『アルテイルNEO』GM(ゲームマスター)座談会後編。今後のアップデートでギルドバトル実装!

カードゲーム『アルテイルNEO』のGM(ゲームマスター)座談会の後編を掲載! 今後の展開について聞いてきましたよ!(文:マギマギ)

ユーザーと交流する開発スタッフ「GM」4人の座談会の後編を掲載!

15年以上続く戦略的カードゲーム『アルテイル』シリーズ。現在は『アルテイルNEO(アルネオ)』がアプリで配信されていますが、斬新で戦略的なシステムと同じく有名なのが、ゲーム内やイベントでユーザーの方々と交流する開発スタッフ「GM(ゲームマスター)」の存在です。


そんなGMの方々に使用デッキやお気に入りのカードや『アルネオ』の開発秘話、今後の展望をインタビューしてきました。お気に入りのプレイスタイルやカードを伺ったPart1に続く今回は、デッキの組み方や最新情報、今後の展開についてお聞きしました!

▼左から、ディレクターのGMクロスオーヴァー氏、総合プロデューサー兼取締役社長のGM立源寺氏、プランナーのGMビックフット氏、デザイナーのGMなめくじ氏。


初心者は同じタイプのユニットを集めてデッキを作ってみるのがオススメ

GM立源寺:デッキ作りって難しいけど、組んでいるときが一番楽しいよね!

こうやって戦いたいと思って組んでバトルして、でも思ったように動かせなくて負けて、ちょっとずつデッキを調整して固めていくという感じで作っていくのだけど、慎重な方ってランキング戦ではあまり戦わない傾向があるのかなと。

友達とフリーアリーナとかで模擬戦してデッキ固めてから来る方が多いですね。

GMビックフット:ランキングの上位のプレイヤーはまさにそうですよね。

GM立源寺:そうそう。ランキング上位10人は本当に強くて勝てないね! 僕は1回だけ勝ったぐらい。昨日も負けたし

GMクロスオーヴァー:今の環境的にはジュッズヴァーなどの大型は勝ちにくいですからね。

GM立源寺:時間がなくて新カードでデッキが組めていないというのもあるけどね。

デッキを組むといえば上手いプレイヤーが上げたデッキをコピーする機能はあって意外と便利なんですよ。デッキのカードをすべて持っていればそのまま組んでくれますし、持っていないカードは暗くなっていてタッチすれば交換できますし。


GMクロスオーヴァー:確かに便利ですけど『アルネオ』の場合、デッキ以上にプレイングが大事ですからね。

ある程度プレイしているプレイヤーでないと、デッキをコピーしても回し方が分からなくて勝てないと思いますね。

――初心者はまずデッキ作りよりもシングルプレイでプレイングの練習をした方がいいということでしょうか?

GM立源寺:そうですね。ツメテイルとかプラクティスとかを遊んでいただいて、次に最初の初心者デッキを一部分好きなカードに変えることから始めてみるといいかもしれません。

GMビックフット:同じタイプで集めるのもいいですね。『聖域攻防戦』からは同じタイプを集めるだけである程度デッキになるように意識して作ったので。

神殿騎士や戦闘用魔法少女は、初心者でも回しやすいデッキになっていると思います。

今後はユーザーの知識が深まって、より熱い戦いになる!

――配信から4ヶ月ほど経ちましたが、今までの環境の変化を振り返ってみていかがでしょうか?

GMクロスオーヴァー:ユーザーの方々の中で『アルネオ』の知識が深まってきたなというのが一番の変化だと感じています。

『アルネオ』はとにかくゲームシステムが複雑なので、ゲームシステムに慣れるところから始まって、ユーザーの方も試行錯誤しながらプレイしていたと思うのです。

それが新カードを追加するごとに徐々に『アルネオ』はこういったデッキを組めばいいのかとか、こういう風にプレイングすればいいという知識が増えてきて、より熱く対戦できるようになってきていると思います。

その一方で初心者に対して、まだまだゲームシステムに慣れていただくのに足りない部分があるので、そこを補完していければと考えています。

あと先ほど少し触れましたが、カードとしては、現在小型デッキを強化していることもあり、大型デッキがやりづらいと言われています。これについては、次の第3弾カードパックで大型デッキの強化を予定しているので、GM立源寺を含めた大型デッキ好きの方はご安心いただければと思います(笑)。

GM立源寺:僕はゲームバランスには一切切関知せず、一任してあります。ただ『アルネオ』になってからのゲームバランスは秀逸だと思います。

もちろん強いカードが出れば売上も上がるので出したいとは思いますが(笑)、強すぎるカードを出してしまうと、それはもうカードゲームではなくなってしまう。

いくつもの戦略があり、それがきちんと均衡がとれていると感じています。また、レアカードも能力的には高いのですが、そのカード単体だけでは使い物にならないという感じに作ってあって、よくできているなぁと。

手前味噌ですけど、そこがうちのすごいところかなと思っています。

やっぱり『アルテイル』シリーズを長い間運営してきて、過去にバランスが崩れたことが何度かあったので、現在のカード制作チームにそのノウハウが生かされていると思います。

GMクロスオーヴァー:バランスが崩れたときは散々怒られたので、もう怒られたくないんですよ(笑)。

一同:(笑)。

GMクロスオーヴァー:デッキとしては、最初は赤中型や白中型が強くて、次に「影竜帝『ガエターノ』」が出てきて、今はまた新たなデッキが出てきています。


GMビックフット:ジュッズヴァー杯のオンライン予選で雛鳥りむさんが使った人魚デッキも一気に流行りましたよね。

――強プレイヤーの影響力ってすごいですね。

GMビックフット:そうなんですよ。ツイッターで見たレシピのデッキのままの方と当たったりすることがありますからね。

GM立源寺:今はそうやってSNSで拡散してもらえるからありがたいです。

GMクロスオーヴァー:SNSはものすごく影響力があるんだなと思いましたね。

GM立源寺:あと赤中型の「爆炎の魔女『プリムローズ』」と「南方蜘蛛長『レイナルド』」も多いね。

プリムローズも出てきたらすぐ倒すカードです。よく一緒に出てくる「予言の剣『ディラート』」も強いのはわかっているけど、それでも僕は、先にプリムローズを倒します。


GMビックフット:プリムローズを倒さないと相手のSPが増え続けますからね。

GM立源寺:本当そう! よくわからないうちにSPがどんどん増えていくし、アクションスキルでジュッズヴァーを消滅させるし……。

GMビックフット:プリムローズは今流行っているデッキに強いです。妖精とか暗殺者とかユニットをたくさん配置するデッキは、プリムローズのアクションスキルで一気に倒されますから。

そのうち1体は消滅させられますし、本当に強いです。

GM立源寺:第2弾から墓地回収とか復活するスキルが増えたからね。戦闘用魔法少女の墓地改修と復活は特にえげつない。20体くらい倒しても全然終わらなくてどれだけ倒せばいいんだよと!


ただ、戦闘用魔法少女はこれでいいのです。というのは、戦闘用魔法少女ストーリー上「地獄の炎『ベルフィーナ』」が「歪みの魔女『シュメール』」(『アルネオ』には未実装)に依頼して作った戦闘兵器ですから。

聖域攻防戦で神殿騎士たちの前に大群で押し寄せる設定なので、ストーリーにあったスキルになっているわけです。完全に神殿騎士たちと同じ気分を味わっていますよ(苦笑)。


魔法「破棄再生」やシールド「強襲作戦」でデッキから墓地に戻るし、ベルフィーナのオープンスキルでクローズ状態の戦闘用魔法少女が全部復活するし、本当にすごいよね!

ちなみに僕はあえてベルフィーナを積んでいます(笑)。

GMなめくじ:バッティング用にですか?

GM立源寺:そうそう。そこでバッティング(※)すると、その時点でみんなギブアップしますね。もしくは「指揮官『ヴァイオレット×2』」を「罰の穴」で倒すとか。

※バッティング:敵味方とも、同じカードが同時にオープンした場合に発生する特殊ルール。どんなカードもお互いに墓地へ送られ、オープンスキルも発動しない。


――バッティングのルール1つとっても『アルネオ』は1枚で大きく状況が変わりますよね。

GMクロスオーヴァー:そうですね。重要なタイミングできちんと対処できれば、戦況がひっくり返りますからね。

そこが『アルネオ』の難しいところであり、面白いところでもあると思います。

4月末にはギルドバトルが実装予定!

――先日リプレイやバトルログが実装されましたが、システム面では今後どんな展開をお考えでしょうか? CBTから考えると、現在までにバトルスピードなどかなり改修が行われたと思うのですが。

GM立源寺:今だから言えますが、CBTのときのバトルスピードはかなり絶望しました。

でも、出さないことには始まらないので、予定より1ヶ月延期して配信することにしました。結果的にはCBTの数倍のテンポ感を実現できて、ホッとしました。

GMクロスオーヴァー:あの頃は開発も運営もバタバタしていて大変でしたね。

GM立源寺:チュートリアルも作り直したね。

『アルネオ』のルールはちゃんと教えようと思うと長くなってしまうので、みんな複雑でやめてしまうだろうなと思い、短めに作りました。

詳しいことはシングルモードのストーリーやプラクティスで覚えることを想定していたのですが、ユーザーの方からは「短すぎる」「分からない」と不評でした。


そこで『アルネオ』のルールを全く知らないエンジニアと一緒に1日かけて作り直したんです。声優さんの声ももう録っていたのですが、ギリギリで録り直して。あのときは本当に大変でした。

――そのおかげでゲームスピードやチュートリアルはかなりよくなりましたね。

GM立源寺:今度の4月末のアップデートで、当初想定していたシステムはすべて実装される予定です。

GMビックフット:大きなものだとギルドを使ったバトルが入ると思います。

GM立源寺:でも、そこからがスタートラインだなと思っていて、その後はイベントを多く開催していきたいですね。『アルネオ』と他のカードゲームとの違いはやっぱりイベントかなと思っていますので。

――『アルテイル』時代からユーザー大会のサポートを積極的に行なっていますよね。

GMクロスオーヴァー:『アルネオ』でもユーザー大会は開催できるので、もう少し注力していけたらなと思っています。

GM立源寺:できれば、ゲームの中でユーザー大会ができるようにしたいね。あと海外展開も予定しています。香港、台湾、マカオを夏までにはスタートさせたいかな。

――海外展開がスタートすると、海外のユーザーと対戦できるようになるのですか?

GMビックフット:そうですね。同一サーバーなので普通に海外の方ともマッチングするようになります。

GM立源寺:ユーザー数が増えますし、時差があるのでさまざまな時間帯のマッチング率も上がると思います。

リアルイベントは想像以上の大盛況!

――先日行われたリアルイベントについては、来場者数がかなり多かったと伺いました。

GM立源寺:僕らの想像以上に来ていましたね。


GMビックフット:前日まであまり人が来ないのではないかと内心だいぶ不安でした。すかすかだと嫌だなーとおもって、知り合いにも声をかけたりしましたね(知り合いはきてくれなかったんですけど。笑)。

GMクロスオーヴァー:結局、100人ほどの方に来場していただいて、大盛り上がりでした。

GMビックフット:当日は入口で誘導していたのですが、入っていくお客さんはいるのですが、出ていくお客さんが全然いなくてビックリしました。

GM立源寺:次回のリアルイベントも5月25日にやる予定なのですが、入り切らなくなりそうだなぁ。

GMクロスオーヴァー:ありがたいことですね。

GM立源寺:そういえば、リアルイベントが終わってユーザーのオフ会に参加するのも『アルネオ』の特徴の1つだと思いますね(笑)。

ユーザーさんから僕とクロスが誘われていたのですが、僕は今回機材の搬出作業があったので、クロスに行ってもらいました。『アルテイル』の昔からの恒例行事なので。

GMクロスオーヴァー:そうですね。いつも誰かしらは参加していると思います。

オフ会に参加しているときは感無量でしたね。いろいろと時間のない中なんとか開催したら、お客さんがあれだけ来てくれたうえに、オフ会ではたくさんの方々が熱心に『アルネオ』について語ってくれるわけですよ。

それ見たら、やってきてよかったなぁと思いました。

GM立源寺:あの週も寝ないでやっていたからね。

GMクロスオーヴァー:あの週はヤバかったですね。でも、オフ会で参加者の方としみじみお酒を飲んだら報われたなぁと。

GM立源寺:GMクロスはもう13年ほど『アルテイル』の開発に専念しているので、特にアプリになってユーザーが増えたことは感無量だったと思います。

GMクロスオーヴァー:特にあのとき優勝したのが雛鳥りむさんだったのもありますね。『アルテイル』時代に優勝できなかった方だったので。

GM立源寺:いつも決勝に行くけど負けるんですよ。GMクロスと2人で解説していたのですが、6ターン目くらいにかなりピンチになって、正直なところ、2人とも目を合わせて「また負けたかな」と。

GMクロスオーヴァー:シールドスキルや攻撃対象などがあまり狙い通りにいっていなかった感じでしたしね。


GM立源寺:あの状況から勝てるから、本当に凄いよね!

りむさんは優勝したときに「妻が編んでくれたマフラーのおかげです」とコメントしたのですが、大会のときの服装が12年前に準優勝で終わったときの服装とまったく同じで、違うのはマフラーだけだったらしいよ。

GMビックフット:マフラーの効果は絶大ですね!

GMなめくじ:決勝で負けたときの服装を覚えているのもすごい(笑)。

GMクロスオーヴァー:個人的には非常に感慨深かったですね……。

それに私より1回り下の年齢のユーザーの方々が熱中して遊んでいる姿を見ていると『アルネオ』ってすごいなと思いました。

――『アルネオ』は『アルテイル』時代からのユーザーも多いですが、新規のユーザーも結構いらっしゃいますよね。

GMビックフット:ベスト8にいらっしゃったエムさんは、『アルネオ』から始めた方ですね。

GMクロスオーヴァー:ベスト4にいたRuitanさんも『ラヴァートヒーローズ』はプレイしたことあるけど、本格的な『アルテイル』に触れたのは『アルネオ』からだそうです。

GM立源寺:次の大会は『アルネオ』から始めた方がさらに上にきていただけると、うれしいですね。経験の差は確かにありますが、そこは試合回数で埋められると思うので。

GMクロスオーヴァー:次のリティル杯は5月25日なので、ぜひ参加していただければと思います。


――最後にファンへのメッセージをお願いいたします。

GMクロスオーヴァー:今後もユーザーの方々と距離が近い運営を目指して頑張っていきたいと思っています。

私自身も今まで忙しくてなかなか対戦できないのですが、今後は私のツイッターを使って対戦できる時間を告知できたらなと考えています。マッチングしたときはどうぞよろしくお願いします!

GMビックフット:僕は主にボイスの台本を書いて収録まで行っているのですが、ユーザーの方から「このセリフが好きです」とツイッターなどで書いていただき、非常に嬉しいし、ありがたいなと思っています。

今後も世界観の手助けになるようなセリフを作っていけたらなと思っています。

GMなめくじ:今後もたくさんのカードが出てくるのですが、エフェクトなど見た目の部分はユーザーの方々のテンションに直結してくると思います。

なので、もっとゲームにのめり込めるようなクオリティの高いエフェクトを作っていけたらと思います。ものまねもレパートリーを増やしていく予定で、炎上しない程度に面白いものまねをできるよう、がんばります!

GM立源寺:『アルテイル』ではできなかった海外の方とマッチングできるシステムがもうすぐできるので、楽しみにしていただけたらと思います。そこで優勝すれば胸を張って世界一と言えるかな(笑)。

ユーザーの皆様あっての『アルネオ』だと思っています。今後も遊びやすさなどを追求していきますので、これからもよろしくお願いします!


アルテイルNEO ・販売元: Coreedge Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 258.8 MB
・バージョン: 2.0.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Coreedge Inc / © So-net Game Studio Limited

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!