【D2メガテン名言集】悪魔をテーマに小説を書いてみたいのよ(上田リリン)

D×2 真・女神転生リベレーション』の名言集をお届け。第5回はイマどきの女子高生、上田リリンをクローズアップ!(文:塩田信之)

悪魔をテーマに小説を書いてみたいのよ(上田リリン)

●キャラクエスト「アイリーン」2話より



「アイリーン」のコードネームを持つ上田リリンは、龍造寺梨花とはあらゆる意味で対照的な「イマどきの女子高生」。将来ラノベ作家を目指しており、ネットの小説サイトに投稿したり、出版社のコンテストに応募しているという。

ラノベ作家を目指す理由は、「夢の印税生活」を送るため。メイド喫茶でバイトしていて、リベレイターズとしての活動よりも仕事を優先するなど、「お金」にうるさいところがある。



くるくると表情が変わる明るい性格で、ちょっぴり「守銭奴」な言動もなんだか許せてしまうマイペースなキャラクター。

そんな彼女の「キャラクエスト」は、「ラノベのアイディア」を得るため悪魔に取材をする姿が描かれる。上に挙げたセリフは、リャナンシーに取材を申し込んだときのものである。

リリンのもうひとつの大きな特徴は、「女の子大好き」なこと。梨花の通う学園を訪れたときや、召喚所の管理人有紗と会ったときなど、不審人物として通報されてしまいそうな言動を見せる。



書いているラノベも「百合」ネタ。しかも、有紗のようなかわいいタイプから、美女タイプの悪魔も「おねーさま」と呼ぶ守備範囲の広さ。



そんなリリンは、自慢の弟と妹のことや、実は父親がいないことも話してくれる。彼女がバイトを頑張っているのも、弟や妹を希望の進路に進ませるため。いい「お姉ちゃん」な一面を持っているのだ。



D×2 真・女神転生 リベレーション【RPG】 ・販売元: SEGA CORPORATION
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 290.5 MB
・バージョン: 2.0.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©SEGA/©ATLUS

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ