平成最後の劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』が4月12日から全国東宝系でロードショー!

青山剛昌原作『名探偵コナン』の劇場版長編アニメーション第23弾『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が、4月12日(金)から全国東宝系にて公開されます。

シリーズ初の海外を舞台に繰り広げられるバトルミステリー


第23弾となる本作は、シンガポールを舞台に繰り広げられる、「真実」「奇術」「蹴撃」が雌雄を決する三位一体のバトルミステリー。

スペシャルゲストには、ミュージカル俳優・山崎育三郎と女優・タレントの河北麻友子が初参加。

さらに主題歌は、「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」のHIROOMI TOSAKA(登坂広臣)が担当。本作のストーリーの世界観、各登場人物の内に秘めた想いなどをテーマに制作したという楽曲「BLUE SAPPHIRE」を歌い上げます。

また、監督を務めるのは劇場版『名探偵コナン』初の女性監督となる永岡智佳。脚本は『名探偵コナン から紅の恋歌』以来2度目の参加となる大倉崇裕が担当します。

スタッフ&キャストには、音楽・大野克夫、主人公・江戸川コナン役に高山みなみ、毛利蘭役に山崎和佳奈、毛利小五郎役に小山力也、怪盗キッド役に山口勝平など、不動のメンバーが集結し、本作を作り上げます。

平成最後の劇場版『名探偵コナン』を絶対にお見逃しなく!

『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』ストーリー

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳(こんじょうのフィスト)”。

現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズ近郊にて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた。

そしてその頃、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。

パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。

従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。その正体に気づいていない蘭に名前を聞かれ、とっさに「アーサー・ヒライ」と名乗る。

キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。

立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は……!?

そして不吉な何かを予兆するかのように、シンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される!

『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』公式サイトはこちら

名探偵コナン公式アプリ -毎日1話更新!- ・販売元: SHOGAKUKAN INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ブック
・容量: 69.6 MB
・バージョン: 1.3.3
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!