【ポケモンGO】ディアルガについて考察。バトルではどう使う?

3月2日から28日の間『ポケモンGO(Pokémon GO)』の伝説レイドバトルに出現している「ディアルガ」を「レイドバトル」や「ジムバトル」や「トレーナーバトル」でどう使うのかを考察しました。(文:えだまめ)

ディアルガの強さを考察してみた!

3月2日~28日まで出現している「ディアルガ」の性能について考察しました。

実装前からかなり注目されていたポケモンだけに、その性能が気になっているトレーナーさんも多いのではないでしょうか。

ディアルガのステータス

まずはディアルガのステータスを紹介します。


タイプ:ドラゴン&はがね

最大CP:4,038

HP 全ポケモン(485匹)中90位
攻撃 全ポケモン(485匹)中 9位
防御 全ポケモン(485匹)中 34位

 

弱点のタイプ 耐性を持つタイプ
・かくとう
・じめん
・ノーマル
・みず
・でんき
・ひこう
・エスパー
・むし
・いわ
・はがね
・くさ(2重耐性)
・どく(2重耐性)

全ポケモン中9位という攻撃力の高さと、弱点が2タイプしかない&10タイプに対して耐性を持っているという耐久性能の高さが魅力のポケモン。

弱点の2タイプも「かくとう」「じめん」と、ジムに置かれている頻度が少ないタイプなので、ほとんどの場合で等倍or軽減で戦えるという汎用性の高さも魅力です。

また、ドラゴンタイプを含んでいるにもかかわらず、弱点にドラゴンタイプが含まれていない(はがねタイプの影響)という珍しいポケモンでもあります。

ディアルガが覚える技

ディアルガが覚える技を紹介します。

・覚える通常技

  • りゅうのいぶき(威力6:ドラゴン)
  • メタルクロー(威力8:はがね)

・覚えるゲージ技

  • かみなり(威力100:でんき)
  • アイアンヘッド(威力60:はがね)
  • りゅうせいぐん(威力150:ドラゴン)

ディアルガにはどの技を覚えさせるべき?

ディアルガにどの技を覚えさせるべきなのか、シチュエーション別に考えてみました。

ジムバトル&レイドバトルの場合

回避が可能なジムバトルやレイドバトルでは、発生が早く回避が容易に行なえる「りゅうのいぶき」を通常技に設定するのがおすすめ。

タイプ一致で使用可能&等倍を取れるタイプが非常に多いため、汎用性が非常に高いのが嬉しいですね。

ゲージ技ですが、基本的には「りゅうせいぐん」で運用するのがおすすめです。

りゅうのいぶき&りゅうせいぐん」という組み合わせは、レイドバトルのような長期戦において、トップクラスのダメージ効率をほこり、「レックウザ」や「パルキア」など、強力なレイドボスと戦うときに非常に役立ちます。

カイリュー」「ボーマンダ」などと違い、ドラゴンタイプの攻撃を等倍で受けられるという点が、これまでのドラゴンタイプのアタッカーポケモンと大きく違う点で、たとえ瞬間火力で劣っていても、ゲージ技を多く当てる事が可能なため、ダメージも高い水準で安定します。

以上のような理由から、現在実装されている中で最も優秀な対ドラゴンタイプポケモンかなと思います。

手持ちに「コメットパンチ」を使用可能な「メタグロス」がいないor少ない場合は、通常技を「メタルクロー」に設定、ゲージ技を「アイアンヘッド」に設定した”はがね運用”のポケモンとして使用する事も可能。

こちらの運用方法でも、攻撃ステータスの高さを存分に発揮可能で、幅広く活躍可能な強力なポケモンですね。

トレーナーバトルでの場合

トレーナーバトルでも、幅広いタイプに等倍ダメージが与えられる「りゅうのいぶき&りゅうせいぐん」の組み合わせがオススメ。

本来、りゅうせいぐんのような高威力技は溜まるのが遅く、シールドで防がれやすいため、トレーナーバトルで使用するのは少し難しい技(勿論使い方によりますが)です。

しかし、ディアルガは耐久力に優れているため、倒れるまでに他のポケモンよりも多くゲージ技を使用可能な傾向にあります。

りゅうせいぐんを2~3回(通常マスターリーグだと1回使用できればOKという感覚です)使用する事が出来れば、たとえ防がれてもシールドの回数を削れますし、防がれなければ相手ポケモンに大ダメージを与えることが可能なので、立ち回りが格段に楽になりそうですね!

各リーグでの使い道

ディアルガはゲット時点でのCPが2300前後のため「ハイパーリーグ」または「マスターリーグ」での使用が前提となります。

ハイパーリーグでのディアルガ

ハイパーリーグで選出されやすい「ギラティナ」「ラティアス」「ラティオス」など、ドラゴンタイプのポケモンに対して、一方的に大ダメージを与えられるという点が強力。

サードアタックを解放して「アイアンヘッド」を使用可能にしておけば、ドラゴンタイプへのアタッカー兼壁役でたまに使用されている「サーナイト」や「トゲキッス」あたりのフェアリータイプのポケモンにも効果抜群が取れますよ。

耐久力の高さを活かして、パーティの1番手に編成する事で、様子見とアタッカーの両役をこなせるので汎用性も抜群です!

弱点となるじめんタイプの強力なポケモン「グラードン」や、「じしん」を覚えている可能性がある「メタグロス」あたりには注意!

マスターリーグでのディアルガ

ルギア」「レックウザ」など、強力なアタッカーに対して非常に有利に立ち回れるのが特徴。

ルギアを筆頭として「ファイヤー」「ホウオウ」など、ひこうタイプを持ったポケモンも使われやすいので、基本的にはあまり候補に入らない「かみなり」をサードアタックで解放しておくという選択もマスターリーグでならアリ。

他に使われやすい「ミュウツー」や「メタグロス」も、技の構成によっては弱点を突かれてしまう事もありますが、サードアタックを解放していない固体(賭けにはなってしまいますが)であれば「シャドーボール」や「コメットパンチ」が飛んでくるだけなので、対等に戦う事も可能です。

耐久力を活かし1体目に編成するのが基本ですが、ハイパーリーグと同じく「グラードン」のじめん技には注意が必要で、1戦目か2戦目で当たってしまった場合は、素直に交換するのがベター。

ディアルガの登場は3月28日まで! 超強力なポケモンなので、必ず複数体ゲットしておこう!

関連記事
【ポケモンGO】ディアルガ対策ポケモン一覧! ディアルガの使用技を見極めるのが重要
Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 294.1 MB
・バージョン: 1.103.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ