【ポケモンGO】ユクシー、エムリット、アグノムが実装! 気になる入手方法は?

ポケモンGO(Pokémon GO)』に実装された新ポケモン「ユクシー」「エムリット」「アグノム」の入手方法について紹介します。(文:えだまめ)

準伝説ポケモンのUMAがついに実装! 入手方法はなんと……?

4月30日に、公式Twitterにて気になるツイートがされていました。

こ、このシルエットは……!

4作目の原作ゲームをプレイしたことのあるトレーナーさんなら、このツイートだけで何が実装されるか一発でわかっちゃいますよね!

そう、このシルエットの正体は、第4世代の準伝説ポケモンである「ユクシー」「エムリット」「アグノム」、通称「UMA(各ポケモンの頭文字を取っています)」と呼ばれているポケモンたちです!

「じゃあ次の伝説レイドはこのポケモンたちか!」と思ったトレーナーさんも多いですよね!

しかし、程なくして「ユクシーが野生で出現した!」と投稿しているトレーナーさんが! 最初は不具合かと思っていたのですが、その後も世界中から続々と発見報告がありました!

なんと、準伝説ポケモンにも関わらず、野生出現での実装になったようです……!

今回の記事では、各ポケモンの出現条件や出現確率について紹介していきます。

アグノム、ユクシー、エムリットの出現場所

まずは、各ポケモンの出現場所を紹介します。

アグノム(青)の出現場所

公式Twitterによると、アグノムは「北アメリカ」「南アメリカ」「グリーンランド」に出現するようです。

ユクシー(黄)の出現場所

公式Twitterによると、ユクシーは「アジア太平洋地域」で出現するようです。アジア太平洋地域には「日本」が含まれているので、この記事を読んでくださっている大多数のトレーナーさんは、「ユクシー」を探し回ることになりそうです。

エムリット(ピンク)の出現場所

公式Twitterによると、エムリットは「ヨーロッパ」「中東」「アフリカ」「インド」で出現するようです。

どの地域でも、野生で出現しているという報告がSNS上に投稿されているので、その部分については差がないようです。

出現確率はどのくらいなのか?

気になる出現確率ですが、Twitterで発見報告を検索してみたところ、3日間で16件しか投稿されていませんでした(筆者調べ)。

勿論、ゲットしても投稿していないトレーナーさんや、そもそもTwitterを利用していないトレーナーさんもいらっしゃるので、実数はもう少し多いと思いますが、普段であれば色違いポケモン実装後1分で発見報告があるのがTwitterなので、投稿が3日でこの件数ということは、出現確率は非イベント時の野生アンノーン並みに低そうです……。

ちなみに、筆者もユクシーを探しながら3日間街を歩き回ってみましたが、影さえ発見できませんでした……(涙)。

恐らく出現地域が入れ替わっていく

現在、日本では「ユクシー」のみがゲット可能ですが、恐らく今後一定期間ごとに出現地域が入れ替わると思われます。

初めて「3犬(エンテイ、ライコウ、スイクン)」が実装された時や「ラティオス&ラティアス」が実装された時も、一定期間ごとでの入れ替わりだったので、今回もそうなる可能性が非常に高いです。

湖に出やすいという噂が(真偽不明)

ユクシー」「エムリット」「アグノム」は、原作だとゲーム内に存在する「」に登場します。なので『ポケモンGO』でも湖の周りに出現しやすいのではないか? と噂されています。

実際に「琵琶湖で発見した!」という投稿もありますし、闇雲に探すよりは可能性が上がるのかも……?

※もはや都市伝説なので、参考程度に宜しくお願い致します。

Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 304.1 MB
・バージョン: 1.107.3
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.


『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ