『メイプルストーリーM』の配信時期や新タイトルを公開! 「NEXON Mobile Media Day」をレポート

3月20日にメディア向けに行われたネクソンのイベント「NEXON Mobile Media Day」をレポートします。

キム氏がモバイルゲーム市場を分析。2つの新タイトルも初公開!

壇上に上がられたのは、ネクソンのモバイル事業本部本部長の金起漢(キム・キハン)氏。5つのテーマに分け、現在のモバイルゲーム市場とネクソンの取り組みや新規タイトルについてなどが語られました。

▼キム・キハン氏。


2018年国内モバイルゲーム市場について

最初に、自社で集計を行い作成した、ランキング年間TOP200タイトルの売上合計の推移を表したグラフを用いて市場を解説。2017年度は成長を見せたが2018年度はほぼ横ばいと、日本モバイルゲーム市場に停滞感が出始めているのではないかと分析します。


さらに掘り下げ、1〜10位のタイトルと、11〜200位のタイトルの売上合計の推移を比較。2018年度は売上の合計で見るとほぼ横ばいでしたが、11〜200位のタイトルは成長、1〜1010位のタイトルの売上は規模が減少しています。キム氏はトップタイトルの固定化により、こういった傾向になったのではないかと口に。

また、2017年度はIPタイトルや『アズールレーン』などミドル・コアユーザーも楽しめるヒット作が多くありましたが、2018年はバトルロイヤル系やMMOなどコアなタイトルが集中。これが1つの原因となって市場の成長が鈍化したのではとキム氏は語ります。


比率で見ても傾向は同じ。これらのグラフからネクソンでは、モバイルゲーム市場は競争が激しく停滞にも入っているが、11〜200位は様々なタイトルが出入りしつつ比率を増していっており、厳しいところもあるがチャンスは残っているという考えのもと、今後の事業を展開していくとのことです。


日本のジャンル別の売上シェアではやはりRPGが大きな割合を占めます。ただ、RPGをさらに細分化するとこちらにも様々なジャンルがあるため、一概にRPGがいいとは言えず、自信があるところに挑戦していくべきだと考えているとのことです。


ネクソン国内モバイル事業の振り返り

これまで多くのタイトルを出してきたネクソンですが、これからは1本1本のクオリティを重視しなければと考えているそうです。2018年度はリリースしたタイトルこそ減ったものの、クオリティを重視。

ジャンルもコマンドRPGやTCGなど様々で、特に力を入れた『OVERHIT』『真・三國無双 斬』『FAITH』はダウンロードランキング1位になるなど、結果は残せたと語ります。


DAUと売上のグラフをみても16年度は成長していますが、17年はクオリティを上げるためにロンチが控えめになり下降。しかし18年度には準備が終わりクオリティ高いタイトルをリリースしたことにより、2018年度のQ4では売上、DAU共に過去最高を記録しました。


主な運用・リリースタイトルの振り返り

昨年リリースしたタイトルの振り返りでは3タイトルが取り上げられました。最初は『OVERHIT』。


▼EPISODE2のアップデートにはゲーム内容はもちろん今後も人気声優を起用するなど、より力を入れていきたいと口にされていました。また、バランス調整に関してはユーザーさんからの意見を取り入れつつ行ったことが評価につながったので、今後も取り組みを継続していきたいとのことでした。


▼『デスティニーチャイルド』とのコラボを実施した際には、原作のヌルヌルとした表現を再現するにに力を入れたそうです。


▼『モンスト』コラボでは元のSDキャラをリアルにするのに苦労。かなり力を入れて作り、原作の世界観や雰囲気を損なわせないように作成していったとのことでした。


▼『OVERHIT』が力を入れているシネマティックスキルはもちろん、フルボイス、フル3Dを実現したのもあり、かなりの評価をいただけたと考えているそうです。


▼今後の予定では1周年を記念したイベントの開催やコラボなど、楽しめるコンテンツの提供を考えているという嬉しい予告が飛び出しました。


続いて『真・三國無双 斬』の振り返りに進みます。


▼リリース直後から好評で、スライドには書かれていないもののiOS版もセールスランキング11位を獲得していたそうです。


▼『真・三國無双』シリーズの最大の魅力である一騎当千の爽快感を再現できたのが、成功の一番の要因だと考えているとのこと。ゴールデンウィークに向けたイベントも開催予定だとか!


最後に『FAITH』。


▼事前登録からリリース期に、本作のコンセプトである連合と帝国の対立にフォーカスした様々な施策などを展開。かなりのチャレンジだったが事前登録で最多を記録できたなど、喜びを口にされていました。


▼リリース後も好調で、MMOの特性上iPadのセールスランキングも2位を記録。デイリーの決済額で、自社の国内最高記録も達成したそうです。


▼今後の予定も公開。既存プレイヤー向けの施策やコンテンツ追加、プレイヤー間のコミュニケーション活性化の2つを軸に、様々なアップデートを行っていくとのことでした。


国内モバイル事業方針

ネクソンの国内モバイル事業方針として、IPタイトルの強化、タイトルのクオリティアップ、国内市場への投資強化という3つの方針が示されました。

IPタイトルの強化では、自社のIPタイトルを持っているもののこれまであまり活かせてこなかったという反省を踏まえ、よりIPを生かした事業を展開していきたいと口に。他者IPとのコラボも継続して行いたいとのことでした。

現在の市場の競争の激しさを鑑み、クオリティアップも覚悟を持ってやっていきたいとのこと。また、日本は重要な市場の1つなので、今後は日本のデベロッパーとのパートナーシップを強化するなど、国内開発にもより力を入れていきたいと語られていました。


新規タイトル紹介

最初の紹介はすでに発表済みの『メイプルストーリーM』。



▼PCで16年続いているタイトルのスマホ版なだけあり、今年一番重要なタイトルと考えているとのこと。PC版を完全再現することを大事にしつつ、スマホ版ならではのオートプレイなども実装されます。


▼特徴的な部分であるカスタム要素もスマホ版で再現されます。


▼チャットは定型文などをボタン1つで発言できる、縦画面にも対応など日本専用の機能を搭載。


▼PC版との連動も。海外版ではPC版も遊んでいるプレイヤーの多くがこの機能を利用し、『メイプルストーリーM』に定着したという実績があるため、非常に重要な要素だと考えているそうです。


▼定番コンテンツも忠実に再現して実装。


▼はじめしゃちょーさんも参加する「メイプル同窓会」の参加者募集中。詳細は追って報告されます。


▼ゲームだけではなくオフ会も楽しんでもらいたいと考えているそうで、オフ会を勧めるキャンペーンも行われます。また、すでにコラボ企画も進行中!


▼配信日を初公開! もうすぐそこまで迫ってますよ!!


続いては、新規タイトルの『revisions next stage』を初公開!


▼現在放送、配信中の「revisions リヴィジョンズ」に、ネクソンが製作委員会メンバーとして参画しています。目的は、自分たちでIPを作り、それをゲームにするという新しい試みのためだと説明されました。


▼『revisions next stage』では、「revisions リヴィジョンズ」のその後が描かれるとのこと。アニメ終了後に公式メールマガジンを発行し、本作の情報などを届けていくそうです。


最後も初公開となる新規タイトル『ゴジラ ディフェンスフォース』!


▼配信は5月に上映されるハリウッド版「ゴジラ」の前後に合わせたいとのこと。開発を手がけるNeople STUDIO42は様々なドット絵のゲームを作っている会社だそうです。


▼東宝で製作された「ゴジラ」シリーズから各年代のゴジラが登場! マニアックな怪獣も出るので期待してくださいとのことでした。また、撃退した怪獣はカードになります。


▼図鑑機能などファンが楽しめる機能も搭載。


ネクソンのミッションとして「世界レベルの楽しさを日本モバイル市場に届けたい」という想いを締めに、イベントは終了。モバイル市場の動向や新作などが知れ、充実した1時間でした!


『メイプルストーリーM』と『ゴジラ ディフェンスフォース』の試遊プレイをレポート!

【メイプルストーリーM】この懐かしさと手軽さ、クセになるかも

PC版をプレイしたことがなかったので、『メイプルストーリー』シリーズは初体験。横スクロールの2Dという昔懐かしい感じにほっこりすること請け合いです。

画面左下に移動用のパット、画面右側に攻撃やスキル、ジャンプなどを使うためのアイコンがあり、横持ちで遊んでいる時の感覚は携帯ゲーム機さながら。横画面と縦画面をいつでも切り替えられるのも本作の特徴ですが、縦持ちにした時は「ゲームボーイかな?」なんて思ったとか思わなかったとか。

本当に単純な操作で移動や攻撃ができ手軽にサクサク遊べるものの、敵を倒して武器を手に入れたり依頼をこなしたりなど、やってることは全然MMO。目的が書かれた部分をタッチするだけで自動で移動してくれるのも快適で、この間にチャットが捗りそうです。

本格的なMMOを遊ぶのに尻込みしてる人は、ぜひ本作を遊んでみるべき! 少なくとも今回自分が試遊した範囲での感覚は、ゆる〜い2Dの世界でゆる〜くMMO気分が味わえて、すごく楽しかったので! 

【ゴジラ ディフェンスフォース】ゴジラファンはマジでやるべき!

放置型都市防衛モバイルゲームというだけあり、敵に対して自動で行われる攻撃を見つつ防衛基地を適時設計、強化して撃破を目指すなど、タワーディフェンス的な遊びに近いかもいう印象。アイコンをタッチするだけで強化や設計の画面が表示されるので、戦況を見つつリアルタイムで基地を強くしていけます。

怪獣たちのカードはかなり強力で、敵の体力を一気に減らしてくれる優れものですが、使うにはコストが必要。どのタイミングで使うかが重要になってくるんだろうなと感じました。



バトルは複数のステージで構成されていて、区切りごとにラドンやエビラ、キングギドラなど「ゴジラ」シリーズに登場する怪獣たちが出現。ドカーンと迫力のある登場シーンを見せてくれて、これには少しニンマリ。

ステージの最後の敵として……かどうかはわかりませんが、終盤に出てきたゴジラは、それはもうめちゃくちゃ強く! 一気に壊滅させられたのは悔しくもあり、さすが怪獣王だなという思いもありで、複雑な気分にさせられましたね(笑)。


「ゴジラ」シリーズファンとしてかなりテンションが上がったのは怪獣図鑑! 長文のテキストがあるわ映画シーンの画像が使われているわで、スマホゲームではあるもののなんかもう1つのバイブルって言っていいんじゃないか、ってぐらいに見応えがありました。

キム氏のプレゼンでも語られた通り作品ごとの怪獣、ゴジラはもちろん他にも例えばヘドラなら「ゴジラvsヘドラ」のものと「ファイナルウォーズ」のものがあるなど、しっかりと網羅。さらに「モスラ」シリーズに登場した鎧モスラなどのカードも用意されていて、かなり驚きました。

「ゴジラ」シリーズファンは、遊び以上にカード集め(図鑑解放)がメインになるかも。というか、自分はきっとそうなるだろな(笑)。手軽に遊べてコアに「ゴジラ」の世界を知れる作品になりそうなので、配信されたら「シン・ゴジラ」から「ゴジラ」シリーズに入った人にも遊んでみてほしいですね!

© 2009 NEXON Korea Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ