【吉野家】肉が大盛りの倍の「超特盛」と最小サイズの「小盛」が販売開始(3月7日10時〜)

吉野家は、肉の量が大盛の2倍となる「超特盛」と最小サイズの「小盛」を3月7日10時より販売開始します。牛丼の新サイズが登場するのは1991年に特盛が新登場して以来の28年ぶりとのことです。

肉の量が大盛の2倍「超特盛」と並盛より小さい「小盛」出る!

「超特盛」は「特盛」より大きい、肉の量が「大盛」の倍、「小盛」は「並盛」より少なめの量で、小腹を満たすには最適な量となっているそうです。

これで吉野家の牛丼のラインナップは「超特盛」、「特盛」、「アタマの大盛」、「大盛」、「並盛」、「小盛」の6サイズとなります。

牛丼の新サイズが登場するのは1991年に特盛が新登場して以来の28年ぶりだそうです。

ちなみに画像の「小盛」は専用の小盛丼ぶりができておらず、3月7日は別の柄の器での提供となるそうです。ある意味レアですね。

吉野家公式アプリ 〜スマホ歩数計連動型クーポンアプリ〜 ・販売元: YOSHINOYA HOLDINGS CO.,LTD.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: フード/ドリンク
・容量: 95.5 MB
・バージョン: 3.0.10
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ