【あおガルシナリオ集】現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」

2019年1月31日にサービス終了を迎えたスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」を紹介します。


目次
現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第1話「妹であるということ」
現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第2話「小さな星よ」
現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第3話「空に消える少女たち」
現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第4話「親フラグは堕天の予兆」
現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第5話「将来の展望」
現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第6話「勝利の証」
現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第7話「背負うべき重荷」
現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第8話「戦いの下準備」
現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第9話「お泊まりトーク!」
現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第10話「アダルトな夜更けに」
現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第11話「匠の業」

現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第1話「妹であるということ」

ーー学園内広場

●萌
やはりみなさん、それぞれ思うところがあるようですね。
ユニットごとの時間をとって正解でした。

他のユニットの様子も見に行きましょう。

この分だと、『GE:NESiS』以外は、
まともにレッスンしてないかもしれませんが……。

どうしました、プロデューサーさん?

●プロデューサー
ひなたがいた。

●萌
え? ひなたさんが?
1人で、ということですか?

妙ですね。お手洗い……にしては、
ずいぶんな遠出ですね。

……もしかして、プロデューサーさん。

●プロデューサー
追いかけよう。

●萌
そうですね。
そっとしておいた方がいいんじゃ……なんて、もう言いません。


お節介がプロデューサーさんの得意技ですからね。
存分に腕をふるってください! ええ!

ーー屋上

●ひなた
……………………。

……ダメだなぁ、あたし。
ちっとも変わってない。


自分で分かってるんだけどなぁ。
でも、どうしようもないよ……。

●プロデューサー
どうしたの?

●ひなた
……ふぇ? ぷ、プロデューサー!?
ど、どどどどどど……。

●プロデューサー
どどど?

●ひなた
どうしてここに!?

●プロデューサー
心配だった。

●ひなた
……そっか、見られてたんだ。

あ、でも、なんでもないよ!
ちょっと屋上の風に当たりたくて……!

●プロデューサー
どうしたの?

●ひなた
…………あー、やっぱり、ダメ?
あははは……。

……はぁ。ごめんなさい、プロデューサー。
あたし、いま、すごく落ち込んでる。

うん、お姉ちゃんのこと、だよ。
本当はね、妹じゃないって言われて、ショックだった。


お姉ちゃんはさ、あたしの憧れだから……。
お姉ちゃんの真似、たくさんしたよ?

でも、普通の人って、アイドルみたいに
キラキラしたドレスとか、着る機会ないじゃない?

そういうのって、
親の知り合いの結婚式くらいだったんだ。

だから親に無理言って、お姉ちゃんのお下がりの
キレイなドレスで、結婚式に行ったの。

そしたら、新婦さんよりも目立っちゃって……
当時、あたしは嬉しかったけど、
お母さんは冷や汗ものだっただろうなぁ。

あはは……とにかく、そのくらい、
お姉ちゃんはあたしの誇りだったんだ。

……ううん。いまだって、お姉ちゃんはあたしの誇り。

お姉ちゃんが褒められると、
なんだかあたしの心もふわっとなるの。

やっぱり、すごい人なんだなぁ、って。
あたし、この人の妹でよかったなぁ、って。

……でも、もう妹じゃないって言われると、
あたしってなんなんだろうね?

みんなの前ではね、気付かれないように
普通にしてたけど……やっぱり寂しいよ、プロデューサー。

この気持ち、どうしたら消せるのかな?
みんなに迷惑かけるくらいなら、こんな気持ち、なくていいよ。


●プロデューサー
なくさなくていい。

●ひなた
……プロデューサーは優しいね。
そんなプロデューサーだから、
あたしはここまで来られたんだと思う。

だけど……みんなの足、引っ張りたくない……。

●千尋
わたしたちも、プロデューサーさんと同意見だよ~。

●ひなた
えっ!?

●愛美
やっぱりここだったのね。
分かりやすいヤツ。


●ひなた
み、みんな!? えぇ!?

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第2話「小さな星よ」

ーー屋上

●ひなた
な、なんで……
こっそり抜けて来たのに……。

●和歌
ひなたー!


●ひなた
わっ、和歌!?

●和歌
もうっ! ひなたのバカっバカっ!
哀しいときは私を抱きしめて、
いくつもの夜を越えていけばいいのにっ!


そうしてひなたの流した涙は、
夜空に溢れ、煌めく星々に変わるのよ……。


●ひなた
う、うん……?
和歌、それって新しい歌詞?

●愛美
まあ、和歌は置いておくとして……。

ひなた、1人で抱え込むの変わらないわね。
仕方ないから、背中を叩きに来てあげたのよ。

●ひなた
ご、ごめん……。

●琴音
お姉さんのこと、だよね?

●ひなた
……そ、それは平気だよ~!
そうじゃなくて、スタフェスに向けて――

●千尋
ウソはダメよ、ひなたちゃん。
というか、プロデューサーさんとの話、聞いちゃった。

●ひなた
うっ。

●和歌
プロデューサーさんは頼れて、私たちは頼れないわけ?

●ひなた
え、ええ~? それは……。

●愛美
なら、頼りなさいよ。
正直ね、メンタルの調整なんて仕事の内だけど。


……アイドルの前に、私たちは友達よ。
泣いている友達を放っておけるほど、私はメンタル強くないわよ。


●ひなた
愛美ちゃん……。
うぅ……あ、ありがとう……。

●琴音
ひなたちゃんは、私たちのこと、絶対に放っておかない。
だから、私たちだって、ひなたちゃんのこと、放っておけないよ。

でも正直、私たちには何もできない……。
ひなたちゃんの、悲しい気持ちは消してあげられない。

それに、消しちゃいけないとも思う。

だって、その胸の痛みは、ひなたちゃんがお姉さんのこと、
本当に大好きだって証拠だから……。

●千尋
どうでもいい人に裏切られても、痛まないよね~……。
だからその痛みには、耐えるしかないと思うな~。


だけど、わたしたちは一緒にいるから。
何もできないけど、ずっと側にはいるよ~。

●愛美
そういうこと。頼れって言っておいて、
情けない話だけど……一緒に哀しむことはできるわよ。

●ひなた
みんな……ありがとう。
ごめんね、心配かけて……。

みんなの言うとおりだよ。
あたしは、どうしてもお姉ちゃんが大好き。

だからね、ちょっとだけ待ってて欲しいんだ。
いまはちょっと無理だから……無理してるけど。

きっと、立ち直ってみせるから。
そう、決勝までには、必ず。

●愛美
そうでないと困るわね。
ひなた無しじゃ『ヴァルキュリア』には到底勝てない。

●千尋
空に輝く1等星『ヴァルキュリア』……。
すごく、遠いところにいる気がする……。

●琴音
でも、1人じゃダメでも、みんなでなら、できる。

●和歌
私たちは5人で『Twinkle☆Star』。
精一杯、輝いて、『ヴァルキュリア』を食っちゃいましょう!


●ひなた
うん……うん……!

絶対に、みんなでスタフェスにいこうね!
そのために……必ず『ヴァルキュリア』を倒そう……!

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第3話「空に消える少女たち」

ーー空の上ーー

●瑠璃花
……ありえない。
ホンット、ありえない。

●茜
ごめん……マジでごめん。
今回ばかりは勢いってのを反省してる。


●瑠璃花
ダメ、許さない。

●茜
うぅ……。だ、だって……。

バンジーをやって瑠璃花との絆が深まったから、
もっと高いところから飛べば、もっと仲良くなれると思って!

●瑠璃花
だからってスカイダイビングはおかしいよね?
どうしてこんな無駄な行動力だけあるわけ?


スタフェスで優勝するなら、
空から飛び降りるくらいの覚悟がいる?

バカじゃないの? 飛び降りる覚悟が必要なのは、
地面に激突して死ぬときだけだと思うんだけど。

●茜
だ、大丈夫だって!
プロの人がたくさんサポートしてくれるし!

●瑠璃花
パラシュート開かなかったら死ぬ。

●茜
こ、怖いこと言わないでよっ!

●瑠璃花
時速200キロで地面に叩き付けられて死ぬ。

●茜
ひっ……ちょ、やめてって。
数字を出さないで、想像しちゃうから……。

●瑠璃花
諸説はあるけど、1000回に1回事故が起きる。
10万回に1回くらいは死ぬ。


●茜
い、意外と少ないね!

●瑠璃花
アメリカでは年間60人くらい亡くなってる。

●茜
ああ~! もう何も言わないでよぉ~!
アカネだって怖いんだから~!

●瑠璃花
降りる。母なる地球に。両足がべったり地面につく場所に。

●茜
いやでも、もうここまで来ちゃったし……。
偉い人からの企画だから、断れないし……。

●瑠璃花
バンジーで妥協とか……。

●茜
無理。

●瑠璃花
1人で飛んで。

●茜
そんなあ! もー、観念しようよ!
ほら! 瑠璃花のお母さんも見てるんだよ!

●瑠璃花
……ん? わたしのお母さん?

●茜
え?

●瑠璃花
え?

●茜
……あ、ヤバ。

●瑠璃花
お母さん、見てるの?


●茜
い、いやぁ……どうかなぁ。

●瑠璃花
ウソ……。お母さん、見てるの?

お母さん、アイドル活動なんて
興味ないって言ってたのに?

というかなんで知ってる!?
まさかお母さんと連絡とってるの!?


●茜
ト、トッテナイヨ?


●瑠璃花
解散する。

●茜
違う違う違う! ファンレターもらったことあるの!
でも変なこと話してないよ! ブログのことしか話してない!

●瑠璃花
ブログ教えたの!?


●茜
う、うん……。

●瑠璃花
…………。

茜。

●茜
うん……。

●瑠璃花
わたしと一緒に、死んで。


●茜
……は?

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第4話「親フラグは堕天の予兆」

ーー空の上ーー

●瑠璃花
ブログ見られてるってことは、配信も見られてる!
もう無理! 生きていけない!


●茜
瑠璃花、落ち着いて!

●瑠璃花
これが落ち着いていられる?
ねぇ、茜……。

みなさんこんばんちっ☆
みんなの天使、瑠璃花だよんっ!


とか言ってるの、親に見られるのどんな気持ちだと思う?


●茜
うわ……きっつ……。

●瑠璃花
……誰のせいだ。

もういい。リアルなんてログアウトしてやる。
茜も道連れだから。

●茜
あ、あーっ! ダメ! 押さないで!
行くときは自分のタイミングがいい!

●瑠璃花
そう。じゃあ覚悟ができたら言って。

●茜
ま、まずは深呼吸して……。

●瑠璃花
って、させるかー!

●茜
ぎっ……ぎゃあああああああああ!!!!!!!!

ーー山

●瑠璃花
最悪……死ねなかった……。


●茜
無事で良かったじゃん、えへへ……。

●瑠璃花
何笑ってるの? ショックのあまり壊れた?

●茜
ううん。えっと、落ちてる途中思ったんだけどさ。
一緒に死んでほしいとか、ちょっと嬉しかったなって。

●瑠璃花
はぁ……?

●茜
ふふふ、でもまだ死ねないけどねー!
絶対に、みんなでスタフェスに行くんだから!

そしたらアイドルとしての知名度もあがって、
瑠璃花とも、もっとずっと……。

●瑠璃花
ずっと……何?

●茜
分かってるくせに。聞くだけ野暮でしょ。

●瑠璃花
…………あっそ。

●茜
アカネたちは、2人で天使。


2人一緒じゃなきゃ、空も飛べないんだから。

●瑠璃花
飛ぶっていうか落ちてたけど。
つまり堕天使?

●茜
それはそれで。

●瑠璃花
堕天使、ね……。

まあお母さんにバレた以上、失うものは何もないし。
別に、それでもいいかな。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第5話「将来の展望」

ーーレッスン場¥

●セリア
チェスト、スタフェス!!
敵は本能寺にアリ、でありんす!!

ママンもパパもテレビで観てくれるらしいのデス!
ここが桶狭間! ここが関ヶ原デス! ユピー!


●彩
本能寺か桶狭間か関ヶ原か、はっきりしなさいよ。

……はぁ。スタフェス予選が終わったら、
フェンリルバーガーのデラックスBOX食べよ。絶対。

●楓李
じゃあうちはアイドル辞めるわ。
有終の美を飾るってことで、ええな。


●佳奈恵
予選、勝ち残ったらスタフェス本戦だけど。
せめてそれまでは続けなさいよ。

……スタフェス出場って、就職で有利かな?

●セリア
ちょっとちょっと!
盛り上がりが足りないデスよ!

●彩
って、言われても……。

●楓李
毎日レッスンでクタクタやもん~。
はよスタフェス終わって楽したいわ~。

●佳奈恵
特別レッスンとかじゃなくて、
いつも通り頑張ろうってことになったけど。

●セリア
いつも通りといいつつ、ワタシたちだけ
鬼軍曹レイカのレッスンが続いてるデスからね……。

●佳奈恵
でも、やり甲斐はあるっしょ。
スタフェス出場も夢物語ってワケじゃないと思う。

●楓李
夢は夢やから面白いとも言うけどな~。

●彩
でも、楓李だってスタフェスいきたいでしょ?

●楓李
うわ、同調圧力やわ……。

●佳奈恵
ま~た、そういうことを言う……。

●彩
優勝して有名になったら、仕事増えるでしょうね。
そうしたらお金だって儲かるし、いいじゃない。

●セリア
……ま、でもいい機会かもしれないデスね。

●佳奈恵
え? なんの?

●セリア
スタフェスに出場できるにしろ、できないにしろ
アイドルを続けるかどうか、ということデス。



●楓李
え、あ……。

●彩
……そっか、そうだよね。
私もダンスに専念するとか……。

●佳奈恵
さっきは冗談で言ったけど、就活もできるのか。

●楓李
……そ、そやなあ。
うちも起業して、しーいーおーになる勉強したいし。

●セリア
忍者学校に転入して、
国家諜報組織ヤタガラスを目指すのもアリデスね……。

●彩
……じゃあ、最後のステージになるかもってこと?

●佳奈恵
そうかもね。

●楓李
……で、でも。優勝したら仕事がいっぱい来て、
ひょっとすると辞められなくなるかもしれへんな。

●佳奈恵
ああ~、有名漫画が連載を終わらせられない的な?

●彩
確かに「もったいない」って引き留められるかもね。
もしかしたら、舞台とかにも呼ばれるかも……。

●佳奈恵
アイドルを『仕事』にできるかもな。

●楓李
なんや、みんな俗物やなあ~。
でもそうなったら、アイドル続けてしまうやろ?

●全員
…………。

●佳奈恵
まあ……それで生活が成り立つなら……。

●彩
アイドル、好きだし。
続けていいなら、続けるわよ。


●楓李
……せやな。うちも、そう思うわ。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第6話「勝利の証」

ーーレッスン場

●学園長
あらあら、みなさんおそろいね。
ちょっと様子を見に来ちゃった。

●セリア
お、タノモー! ガクエンチョー!

●学園長
レッスン中だったかしら?
邪魔してメンゴメンゴ。


●セリア
しからばゴメン。
いま、お祝いの準備をしてるのデス!

●学園長
あら、なんのお祝い?

●セリア
それはモチロン!
ええと……。

なんでもない日のお祝いでありんす!

●学園長
……そ、そう。楽しそうね。
混ぜてもらっていいかしら?

●セリア
そ、そんな! ガクエンチョーにとって
有益なことは何1つゴザランヨ!

むしろ、先日のヒキョー術合戦で肺に回った小麦粉が
あちきの体内に残っている故、
大規模なパンダミミックの可能性も……。


●彩
パンダのミミック? 何それかわいい。


●佳奈恵
パンデミックでしょうが……。

●セリア
そ、それではドロン!!
みなのもの、ずらかるでゴザル!

●佳奈恵
え? お、おう!

●楓李
なぁ、なんで逃げるん?

●佳奈恵
アタシもよく分かんない。
セリア、微妙に学園長苦手だから……。

●学園長
……ねえ、みんな!
学校は楽しいかしらっ!?

ーー廊下

●楓李
わ、なんか言うとるで。
お偉いさんやし、忖度したほうがええんちゃう?

●セリア
……ガクエンチョー。
その質問の答えは……。

よく分からないでゴザル!
ただ……。

●学園長
ただ……?

●セリア
本当に楽しくなかったら、とっくに学校なんて辞めてるデス!
ソコントコ、忖度してほしいでありんすよ!


●学園長
……そう。

●セリア
では、今後こそ。
風のように去るのみっ! うぃ!

●学園長
良かったわ……。あの時、引き留めて。

この先、あなたたちがどんな選択をしても構わないけど、
いまの時間を否定するようなことには、
なってほしくなかったから。

うふふ、私の勝ちね、セリア・ウエスギさん♪


目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第7話「背負うべき重荷」

ーーレッスン場

●更菜
スタフェスの舞台……もう、すぐそこだね。

麗華、どう? 前よりは緊張してない?

●麗華
逆よ。前よりも緊張してるわ。

だって前回は、みんなわたしのことなんか、見てなかったから。
でも今回は違う。わたしが、みんなを引っ張らないといけない。

背負っているものが、重い。
仲間が増えるって、こんな気持ちなのね。


●更菜
……そうだね。みんな、麗華のこと、頼りにしちゃってるから。

●希
何よ、大将がずいぶんと女々しいこと言うのね。
なんなら、いまからあたしと代わる?

●麗華
それはダメよ。
だって、希よりもわたしのほうが頼られてるもの。

●希
……冷静な顔で、はっきり言うわね。
だけど、案外実力的には、逆転してるかもよ。

●更菜
希……? な、何が言いたいの?

●理子
負けっぱなしは性に合わない、ってことさ。
なあ、そうだろ?

●美雪
有耶無耶になっていますが、私たちは以前、
お二人に完膚なきまでに負けましたからね。


●希
そういうこと。どうせ、これから必死にレッスンなんてして、
本番の結果が変わるわけでもあるまいし……。

ちょっと、面貸しなさいよ。
あたしたちと決着をつけましょう。

●麗華
いいわよ。

●更菜
ちょ、ちょっとみんな!
こんな時に何言ってるの!?

●希
こんな時だから、よ。
あたしたちは、仲良しこよしでアイドルやってるわけじゃない。


……麗華たちと一緒に上を目指したいって気持ちは本当だけど、
何もずっと麗華の下にいるとは言ってないわよ。

●理子
いまの環境が、上に行くのにあっていると思うから、ここにいる。

……少なくともアタシは『GE:NESiS』にいることに
特別強いこだわりを持っているわけではないよ。

だからこそ、必ずしも足並みを揃える気はない。

●美雪
私は希がやると言えばやりますわ。
それに……。

それに、私自身も、負けっぱなしは悔しいと思っています。

これまでのレッスンで成長したのは、
何も麗華さんだけではありませんから。

●更菜
み、みんな……。

●麗華
いいじゃない、更菜。
実力差を教えてあげましょう。

もしくは、わたしと更菜、それぞれソロになって
三つ巴の勝負でもいいけど。


●更菜
…………分かったよ。
そうだよね。『GE:NESiS』ってそういうグループだよね。

うん、私もソロで戦う。
…………全力で。


●希
オッケー。……それでいいのよ、更菜。

●希
強い人がみんなを引っ張る。
少なくとも『GE:NESiS』はそれでいい。

勝負よ、麗華、更菜!
勝った人がセンターだからね!

●更菜
えぇ!? このタイミングで!?
さすがにいまからフォーメーション変えるのは……。

●麗華
いいわ。

●更菜
麗華!?

●麗華
大丈夫、負けないから。

●理子
言うじゃないか。
だったら、アタシもソロで勝負するよ。

●更菜
理子まで……。

●希
うーん、理子までいないとなると、
美雪と2人じゃフォーメーション組みにくいわね。

じゃあ、あたしもソロで。

●美雪
私を切り離すのですか……?

●希
いいじゃない。
別に解散しようってわけじゃないんだし。

●美雪
のぞみーっ!

●理子
さあ、尋常に勝負!
決勝の前哨戦だ!


●麗華
どこからでもかかってくるといいわ。
わたしは、倒されないから。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第8話「戦いの下準備」

ーープロダクション室

●萌
……さ、みなさん。有意義な時間は過ごせましたか?
いよいよ、本番は明日です。


●セリア
バッチリデス! ガクエンチョーの部屋で、
決起集会の鍋をしてきました!

●プロデューサー
鍋?

●楓李
しばらく学園長室は近寄らんほうがええで。
部屋にキムチの匂いが染み付いて、目がしばしばするからな。

●萌
予選決勝の持ち時間は30分。
私たちは1ユニットあたり、きっちり6分ずつ割いています。

ヴァルプロは間違いなく、最強ユニット『ヴァルキュリア』で30分、
フルで使ってくるでしょうね。

私たちのステージ順は……

『GE:NESiS』、『プリティ→プリンセス』、『Remuage』、
『銀河歌劇団』、『Twinkle☆Star』です。


……明日も朝早いですから、今日はもう解散しましょう。
みなさん、しっかり身体を休めてくださいね。

●プロデューサー
解散!

●全員
…………。

●萌
……あ、あれ? みなさん?
もう帰っていいですよ。

●麻里紗
そう、言われてもねぇ……。
なんというか……。

●瑠璃花
帰っても、明日の不安をレスバトルで発散させるだけ。
だから、別に……。


●萌
いや、寝ましょうよ。

●寧々
ね、眠れないと思います……。
怖い夢、見そうで……。

●美雪
希! きょ、今日は是非、私の家に泊まってください!
そして、同じベッドで……。


●希
え? ……まあ、構わないけど。

●和歌
同じベッド……?

そ、その手があった! ひなた!


●ひなた
ほぇ?

●晴海
コラコラ。

●麗華
……じゃあ、何? みんな今日は帰りたくないってこと?

●全員
(コクコク)

●萌
そうは言っても、明日は大事な本番ですし……。
どうしましょう、プロデューサー?

●プロデューサー
一緒に泊まる。

●萌
……はぁ。そう言うと思いましたけど。

●くるみ
やったー! お泊りですー!


●愛美
え? ホントに!?
だったら、化粧品とか取りに帰らないと……!

●萌
でも強制ではありませんよ。
身体をゆっくり休めたい方は、もちろん帰っても大丈夫です。

●楓李
あ、ほんならうちは……。

●理子
ま、この状況で断るやつもいないだろう。
士気を高める意味でも、重要だ。

●楓李
わーい、同調圧力~。


●ひなた
みんなでお泊り……。

うん、すごく楽しそう♪
お話したいこと、たくさんあるしね♪

●萌
いや、でも寝てくださいね?

●佳奈恵
大丈夫だよ。いつまでも起きてるやつがいたら、
アタシが寝かしつけるから。

弟たちで慣れてるんだ、そういうの。

●悠
佳奈恵先輩の寝かしつけ……ごくり。


●くるみ
よくわからないですが、なにか期待しちゃうです……ごくり。

●琴音
……家から、トラぴょん連れてこなくちゃ。


目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第9話「お泊まりトーク!」

ーーレッスン場

●ひなた
……ねぇみんな、もう寝た?

●琴音
わ、私はまだ、です……。
やっぱり、緊張して……。

●ひなた
じゃあ、もうちょっとお話する琴音ちゃん!?
ほら、前にプロデューサーが間違えて、晴海ちゃんのジャージを……。


●希
しないわよ! いま何時だと思ってんの!?


●ひなた
ひゃぁっ!? ご、ごめん!

●千尋
ふぁ~……ひなたちゃん、あれだけ話したのに元気だねぇ~……。
わたしはもう、眠くて眠くて……。

●晴海
というか、プロデューサーが私のジャージを……何だろう?
すごく気になるんだけど……。

●ひなた
あ、えっとね……。

●希
ひなた!

●ひなた
……ごめんなさい。

●晴海
待って! そこだけ聞かせてほしいなひなたちゃん!

●悠
麻里紗先輩、自分たち、銀河幼稚園でもいい気がしてきました。


●麻里紗
んん? 急にどうしたの?

●悠
自分たちより、ひなた先輩たちの方がひどい気がします。

●くるみ
はい! くるみたちが幼稚園なら、
ひなたさんたちは動物園です! がおー!

●麻里紗
……そういう安心の仕方は、感心しないわね。

●寧々
動物園……予選が終わったら、みんなで行きたい、かも……。

●晴海
いいね、寧々ちゃん!
……動物園って、蟻さんもいるかなぁ。

●くるみ
蟻さんは、どこにでもいると思うです。

●更菜
あの、もう、空が白んでくるんですけど……。
みなさん……。


●麗華
本当に明日……じゃない、今日、本番なのかしら?

●愛美
夜更かしはお肌の敵なのに……。

●佳奈恵
彩はもう寝てるけどね。

●彩
うーん……もう食べられない……。
フェンリル~……。

●更菜
う、嘘……。
いまどきそんな絵に描いたような寝言を……?

●理子
そんな真面目に驚かなくても……。

●楓李
でもこれ、面倒くさいパターンやで。

みんなでお喋りしている間に自分だけ寝てたことを知ったら、
なんで起こさなかったのよって逆ギレするんや。

●希
うわ……面倒くさ……。

●美雪
自分で寝たのに、ですか?
私には理解しかねるのですが……。

はっ! もしかして、何か心のご病気ですの!?

●佳奈恵
病気、ならよかったけどねぇ……。
病気は治せるからねぇ……。

●セリア
それがアヤというものデス。
でもハンバーガーあげたら、すぐに忘れるでありんす。


●和歌
かわいそうな人ね……。

●愛美
…………。

●茜
いいからもう寝かせてよ~……。
アカネちゃん、夜は弱いんだから……。

●瑠璃花
勝手に寝ればいいのに。

●茜
みんなが話してると気になるじゃない。

●瑠璃花
何が?

●茜
寝てる間に、アカネの文句言われそうで。

●瑠璃花
…………こっちも面倒くさい。

●麻里紗
大丈夫よ、誰も茜ちゃんのこと、悪く言ったりしないわ。

●茜
うぅ……嬉しいけど、やっぱり不安で眠れない……。

●瑠璃花
悪口は起きてるときに堂々と言う。
だから気にしないで。

●茜
それはそれで普通に傷つくからね!?


●プロデューサー
寝たほうがいい。

●寧々
ぷ、プロデューサーさん!?
どど、どうしてここに!?

●萌
私が呼んできたんです。
プロデューサーに言われれば、さすがにみんな寝るかと……。

ふあぁ~……私はもう限界です……。

●琴音
すみません……緊張して、眠れなくて……。

●麗華
だけどプロデューサーの言うとおりよ。
そろそろ寝ないと、ステージに支障がでるわ。

眠れなくても、目を閉じてじっとしているの。
それだけでも、全然違うから。

いいわね?

●全員
はーい。

●萌
まったく、相変わらず緊張感がないというか……。
いや、緊張しすぎてこうなってるのでしょうけど……。

とにかく、今日のステージ、期待していますから。
今度こそおやすみなさい。

●ひなた
……………………。

(身体は、疲れてる……。
でも、みんなといつも通り話せて、緊張が解れたかも)

(あたしは1人じゃない。
和歌と2人だけ、でもない)

(みんなで、23人……!
23人で、1つのプロダクション!)


(今日は、楽しもう。
最高のステージをして、そして……)

(絶対に、勝つんだ……!)

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第10話「アダルトな夜更けに」

ーーレッスン場

●彩
それでそれで!?
その人の、どんなところが好きなの!?

●和歌
うーん、そうですねぇ。
本人は本当にダメダメなのよねぇ。

片付けもできないし、1人じゃ目的地にたどり着けないし……。
私がいないと生きていけないから、仕方なく
一緒にいてあげようかなぁって思ってます。


●彩
きゃー! 和歌って意外と尽くすタイプなのね!
名前は!? イニシャルだけでも教えて!?

●和歌
ダーメ。乙女の秘密です。

●ひなた
くかー。

●和歌
ぐふふ……。
寝顔もおいし……じゃなくて、かわいいんだから……。


●萌
いや、あの……もう寝ませんか?
というか、乙女の秘密、ちっとも隠れてませんが……。

●彩
だって全然眠くないんだもん!
私が寝てる間に、みんなで話してたんでしょ!?

●萌
彩さん、真っ先に布団に入ってましたよね?

●理子
そうだぞ。いい加減に寝ないと、
本当に本番に支障が……ああ、眠い……。

●彩
理子は?

●理子
ん?

●彩
理子は、どんな人がタイプ?

●理子
なっ!? な、何を急に……。
そんなこと、考えたこともない!

●和歌
理子さんもしっかりしてるから、
面倒をみたいタイプなんじゃないかって気がします。

●理子
勝手に決めるな!
アタシはアイドル一筋だ!

●彩
えー、アイドルだって恋愛していいじゃん。
じゃあ……他に起きてる人は……。

●千尋
……ん~?

●寧々
ね、眠いです……。

●更菜
私は、さっきまで眠っていたので……。

●美雪
私はさっぱりですわ。
もう、寝るのを諦めましたの……。

●彩
じゃあ、そこの4人!
右から順に好きなタイプは!?


●彩
千尋から! はい!

●千尋
え、えぇ~……。
うーん、そうだねぇ……。

やっぱり、一緒にご飯を美味しく食べてくれる人かなぁ~。
わたしにとって、それが一番幸せかも~。


●和歌
千尋さんらしいですね。
だけど、作ってる側からしたら特に大切なことですよね。

●寧々
あ、え……わ、私は、その……。
ぞ……ゾンビを倒してくれる人、ですか?


●和歌
そんな、例の黒いアレみたいに言われても……。

●更菜
あ、じゃあ私は、ゾンビは倒せなくてもいいんで、
例の黒いアレを倒してくれる人がいいです。

私、本が好きで部屋にもたくさんあるんですけど……
そのせいかよく、その……出くわすので……。


●美雪
私は……そうですわね。
奥ゆかしい方が好きかもしれません。

●彩
奥ゆかしい?

●和歌
慎み深いってことですよ、彩さん。

●彩
恥ずかしがり屋さんってこと?
それって理子みたいな?

●理子
どうしてアタシが恥ずかしがり屋なんだ……。

●彩
だって好きなタイプを聞いたら、
顔を赤くしてたじゃない。

●理子
べ、別に赤くしてなんか……!


●美雪
理子さんが恋人……。
そうですわね、もしそうだったら、毎日見ていて飽きないですわね。

●理子
美雪まで! というか、それってどういう意味だ!?

●寧々
ゾンビも倒せそう……。

●理子
倒せない! 倒したことないからな!

●更菜
例の黒いアレなら、大丈夫だよね?
ほら、前に麗華の部屋で。

●理子
あ、あれは、みんな怖がってたから……。
進んで倒したわけじゃないぞ?

●千尋
ご飯も残さず、美味しそうに食べてくれそうだね~。

●理子
それは否定しない。

●萌
うーん、そう考えると、
理子さんはみんなの理想に近いんですね。

●更菜
頼りになりますから。

●千尋
たしかに~。そうかもねぇ。

●美雪
まあ! 理子さんが!?

●寧々
……あり。

●理子
な、なんでそうなるんだ……。
一体、なんの話をしている?

●和歌
私はひなた以外、認めるつもりはないわよ。

●萌
もう名前言っちゃってるじゃないですか……。

●彩
じゃあじゃあ、改めて、
そんな理子の好きなタイプは!?

●理子
いいから、みんなもう寝てくれないか……はぁ。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第25章「夜明けの光」第11話「匠の業」

ーーレッスン場

●理子
分かった。また今度話してやるから、もう寝よう。
な、それでいいだろう?

●彩
ダメ、今夜は寝かさない!
朝まで女子トークするんだから!

●理子
だ、だから! 今日は決勝戦の本番だと……!

●希
だー!!!! うるっさーーーい!!!!


●寧々
わっ!? 希、さん!?

●希
いま何時だと思ってるのよ!?
みんな寝てるんだから、静かにしなさいよね!

●更菜
希まで……。
『GE:NESiS』、麗華以外は起きちゃったけど、大丈夫かな……。

●千尋
理子ちゃんが、みんなにとって理想の恋人だって話をしてたんだよ~。


●希
全部聞こえてたわよ!

●希
理子が、恥ずかしがりながらも、
例の黒いアレを美味しく食べてくれる、理想のゾンビって話でしょ!?


●理子
は、はぁ!?

●萌
混ざってます! 色々混ざってますから!

●千尋
きっと、寝ぼけてるんだねぇ~。

●寧々
理子さんが、例のアレを……恥ずかしそうに、食べる……。
……想像、しちゃいました。
ううぅぅぅ……。


●理子
やめろ! 変な想像するな!

●希
いいから寝なさーい!
ゾンビみたいな顔で、ステージに立ちたくないでしょ!?

●佳奈恵
……仕方ない。ここはアタシの出番かな。

●彩
佳奈恵? 起きてたの?

●佳奈恵
起きたんだよ、アンタらがうるさいから。

●更菜
すみません、はしゃぎすぎちゃいました……。

●佳奈恵
大丈夫。ダントツで彩の声が一番うるさかった。

いつまでも寝ない悪い子は、本気見せてあげるよ。
アタシの寝かしつけで、オチないやつはいないからね、


●彩
い、一体何を……。

●佳奈恵
こいつだよ。

●更菜
それは耳かき……ですか?

●佳奈恵
あまりの極楽さに、
全身の力が抜けてふにゃふにゃになるのさ。

さあ、まずはアンタだ彩!
こっちにおいで!

●彩
やだ! まだ寝たくない!
みんなでお話するの!

い、いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!


●佳奈恵
カキカキカキカキ~……。

●彩
あっ……あっはぁ~ん………。
…………ぐぅ~。

●寧々
お、オチた!?
ものの3秒で!?

●佳奈恵
次は理子だよ。

●理子
あ、アタシは自分で寝るから……。

●佳奈恵
いいからコッチに来な!

●理子
や、やめっ! そんな恥ずかしいことは……!

●佳奈恵
カキカキカキカキ~……。

●理子
……すー。

●和歌
あ、オチた。

●萌
す、すごいです、佳奈恵さん。
みんなのお姉さん、恐るべしですね……。

目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ