動直後に致命傷となるやけど、毒、呪いが弱点。それらを解除できる星2「コード:キュアー」は定番の選択肢です。

カノウさんは、弱体解除は作用がわかりやすいことも人気の理由ではないかと考えているそうです。

ヘラクレスはキャラクターの人気も高く、キャスト陣からは、だんだん可愛く見えてくると評判に。現在公開中の劇場版「Fate/stay night[Heaven’s Feel]」II.lost butterflyを観ると「バーサーカー!」と呼びかけたくなるという旬の話題も挙がりました。

第2位:星5アヴェンジャー「ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕」+星4「勝利の兵装」


カノウさんは、Artsに装備するとクリティカルボーナスでNPを獲得しやすくなるメリットを指摘。スター集中度アップの対象カードを限定することでスターの分散を防ぐテクニックや、ほかのコマンドカードに星2「コード:グリッター」を使って自給自足するアイディアも話題になりました。

第1位:星5アーチャー「ギルガメッシュ」+星5「天の楔」


会場全体から納得の声が挙がった組み合わせ。通常攻撃に宝具と同じ特攻を付与することで、特攻対象への与ダメージ量がさらに増加します。

なおカノウさんによると、コマンドコードのイラストと同じサーヴァントは相性がよい傾向があるとのこと。あくまでも絶対の法則ではありませんが、コマンドコードの用途の参考になるかもしれません。

今年の『FGO』の抱負を漢字1文字で

最後の質問は、今年の『FGO』への抱負を漢字1文字で示してほしいというもの。


■石倉さん:「叶」

“カノウ”さんに面白いFGOを“叶えて”もらおうという意味とのこと。今後もみんなでカノウさんを詰めていこうという提案もあり、続くご本人の回答と合わせて、カノウさんへの期待と心配が高まりました(笑)。

■カノウさん:「健」

『FGO』の開発を始めてから各方面から健康を心配されているというカノウさん。実際に10kgほど痩せたそうで、FGO開発ダイエット法が実証されつつあるとか。

さらに昨年の「Anime Japan」について、転倒によって左手をポッキリ骨折した状態での参加だったという衝撃の事実を暴露。

あまりにも切実な抱負に、つい真顔になってしまいました。カノウさん、何卒ご自愛ください……!

■悠木さん:「五」

星5ランサー「カルナ」を4枚まで集めたものの、5枚揃うまでは宝具レベル強化を保留しているという悠木さん。宝具レベル1のままでの戦いを強いてしまっているカルナを解放するためにも、今年こそは宝具レベル5にしてあげたいと熱弁しました。

ちなみに赤羽根さんも星5セイバー「両儀式」の宝具レベルが4で止まっているので5にしたいそうです。恒常出現するカルナと比べると難度がさらに高いですが、お2人の夢の実現を祈っております!

■赤羽根さん:「二」

赤羽根さんの抱負は、各サーヴァントを揃えつつ宝具レベルを2にすること。宝具レベルを1から2へ強化するとNP上限が200%になり、性能も大きく高まるので、抗いがたい魅力を感じているそうです。

加えて、担当キャラクター「カドック・ゼムルプス」が登場するメインクエスト第2部への愛顧を願う意味もこめられているとのこと。

■田中さん:「迎」

2018年以後の実装サーヴァントは全員お迎えできたものの、初期の水着サーヴァントなどに未召喚のものが残っているという田中さん。今年こそは全サーヴァントを迎えたいという抱負を明かしました。

気になる結果は「カルデアラジオ局」で語られるかもしれません。今年も要チェックの番組ですね!

バレンタイン演出フルボイス化に会場騒然


最後にカノウさんからのサプライズ発表として、星5セイバー「アルトリア・ペンドラゴン」、星3ランサー「クー・フーリン」、星4キャスター「ニトクリス」のバレンタインシナリオ動画が上映。

シナリオの内容は2018年までのものと同様ながら、今回上映された映像はなんとフルボイス仕様! そして、今年は全サーヴァントのバレンタインシナリオがフルボイス化すると明言されました。

会場ではカノウさんが全サーヴァントのフルボイス化を明かし始めた瞬間に騒然となり、発表後は「フルボイス」がTwitterのトレンドワード上位に。今回の発表が会場内外のユーザーへ与えた衝撃の大きさは計り知れません。キャストである悠木さんも、収録時にカルナのバレンタインボイスも存在することに気付いて動揺したそうです。

同時に悠木さんは、星5アルターエゴ「沖田総司〔オルタ〕」星4キャスター「酒呑童子」のような2018年2月以後の新規サーヴァントについても長めのボイスを収録したと明かしました。

なお、バレンタインシナリオの閲覧条件は「対象サーヴァントの召喚済み履歴があること」です。バレンタインイベント終了までに意中のサーヴァントがピックアップされた場合には、ぜひ召喚に挑みましょう!

『FGO』の情報だけを集めたアプリができました!

『FGO』の最新情報を毎日お届けするニュースアプリをリリースしました! よろしければ、ぜひご活用ください!

『FGO』攻略・最新情報まとめ  by AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ニュース
・容量: 15.3 MB
・バージョン: 1.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
20180725_fgo
Fate/Grand Order ・販売元: Aniplex Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 214.3 MB
・バージョン: 1.52.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ