【あおガルシナリオ集】新アイドル・友守唯衣花が活躍する「乖離するデザイア」

2019年1月31日にサービス終了を迎えたスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、新アイドル・友守唯衣花(ともり・ゆいか)(声優:花守ゆみり)が活躍するイベント「乖離するデザイア」を紹介します。


目次
「乖離するデザイア」第1話「不時着の小旅行」
「乖離するデザイア」第2話「ふたつ巴の日」
「乖離するデザイア」第3話「斬り結ぶ言葉」
「乖離するデザイア」第4話「はじめてのトモダチ」
「乖離するデザイア」第5話「恥じらいデイブレイク」
「乖離するデザイア」第6話「天衣無縫のシンデレラ」
「乖離するデザイア」第7話「戦乙女の裏側」
「乖離するデザイア」第8話「チャンス」
「乖離するデザイア」第9話「天性の才覚」
「乖離するデザイア」第10話「信じる道を往く」

「乖離するデザイア」第1話「不時着の小旅行」

●唯衣花
ご清聴、ありがとうございました!


●佐藤ばあちゃん
相変わらず、ゆいかちゃんの声は
べっぴんさんだねぇ~。

●湯地ばあちゃん
ホント! ばあちゃんたち、聴き惚れちゃったよ!

●唯衣花
いやー、どもども。

●湯地ばあちゃん
唯衣花ちゃんが楽しそうに歌っていると、
元気が湧いてくるわね~。


●唯衣花
えー、湯地ばあちゃん、元から元気じゃん!
朝早くから、道の掃き掃除とかしてるし!

●湯地ばあちゃん
そんなことないよぉ。
もうめっきり、腰が弱くなってね~。

●山川ばあちゃん
湯地さんはまだいいよ。
あたしなんか、台所にも立てないんだから。

●唯衣花
あ、山川さん! わたし、また家事しに行くね!
そろそろ冷蔵庫の卵、賞味期限切れるでしょ?

●山川ばあちゃん
すまないねぇ。だけど、気にしなくていいんだよ。
こうして老人会のみんなで、温泉に来られただけで十分だよ。

●佐藤ばあちゃん
そうそう。ゆいかちゃんには、やることがあるだろ?

●唯衣花
えと、学園へ編入すること?

●佐藤ばあちゃん
他に何があるのさ。
みんな、自分たちのことのように喜んでるんだから。

●唯衣花
……ありがとう。
期待と不安が半々、ってところだけどね。


●おばあちゃん
唯衣花。

●唯衣花
おばあちゃん……どうしたの?

●おばあちゃん
達者で、頑張ってきなさいね。
アンタの声は、年寄り共で専有するにはもったいない。

東京に行って、アイドルになって、
そしたら、私たちはテレビで唯衣花の歌を聴くからね。


●佐藤ばあちゃん
しっかりね、ゆいかちゃん。

●湯地ばあちゃん
寂しくなったら、いつでも帰っておいで。

●唯衣花
うん!

●おばあちゃん
それから……。

向こうでは、しっかりお友達作るんだよ。
ジジババじゃなくて、同じ年頃のお友達をね。

●唯衣花
もちろん! 東京では、たっくさん友達作るから!
みんなで遊んでる写真とか、バンバン送っちゃうし!

原宿でクレープ食べたり、SNSに写真アップしたり、
アイドル同士でサインの交換したり!

だから……おばあちゃんたちも、
ずっとずっと、健康でいてね!

●おばあちゃん
もちろんだよ。

本当のアイドルになっても、なれなくても、
唯衣花は私達の、永遠のアイドルだよ……。

私達のかわいい唯衣花……。
どうか、幸せになっておくれ……。


(学園長室にて)

●唯衣花
任せて、おばあちゃん!
わたし、世界一のアイドルになるからね!


●学園長
…………。

●萌
…………。

●唯衣花
あ、あれ?

●学園長
……トモリユイカ、さん? 意気込みは素晴らしいですけど、
私、まだおばあちゃんって年じゃないと思うの。


●唯衣花
す、すみません!
ちょっと精神世界に小旅行に行ってました!

●萌
学園長、大丈夫ですか、このひと?
経験者の私の勘では、マジの激ヤバなんですけど。


●学園長
大丈夫よ。なぜなら、この前のひなたちゃんたちも、
ちっとも大丈夫に見えなかったでしょ?

●萌
つまり、どっちも大丈夫ではないのでは?

●唯衣花
それで! あの! わたしの所属する学プロって!?

●唯衣花
たくさんの友達と、原宿行ったり、SNSに写真アップしたり、
サインを交換しあわないといけないんです!

●萌
えぇ……。レッスンしましょうよ……。

●学園長
コホン……。話がそれちゃったわね。

友守唯衣花さん、改めて神楽ヶ丘学園へようこそ。
そして、あなたの所属する学プロだけど……。

●唯衣花
はい!

●学園長
ないわ♪

●唯衣花
……んー?

●学園長
ごめんなさい……。
なんせ編入の話が急だったもので……。

しばらく、友守さんにはフリーで活動してもらおうと思うの。


●唯衣花
…………。

……なして?


目次へ戻る

「乖離するデザイア」第2話「ふたつ巴の日」

ーーレッスン場

●唯衣花
(……おばあちゃんと兄貴に勧められて、
東京のアイドル学園に編入したはいいけど)

(1人で公開レッスンに参加って何!?
都会人の群れに、田舎もんをいきなり放り込むフツー!?)

●残念そうなアイドル(茜)
あー、アカネったら、珍しく1人になっちゃったなぁー。
イリオモテヤマネコくらいの希少さだわー。


レッスンの相手、どうしようかなー。
アカネと組める、幸せ者は誰かなー。

●唯衣花
(……あのひと、わたしと同じ空気を感じる。
絶対、同じ田舎者だと思う)


やっぱり、わたしはここでも1人なのかな……。
まだSNS映えしてないのに……。

●都会人アイドル(巴)
ちょっと、そこのアンタ。


●唯衣花
は、はひぃ!? ……わ、わたし?

●都会人アイドル(巴)
他に誰がいるのよ。

そこにいられると、邪魔なんだけど。
アンタは後半の組なんだから、その白線から出ないで。

●唯衣花
わわっ! ごめんなさい!

●都会人アイドル(巴)
……ふん。これだから田舎者は。

●唯衣花
(おばあちゃん、都会は恐いところです……。
唯衣花は早くも帰りたい気持ちでいっぱいです……)


●都会人アイドル(巴)
ほら、アンタはこっち。
さっさと壁の方向いて。

●唯衣花
は、はい!

●都会人アイドル(巴)
こうして私が背中を合わせるから、
ほら、両腕を絡ませて。

●唯衣花
はい!

●都会人アイドル(巴)
そう、そのまま私の背中に体重を預ける。
そしてグーッと、背筋を伸ばすイメージで。

●唯衣花
はい! そのままグーッと……あれ?

(な、なんでわたし、このひととストレッチしてるの?)

●都会人アイドル(巴)
はい、次は私の番。早く背中ひっぱって。

●唯衣花
は、はぁ……。

…………。

●都会人アイドル(巴)
…………。

……よし、いいよ。
次はアンタが床に座って。私が背中押すから。

●唯衣花
あ、あの。

●都会人アイドル(巴)
何?

●唯衣花
(こういうとき、なんて言ったらいいんだろう?
……とりあえず)

あなた、お名前は?

●都会人アイドル(巴)
どうしてそんなこと、教えないといけないの?

●唯衣花
すみません! 出過ぎたことを聞きました!

●都会人アイドル(巴)
いいから早く、床に座る。

●唯衣花
はい~っ!

(やっぱり恐いよ~! なんなのこのひと!?)

●都会人アイドル(巴)
……馳巴。


●唯衣花
へ?

●巴
はせ ともえ。
私の名前よ。アンタが聞いたんでしょ?

●唯衣花
あ……う、うん!

●巴
で、アンタは?

●唯衣花
わたしは友守唯衣花!
先週、ここに編入して来たの!


●巴
そう。物好きなのね。
……ま、分からないことがあれば、私に聞くのはアンタの自由よ。

●唯衣花
う、うん? ありがとう?

●巴
……ふん。

●唯衣花
(分かった。多分このひと、素直じゃないだけだ)

(ちょっと訂正。
おばあちゃん、東京には、変だけど怖くない人もいます)


目次へ戻る

「乖離するデザイア」第3話「斬り結ぶ言葉」

ーー学食

●唯衣花
わ、わー! すごーい! かふぇてりあだ!
かふぇてりあで、と……友達と……お茶してる……。


●巴
カフェ……? ただの学食だけど。

●唯衣花
い、いいんだよー! 憧れだったんだもん!

(さりげなく友達って言ってみたけど……否定されなかった!
これはもう、公認ってこと!?)

●巴
あと、別に友達になった覚えはないから。


●唯衣花
時間差!? 意外とガード固い!?

(ま、まあ、いきなりだもんね。
ゆっくり時間をかけて、仲良くなっていこう……)

と、ところで馳さん、お願いがあるんだけど……。

●巴
やめて。

●唯衣花
まだ何も言ってないよ!?

●巴
じゃなくて、呼び方。

●唯衣花
へ?

●巴
上の名前、嫌いなの。
言いにくいし、なんかクシャミみたいだし。


●唯衣花
く、くしゃみ? よくわからないけど……。

(やっぱり、少し変わってるなぁ)

●巴
それで、何?

●唯衣花
あ、うん。あの、わたしと写真を撮って欲しくて。

●巴
やめて。

●唯衣花
やっぱり断られた!?

もしかして写真苦手?
あ、でも、撮られると魂抜かれるってのは迷信でね!


●巴
私をいつの時代のひとだと思ってるの?

●唯衣花
あ、そっか……。
でも、だったらどうして?

●巴
単にアンタと一緒に写りたくないの。

●唯衣花
もう少し言葉を選んで欲しいな!


●巴
安心して、他意はないから。

●唯衣花
余計に安心できないよ!

●巴
……冗談よ。

●唯衣花
(冗談きっついなぁ……)

●巴
本当は、その……分からないだけ。
どんな顔して写ればいいとか。

意外かもしれないけど、私、愛想笑いとか苦手なの。

●唯衣花
(意外どころか、見たまんまだよ)

どうしてもダメかな?
おばあちゃんたちに写真を送らないといけなくて。

●巴
おばあちゃん?

●唯衣花
あ、おばあちゃんたちってのはね、
私のこと、小さいときから面倒見てくれたひとたちで……。

わたし、約束して……。
学園に行ってたくさん友達作るって……。

でも、アイドルだって真剣に考えてて……。
アイドルは、おばあちゃんと兄貴に勧められたんだけど……。

(って、うまく説明できてるかな?
緊張して、あんまり自信ない……)

(もう少し、きちんとお話したいんだけど……)

●巴
……食堂は、少し騒がしいね。

●唯衣花
え? な、なんの話?

●巴
私、ミルフィーユが食べたい。
この世で最も尊い食べ物よ。


だから私はカフェに行く。
……そこに、アンタがついてくるのは自由よ。

●唯衣花
……あ。

うん! そうしよう!
わたしももっと巴ちゃんのこと知りたい!

●巴
そう。私は別に、私のことを話さないけど。

でも、ミルフィーユを食べながらだと、
機嫌が良くなって、少しだけお喋りになるかもね。

目次へ戻る

「乖離するデザイア」第4話「はじめてのトモダチ」

ーーカフェ

●巴
なるほどね、それで急に編入を。

●唯衣花
そうなの。なのに、入る学プロがないって
学園長に言われちゃって……。

●巴
友達、いないのね。

●唯衣花
どうしてそこだけ!?
あ、うん! 友達作るのも目的だけど!

(でも、巴ちゃんがいるから、
その目的はちょっとだけ達成しました、なんて……)


巴ちゃんは学プロ、入ってるの?

●巴
フリーよ。ユニットも組んでない。

●唯衣花
そ、そうなんだ。ふーん。

(こ、これはチャンス!?)

(友達から同じユニットメンバーになれたりしたら、
それはもう、親友を通り越して結婚してるようなものよ!)

あの! 良かったらわたしと!


●巴
ひゃっ!?

●唯衣花
あ、ご、ごめん……。
大きな声、出しちゃって……。

(うぅ……。失敗しちゃったよ……)

●巴
別にいいけど……。どうしたの?

●唯衣花
(もう一度、言うのよ唯衣花!
わたしと結婚! ……じゃない、ユニット組んでくださいって!)

●巴
ちなみに、アンタとユニットは組めないから。


●唯衣花
わたしと一緒にユニットを――
ってえぇ~!? なして!?

●巴
なんでって……。

●唯衣花
わたしが田舎者でそそっかしくて思い込み激しいから!?
勢いで行動してあとで自己嫌悪するタイプだから!?

●巴
……自己分析はちゃんとできてるのね。

そうじゃなくて、私は1人でやりたいの。
その……アンタに問題があるとかでなくて。

ユニットを否定する気はない。
私には合わないって思うし、やりたいことじゃないだけ。

言うなれば、私は1人で書く小説があってるの。
大人数で作る映画にも、ちょっと憧れがあったとしてもね。

●唯衣花
つまり……わたしは温泉にはタオルを巻いて入る。
だけど巻かない派のひとにちょっと憧れもある……って感じ?


●巴
たぶん違うけどそれでいいよ。

ていうか、ひとが例えたのをさらに例えないでよ。
わけわかんないでしょ……。

●唯衣花
そっか……。残念だけど、仕方ないよね。

…………。

●巴
……でも、私がレッスンしてる横で、
アンタが一緒にレッスンするのは、アンタの自由よ。


そして私はミルフィーユを食べると機嫌が良くなるから、
そんな日は少しくらい、教えてあげることもあるかもね。

●唯衣花
……巴ちゃん。

うん! じゃあ毎日一緒にレッスンして、
終わったらここでお茶しようね!

●巴
誰も毎日だなんて……まあ、いいけど。

●唯衣花
やったー! じゃあこれからもよろしくね、巴ちゃん!

(おばあちゃん、どうやら唯衣花にも友達ができたみたいです)

(少し素直じゃないけど、
友達思いの、とってもいい子です!)

目次へ戻る

「乖離するデザイア」第5話「恥じらいデイブレイク」

ーー廊下

●巴
そうね。レッスンといってもまだ最初だし……。

●唯衣花
基礎練習でも、なんでもばっちこい!
地道な努力が地力を作るんだよね!

●巴
とりあえず、手当たり次第、そのへんのユニットに
ケンカ売ってみましょうか。


●唯衣花
超攻撃的だった!?

●巴
別にふざけてないよ。
『ライブバトル』について、説明されなかった?

●唯衣花
あ……うん、聞いたかも。

●巴
かも?

●唯衣花
説明受けてる間、ちょっと精神世界に小旅行してて……。

●巴
……唯衣花って、少し変わってるよね。

●唯衣花
あはは……。よく言われる……。

●巴
ライブバトルは、学園内の公式試合よ。

勝敗数によってアイドルランクが変動したり、
それによって学園内での待遇も変わる。

ランクが高いほうが優先的に学内の施設を使えたり、
予算も当然、多くもらえるの。

●唯衣花
おお……。世はまさに。アイドル戦国時代……!

●巴
そういうこと。
自分の実力を知る意味でも、まずは適当に戦って……。

コテンパンのけちょんけちょんに敗北して、
失意のなか己の不甲斐なさに打ちひしがれるといいよ。

●唯衣花
だから言いたいこと分かるけど、
もう少し言葉を選んで欲しいな!


●巴
事実は正確に伝えないとね。

●唯衣花
(むしろ悪い方向に誇張してるよね?)

●巴
ええと、手頃な対戦相手は……。

●金髪のアイドル(セリア)
ふふふ……忍者的ヒキョー術の前に、
名もなきモブユニットは儚く散るのデス!


茶運び人形にトコロテン入り湯呑を運ばせて、相手が
飲めへんやないかーい! と動揺しているところを叩くデス!

●ギャルっぽいアイドル(佳奈恵)
モブ相手に反則技って、
アタシら相当追い詰められてない?


●関西弁のアイドル(楓李)
違うで佳奈恵はん。うちらはいつも全力なだけや。

知り合いの生徒に声かけたと思ったらまったく別人やったけど、
そのまま知り合いのテイで貫き通したときの彩はんくらい全力や。

●スリムなアイドル(彩)
ギャー! なんで知ってるのよ!?
アンタ学年違うくせに!


●巴
あれでいいか。

●唯衣花
別の意味で手頃でない気がするんだけど……。

●巴
いいから、ほら早く行きなさい。

●唯衣花
うん……。

(……えと、ライブバトルするのはいいんだけど)

●巴
どうしたの?

●唯衣花
な、なんて話しかけたらいい?

●巴
は?

●唯衣花
だってわたし、いつも1人だったから……。
たまにひとと話しても、余計なこと言っちゃうみたいで……。

●巴
ライブバトルの恥はかきすて。
仲良しこよしになろうってわけじゃないんだから。

●唯衣花
そうだけど……。うぅ……。

●巴
……分かった。仕方ない。
早く自分から話しかけられるようになってね。

●唯衣花
かたじけのう……。


(なんだかんだで、面倒はみてくれるんだ)

(というか巴ちゃんは、
どうして最初、わたしに声かけてくれたんだろう?)

目次へ戻る

「乖離するデザイア」第6話「天衣無縫のシンデレラ」

ーーライブ会場


ーーステージ裏

●セリア
ふっ……負けたぜよ、完璧に……。
だけど、なぜか悪くない気分でありんす。


きっと、敗北の哀しみよりも、
新しき時代の到来を、喜ばしく感じてるからデスね……。

●佳奈恵
ついさっき100連敗したアタシらが言うと、
ひと月で100回時代が変わったことになるけど、そのへんOK?


●楓李
え、それは困るわ。うち、季節の変わり目に体壊しやすいねん。
何回夏風邪引くかわからんわ。

●佳奈恵
どうでもいいけど、誰か負けたことを悔しがったりしないの?

●楓李
悔いなんてあらへん。
悔いが残るほど、真剣にレッスンしとらんもん。

●彩
え? いや、私は普通に悔しいんだけど……あ、あれ?

●巴
……なんなの、このひとたち。
こんなヘンテコなアイドル、みたことない。


●唯衣花
…………。

(……勝っちゃった。初めてのライブバトルで)

(だけど、温泉旅館のステージとは、全然違った……)

(審査員のひとたち、全然笑顔じゃないんだもん。
おばあちゃんたちは、みんな喜んでくれたのに)


(みんな、真剣な目してた。
……そうだよね、アイドルは遊びじゃないんだ)

●巴
唯衣花。

●唯衣花
あ、うん! 巴ちゃん! わたし、ライブバトルに勝ったよ!

●巴
そうね、おめでとう。正直、信じられない気持ちよ。

相手も同じEランクとはいえ、唯衣花よりずっと経験値は上。
それを初戦で破るなんて……。


なんか、腹立つね。

●唯衣花
巴ちゃんって、感情表現が素直だよね。

●巴
……このひと、意外に才能あるのかも。
私レベルが見ても分からないけど、見る人が見れば……。

●お姉さまなアイドル(響香)
へー、またまた面白そうなニューフェイスじゃん。


●巴
っ!?

●セリア
響香! 響香じゃないデスか!

●響香
やっぴーセリア。最近、よく会うね。
どうよ、例の件は?

●セリア
順調デスよ。最終段階にきてるでありんす。

あとは30年前の凱旋門から、宇治抹茶粉末をばら撒いた
ハンドルネーム、まりもグリーンさんの協力さえ仰げれば……。


●佳奈恵
よくもまあ、そんな適当がベラベラでてくるよね。

ウチの弟たちも最近、
セリアの真似してわけのわからないことばっかり言ってるわ。

●響香
敢えてなぜとは言わないが、
それは阻止したほうがいいと思うぜアタシは!

●唯衣花
誰だろう……。なんだかセリアさんと似てるし、
もしかして同じEランクのひとかな。

●巴
……とんでもない。

●唯衣花
へ?

●巴
彼女は『天衣無縫の猫』風早響香。
学園最強のユニット『ヴァルキュリア』の現No.4よ!


●唯衣花
が、学園最強!? えぇ~!

●響香
やーやー、ご丁寧に紹介ありがとうね。

えっと、唯衣花ちゃん、だよね?
ちょっとお話があるんだけど、いいかな?

●唯衣花
話って、わたしに!? は、はいっ!

●響香
そんな固くならずに、りら~っくす。

●唯衣花
(そ、そんなこと言われても!)

(このひとが学園最強! 何か失礼があったら、
どんな目にあわされるか……あわわわわ!)


●響香
単刀直入に言うね。

さっきのライブバトルを見て、ピンと来たよ。
あなた、うちのレッスン受けてみる気ない?


●唯衣花
…………え?

えええぇぇぇ~!?

目次へ戻る

「乖離するデザイア」第7話「戦乙女の裏側」

ーー校外レッスン場

●栞歩
はい! そこで立ち位置変わる!
アリス、足元は見ません!


●アリス
はいですわ!

●栞歩
アリス! 腕があがってないですよ!
背筋も伸ばして、身体が床と直角になるように意識して!

●アリス
は、はい~!

●唯衣花
……どうしてこうなった、わたし。

(この時間、本当なら椎茸をパック詰めして、
ひたすらベルトコンベアに流してたはずなのに……)


(そんなわたしがアイドル!? しかも学園最強のユニットに
目をつけられて、レッスンを見てろって!?)

(あわわわ……おばあちゃん!
唯衣花はいま、逃げ出したい気持ちでいっぱいなのです……!)

●栞歩
リッちゃんも少し前に出すぎです。
もう3センチ、つま先を引いて。

●唯衣花
(……でも、唯衣花は逃げません。
だって、これはわたしが望んだことだから)

(ちゃんと、勉強しなきゃ!)

●響香
…………。

●唯衣花
(わたしは素人だけど、それでも分かる。
みんな、すごくうまい……)

(動きは完璧に覚えてる。
誰も周りを見てないのに、まったくぶつからない)

(……あ、回るときも、身体が先で顔は最後まで
お客さんのほうを見てるんだ)

勉強になるな……。
実際にできる気はしないけど……。

(レッスンが終わって)

●栞歩
おつかれです、みなさん。
完成度はもう2歩、3歩足りないって感じですね。

●アリス
申し訳ございませんわ……。
ワタクシがまた、みなさんの足をひっぱって……。

●響香
えー、今日はアタシも間違えたし、
別にアリリンだけじゃないって!

あんまりジメジメしてると、頭にキノコ生えちゃうわよ!


●律
だけど、私のほうにはみ出してくるのはやめて。
逆ならお好きにどうぞって感じだけど。

●アリス
す、すみませんリツさん! 気を付けますわ!

●響香
そういうリッちゃんも、はける方向間違えたでしょ?
アタシは見逃さなかったけどなぁ。

●律
……目ざといわね。

●唯衣花
(あれだけ完璧にやっても、まだ全然納得いってないみたい……。
これが、学園No.1ユニットのレッスンなんだ……)

●栞歩
それでキョーカ、そろそろゲストの方を
紹介してくれませんか?

●響香
ああ、そうだったね。
チチチチチチ……おいでおいで~。

●アリス
そんな猫みたいに……。


●唯衣花
っ! よ、呼ばれてる!?

はい! ただいま~!

な、何か御用でしょうか響香センパイ!?


●律
猫っていうか、犬ね。

●響香
自己紹介してくれる?

●唯衣花
はいっ!

友守唯衣花! 14歳!
先週、この学園に転入してきました!

アイドル経験はありません! 日課は椎茸の仕分けとパック詰め!
いま一番欲しいものは友達です! よろしくお願いします!


●律
椎茸? 友達?

●響香
面白いでしょ、この子。

●律
まさかそれだけで連れてきたわけ?

●唯衣花
(え、そうなの!?)

●響香
さあどうだろうねー。
そうとも言えるし、そうじゃないとも言えるよ。

●唯衣花
(結局どっちなの!?)

●律
まあ、どっちでもいいけど。

●唯衣花
(良くないよ! わたしが一番気になる!)

●栞歩
なんにしても、彼女のことはカノンが来てからです。
彼女がいないことには、何も話が進みませんから。

●アリス
というか、カノンさんはどうしたんですの?

●響香
新しいゲームの発売日だって言ってたよー。
予約もしてるけど、当日並んで買うのがロマンだーって言って。

●唯衣花
(え? そ、そんなことが、レッスンに優先するの?)

●アリス
……なら、仕方ないですわね。

●唯衣花
(仕方ないの!? 許しちゃうの!? えぇ~!)

(ダメだ。常人には理解できない世界だよ。
わたしもいつか、この環境に慣れるのかな……)

目次へ戻る

「乖離するデザイア」第8話「チャンス」

ーー校外レッスン場

●律
……来たみたい。
ドタバタと、相変わらず品のない人。

●輝音
シホ、シリアルコード入りの初回限定盤が無事に手に入った!
2つあるから、いまから私の部屋で……!


……おや?

●栞歩
もうとっくにレッスンは始まってますけど。

●輝音
それはなんだ?

●栞歩
キョーカが連れてきたんです。
見どころがありそうだって。

●響香
可愛いでしょ~。髪の毛もふわっふわなんだから。

ほら、よしよ~し。

●唯衣花
あ、ちょっ、そんな撫でられると……。

●響香
よしよ~し。

●唯衣花
……く、くぅ~ん♪


●アリス
鳴きましたわ!?


●栞歩
本当にワンコみたいですね……。
尻尾をフリフリしているのが、見える気がします。

●律
……かわいい。


●響香
ねぇ、カノカノ。
ちゃんと世話するから、ここで飼ってもいい?

●輝音
ふむ、そうだな。犬は好きだ。

●響香
ホント!? やったー!
良かったね、ユイユイ!

●唯衣花
ユイユイ……。
というか、わたし、犬なんですか……?

●響香
ここは話をあわせて。
カノカノはNo.1の権力者だから、目つけられると恐いよ~。

●唯衣花
ワン! ワンワン!


●輝音
ただし、私が好きなのは、芸をする犬だ。
お前、何かできるのか?

●唯衣花
芸、ですか……。
椎茸……じゃない。家事全般は得意ですけど……。

(きっとそういうことじゃないよね。
芸、つまり、わたしの特技って言えるものって……)

えと……歌?


●アリス
えっ!?

●輝音
……ほう。

●唯衣花
あ、ち、違います!
いまのはつい、思ったことが出ちゃたというか……!

●律
『ヴァルキュリア』の前でそんなこと言うなんて、
この人もしかして……何も考えてない?


●唯衣花
あうっ!?

●響香
もしくは、よほどの大物かもしれないよ?

●輝音
まあいいだろう。ここに置いておく理由は、
私の暇つぶしの相手としてか、それともアイドルとしてか、どちらかしかない。


そして、本人が犬ではなくて、アイドルでありたいというのなら……。

●律
どうするつもり?

●輝音
勝負しろ、私と。

●唯衣花
え、えぇ~!?

●響香
良かったじゃん、ユイユイ。

●唯衣花
どこがいいんですか!?
無謀ですよ! だって相手はNo.1ですよ!

(……でもたしかに、勝つのは無理でも、
実力を認めてもらえれば、ここに置いてもらえるかも?)

(そうしたら、みんなと友達になって……)

●輝音
ちなみに、勝つ気のない勝負ならするなよ。
負けてもいい、などと思っている軟弱犬に、食わせる餌はないからな。


●唯衣花
あう…………。

●輝音
それで、勝負するのか、しないのか?

●唯衣花
(わたしの特技は歌。実際、これまでは周りの誰よりもうまかったし、
わたし自身も歌うことが大好きだった)

(だったら、これからも歌を特技だって言いたいなら……
勝負、するしかない)

やります!

●輝音
よく言った。

だがやるからには手加減はしない。
自信をへし折られても、泣くなよ?

目次へ戻る

「乖離するデザイア」第9話「天性の才覚」

ーー校外レッスン場

●響香
そこまで! カノカノの勝利!

●輝音
なんだ、もう終わりか。
思っていたより、根性がないのだな。

●唯衣花
……負けた。
ちっとも、かなわなかった……。


(完璧な負け……。ていうか、勝てる気がしない。
ダンスも、歌も、次元が違う……!)

(これじゃ、もう歌が得意だなんて言えない……。
そうか、好きを仕事にするって、こういうことなんだ……)

●響香
ま、仕方ないよ。
相手はあのカノカノだしね。

●律
…………。

●栞歩
どうしたんですか、リッちゃん。
物欲しそうな目で唯衣花ちゃんを見つめて。

●律
そんな目、してない。

だけど、そうね、キョーカが連れてきただけはある。
……あのひと、化けると思う。


●栞歩
敏腕プロデューサーのあなたが言うなら、
きっと本物なんでしょうね。

●輝音
ふむ。おい、ワンコロ。

●唯衣花
は、はい……。

(わたしは学園No.1に逆らったんだ。
きっと、もう学園にはいられない)

(ごめんなさい、おばあちゃんたち。
ごめんなさい、巴ちゃん……)

(友達、たくさん作りたかったなぁ……)

●輝音
お前をヴァルプロに置いてやろう。
レッスンにも参加するといい。


●唯衣花
はい……すみませんでした……。
…………って、え?

なんの話ですか?

●輝音
だから、ヴァルプロにいることを許可すると言っている。
ありがたく思うんだな。

●唯衣花
え……えええぇぇぇ!?

(退学どころか、ヴァルプロ入り!?
何がどうなっちゃってるの!?)


●アリス
カノンさん! どういうことですの!?

●輝音
不服か?

●アリス
い、いえ! 決してそういうわけでは!
ですが、あの試合内容で、ヴァルプロ入りだなんて……!

●栞歩
あの試合内容だからです。
この子には、才能があります。


●アリス
さ、才能……。そうですか……。

●響香
よかったじゃん、ユイユイ! おめでとう!
これで友達もたくさんできるからね!

●唯衣花
あ、ありがとうございます?
正直、理解が追いついていないんですが……。

って、友達できるんですか?

●響香
まあ、ヴァルプロだからね。みんなに一目置かれるでしょ。
内部にも、同学年のアイドルもいるし。

●唯衣花
友達……!

嬉しいです! わたし、巴ちゃんしか友達いませんから!
一生懸命、サイン考えて見せあいっこします!


●栞歩
なんの話でしょうか?

●律
というか、ヴァルプロ入りよりも、友達できるって聞いた途端、
目輝かせなかった?

●輝音
ワンコロ、その巴ちゃんというのはなんだ?


●唯衣花
この学園に入ったばかりで、何も分からないわたしに、
手とり足取り、アイドルについて教えてくれた人です。

ちょっと……いえ、かなり変わってるんですが、
とても良い人ですよ? 今度、ご紹介させて――。

●輝音
必要ない。

●唯衣花
そ、そうですか……。分かりました。

●輝音
違う。紹介が必要ないと言っているのではない。

●唯衣花
だったら、どういう意味ですか?

●輝音
そんな友達、必要ないと言ったのだ。


●唯衣花
……え?

●輝音
どうせEランクの出来損ないだろう。
ヴァルプロに入るからには、これまでの交友関係は精算してもらう。

●唯衣花
ど、どうしてそんな!?

●輝音
『ヴァルキュリア・プロダクション』は、
常にトップを走り続ける最強の学プロだ。
そこに才能なき者がいては、悪影響だ。

もう一度言う。
その巴ちゃんとやらとは、縁を切ってもらう。


目次へ戻る

「乖離するデザイア」第10話「信じる道を往く」

ーー校外レッスン場

●唯衣花
巴ちゃんと縁を切る……そんな……。

●輝音
まだ出会って日も浅いのだろ?
心配せずとも、もっと有益な友人は、ヴァルプロにごまんといる。

もちろん、この条件が飲めないのであれば、
ヴァルプロ入りの話はナシだ。


●唯衣花
(……おばあちゃんたちと、約束した)

(たくさん、友達を作るって……。
アイドルになって、テレビに出るって……)

(ヴァルプロに入れば、きっとその目標に近づく。
それどころか、これを逃したら、もうチャンスはないかも)

(だって、わたしはダメダメだから。
気が弱くて、言ってはいけないことを言って、空気を悪くもする)

(これは、本当に幸運な話。逃す手はない……!)

●響香
…………。

●唯衣花
あの、わたし!

わたし、ヴァルプロに!

っ!?


●輝音
どうした?

●唯衣花
…………。

わたし、ヴァルプロに……
やっぱり! ヴァルプロには入れません!


(……って、あれ!? わたしは何を!?)

●輝音
そうか。

●唯衣花
(入らなきゃ、ダメなのに……。
おばあちゃんたちと、約束したのに……!)

●律
あなた、断るということが、どういう意味かわかる?

●唯衣花
…………いえ。

●律
私たちは別に困らない。
でも、貴方が私たちに呼び出されたことは、知れ渡ってるはず。

それだけで、妬みの対象になるのよ。
しかも、誘いを断ったなんて、もし知られたら……。


●唯衣花
……孤立する、ですか?

●律
そうね。友達を作るどころか、
どこの学プロにも入れてもらえなくなる。

それでも、いいの?

●唯衣花
…………。

いいわけ、ないです。

でも、巴ちゃんを裏切るのは、もっといいわけがない。


だって、巴ちゃんは私の初めてのお友達だから。
こんなわたしに、唯一優しくしてくれたんです。

もしこの先、一生、他のお友達を作れなくなったとしても……。

わたしは、たった1人の巴ちゃんを大事にしたい。
だから、ヴァルプロには入れません……。

●輝音
そうか、残念だな。

●唯衣花
失礼します。

●響香
あ! ユイユイ!

●栞歩
……悪いことをしましたね。

●輝音
ふむ、理解不能だな。

●律
私が言うのもなんだけど、まだ若いんだと思う。
少し大人になれば、今日のことをきっと後悔する。

●アリス
…………。

●響香
マズったかな……。
アタシ、余計なことしたかも……。


●輝音
まあ、こっちの展開のほうが面白い。

彼女がヴァルプロで飼いならされても、
将来的には『ヴァルキュリア』の一員に上り詰めるだけだろう。


●アリス
ヴァ……! え、えぇ!?
だけって、どういうことですの!?


●響香
ヴァルプロに入らず、フリーだったらどうなるの?

●輝音
あんな温室育ちの小型犬なんぞ、十中八九潰れる。
だがな……。

もし、何か奇跡的に歯車が噛み合って、
彼女が私たちの前に立ちはだかったなら……。

今度は、喰い殺されるかもしれん。
オオカミのような、鋭い牙でな。


目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ