【マギレコ名言集】あなたのこと…正式に私のライバルとして認めてあげるわ!(阿見莉愛)

アニプレックスの『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の名言集をお届けします。(文:塩田信之)

あなたのこと…正式に私のライバルとして認めてあげるわ!(阿見莉愛)

●魔法少女ストーリー 阿見莉愛 3話「トップモデル・阿見莉愛」より



やちよと顔を合わせればライバルと呼んで張り合っていた、自称・超絶美少女。このセリフは、やちよを初めて「ライバル」と呼んだ時の阿見莉愛のものである。

その後もやちよが莉愛の名前を憶えていなかったことからもわかる通り、あくまでも莉愛から一方的にそう決めつけたもので、やちよ自身にそんなつもりはない。

それどころか、状況が呑み込めていないやちよは、ついお礼を口にしてしまっている。これが、ふたりの因縁の始まりであった。

▼阿見莉愛(あみ・りあ)。他人を見下したようなお嬢様口調で、自身の美貌についてまくしたてるナルシストだが、実際誰もが認める美少女であることは間違いない。彼女の通う水名女学園だけに限らず、行く先々で取り巻きに囲まれるほどの人気者でもある。ただしそれは、「天然モノの美少女」として生まれてきたのだと過去まで変えてしまう「魔法少女となる上での願い」によって実現したこと。魔法少女ストーリーでは、莉愛がその願いを選んだ理由も語られているので、ぜひチェックしてみてほしい。


噂を聞いてファッション雑誌の編集長が訪ねてくるほどの美少女・阿見莉愛は、魔法少女としての戦い方にもこだわりを持っている。とっておきの技で魔女にとどめを刺すことが肝心なのだ。




しかし、そんな「戦いの美学」はなかなか上手く実現しない。一緒に戦っている魔法少女に先を越されたり、相手が強すぎて攻撃が通用しないことも……。




そんなピンチの時に現れたのは、莉愛が魔法少女になる前から憧れの存在だった七海やちよ。現在の莉愛は、そんな過去とは決別したハズだった。




強がってやちよと張り合う莉愛だったが、魔法少女としての能力には歴然とした差があった。やちよと二度目の共闘をした際には、危ないところを助けられる羽目になってしまう。




素直に礼を言うこともできない逆ギレ状態の莉愛は、あろうことかその場でやちよにライバル宣言をしたのだった。




マギアレコード 魔法少女まどかマギカ外伝 ・販売元: Aniplex Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 61.5 MB
・バージョン: 1.6.3
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ