マイクロソフト『Office 365』がMac App Storeで配信開始。Word、Excel、PowerPoint、Outlookも

Mac App Storeで、マイクロソフト『Office 365』の配信が1月25日から始まりました。

アプリ内でサブスクリプション契約する仕組み


配信が始まったのは『Microsoft Word』、『Microsoft Excel』、『Microsoft PowerPoint』、『Microsoft Outlook』、『Microsoft OneNote』、『OneDrive』の6本のアプリがバンドル(セット)になった『Microsoft Office 365』です。

また、『Microsoft Word』、『Microsoft Excel』、『Microsoft PowerPoint』、『Microsoft Outlook』の4本は個別配信もされています。

ダウンロードはいずれも無料ですが、利用するにはアプリ内からサブスクリプションの購入が必要です。

Appleワールドワイドマーケティング担当フィル・シラー氏のコメント

「macOS Mojaveで刷新されたMac App Storeに、Microsoft Office 365が仲間入りすることを、大変うれしく思います。

AppleとMicrosoftは、Officeの優れた生産性をMacユーザーが活用できるようにするため、当初から協力してきました。

Mac App StoreでOffice 365が提供されたことで、Mac、iPad、iPhoneでOffice 365の最新かつ最高のバージョンをこれまで以上に簡単に入手できるようになりました」

Microsoft社のコーポレートバイスプレジデント、ジャレッド・スパタロ氏のコメント

「本日よりMac App StoreでOffice 365の提供が開始され、大変うれしく思います。

抜群の生産性をMacユーザーにも利用していただくため、当社とAppleは密に連携をしてまいりました。

よく知られたOfficeのあらゆる機能が、Macのために設計されたユニークなユーザー体験を通して利用できるようになりました」

各アプリのMac App Storeリンク

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ