アプリでもカッコいいメリオダスたちに会える!! 名場面を完全再現した『七つの大罪〜光と闇の交戦〜』CBTレポート

ネットマーブルより、近日配信予定のアプリ『七つの大罪〜光と闇の交戦(グランドクロス)〜(以下、グラクロ)』(iOS/Android)のクローズドβテストの模様をお届けします。(文:唐傘)

アニメの名シーンをアプリでも! 胸躍る冒険譚をいつでもどこでも楽しめる

本作は週刊少年マガジンで好評連載中の『七つの大罪』のアニメを追体験しつつ、広大な世界を冒険できるシネマティックアドベンチャーRPG

5月9日〜16日まで開催されているクローズドβテストをプレイしたのですが、『七つの大罪』への愛が端々からあふれ出ているステキな作品でした。基本的なシステムからお楽しみ要素まで、本作の魅力をレポートしていきます。



ジャンルにシネマティックとあるように物語は3Dキャラクターのムービーで進行し、メリオダスとエリザベスの出会いから聖騎士たちとの手に汗握るバトルまでアニメの名シーンを完全再現! 〈七つの大罪〉の仲間となって、一緒に旅をしている気分が味わえるファンにはたまらない内容になっています。



アニメのストーリーを丁寧になぞっていくので、アプリで初めて本作を知ったという人も楽しめる物語ですのでご安心ください。

ただ最初に配信されるのはアニメの一期途中までとなるそうなので、続きが気になりマンガやアニメが見たくなること間違いなしですよ(私もアプリを遊んでは原作を引っ張りだすの繰り返しです)。

▼アニメの豪華声優陣が集結し、物語をより盛り上げてくれます。読み返し機能があるので、スキップしてさくさく進めるのもありです。


物語はクエストを受注することで進行していき、内容は村人の願いを叶えるお使いからバトルまでさまざま。クエスト内容が画面右上に表示されるので中断してもどこまで進めたかすぐに思い出せますし、目的地までオートで移動する機能もあるので迷子にならない親切設計なのが助かります。

▼エピソードはチャプター形式。物語が進むほど行ける場所や、できることも増えていきます。


▼目的地もアイコンなどでわかりやすく表示されます。街にキャラクターが遊びに来ていることもあるので、探索するのも楽しいです。


メインストーリー以外にも、アプリ内イベントもたくさん用意されています。〈七つの大罪〉たちの新たなエピソードにも期待できそうです。



スキルを駆使した戦略性の高いバトルが楽しい

『七つの大罪』といえば、メリオダスたちと強大な力を持った聖騎士たちとの迫力あるバトルも見どころの1つ。個性豊かな彼らの能力は、スキルで再現されています。

チームは、基本的にはメイン3+サブ1の編成。メインの3人が出撃し、誰かが倒れたらサブが補充されます。
毎ターンスキルが配布されるので、そこから好きなものを選んで攻撃したり、回復したりしつつ、自軍が全滅する前に敵を殲滅すれば勝利となります。

▼キャラクターには属性があり、相性があるので注意して戦いましょう。一部をのぞいてオートバトル可能、さらに自動で周回できるモードも。


同じスキルを隣接させることでランクアップさせ、最大★3まで強化させることが可能です。スキルの効果も高くなるので、可能な限りランクアップさせていきたいところ。

▼移動などで、スキルをランクアップさせていきます。ただしそのキャラクターが撃破されると、使用不可になるので要注意。


スキルを使用することでキャラクターの必殺技ゲージがたまっていき、固有の必殺技を使用できます。どのキャラクターの演出もかっこよく、見応えのあるものばかりですよ。

またユーザーランクが10以上になるとチームメンバーに絆キャラクターを設定できるんですが、このシステムがキャラ萌えゲーマーにはたまらない内容なんです!

絆キャラクターは基本ステータスを上げられるほか、ディアンヌとキングなど特定の組み合わせだと必殺技が合技(合体技)に強化されます。この演出がすごくカッコいい&かわいいものばかりで、ファン必見のものばかり。いろいろな組み合わせを試してみたいですね。

▼現在のお気に入り演出は、キングとディアンヌ。幸せそうな姿に、よかったねという気持ちになります。


本作ではアニメ同様、聖騎士だけではなく〈七つの大罪〉とバトルすることも……。本作で戦ってみて、改めて「〈七つの大罪〉は強い」と再認識させられました。そのぶん仲間になると、本当に頼もしいんですけど。

バトルによって必須や出撃不可のキャラクターがいる場合もあるので、いろいろなメンバーを育てておくのがおすすめです。

PVP好きもキャラ好きも楽しめるやり込み要素が満載

〈七つの大罪〉や聖騎士の垣根を越えて、自分の好きなキャラクターだけでチームを組めるのもアプリならではの楽しみ。

基本的にキャラクターはガチャで集めることになりますが、〈七つの大罪〉はストーリー報酬でゲットできるのがうれしいです。アニメ同様、仲間を集める旅をしているって気分が味わえますよ。

▼レアリティごとに、さまざまな衣装が用意されています。入手したコスチュームには、いつでも着せ替え可能。


またレアリティが低いRのキャラクターでも、最高レアリティのURまで進化させられるのもポイントです。育てていけばどのキャラクターでも使えるようになるのは本当に助かります。

▼進化させると、見た目も変化します。必要素材が入手できるイベントクエストには、忘れず参加しようと誓いました。


覚醒や装備などキャラクターを育成できる要素も豊富。ストーリー以外にPVP「バイゼル喧嘩祭り」にて、ほかのプレイヤーと競うこともできるので最強チーム作りを目指すのも楽しそうです。

▼「バイゼル喧嘩祭り」は回数制限あり。報酬も豪華なので、毎日コツコツ参加したいところです。


ほかにもレシピを集めたり、キャラクターに贈り物をして仲を深めたり、サブクエストを進めて村との友好を深めたり、バトル以外のお楽しみ要素もたっぷりと用意されています。むしろ用意され過ぎていて、いろいろなことをやりたくて時間が足りないほどです(笑)。

▼拠点の〈豚の帽子〉亭で、仲間たちと交流するだけでも楽しいです。バンは「料理」、ディアンヌは「装備分解」、キングは「素材交換」と、システムとキャラクターの個性を上手く紐づけている演出がすごく好きです。



▼フリークエストで、いきなり横スクロールのランゲームが!! ほかにも、世界の各地にはいろいろな仕掛けが用意されていますよ。



まとめ:ファンはもちろん、ファンタジー世界好きには最高のRPG

PVP要素はありますが、どちらかと言えば1人でじっくり遊べるタイプの作品です。
アニメの世界感を大切にしていることがわかる内容なので、ファンは間違いなく楽しめるゲームになっています。

また魔神族や妖精王など、ファンタジー世界を舞台にした作品が好きという人にも刺さる物語になっていると思いますよ。

現在公式サイトにて事前登録受付中ですので、ぜひ登録してくださいね。

※本記事の画像はCBT実施時のものになります。

※本記事に掲載しているゲームの仕様は正式サービス時に変更となる場合がございます。

© 鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員 会・MBS
© Netmarble Corp. & Funnypaw Co., Ltd. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ