【戦場の絆】「勢力戦 ウインターバトル2019」野良参戦レポート(連邦軍編)[PR]

バンダイナムコアミューズメントは、アーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』のイベントとして、「勢力戦 ウインターバトル2019」を2019年3月10日まで実施中です。

前回に引き続き個人的戦績をご紹介

「全国対戦」「イベント戦」戦に出撃し、「貢献ポイント」を稼いで報酬がもらえる「勢力戦」。

今回、地球連邦軍に「ガンダムMk-II(T)」、ジオン軍に「キュベレイMk-II(PT)」の2機体が先行支給。前回の「勢力戦」に引き続き、筆者も参加していますので、そのレポートをお届けいたします。今回は「地球連邦軍編」です。

ステージスケジュールなど詳細は公式サイトをご確認ください。

【今回掲載した第1週〜第2週の戦績】



※筆者の搭乗カテゴリーはグレーで表記しています
※ステージ略称について……NY=ニューヤーク、RC=リボー・コロニー、S7=サイド7、OD=オデッサ、TT=トリントン、IE=アイランド・イーズ、ABQ=ア・バオア・クー、TD=タクラマカン、CB=キャルフォルニア・ベース、JG=ジャブロー地上、RCB=リボー・コロニーエリアB、MT=鉱山都市、GC=グレートキャニオン、S5=サイド5実験場、GN=グラナダ、HL=ヒマラヤ、AB=北極基地、TPB=トリントン湾岸基地、JJA=ジャブロー地上密林エリア。(R)はリバースステージ

第1週(2/8〜2/14)勝率は5割をキープするも、怒涛の階級降下の始まりの予感

今回は前回の勢力戦とちょっと攻め方を変えて、なるべく早く先行支給機体「ガンダムMk-II(T)」をゲットしよう! という方針で挑んでみました。階級は「准将2」からのスタートでした。全部野良(1人)での出撃です。

また、今回の勢力戦は前回とはいくつか違った課題を考えました。

1.)個人の火力の向上や立ち回りを見直し、被撃墜数などにも気をつけながら、カテゴリごとの基本に立ち戻ること。
2.)できるだけチームメンバーとの連携を意識し、戦術面においてより「作用する」動きを心がける。
3.)支給されてもあまり使っていない機体にもチャレンジする。

……と意気込んで戦場に乗り込んでみたんですが、初日からいきなり勝率は5割をキープできたものの、准将1に降格しました。

鉄板の「ザクII(F2)」に頼らず、格闘型に多く乗ってみようといろいろ試してみたところ、個人的に「百式」ブームが訪れました。

▼自分の中で訪れた「百式」ブーム。調子がいいと段差抜けなどを狙っている相手が見えて、タックルドローをやめて「ビーム・ライフル」でのクイックドローに切り替えたりなどで連勝できていたのですが……。



タックル追撃、タックルドローと強力な格闘周りの仕様でプレッシャーをかけられる代わり、素体コストは280、AP(体力値)が少なめということで、慎重な立ち回りを望まれる機体です。

タンク(遠距離砲撃型)の護衛も、アンチ(敵タンクを妨害する役割)も経験しましたが、初日と2日目、「百式」搭乗時に全勝できたのはチームメンバーのおかげです。

3日目の2月10日からは先行支給機体「キュベレイMk-II(PT)」と遭遇。そして早くも自分の中の「百式」へのテンションは崩れました。しかも3落ちを喫するなどして2敗。

機体は強いのに、APを気にし過ぎて適切にダメージソースとして動けず、ほぼ空気(いてもいなくても変わらない)に近い状態か、逆に突っ込みすぎて多落ちしチームに迷惑をかけるという目標とは逆の動きになってしまいました。

気分転換として、前回から頼りにしていた射撃型の「トリスタン」だけでなく、個人的にコストパフォーマンスを活かせないかと思っていた「Gブル」なども乗ってみました。

「Gブル」ではメイントリガ武装を「2連装ビーム・キャノンB」、サブトリガ武装を「ビーム・ライフルA」で立ち回ってやっと「味方のカットとダメージの底上げ、ライン上げをメインに動けるようになったかも?」と思ったころに1週間が過ぎていました。

3日目に負け越し以外は勝率は5分をキープ。これまでと改善が見られたか? といえば、搭乗機体のコストと立ち回りが果たして相応しいのかどうか怪しいという状態でした。

特に困った時は「ザクII(F2)」に頼って低コスト機体ばかり乗っていた時期が長かったので、格闘型では高コスト機体で被弾を回避しつつチャンスに的確に対峙している相手にダメージを与えること、射撃型では有利な射程を活かした広い視野での味方へのサポート、高いダメージを離れた相手に与えつつ、味方とともにラインを上げるといった動きがまだ足りないという感触でした。

ただ、高コスト機体の火力や機動力が活きたときの感動を久しぶりに思い出すこともできました。これからも折を見て臆せず乗ってみたいと思わせてもくれた週となりました。

第2週(2/15〜2/21)「ガンダムMk-II(T)」取得も悪夢の負け越しスタート

前週コンスタントに4〜5クレジットプレイしたこともあり、第2週に入っていきなり貢献ポイントが残り100を切ったので、2月15日に一気にプレイして「ガンダムMk-II(T)」の取得を狙ってみました。

ところがいきなり4連敗でのスタート。近距離戦型の「ガンダムMk-II」や格闘型の「ジェガン」といった武装を取り残していた久しぶりの機体を選んだことも悪かったのですが、宇宙ステージの「グラナダ」で久々に「ボール」をタンクとして連続で選ぶチームメンバーに遭遇することになりました(それぞれ別の方です)。

APが少なく空中機動に優れる「ボール」は、いかに高さを活かして相手の格闘型機体に捕まらない立ち回りをしながら砲撃ができるかが勝負で、その利点を生かすためにチームを組むメンバーの意識も変える必要がある機体だと個人的に考えています。

1.)「ボール」に釣られてロングジャンプする敵機の着地を的確に攻撃してダウンさせ、足止めする
2.)地上、空中問わず格闘間合いでのじゃんけんを仕掛けるなどして無理やり「ボール」から相手を引き剥がす
3.)偏差などを活用し、空中で射撃を当てるなどし、回避運動をさせて引き剥がす

とはいいながら、護衛するなら通常の機体よりもさらに厚めにケアしてなるべく拠点を多く撃ってもらうか、逆に「ボール」の低コストを活かして、単独で敵を釣る(アンチにくる敵機を1機引き受けてもらう)などしてもらい、敵軍へのアンチを強めるといった、この機体独特の対応を求められることをこの時はすっかり忘れていました。特に1)、2)を意識するだけでも違ったのですが……。

久々に出会った連続での「ボール」との連携意識がはっきりせずふわついていたので、当然自分の立ち位置もふわつきます。結果拠点撃破を先行され、あげく自軍の損失コストも上がって気がつくと足掻いても逆転の余地がない……。野良同士なので効率の良い連携を取ることもできず、この日だけで2勝6敗と大きく負け越し。

▼せっかく「ガンダムMk-II(T)」を取得できたものの、この日は本当にいたたまれない対戦が多かったです。


ようやく貢献ポイント750を突破し「ガンダムMk-II(T)」を取得できたのに、「グラナダ(R)」で1勝もできなかったのはせっかくタンクを出してくださった方に申し訳なく、本当にいたたまれなかったです。

気づいたら階級もあれよあれよと下降限界の「大佐1」まで落ちていました……(少将以上の将官に1度昇格すると、それ以降そのパイロットの降格には制限がつきます。詳細は公式サイトをご確認ください)。

▼「ボール」の機転で久しぶりの3拠点撃破の逆転勝利! あのときの「ボール」さん、本当にありがとうございました! ちなみに自分は2落ちしていて大変申し訳ないかぎりです……。


それでもめげずにその後も毎日出撃していたので、久々に4vs4の対戦も経験しました。

この時も「ボール」とチームを組む機会がありました。「アイランド・イーズ」で護衛を意識しすぎて自分だけ敵アンチに突っ込んで2落ちして迷惑をかけつつ、前回の反省を生かして結果的に敵アンチを「ボール」から引き剥がすことができました。

おまけに「ボール」がうまく位置どりして残り30カウント強から最速で拠点3回目の撃破に成功して逆転してくれた試合は、本当に久しぶりに「あ、4vs4は3拠点の芽が残っていたな」と再確認させられたと同時に、タンクの機転に助けられ「チーム戦っていいな」と感動させられる1戦でした。

野良出撃で意識すべきこと

「貢献ポイント」を750ポイント突破するまでの勝率は24勝28敗。4割6分で「クライマックスバトル’18→’19」よりも悪化しました。

前回より悪くなった理由には時間節約のためのCPU戦を回避したことも要因のひとつですが、今回の「ウインターバトル2019」で挙げた課題の中で、特に格闘型機体での高コスト機の立ち回りに不安定さが残ったのが自分なりの反省点です。

また、格闘型機体での自分のプレイを振り返ってみると、

・接近戦が多いゆえの視野の狭さ(操作で精一杯になっている)
・視野が狭く、レーダーが活用できていないこと(先に噛まれることがまだ多く、せっかく噛んでもクイックドローでの離脱タイミングの目算が甘くダメージを受けていることが多かった)
・戦況に応じて掛けるコストと奪うコストのバランスが取れていないこと(無理に突っ込んでタンクを止める必要があるのかないのか、など)

などが目につきました。被弾が先行して敵にダメージを与えておらず、かといって噛み付いて格闘攻撃による大ダメージを狙えるポジションに到達するころには瀕死……このような状態の展開が多かったことは、特に高コスト格闘型機体に乗り慣れていない自分にとっては、改めて練習、工夫の必要を痛感させられたところです。

つたないながらも、自分的に野良出撃で格闘機の立ち回りとして今後の課題として挙げることがあるとするなら、

・特に高コスト機体に搭乗している場合、率先して突っ込んでいく際は先に噛まれること自体が失敗。
・できればAPがあるうちにダウンでの無敵や障害物を活用した高飛び(ロングジャンプ)などを使って敵陣の上を取るなどしてラインを上げていくこと。
・平地の多いステージでは、射程の長い相手と対峙している際は我慢しつつ歩きながら、偏差射撃や誘導武装を意識しつつ、どう距離を詰めていくかの引き出しを増やすこと。
・「頭部バルカン砲」などで敵をダウンさせての瞬間数的有利などでは、1ドローや2ドロー(クイックドローを1連撃後や2連撃後に使う)で離脱を意識して被弾を避ける。
・できればボイスシンボルチャットで声かけしながら目標を定めて僚機と戦う(敵護衛が残り1機なら自分が引き受け、僚機にはタンクに攻撃を仕掛けてもらうなどして時間を無駄に使わない)。
・ダメージの取り合いになってお互い瀕死に近い状態なら、敵を撃破するより撃破されてリスタートをうまく使って数的有利や戦略的優位を作る(いわゆるパリ放置)。

といったことを技術や立ち回りを含めてもっと練習する必要があると感じました。


© 創通・サンライズ


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ