Apple、MacBook/Air/Proのバタフライキーボード修理プログラム発表

Appleが『MacBook』のキーボード修理プログラムを発表しました。

バタフライキーボード搭載モデルが対象


Appleは『MacBook』、『MacBook Air』、『MacBook Pro』を対象としたキーボード修理プログラムを5月22日に発表しました。

交換対象モデルは以下のとおり。

  • MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-inch, 2017)
  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)
  • MacBook Pro (13-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-inch, 2017)
  • MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-inch, 2018)
  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-inch, 2019)

まとめると第1世代から第3世代までのバタフライ構造キーボードを搭載する全『MacBook』が対象です。

これらの一部モデルにて、以下のような不具合が確認されています。

キーボードの不具合

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

上記のような問題が起きている方は、早めにApple Storeか正規サービスプロバイダに持ち込みましょう。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ