『クラッシュ オブ キングス』の思い出【2018年】

2018年の『Clash of Kings(クラッシュ オブ キングス)』の思い出を振り返ってみました。(文:えだまめ)

2018年のキングスを振り返る!


2018年は『キングス』的にはかなり大きな一年でしたよね! 数多くのイベントが開催されて新要素も盛り沢山、それも手伝って各帝国とも戦争も活発になったことと思います。

今回の記事では2018年の『キングス』で何があったのかを振り返りつつ、2019年はいったい何が起こるのかを予想(妄想)しちゃいたいと思います!

1月~2月! 治世装備が実装。帝国移転が可能に!

1月には「治世装備」が実装され「祝日フェス」のイベントでどの領主様でも入手可能だったことから、大幅な増兵を行う領主様がかなり増えていました。

当然戦闘力もどんどん上がりますし、いわゆる億越えプレイヤーもちらほら見かけるように。

筆者も治世装備を手に入れたことで、一気に戦力を増強させ、戦争に積極的に参加できるようになったことを覚えています。

▼治世装備は今でも官職「募集官」用の装備として大活躍(ちなみに青品質を装備させています)していて、大幅に訓練数&訓練速度が上昇するので、あるのと無いのとでは効率が全く違います。


ちなみにですが、最近『キングス』の世界に足を踏み入れた新人領主様は、白品質でもいいので治世装備入手をオススメします。今でも時々祝日フェスイベントに登場しているので、無課金での入手も可能ですよ。

2月には「帝国移転」の機能が実装されました。これまでは一度帝国を決めてしまうと移転不可だったので、かなり大きな変化となりましたね。

移転が可能な時期は移転イベントの時のみですが、毎回のイベントで強いプレイヤーが自分の帝国にやってきたり、反対にいなくなったりと、帝国内の勢力図が大きく変わることもしばしばなので、普段のプレイにいい緊張感が生まれました。

3月~4月! オフ会で火器キャンプが発表からの実装!

3月には2018年初の『キングスオフ会』が開催されました。

例のごとく超超超大盛り上がりのオフ会でしたが、新システム「火器キャンプ」の発表は参加している領主様全員が釘付けになっていました。


革新的だったのは、保護状態でも攻撃が可能で保護状態の相手にも有効という点。

「これはとんでもないことになるぞ……!」とチャットですぐに同盟メンバーに情報共有している参謀のような領主様もいらっしゃいました!

そして1ヶ月後、実際に火器キャンプが実装されると、帝国中で大砲が火を吹いている様子を見ることができました。

冷凍弾」「ソニック弾」「ガス弾」など、これまでとは全く違う戦略を展開可能になったので、攻める方も攻められる方もドキドキですよね!

5月~6月! 同盟ログインやウィンドレンジャーが実装! KOFコラボも始まったぞ!

5月に入ると、新システム「同盟ログイン」が追加されました。

同盟ログインでは、毎日「大理石」「金剛石」などの特殊な資源を入手可能で、「黒色火薬」も入手可能だった(現在は深淵の欠片に変更されています)ことから、一気に同盟施設の発展が加速したのを覚えています。

後に実装される「文明奇跡」も、この同盟ログインによってかなり発展が助けられるので、嬉しいアップデートでしたね!

ウィンドレンジャーが実装されたのも実はこの時期で、実装直後は上位プレイヤーのウィンドレンジャーの猛攻に怯えながらの『キングス』ライフだったことをよく覚えています(今はデスナイトに怯えています……笑)。

6月には「KOFコラボが開始され、世界ボスとして「八神庵」が登場しました。

討伐のために帝国中の強豪領主達が集まった光景は壮観でしたね(世界ボスへの攻撃は保護が外れてしまうので、緊張もマックスでした……笑)。


7月~8月! 創造者セット! ウォーハンマー英雄や12レベル兵種! 最後には『KOF』コラボやオフ会と盛りだくさんな夏!

夏になって、現在では建築で必須となった「創造者セット」や、強力な攻城性能を持った限定英雄「ウォーハンマー」、そして現在猛威を振るっている「バーバリアン都督」「ペガサスナイト」「修羅射手」「フェニックスウイング」のいわゆる12レベル兵種が実装されました。

特に「ペガサスナイト」の存在は、それまで弓兵の天下だった戦場の様子をガラリと変え、帝国の勢力図を塗り替えるほどの影響がありましたよね。


この辺りから各領主様の戦力が一気に底上げされ、上記で紹介した「火器キャンプ」の実装も手伝って、さらなる戦国時代に突入したという印象です。

そして8月には2度目の「KOFコラボ」が開催。そして2回目となるキングスオフ会も開催と、まさに盛りだくさんの夏でした。

豪華すぎる景品をかけた領主様同時の熱い戦いは、猛暑だった2018年の夏をさらにアツくしてくれました。

9月~10月!文明奇跡や殺戮戦場ドラゴンクリスタルチャージなど新要素が盛り沢山の秋!

9月に入ると「文明奇跡」や「殺戮戦場」など、現在ではすっかりお馴染みになった新機能が実装されました。

特に文明奇跡は新たなBUFFを獲得可能な新要素+やり込み要素なので、現在も一生懸命発展させているという領主様も多いのではないでしょうか。

10月に入ると「ドラゴンクリスタルチャージ」の機能も実装され、大幅にステータスを伸ばした領主様も多いのではないでしょうか。

筆者はこのチャージのシステムをきっかけに「攻城ダメージ」「攻城減少ダメージ」のステータスを大幅に伸ばすことに成功して、かなり勝率が上がりました!

11月~12月! メタルスラッグコラボがアツい! 大天使装備が手に入る超激ウマイベントも開始!

11月に入ると「メタルスラッグコラボ」が行われました。

筆者の『メタルスラッグ』知識は、幼少期に近所のおもちゃ屋さんの店頭にあったアーケードの筐体でちょろっとプレイしたくらいですが、それでもいつもの『キングス』が『メタルスラッグ』一色になる様子にはテンションが上がりました。

特に「暗黒騎士襲来」イベントが『メタルスラッグ』一色になっていたのは最高でした!


例年12月は激ウマイベントが開催されるのが通例ですが、今年の12月は「大天使装備」を手に入れることが可能な、超大盤振る舞いなイベントが開催されました!

筆者はこのイベントで一気に大天使装備を2部位も作れちゃいました(通常1部位作るだけでも数ヶ月単位の時間がかかります……!)!

そして2019年へ! いったい今年は何が起こるのか?

こうして振り返ってみると、かなり多くの出来事がありましたね。日々の『キングス』ライフが濃密すぎて、火器キャンプやウィンドレンジャーの実装もはるか昔な感じがしてしまいます(笑)。

2019年はどんなイベントや新要素が追加されるのでしょうか。完全に筆者の妄想ですが、いくつか予想してみたものを紹介します。

新たな兵種か天賦スキルの追加?

現在の『キングス』では、新たに追加された「ペガサスナイト(12レベル騎兵)」が猛威を振るっていて、これまでとは大きく勢力図が変わりました。

現状ペガサスナイトへの1番の対抗手段が、こちらもペガサスナイトを用意することになっているので、その状況が変わるような兵種or兵士の天賦スキルの追加か強化がくるのではないかと予想しています。

例えば、槍兵がもつ「長槍」「高級長槍」などの対騎兵スキルがこれまでよりも強化されればペガサスナイトに大ダメージを与えることが可能になりますし、騎兵の攻撃に対して耐久力が上昇する天賦スキルが追加されたり、レベル11兵種のスキルが大幅に強化されるなどすれば、また大きく勢力図が変わりそうな予感がします。

大天使を超える装備の追加?

12月に行われた「大天使装備」関連のイベントは、多くの領主様を驚かせましたよね。

ゲーム中でもっとも作成難易度が高い大天使装備を、配布に近い形で入手可能だったことから(とはいえ品質はランダムですが)、大天使装備を超えるセット装備がいくつか追加されるのではないかとゲーム内で噂されています。

例えば、各兵種のステータスBUFFに特化した装備や、自分で作成可能な守城特化装備や、出兵数を多くする装備などが追加されれば、戦略の幅がさらに広がりそうですよね。

セット装備だけではなく、単品の超特化型装備などもあり得ると思いますし、今後の追加には大注目ですね。

そろそろ栄光7以降が解放される?

最近は「栄光のエンブレム」の入手難易度がある程度緩和され、資源が手に入るチャンスも加速が手に入るチャンスも増えてきたため、栄光レベル6に到達する領主様が増えてきたという印象。

そこで「そろそろ栄光7以上の城レベルが追加されるのではないか?」とゲーム内で噂になっています。

新たな兵種を扱えるようになったり、専用システムや施設のランクアップによる特殊効果など、もし栄光7以上が追加されれば、そのあたりがかなり楽しみですよね!

栄光6への道は、緩和されたとはいえ相当厳しい道のりですが、今後の展開のために今のうちから頑張って上げておきたいところですね!

『キングス』攻略・最新情報まとめもチェック

『クラッシュ オブ キングス』攻略・最新情報まとめでは、『キングス』関連の新情報や動画を掲載!

初心者向けのQ&A攻略記事となる[基礎編/コミュニケーション編][主城編/領主編][戦闘編][技術研究編/装備編]も掲載しています。

クラッシュ オブ キングス-「城育成シミュレーションRPG」 ・販売元: ELEX Technology Holdings Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 208.4 MB
・バージョン: 4.15.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© ELEX All rights reserved.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ