『YouTube Music』がAppleの『CarPlay』に対応! 無料で音楽聴き放題。有料ならバックグラウンド再生も

YouTube Music』がアップデートでAppleの『CarPlay』に対応しました。

CarPlayで『YouTube Music』が利用可能に

『YouTube Music』がバージョン3.11アップデートで、Appleの『CarPlay』に対応しました。

これにより『CarPlay』に対応した内蔵ディスプレイで、『YouTube Music』の音楽を聞くことができます。

『YouTube Music』は無料プランもあるため、音楽を聞くだけならかなり嬉しいアップデートです。

カーナビとの同時使用には有料プラン必須

ただし『Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)』によると、画面にカーナビアプリを表示させながらバックグラウンドで音楽をかけたい場合は有料メンバーシップ契約が必要になるそうです。

『CarPlay』ユーザーの多くはナビを利用されてると思いますから、バックグラウンド再生したい場合は有料メンバーシップ契約を検討しましょう!

『CarPlay』とは?

『CarPlay』は車内でiPhoneを利用するためのシステムです。


画像は「iOS – CarPlay – Apple」より

通話、メッセージの送受信、音楽再生などを『Siri』の音声コントロールやタッチ操作から行えます。

YouTube Music ・販売元: Google LLC
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ミュージック
・容量: 204.0 MB
・バージョン: 3.11
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 2015 Google Inc.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ