【あおガルシナリオ集】メモリアル「天道 輝音」編

2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、メモリアル「天道 輝音」編を紹介します。


目次
SSR:ロイヤルブルーム1
SSR:ロイヤルブルーム2
SSR:ロイヤルブルーム3
SSR:ロイヤルブルーム4
SR:想いのカタチ1
SR:想いのカタチ2

SSR:ロイヤルブルーム1

ーーレッスン場

●プロデューサー
…………。

●輝音
……おい、プロデューサー。

――ガタッ!

●輝音
うおうっ!

……いや、後ろから声をかけただけだろう。
驚きすぎじゃないか?

何もそんな、おばけでも見たような顔で……。

……ぷふっ。

はははははははっ!
い、いつまでその顔で固まっているんだ!?


く、口が開いてるぞ……!
というか、何か言ったらどうだ!?

くっ、ふふふ……案外、驚かしがいがあるんだな。
そうか、これはいいことを知ったぞ。

●プロデューサー
どうするつもり?

●輝音
ふふっ……新しいおもちゃを見つけた気分、というのかな。

イタズラをされる方にも、才能というものがあるのだ。
そういう意味では、プロデューサーもシホに負けていないな。

大丈夫だ。私は何もしない。私は、な。

●プロデューサー
どういう意味?

●輝音
ひとつだけ言っておこう。
これからは、キョーカに気をつけろ。

手始めに……そうだな。
風呂から上がったら、下着が異性のものにすり替わっている、というのはどうだ?


ふふっ、新しい楽しみが増えたようだ。

目次へ戻る

SSR:ロイヤルブルーム2

ーー校門前

●輝音
…………。


●女子生徒A
あ、天道輝音だ……!
カッコいい~……!

●女子生徒B
さすが『ヴァルキュリア』のNo.1よね。
オーラが違うっていうか、なんていうか。

●輝音
…………。

●プロデューサー
こんにちは。

●輝音
ん……?
あぁ、プロデューサーか。

相変わらず、周りに人が集まってるって?
まぁ、このくらいはな。

アイドルとして積み重ねてきた証だからな。
人の多いところで人が集まらないほうが困る。


それよりも、だ……。
ちょうどいいところに来たな。

少し、相談に乗ってほしいことがあるんだ。
さっきからずっと答えが出なくて……。

あぁ、重要なことだ。
……スケジュールの確認よりも? だって?

……もちろんだ。

●プロデューサー
話を聞くよ。

●輝音
ああ。私にとっては火急の事態だからな。
今日のレッスンまで、あまり時間がない。

それまでに、決めないといけない。

●プロデューサー
何を?

●輝音
それは……『ヴァルキュリア』の誰を、
イタズラのターゲットにするか……だ。

じゃないと、事前にターゲット以外に協力を――。
ん? どうした、いきなり手帳を開いて……。

話を聞いてるのか?
って、なんでスケジュールの確認を始める?

お、おい……それよりも、誰をターゲットにするか……。
ちょ、ちょっと、聞いてるのか!? プロデューサー!?


目次へ戻る

SSR:ロイヤルブルーム3

ーーレッスン場

●輝音
むぅ……ダメだ……。
やはり、イマイチ集中できないな……。


●プロデューサー
どうかしたの?

●輝音
シホにゲームを取り上げられた。

そのゲームが、もう面白いのなんのって……。
時間を忘れて没頭するくらいでな。

昼間、少し眠そうにしただけなのにシホは、

「カノンにゲームは与えられない」

なんて言い出したのだ。

大げさすぎると思わないか?
ちょっと舟をこいだだけなのに。

●プロデューサー
そんなに面白いんだ?

●輝音
それはもう!
私が好きなメーカーの期待の新作だからな!


ファンタジーならではの壮大な世界観。
その世界観を存分に活かした、重厚なストーリー。

システムだって画期的だ。
なのに、プレイ感はストレスフリー!

もう傑作――いや、神作と呼んでいい!
とにかく、素晴らしい作品なんだ!

というわけで、プロデューサーも買うべきだ!
そして、私と一緒にプレイをするんだ!

でなければ、私のパフォーマンスに影響するぞ?
それとも、シホを説得でもしてみるか?

●プロデューサー
それは困る。

●輝音
ふふふ……そうだろう!
だったらいますぐ、近所のゲームショップにゴーだ!

大丈夫。レベルあげなら手伝ってやる。
だから安心して……睡眠時間を削れ。

目次へ戻る

SSR:ロイヤルブルーム4

ーーステージ裏

●輝音
いよいよ、新曲MVの撮影だな。

●プロデューサー
調子はどう?

●輝音
ふっ……私を誰だと思ってるんだ?
本番までに調子を上げられずにどうする?


万全に決まっている。

それに――。

大聖堂という神聖な場所……。
まさしく、NO.1の私にふさわしいではないか。

私はいまの地位を誰かに譲る気はない。
アイドルとして人前に立つ時は――。

いつだって、完璧な天道輝音を魅せてやる。

そして、いつか……あの人を……。
櫻花すばるを超える。

プロデューサー。
私は必ずそれを証明するよ。

●プロデューサー
応援してる。

●輝音
はははっ、そうか。
だがプロデューサーは、私のことを応援しながらも、
他のメンバーのことも応援しているのだろ?

できれば……そうだな。
私のことだけを応援すると、誓ってくれないか?


●プロデューサー
それは……。

●輝音
冗談だ。意地の悪いことを聞いたな。

だけど本当に、プロデューサーが構わないと言うのなら、
私専属のプロデューサーにしてもいいぞ?

その気になったときはいつでも言ってくれ。
私は待っているからな。


目次へ戻る

SR:想いのカタチ1

ーー控室

●輝音
レコーディングも順調。
この調子なら、納得いくものができそうだな。

プロデューサーもしっかりと横で見ているのだぞ。
とはいっても、なんでも万能にこなしてしまう私の前では、
やることはないだろうがな。


●プロデューサー
そうかもしれない。

●輝音
ふふっ……よし、もう少し休憩したらラストスパートだな。
だがその前に、のど飴を……。

……しまった。忘れてきたようだ。
あれがないと、どうにも調子が……。

●プロデューサー
(のど飴を差し出す)

●輝音
何? それは、私がいつも愛用している、森のくまちゃんハチミツのど飴!
まさか日頃から私を観察し、常備していたというのか……。

まぁ、私たち『ヴァルキュリア』のプロデューサーだ。
裏方と言えど、相応の能力は必要だろう。

このくらいはやってもらわないと――。

――ぐぅ

……いまのは、そうだな……RPGでいうところの、
レベルアップのファンファーレだ。


冗談だ。今朝、寝坊して朝食を摂る暇がなかったのだ……。

●プロデューサー
(サンドイッチを差し出す)

●輝音
な、なんと軽食まで……。だがしかし、のど飴はともかく、
そのくらいの準備は、プロデューサーとしては当然のことだな。

それに、私はサンドイッチならタマゴだ。
さらにいうと、フレッシュトマトが入っているものは、絶対に口には……。

……っ! バカな……。サンドイッチを3つも用意しておきながら、
すべて具材がタマゴだと……?

……やるな、プロデューサー。

何もやることはないだろう、なんて言って悪かった。
もはやお前は、プロデューサーであり、私の執事みたいなものだな。


目次へ戻る

SR:想いのカタチ2

ーーカフェ

●輝音
これが完成した新しいソロアルバムか。

前回よりもいいものをと思っていたが……。
レコーディングの時のことを思い出せば、文句なしだろうな。


●プロデューサー
努力の賜物だね。

●輝音
ふふふ、当然だ。
でなければ、『ヴァルキュリア』のNo.1は名乗れない。

まぁ、今回は自分の力だけじゃなくて……。
プロデューサーのサポートもあったからな……。

その点については、感謝している。

それで、なんだが……。
お礼をしないというわけにもいかないからな……。

完成したソロアルバムにサインを書いて、お前に……。
って、なんだそのきょとんとした顔は?


言っておくが、私から進んで
サインを書くことなんてないんだからな。

そういう意味では世界に1つだけ。……レア物だ。
ありがたく受け取るといい。

●プロデューサー
ありがとう。

●輝音
ふんっ! ただの気まぐれだ!

というか、今回はたしかに上手くいったがな……。
あまり気を抜かないでくれよ?

私はプロデューサーの手腕を評価してるんだ。
腑抜けられては困る。

……まぁ、そういうわけだ。
私も可能な限り、努力する。

これからも期待しているぞ、プロデューサー。


目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

c SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ