【ポケモンGO】ラティアスについて考察。トレーナーバトルではどう使う?

2月23日~3月1日限定で『ポケモンGO(Pokémon GO)』に「ラティアス」が復活。「レイドバトル」や「トレーナーバトル」でどう使うのかを考察してみました。(文:えだまめ)

ラティアスの強さを考察してみた!

2月23日~3月1日の期間限定で復活した「ラティアス」の性能について考察しました。

前回の出現は2018年の4月だったので、10ヶ月ぶりの登場です!

最近だと、パルキアの対策ポケモンとして注目されていたポケモンなので、復活を喜んでいるトレーナーさんも多そうですね!

ラティアスのステータス

まずはラティアスのステータスを紹介します。


タイプ:ドラゴン&エスパー

最大CP:3,510

HP 全ポケモン(480匹)中 108位
攻撃 全ポケモン(480匹)中 54位
防御 全ポケモン(480匹)中 12位

 

弱点のタイプ 耐性を持つタイプ
こおり
むし
ゴースト
ドラゴン
あく
フェアリー
ほのお
みず
くさ
かくとう
エスパー
でんき

特筆すべきは、全ポケモン中12位という防御ステータスの高さに加えて、「ほのお」「みず」「くさ」「かくとう」「エスパー」「でんき」という、頻繁に使用される&強力なポケモンの多い6タイプの技に対して耐性を持っているので、非常に耐久力に優れているという点。

攻撃ステータスもそれなりに高く、バランスの良いステータスを持ったポケモンですね。

ラティアスが覚える技

ラティアスが覚える技を紹介します。

・覚える通常技

  • りゅうのいぶき(威力6:ドラゴン)
  • しねんのずつき(威力12:エスパー)

・覚えるゲージ技

  • サイコキネシス(威力100:エスパー)
  • げきりん(威力110:ドラゴン)
  • かみなり(威力100:でんき)

ラティアスにはどの技を覚えさせるべき?

ラティアスにどの技を覚えさせるべきなのか、シチュエーション別に考えてみました。

ジムバトル&レイドバトルの場合

回避が可能なジムバトルやレイドバトルでは、発生が早く回避が容易に行なえる「りゅうのいぶき」を通常技に設定するのがおすすめ。

タイプ一致で使用可能&等倍を取れるタイプが非常に多いため、汎用性が非常に高いのが嬉しいですね。

ゲージ技は、サードアタックを解放するかでも変わってきますが、基本的には2ゲージで高威力&タイプ一致で使用可能な「げきりん」を設定するのが基本。

もしもサードアタックを解放するなら、ラティアスが苦手とする「こおりタイプ」の技を使用してくるポケモンを素早く倒す(こおりタイプにでんきタイプは等倍ですが、同時にみずタイプを持っていることが比較的多いため)に「かみなり」を設定しておくのがおすすめです。

トレーナーバトルでの場合

トレーナーバトルでも、基本的には通常技に「りゅうのいぶき」を設定しておくのがおすすめです。

ゲージ技も「げきりん」が基本になりますが、当然相手トレーナーに読まれやすく、対策として「サーナイト」を筆頭とする「フェアリータイプ」を持ったポケモンを出されてしまうとかなり厳しいので、サードアタックとして「かみなり」を設定し、等倍で戦えるようにしておく(素直に交代するのが定石ではありますが)と安心。

トレーナーバトルの各リーグでの使い道

ラティアスは、ゲットチャンス時点でCPが2,000前後のため「ハイパーリーグ」または「マスターリーグ」での使用が前提となります。

ハイパーリーグでのラティアス

ラティアスは、ゲット時点でCPが2,000前後あるため、ハイパーリーグだと育成コストが低いというのが利点。

防御ステータスと耐性の多さを活かした耐久力と、等倍を取りやすい「りゅうのいぶき&げきりん」の組み合わせで、とりあえずの1匹目で使用するのがおすすめ。

ハイパーリーグでは、「レックウザ」や「パルキア」や「カイリュー」あたりのドラゴンタイプの選出率も高いため、殴り負け無いようにCP2,500ギリギリまで育成&攻撃ステータスの高い個体を厳選しておくのがおすすめです。

ゲージ技を使用してシールドを使われてしまっても、相手のポケモンの耐久力によっては、次のゲージ技を使用せず、通常技のみで相手ポケモンのHPを削りきるという立ち回りも可能なため、シールド削り要員など使い所が多いポケモンかなと思います。

マスターリーグでのラティアス

マスターリーグは伝説ポケモンやドラゴンタイプの選出率が非常に高く、「げきりん」が刺さりやすいリーグではありますが、当然読まれてシールドを使われてしまうので、サードアタックを解放せず、耐久力を活かしたシールド削り要員と割り切って使用するのもおすすめ。

シールド削り要因であれば、サードアタックを解放しなくてもいいので、育成コストも低く抑えられますよ。

マスターリーグでは、相手の1匹目を見ることで、他にどのポケモンが編成されているかを予想しやすいという側面があるので、シールドを削りつつ様子見をするという使い方で一番輝きそうですね。

サードアタックを解放して運用するなら、3鳥やルギアホウオウ対策のために「かみなり」を設定しておくのがおすすめです。

Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 287.6 MB
・バージョン: 1.101.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ