【FGO】バルバトスレイドの人気サーヴァントや撃破数記録を公開。事件簿コラボアンケート結果

『Fate/Grand Order(FGO)』期間限定コラボイベント「レディ・ライネスの事件簿」のアンケートから、制圧戦(レイドバトル)についての結果をお届けします。

コラボイベント感想、今回は制圧戦について結果発表


2019年5月11日(土)13:00〜5月13日(月)10:00に、「レディ・ライネスの事件簿」について、事後の感想アンケートを実施。イベント内容の感想などをお聞きしました。

この記事では、イベント中盤で発生した魔神柱を討伐する制圧戦(レイドバトル)について、皆さんから寄せられた意見と感想をご紹介します!

バルバトス、狩った本数と使ったサーヴァントは?


■バルバトスを何体撃破しましたか?

順位 倒した本数 得票数
(得票率)
第1位 51〜100 76票
(16.7%)
第2位 101〜150 72票
(15.8%)
第3位 151〜200 49票
(10.8%)
第4位 201〜250 46票
(10.1%)
第5位 301〜400 42票
(9.2%)
第6位 41〜50 29票
(6.4%)
第7位 11〜20 24票
(5.3%)
第8位 1〜20 22票
(4.8%)
第8位 21〜30 22票
(4.8%)
第10位 レイド戦に参加していない 18票
(4.0%)
第11位 251〜300 16票
(3.5%)
第12位 31〜40 14票
(3.1%)
第13位 401〜500 11票
(2.4%)
第14位 501〜600 7票
(1.5%)
第15位 601〜700 2票
(0.4%)
第15位 1,001〜1,500 2票
(0.4%)
第15位 1,501〜2,000 2票
(0.4%)
第18位 801〜900 1票
(0.2%)


第1位「51〜100」と第2位「101〜150」の差がほぼなく、わずか4票差。100前後がとりあえず一段落する目標としてちょうどよいのでしょう。

全体をざっくり見ると「400本まで」と「401本以上」で票数の格差が出ているようです。ここが1つの「ライン」と呼べるかもしれません。

なお人数比でもっとも多かったのは「51〜100」でしたが、倒した本数で最大だったのは「1,501〜2,000」。今回もっとも多くの魔神柱を殲滅したのは、ハンドルネーム「きおあ」さんと、匿名希望のお二人でした。おめでとうございます!

■制圧戦についていただいたコメント

ゲーム的にはQPがいっぱいもらえてうれしかったですもっとくださいもっと寄越せバルバトス!
(Diceさん)

バルバトスサンキュ断末魔以外は。
(匿名希望)

増殖するバルバトスくんのインパクト&生まれ行くマスター勢の名言(?)の数々に押されて、イベント前半の記憶が薄れがちに。(笑)人の記憶の頼りなさを図らずも実体験した気がします…。マテリアルを読み返さなくては!
(ゆづさん)

今回の制圧戦は消滅時のボイスが約10秒ほどあり、周回の時間を取られていることに対して「断末魔が長い」など数々の名言がユーザー間で生まれたようでした。

でもバトルが終わった後は、誰もがバルバトスの尊い犠牲に感謝しているみたいですね(笑)。

採取けっ…最終決戦バルバトスはおかわり追加後みんなだれてTwitterでサイコパスと化していた。
二度も朝日拝めてよかったね!バルバトス君!!
(クロリアさん)

バルバトスレイド戦はずっと勤務中だったので(夜勤)、勤務後にはもう終わっていて参加出来ないだろうと思っていたのに、まさかのおかわりで生き残っていたのを見たときは笑いました。おかげで少しだけ参加できました。
(キリカさん)

バルバトス戦開始直後の翌日の朝日は拝ませない勢いのゲージの減り方や、悲しみに燃えての大量追加、サーバーを道連れにしながらの最期などネタ的にも面白かったです。
復刻でまたバルバトスに会えることをとても楽しみにしています。次は断末魔をキャンセルできる機能があると嬉しいです(愉悦スマイル)。
(ポテさん)

制圧戦実施中、「悲しみに燃える敵拠点の魔力の増大により制圧対象の記憶再現エネミーの復元力が増しました」と称され、魔神柱の追加がおこなわれる事態が発生しました。これによりお仕事で参加できなかったマスターにもチャンスが訪れることに。

5月3日(金) 18:00に始まった制圧戦は5月5日深夜で幕を閉じ、結果としてバルバトスは2回朝を迎えることができました。この状況について終盤には「まだ生きていたのか」という名言(迷言?)まで生まれた模様。

▼エネミー追加時の公式Twitterのツイート。「悲しみに燃える敵拠点」というパワーワードも誕生しました(笑)。

制圧戦が始まった2019年5月3日(金)18:52〜18:59と終了直後の2019年5月5日(日)22:52頃にはアクセス集中でゲームプレイがしにくくなる状態が発生しました。終了時のほうに至っては同日23:27〜5月6日(月) 0:01まで緊急メンテナンスが入る事態に。

終了時に発生したゲームサーバーの混雑を見たユーザーからは「バルバトスの最後の抵抗」「サーバーを道連れにした」といった声も上がり、最後まで話題に事欠かなかったバトルとなりました。

■制圧戦(レイドバトル)で使った支援サーヴァントを選択してください。(複数回答可)


順位 サーヴァント 得票数
(得票率)
第1位 星5キャスター「マーリン」 246票
(55.2%)
第2位 星5キャスター「諸葛孔明〔エルメロイII世〕」 223票
(50.0%)
第3位 星5キャスター「スカサハ=スカディ」 155票
(34.8%)
第4位 星5キャスター「玉藻の前」 18票
(4.0%)
第5位 以上の4騎は使用していない 26票
(5.8%)

もっとも票を獲得したのは星5キャスター「マーリン」。Busterカード性能とクリティカル威力、攻撃力アップのスキルを持ち、宝具で取りこぼしたHPをクリティカルで補える優秀なサポーターです。星5キャスター「玄奘三蔵」と併用することで、タップ数を少なくして容易に1ターンキルが可能な点が選ばれた理由でしょうか。星5概念礼装「九首牛魔羅王」の存在もあり、Busterカードの強化がしやすいことも、マーリンの採用を後押ししたのかもしれません。

次点で多かったのは星5キャスター「諸葛孔明〔エルメロイII世〕」。最大で50%NPを増やせるスキルに加え、今回のイベントでは50%の特攻がありました。グレイと合わせて師弟で戦った方も多かったのでは?

通常のクエスト周回では大人気の星5キャスター「スカサハ=スカディ」は、今回は第3位となりました。おもな理由は、スキル使用に関する操作回数が多くなりやすかったことでしょうか。

今回のクエストへの適性が高かった星5ランサー「スカサハ」や星5アルターエゴ「メルトリリス」にはNP増加スキルがないので、やはり星5キャスター「玄奘三蔵」を擁するBuster式のほうが人気だったのかもしれませんね。

■制圧戦(レイドバトル)で使用したアタッカー

読者の皆さんの使用サーヴァントがとても多彩だったので、クラス別にまとめて紹介します。

・キャスター

使用者の多かったサーヴァント
星5キャスター「玄奘三蔵」 星5キャスター「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」 星4キャスター「オケアノスのキャスター」
少数でも使用者のいたサーヴァント
星5キャスター「諸葛孔明〔エルメロイII世〕」 星5キャスター「レオナルド・ダ・ヴィンチ」 星4キャスター「ナーサリー・ライム」
星4キャスター「ミドラーシュのキャスター(シバの女王)」 星4キャスター「ジーク」 星4キャスター「酒呑童子」

キャスターで多かったのは、いずれもBuster単体攻撃宝具を持つサーヴァントでした。星5キャスター「玄奘三蔵」は宝具威力アップとNP増加(最大80%)をあわせ持ち、星5概念礼装「黒の聖杯」や星5キャスター「マーリン」と相性抜群。スキル使用に必要な操作が最小限で済むこともあってか、非常に人気が高かったようです。

星5キャスター「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」も人気。宝具に攻撃力と防御力ダウンのデメリットがありますが、使用後に付与されるものなので超威力で吹き飛ばしてしまえば関係ないということなのでしょう。

以上の2騎にはクエスト開始時の弱体付与ギミックに対応できるスキルがないので、多くの方は「魔術礼装・アトラス院制服」やほかの味方で弱体解除するか、弱体付与を無視して周回していたのではないでしょうか。

また、弱体解除を持つ星4キャスター「オケアノスのキャスター(キルケー)」も人気がありました。最大120%のNP増加もあるため、弱体解除を兼ねたサブアタッカーとしても人気があったようです。

・バーサーカー

使用者の多かったサーヴァント
星5バーサーカー「坂田金時」 星5バーサーカー「謎のヒロインX〔オルタ〕」 星4バーサーカー「アタランテ〔オルタ〕」
星4バーサーカー「ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕」
少数でも使用者のいたサーヴァント
星5バーサーカー「ヴラド三世」 星5バーサーカー「土方歳三」 星5バーサーカー「項羽」
星4バーサーカー「ヘラクレス」 星4バーサーカー「ランスロット」 星4バーサーカー「茨木童子」
星4バーサーカー「織田信長」

特に多かったのは星5バーサーカー「坂田金時」。単独の敵を1ターンで倒す速攻戦術が非常に得意なサーヴァントで、2016年末の魔神柱制圧戦でも大活躍していました。

2017年以後はブレイクゲージ導入や新サーヴァント実装といったゲーム環境の変化により活躍の機会が減りつつありましたが、今回はイベントボーナスによる攻撃威力アップ対象だったので、久々に大暴れできましたね。

イベント報酬ゆえに宝具レベルを上げやすかった星4バーサーカー「ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕」も人気でした。自らのスキルによるBuster性能アップと攻撃力アップ、そして星5概念礼装「黒の聖杯」の宝具威力アップがそれぞれ乗算処理されるため、NPの工面さえできれば大ダメージを実現しやすいことが魅力ですね。

星5キャスター「スカサハ=スカディ」のサポートを生かせる星5バーサーカー「謎のヒロインX〔オルタ〕」や星4バーサーカー「アタランテ〔オルタ〕」も人気を集めていました。

少数派で目を引いたのは星5バーサーカー「ヴラド三世」。スキルで最大30%のNP増加が可能で、恒常出現ゆえに宝具レベルが上がりやすいので、1ターン攻略への適性があります。ボーナス対象だった昨年のゴールデンウィークイベント「Apocrypha/Inheritance of Glory」においては、お世話になった方が少なくないのではないでしょうか。

ただしヴラド三世は、単体攻撃宝具1回あたりの与ダメージ量でほかの星5バーサーカーに劣りやすい設計のサーヴァントでもあります。好相性の星5キャスター「玉藻の前」のスキルが今年1月に強化されたので、従来よりは戦いやすくなっているのですが、やはり今回は少数派となってしまったようですね。

星5バーサーカー「土方歳三」は筆者も星5キャスター「マーリン」と組み合わせてもっとも多く使用。Busterカードを弱体化されてもスキルで解除できるのが強みで、マーリン2騎を使った宝具で50万ダメージを叩き出して撃破していました。

・アルターエゴ

使用者の多かったサーヴァント
星4アルターエゴ「メカエリチャン」 星4アルターエゴ「メカエリチャンII号機」
少数でも使用者のいたサーヴァント
星5アルターエゴ「殺生院キアラ」 星5アルターエゴ「沖田総司〔オルタ〕」 星5アルターエゴ「シトナイ」

宝具レベルを上げやすかった報酬サーヴァントの星4アルターエゴ「メカエリチャン(II号機)」は初回と復刻のクリアで両方入手できたので、ダブルアタッカーで使用した方もいたかもしれません。

星5アルターエゴ「メルトリリス」星5キャスター「スカサハ=スカディ」を使用する場合の最有力候補のうちの1騎だったのではないかと思います。

クラス相性による与ダメージ量補整こそ約1.5倍にとどまるものの、豊富な自己強化スキルで大ダメージが実現。宝具やスキルなどでスターを安定供給できるので、クリティカル戦術による高威力の追撃も容易。そして、クラススキルによる高い弱体耐性も大きなメリットでした。

・その他クラス

使用者の多かったサーヴァント
星5ランサー「スカサハ」 星4アサシン「グレイ」
少数でも使用者のいたサーヴァント
星5アーチャー「新宿のアーチャー」 星3アーチャー「ロビンフッド」 星4ランサー「パールヴァティー」
星5アサシン「ジャック・ザ・リッパー」 星4ルーラー「マルタ」

今回のバルバトスには〔死霊〕特性があったので、星5ランサー「スカサハ」や、星4アサシン「グレイ」といった〔死霊〕特攻サーヴァントも人気でした。

いずれもクラス相性が有利ではありませんが、スカサハは攻撃性能が元来非常に高いので、星5キャスター「スカサハ=スカディ」の支援があれば充分なダメージを実現できました。

星4アサシン「グレイ」はイベントボーナスで攻撃威力が100%アップしていたので、完全有利クラスに近い使用感だったと思います。宝具が全体攻撃であることや、通常攻撃にBusterが少ないので支援要員選びが悩ましいことは難点でしたが、せっかくのコラボイベントということであえて使った方も少なくなかったのではないでしょうか。

▼「ロード・エルメロイII世の事件簿」原作者・三田誠氏もグレイによる1ターン攻略で遊んだとのこと。

星4ルーラー「マルタ」にも〔死霊〕特攻がありますが、クラス相性やイベントボーナスといったメリットがなかったためか、使用率は低めでした。


以上の制圧戦(レイドバトル)に関するアンケート結果、いかがだったでしょうか? 1,500本以上バルバトスを撃破した方が2人もいたとは驚きでした。

このバトルで星5キャスター「玄奘三蔵」が欲しくなってしまったマスターもいたりするのではないでしょうか? 明日5月19日(日)からはクラス別ピックアップ召喚でキャスターが登場するので、この機会に狙ってみるのも手かもしれませんね!

次は高難易度クエストについて、皆さんからのご意見をまとめてお送りします。低レア攻略に苦労する内容でしたが、皆さんのクリア率はいかほどだったのでしょうか? 次回の結果発表をお楽しみに。

このほかのアンケート企画が気になる方は、「アンケート」タグからご確認ください!

『FGO』の情報だけを集めたアプリができました!

『FGO』の最新情報を毎日お届けするニュースアプリをリリースしました! よろしければ、ぜひご活用ください!

『FGO』攻略・最新情報まとめ  by AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ニュース
・容量: 15.3 MB
・バージョン: 1.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
20180725_fgo
Fate/Grand Order ・販売元: Aniplex Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 212.4 MB
・バージョン: 1.58.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ