『FGO』のディライトワークスがインディーズレーベル発足。第1弾ゲームタイトル内容を公開

ディライトワークスはインディーズゲームレーベル「ディライトワークス インディーズ」(以下、本レーベル)の発足を本日2019年3月19日(火)に発表しました。

さらに本レーベルの第1弾タイトルとして、株式会社AREA35(以下、AREA35)が開発するNintendo Switch™向けタイトル『タイニーメタル 虚構の帝国』を、日本国内向けに2019年春より発売することを公開しました。

ディライトワークスによる公式発表(原文ママ)

昨今、ゲーム開発ツールの進化や様々な配信プラットフォームが整備されたことにより、インディーズゲーム市場が拡大しています。一方、インディーズゲームメーカーにおいては、魅力的で個性豊かなゲームタイトルを開発しながらも、マーケティングをはじめとした様々なパブリッシング業務に十分なリソースを割けないことがあります。本レーベルは、「ただ純粋に、面白いゲームを創ろう。」というディライトワークスの理念のもと、インディーズゲームメーカーが創るゲームタイトルをお客さまにお届けし、そのタイトルがお客さまにとっての“価値あるコンテンツ”となることを目指して、インディーズゲームの開発段階からマーケティング、販売まで一貫してサポートしてまいります。


本レーベルのロゴには、ディライトワークスのコーポレートカラーと同色で表現したロケットをアイコンとして用いています。勢いよく飛び立ち、新しい領域を発見するロケットのように、お客さまに新たなインディーズゲームをお届けし、“面白い”というゲームの本質的な価値をご提供することを目指してまいります。

なお、2019年3月23日(土)、24日(日)に東京ビッグサイトで開催される「AnimeJapan 2019」のディライトワークスブースにて『タイニーメタル 虚構の帝国』のティザームービーを公開いたします。本格ウォーシミュレーションゲームの楽しさを表現したシネマティックなムービーをご覧いただけます。

レーベル第1弾タイトル『タイニーメタル 虚構の帝国』

『タイニーメタル 虚構の帝国』は、AREA35が開発し、ディライトワークスより本レーベル第1弾タイトルとして日本国内向けにパブリッシングが行われます。Nintendo Switch™向けのダウンロード専用ソフトとして、2019年春より販売開始の予定です。

▼『タイニーメタル 虚構の帝国』パッケージイメージ


『タイニーメタル 虚構の帝国』は、古くから親しまれたゲームスタイルであるターン制ストラテジーをベースに、Unreal Engine4により表現された最新グラフィックの兵器とマップにて、様々な戦場をかけめぐる本格ウォーシミュレーションゲーム。

システムやユニットの性能を分かりやすくすることで、今までのウォーシミュレーションゲームを遊んだことのない方でも手軽に楽めるとのこと。また、複数の難易度を用意することで、歯ごたえのあるゲーム性や高い戦略性を楽しみたい方も楽しめる設計になっています。さらに、豪華声優陣によるフルボイスで繰り広げられるストーリーと、わくわくするゲーム音楽が本作の世界を彩ります。

【複数のゲームモード】

『タイニーメタル 虚構の帝国』には複数のゲームモードが搭載されています。その一部である「キャンペーン」、「スカーミッシュ」、「マルチプレイ」の概要は以下のとおりです。

■キャンペーン

ストーリーを楽しみながら、魅力あふれるキャラクターたちと戦場を駆け巡るゲームモードです。キャラクターの成長に合わせて難易度が上げる戦場にストーリーの緊迫感が徐々に高まっていきます。

<キャンペーンモードストーリー>
行方不明の兄の消息をたどり、深い雪に覆われた山岳地帯“ランズ・エンド”を訪れるヴォルフラム。しかし、兄の消息を辿るに連れ、謎の敵から執拗な攻撃を受けることとなる。一方、ロストテックを捜索するアルテミシアの将校ネイサンと、謎の敵の目的を探るジパング将軍ツクモ。
3人の運命はいつしか交錯し、新たな戦場を駆け巡る。

■スカーミッシュ

大小様々な60以上のマップの中から、好きなマップと難易度を選び、戦略を練って攻略を楽しむゲームモードです。マップの隅々まで楽しめるスカーミッシュモードで戦略を練ることで、新たな戦いに備えられます。

■マルチプレイ

プレイヤー同士で対戦できるゲームモードです。モードの詳細はあらためて発表されます。

【ゲーム画面】





【『タイニーメタル 虚構の帝国』作品概要】

■タイトル名
・タイニーメタル 虚構の帝国

■対応プラットフォーム
・Nintendo Switch™

■ジャンル
・本格ウォーシュミレーションゲーム

■配信時期
・2019年春

■開発
・株式会社AREA35

■販売
・ディライトワークス株式会社

■販売レーベル
・ディライトワークス インディーズ

■価格
・1,800円(税込)

■関連サイト
公式サイト

■CERO
・審査予定

(C)2019 AREA 35, Inc. © 2019 HIROAKI YURA Published by DELiGHTWORKS Inc. In Japan

【株式会社 AREA35 概要】

国内外のネットワークやインディーメーカーとしての強みを活かし、日本発の世界中で愛される一生記憶に残る作品を目指して日々開発を行っているゲームメーカー。また、ゲーム開発だけでなく映像制作を行っている。

■社名
・株式会社 AREA35(AREA35 Inc.)

■代表者
・代表取締役:由良浩明氏
・取締役:江口政道氏

■設立
・2016年8月15日

■事業内容
・ゲーム企画、開発/アニメーション企画、制作

■所在地
・東京都千代田区神田小川町 2-6-3 東英小川町ビル1階

『FGO』の情報だけを集めたアプリができました!

『FGO』の最新情報を毎日お届けするニュースアプリをリリースしました! よろしければ、ぜひご活用ください!

『FGO』攻略・最新情報まとめ  by AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ニュース
・容量: 15.3 MB
・バージョン: 1.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
20180725_fgo
Fate/Grand Order ・販売元: Aniplex Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 215.6 MB
・バージョン: 1.55.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!