『Microsoft Excel』、アプリで紙を写真撮影してエクセル化できるように

Microsoft Excel』iOSアプリに、紙の表をカメラで撮影してエクセルデータ化できる夢の機能がやってきます。

iOSアプリへの機能追加はもうすぐ!


マイクロソフトは2月28日に公式ブログにて、『Microsoft Excel』アプリに「写真から直接エクセルデータに追加する機能」の実装を発表しました。

すでにAndroid版では提供が始まっており、iOS版は現在実装中とのことです。

「iOS support coming soon」との説明から、そう遠くないうちにiOSアプリでも利用できるようになると思われます。

この機能では撮影した紙から必要な部分だけをOCRで読み取ってエクセル化できます。


さらに読み取った写真を同じ画面で見ながらデータを修正することも可能です。


印刷されたデータを手入力している人にとって、かなり助かる機能となりそうです。

マイクロソフトによるアップデート内容の説明動画

Microsoft Excel ・販売元: Microsoft Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 256.4 MB
・バージョン: 2.22
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「YouTube」より
© 2018 Microsoft Corporation. All rights reserved.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ