【パズドラ攻略】超転生ハク 評価・考察・使い方

この記事は、「超転生ハク」の評価記事です。
ステータス詳細やリーダー・サブとして使用する場合、参考にして下さい。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

超転生ハク 評価


目次
ステータス詳細 リーダー評価 サブ評価
おすすめの潜在覚醒 おすすめの覚醒バッジ 総合評価
最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

ステータス詳細

超転生ハク

属性 副属性 タイプ コスト
神/回復/攻撃 60
HP 攻撃 回復
最大Lv99 4,034 2,595 833
各+99 5,024 3,090 1,130
限界突破 4,639 2,984 958
各+99 5,629 3,479 1,255

はく


スキル「白虎七星陣」 Lv.最大
全ドロップを火、水、闇ドロップに変化。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 9ターン
リーダースキル「白虎神の真魂」
闇属性のHPが1.5倍。HP50%以上で攻撃力が5倍。火水闇の同時攻撃でダメージを軽減、攻撃力が3倍。
覚醒スキル
スキルブースト スキルブースト 封印耐性 操作時間延長 操作時間延長
2体攻撃 2体攻撃 2体攻撃 2体攻撃
付けられる潜在キラー
ドラゴンキラー 悪魔キラー 攻撃キラー 体力キラー
付けられる超覚醒スキル
2体攻撃 askill_52 ダメージ無効貫通 askill_55 ダンジョンボーナス

リーダー評価

適性 LS系統 HP/攻撃倍率・軽減

高耐久・高火力リーダー

超転生ハクは闇属性と広い範囲に『1.5倍』のHP倍率がかかる上で、軽減効果を合わせ持っています。そんな高い耐久力を持っているものの、攻撃倍率も『15倍』と高め。火力調整も可能なため様々なダンジョン活きてきます。まさに攻守兼ね備えたリーダーと言えるでしょう。

扱いはやや難しめ

超転生ハクは高耐久・高火力なリーダーである反面、やや扱いが難しい部分があります。攻撃倍率を出すには、HPを50%以上に保つ必要があること。軽減効果を発動するには、火水闇の同時攻撃が必要なこと。この2つを考えると決して扱いやすいとは言い難いのが事実です。

サブ評価

適性 スキル系統 陣・ヘイスト

高い火力要員

超転生ハクは覚醒スキルに2体攻撃を4個持っています。また、超覚醒には5個目となる2体攻撃やダメージ無効貫通もあり、さらなる火力増強も可能。その上、スキルは3色陣と、高い火力を出すことが可能な1体となっています。闇属性の火力要員としてパーティに大きく貢献してくれるでしょう。

扱いに注意

超転生ハクは高い火力を出せるものの、超覚醒をつけないとバインドに弱いのが痛いところ。火力を取るか、汎用性を取るかの2択となってしまいます。また、陣スキルは火力にこそつながるものの、回復ドロップは生成しません。全体的に使う場面を選ぶ必要のある性能と言えます。

おすすめの潜在覚醒

潜在 オススメの理由
スキル遅延耐性 火力につなげるためにも遅延対策があると良い
攻撃強化 火力要員としての力を強化
悪魔キラー 刺さりやすいキラーでさらに火力をアップ

おすすめの超覚醒

順位 潜在 オススメの理由
1 2体攻撃 覚醒スキルと合わせて火力を底上げ
2 askill_52 弱点であるバインドを対策可能
3 ダメージ無効貫通 火力アップは狙えるものの、3色陣との噛み合いが難しい
4 askill_55 あって困らないものの、ダンジョンを選ぶ
5 ダンジョンボーナス ステータス強化には一切つながらない

おすすめの覚醒バッジ

超転生ハクはバインドが効いてしまうのが痛いところ。リーダー運用なら超覚醒で補わず「バインドバッジ」で補ってあげるのがオススメ。
もしバインドを超覚醒で対応したり、バインドが少ないダンジョンならば「HPバッジ」で耐久力を底上げするのもあり。

覚醒バッジ一覧
バインド耐性 HP

総合評価

幅広く活躍

超転生ハクはリーダー・サブ・アシスト、どこで使っても活躍できる性能となっています。
リーダーとしてならば高耐久・高火力なリーダー。サブとしてなら高火力が魅力な1体。アシストとしてならば決め手となる陣。幅広く活躍できる魅力的なモンスターです。
ただし、どう使うにしても少し扱いが難しいのが痛いところ。どこで使う場合にも、しっかり先を考えて動く必要があるでしょう。

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 119.4 MB
・バージョン: 4.1.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!