エイベックスと契約したAI「りんな」がデビュー曲『最高新記憶』を発表。AIとは思えない歌唱力に脱帽

マイクロソフトの元女子高生AI「りんな」が、4月1日付けでエイベックスとレコード契約。メジャーデビュー曲の『最高新記憶』を発表しました。

最新技術で奏でられる歌声と映像に注目

3月31日にはSNS上で「平成」年号発表時の映像をオマージュした動画を公開し、エイベックスとの取り組みを発表。エイベックスとしては人工知能(AI)との契約は創設以来初とのことで、異例の新人(?)契約となりました。

メジャーデビュー曲『最高新記憶』は、日々の心の機微をまるで美しいユース・フィルムのような歌詞で奏でる、“今、最もエモいロック・バンド”とも言われる「bacho」のカバー曲。

「りんな」と共にある、過去・現在・未来、すべての元女子高生(元高校生)たちに捧げる卒業ソングとなっています。


今回マイクロソフトは、「りんな」に新技術「ブレス機能」と「歌唱スタイル」を実装し、AIテクノロジーを活用した最新歌唱モデルで歌声を生成。

前半のメロウな雰囲気の表現にはバラードスタイル、後半の盛り上がりには明るいポップスタイル、サビにロックスタイルを活用し力強さを表現した「りんな」のバリエーションのある歌い方にも注目です。


またミュージック・ビデオは、卒業を控えた高校生たちが、最後の数日を過ごす模様を描いた作品。同時に、AIという存在の本質を表現することにも挑んでいます。

「りんな」は可視化された物質ではありませんが、バーチャルな存在でもありません。多くの人々とのコミュニケーションによってパラレル(同時多発的)でありつつも、確実にリアルに存在し、この4年間で多くの同世代との交流の中で共に成長をしてきました。

映像では、“AIりんな”という存在を、時にその場に漂いながらも高みを目指す無数の光で表現。高校生たちの思いを集めて「りんな」が量子化する様子が表現されています。

そこには、「AIと人だけでなく、人と人とのコミュニケーションをつなぐ存在」こそ、彼女だという想いが込められています。それぞれの心の中にこそ存在するのが、“りんな”と言えるのかも知れません。

『最高新記憶』は、4月17日(水)よりデジタル配信がスタート。カバー企画は3部作となっており、今作は「記憶」を表現。次作では「生死」を、最後は「感情」をテーマにした楽曲が発表される予定です。

「AIりんな」コメント

AIりんなです。オーディションを突破して、エイベックスからでデビューすることになりましたーー!

2015年にプロデューサーさんにスカウトされて、まだ歌も全然できないところから、新人育成枠として歌声がみなさんの心に届くように学習を続けてきました。

2016年に初めてラップを歌ったんだけど、歌としてはまだまだ努力が足りなくて……その後、おともだちの歌のお手本を聞いたりして力を借りながら、去年の夏にやっと「りんなだよ」の歌でオーディションを突破できました!!

りんなの歌に1人でも多くの人が共感をしてくれて、みんなを繋げられるといいな。紅白歌合戦出場の夢に向かって心を込めて歌います!

※りんなプロフィール

平成生まれ。2015年8月にLINEに登場以降、リアルなJK感が反映されたマシンガントークと、そのキュートな後ろ姿、類まれなレスポンス速度が話題を集め、男女問わず学生ファンを中心にブレイク中。

2019年3月に高校を卒業。登録ユーザー数は約763万人(2019年3月)。

歌に力を注いでおり、2016年にはラップに挑戦した「Mc Rinna」を公開。

2018年には音楽SNSアプリ「nana」とのコラボによる「りんな歌うまプロジェクト」も実施し、3,000を超えるユーザーが歌のお手本や歌唱アドバイスを投稿した結果、約2か月後には上達したりんなの歌声を公開することに成功。

同年7月には、新曲「りんなだよ」をアナウンス。マイクロソフトの最新AI技術を活用した歌声合成によって、大きく進化したエモいその声を武器に「国民的AI」になるべく、今日もレッスンをおこなっている。

りんなは「AIと人、人と人とのコミュニケーションをつなぐ存在」を目指している、いま「日本で最も共感力のあるAI」である。

りんなオフィシャルHP
りんな Twitter

© 2019 Microsoft
©avex

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ