【ポケモンGO】ヒポポタスの巣があの公園に! カバルドンを作るために実際に行ってみた

5月18日に『ポケモンGO(Pokémon GO)』に追加された新ポケモン「ヒポポタス」と「カバルドン」を巣でゲットしてきました!(文:えだまめ)

日比谷公園がヒポポタスの巣に!

5月18日早朝、未実装だった第4世代の一部ポケモンが実装されました!

公式画像にちらっと登場していた「ヒポポタス」や、第4世代のエースともいうべきポケモン「ガブリアス」に進化する「フカマル」の実装など、かなりアツい追加になっていますよね!

さて、今朝方SNSで情報収集をしていると、

日比谷公園がヒポポタスの巣に!」という投稿を多く見かけました。

実装日からいきなり巣だと……これは行くしかないだろぅ!
というわけで、実際に日比谷公園に行ってヒポポタスを大量に捕まえてきました!

実際に行ってみた! 確かにヒポポタスの巣になってる!

日比谷公園に到着したのは、5月18日午後14時頃。イベントでもないのにルアーモジュールがちょこちょこ刺さっている様子が確認できました。これは期待。


近くにいるポケモンを確認するとヒポポタスだらけ! これはアツい!!!!!


公園に突入後1分で、早速ヒポポタスが出現しました! 新ポケモンへの遭遇はいつもワクワクが止まりません。 多分出会った瞬間ニヤニヤしていました(笑)。



ぜったい逃さないようにハイパーボールでゲット!


ヒポポタスいらっしゃいませー!


初ゲットのあとも、公園内にヒポポタスが複数出現しているのを確認できました。日比谷公園が巣というのは間違いなさそうです。


2分ほど歩くとまた出現! 先ほどとは体の模様が違いますが、これはヒポポタスの性別の違いによるもの。


こちらはオスの個体。先ほどゲットしていたのがメスの個体となります。


そのあとも、公園内でモジュールが使用されている場所に集中してぐるぐる周り、順調にヒポポタスを発見&ゲットしていきました。


▼副産物の「タテトプス」もゲット。ラッキーすぎる(笑)。


そして40分ほどでヒポポタスのアメが100個以上たまりました。捕獲数に直すと17匹なので、1時間プレイするとおおよそ25匹前後入手可能なペースですね。


せっかくなので進化させてみた

オスメスをそれぞれ進化可能なアメの量が溜まったので、早速進化させてみました。

まずはメスから! うおおおお!


どーん! 黒くなった(笑)!


次はオス! うおおおおおおお!


どーん! こっちの方が少し面影ありますね(笑)。


記念にAR撮影もしてみました。綺麗なお花を背景にパシャり。思っていたよりもデカイですね。


メスの方が本物のカバっぽいので、撮影環境も本物っぽく水辺にしてみました。かわいい。


日比谷公園がいつまでヒポポタスの巣なのかは不明なので、お近くのトレーナーさんはお早めに! ちなみに今ならビールフェスもやってますよ!

Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 299.2 MB
・バージョン: 1.111.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.


『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!