ファミコン時代に妄想したリアルタイムのジョブチェンジが実現。スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』に超期待!

スクウェア・エニックス』の新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)』が発表されました。発売は2019年夏予定!

スクエニ新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)』とは?


『鬼ノ哭ク邦』は、この世とあの世を行き来し、迷える魂を救う主人公・カガチが紡ぐ“命”の物語と、いわゆる“ジョブ”にあたる「鬼ビ人(オニビト)」をリアルタイムで切り替えながら行う、爽快かつ戦略的なバトルが特徴のアクションRPGです。


対応機種はNintendo Switch、PlayStation4、Steamで、2019年夏発売予定。

『鬼ノ哭ク邦』1stトレーラー

いやあ、ファミコンで『ファイナルファンタジーIII』を遊んだ時、「ジョブチェンジ楽しすぎ! ジョブをバンバン変えながら遊べるアクションゲームがあったら、絶対に楽しい!」と妄想したことを思い出しちゃいました。
(武器の持ち替えとかでバトル中の使い勝手が変わるアクションなどはありますけど、「ジョブ」(しかもスクエニゲーム!)と聞くと、おっさんゲーマー的にはやっぱりニヤニヤしちゃいますね。アクションではないけど、『FFXIII』のジョブロールを切り替えて戦うバトルなんかも、楽しかったなあ)



開発を担当するのは、『いけにえと雪のセツナ』や『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を手がけたTokyo RPG Factory。PVを見る限り、アクション性も高そうで、かなり爽快に遊べそうな印象です。



ものがたり
輪廻転生によって命が繁栄した世界。人々は授かりし命を謳い、来世への祈りを捧げた。
死に対する悲しみは、生者を縛り、死者をためらわせる。すなわち、死を悲しむことは、輪廻転生を妨げる禁忌に他ならない。
だから人々は、その悲しみを笑顔に変えて、死者を送る。
しかし、涙を忘れようとした人の心にも、救いが必要だった。そうして生まれたひとつの役割――人は彼らを、逝ク人守リ(イクトモリ)と呼んだ。
それは、彷徨える死者の魂「迷イ人(マヨイト)」を救済する、いわば生者と死者、この世とあの世の調停者の役割を担う存在。
逝ク人守リは、迷イ人の未練を断ち、来世へと送る者。生者と死者の想いに触れ、命を尊ぶ者。
これは、ひとりの逝ク人守リ、その命の物語――。

物語的には、「輪廻転生」が当たり前という「理」を持つ特殊な世界となっているとことろに注目。シリアス寄りのようで、PVを見たところではとても幻想的な空気感に満ちていました。

▼主人公・カガチ。輪廻転生の理を体現する若き逝ク人守リ。人の命を来世につなげることこそが、自分の使命であると考えている。謎の少女との出会いによって、血の運命に巻き込まれていく。




© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by Tokyo RPG Factory.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ