【クロノマギア】上級者向け!「LOエレナ」デッキ紹介!

今回紹介するTier1デッキは、スリップダメージを与えて勝利する「LOエレナ」デッキです。

デッキ紹介「LOエレナ」

こんにちは。shohei(@sh0he1n0)です。

今回ご紹介するデッキは、相手の能力者の特徴や採用されるカードを把握している必要がある上級者向け「LOエレナ」デッキです。うまく使いこなせれば相手を全く寄せ付けない強さがありますが、1つのミスで一気に勝ちを逃してしまう可能性がある非常にシビアなデッキです。また、環境の流行デッキに合わせて採用されるカードも常に変更されるため、小まめなデッキチューニングが必要となります。

※あくまで雛形のレシピです。
自分のプレイスタイルや手持ちのカードに合わせて入れ替えましょう!


【デッキコード】
189727

【マギアスキル】
ギア1:「ウェイクアップ」
ギア2:「光の壁」
ギア3:「アニマルレギオン」

コンセプト

デッキ(山札:Library)がなくなる状態「LO」(Library Out)を狙い、「聖夜の奇跡」「トロイアの木馬」でスリップダメージ(*)を与えて勝利するデッキです。
(*)スリップダメージとは、ドローできなくなった場合にドローができない代わりに1回目1ダメージ、2回目2ダメージ…n回目nダメージを受ける。

マリガン

「破砕の鋼人エンケラドス」「聖夜の奇跡」「デウカリオーンの洪水」辺りは、ほとんどのデッキに対してキープしたいカードとなります。他のカードは相手能力者、マギアスキル、また先攻後攻によってゲーム序盤に必要かで判断します。

基本的な戦い方

「聖夜の奇跡」と「トロイヤの木馬」でスリップダメージを与えて勝てる状況がくるまで、ひたすら盤面のクリーチャー除去を徹底して、デッキがなくなるのを待ちます。相手の能力者、マギアスキルから採用されるカードを判断して、その場の状況に応じた的確なカードを使わなければならないため、決められた戦い方は存在しません。

代わりに、このデッキを使用するポイントをいくつか紹介します。

常に「破砕の鋼人エンケラドス」をギア1ウェイクアップでサモンできる状況を作る。

このデッキの勝利における最も大事な戦術です。「破砕の鋼人エンケラドス」をギア1「ウェイクアップ」できるMPを保ち続けられると、相手は「復讐の巨神クロノス」のような高コストで強力なカードをセットできません。これは「破砕の鋼人エンケラドス」を引けていない場合でも有効で、相手から見て「破砕の鋼人エンケラドス」を「ウェイクアップ」できる状況では、安易にデッキの軸となる高コストのクリーチャーをセットできません。このカードの存在で相手にプレッシャーを与えることで、相手の戦術を狭め、尻込みさせることができ、LOへ近づきます。

「聖夜の奇跡」を墓地の4枚目以内にあるよう使用する。

「閻魔」でデッキに戻して再度使えるようにするためです。LOが成立する確率が上がります。相手のデッキにも「閻魔」が採用されていることが想定される場合は、特に狙っていきたい戦術です。

・「聖夜の奇跡」の使いどころ
ゲーム開始2ターン目に相手の盤面にクリーチャーが存在しない場合でかつ、こちらがクリーチャーを先置きする必要がない場面でエンドターンすると、MPが溢れてしまう状況が生まれます。ここで「聖夜の奇跡」を使用するのも良いでしょう。

また、「聖夜の奇跡」は次の相手ターン終了時までマジックのダメージを2下げる効果もあるため、相手にターンを回したときに「アルテミスの矢」や「デウカリオーンの洪水」で、こちらのクリーチャーを倒してくる状況を読んで、「聖夜の奇跡」を使用できるとベストです。

相手クリーチャーをギア1「ウェイクアップ」でサモンして倒せる盤面を作る。

「破砕の鋼人エンケラドス」の戦術を最優先にしながら、こちらにクリーチャーが2体並ぶ状況を作ることで、相手はウェイクアップを繰り返されてクリーチャーを倒させないよう、MPを溜めてから低コストクリーチャーを2体並べるという戦術しか取れなくなり、こちらのMPが溜まりながらLOへ近づきます。

サモン時にこちらのクリーチャーを「即死」や「手札に戻す」効果を持つクリーチャーの警戒はもちろんですが、「神々の招集者」からは、サモンしたターンはダメージを無効化する「剛体」の能力を持つクリーチャーが登場したため、安易なウェイクアップは禁物です。

現在「剛体」を持つクリーチャーは、4、5コストにそれぞれ1種類、6コストに4種類存在し、環境では6コストの「剛体」クリーチャーの採用率は高く要注意です。逆にそれ以外のコスト帯には「剛体」は存在しないということも覚えておきましょう。

最強の防御札「セイレーンの歌声」の使いどころを知る。

「クイックミル」デッキに「神機プルトス」のセットが想定されるが、「神機プルトス」を倒すことができずにターンを回してしまうと「逆神の熾天使ルシファー」をギア2「クイック」でサモンされ負けが想定される場面や、「シャッフルナイト」デッキが3体クリーチャーをセットしてきて、セット中のクリーチャーを倒すことができず、次のターンにギア3「シャッフル」が確約されている場合において、「セイレーンの歌声」で相手のマギアスキルを使用できなくします。

上記はあくまでも現環境での有力な例であり、他能力者で起こりうる、ゲームの敗北パターンや致命傷を把握して的確に使用することで、相手の勝ち筋を断つことができます。

以上が、このデッキを扱う際に特に意識する項目です。

ワンポイント

流行のデッキに合わせて採用カードを変える必要があるため、このデッキが意識しておかなければいけないデッキへの注意点を挙げます。

・アグロデッキへの対策
アグロタイプのデッキは速攻で勝負を決めにくるため、盤面を取り合うデッキよりLOを狙いにくいです。しっかり相手クリーチャーを除去しながら、ギア2「光の壁」による挑発の付与、「白竜」などのマジックターゲットの利用、クリーチャー能力によるライフの回復(今回の採用は「太陽の乙女アマテラス」)を駆使して能力者を守りましょう。

エレナは防御力が高い代わりにライフが少ないため、能力者を積極的に攻撃するアグロタイプのデッキの中でも、特に固定ダメージを与えてくるデッキは要注意です。(例:「リヴァイアサン」を利用するデッキ全般、レオの「ナイトメアリンク」、ホノカの「召雷符」「退魔の波動」など)

・墓地利用デッキへの対策
LOを狙う関係上ゲームが必ず終盤までもつれ込むため、「豪武官タムラマロ」や「魔王の凶刀ランマル」など墓地の枚数を利用して大ダメージを与えてくるデッキを苦手とします。今回は対策として、「アビスシャーク」や「タナトスの囁き」を採用しています。

その他、「剛体」を持ちギア2「光の壁」の発動条件に含まれるダイヤクリーチャーの「巨象兵」も採用候補ですが、こちらは「アビスシャーク」と違いクリーチャーを倒す必要があるため即時効果を発動できず、シャッフルナイトにおいては、「エインヘリャル」を発動するまでクリーチャーをセットしないプレイを取られるため今回は不採用としました。


クロノマギア ・販売元: GungHo Online Entertainment, INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 262.2 MB
・バージョン: 2.4.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© GungHo Online Entertainment,Inc. All Rights Reserved.
© CHRONO DREAM PROJECT

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ