【必読】『TikTok』で動画を作る方法を徹底解説

『TikTok』は10億ダウンロード突破したほど、大人気のスマホアプリです。「自分も動画をつくってみたいと思う人」は多いでしょう。とはいえ「やり方がわからない」といった声も少なくありません。そこで今回は『TikTok』で動画を作るやり方を徹底解説します。たった6ステップで、誰でも簡単に始めることができますよ。ぜひ『TikTok』に挑戦したい方は参考にしてみてください。

ステップ1. 動画撮影画面を開く

『TikTok』を始めるために、最初にやるべきことは動画撮影画面を開くことです。やり方は簡単。まずはアプリを起動させましょう。

写真のような画面が表示されます。他の人のオススメ投稿が流れている画面ですね。


動画撮影をする場合は、中央下部の「+」マークをタップしてください。動画撮影の画面に移動します。表示項目の説明は次のとおりです。

  • 「×」:ホーム画面にもどる
  • 「楽曲を選ぶ」:撮影したい楽曲を選択
  • 「切り替え」:カメラの前後を変更
  • 「速度」:速度調整の表示のON/OFF
  • 「フィルター」:フィルターを選択
  • 「美肌」:パーツごとの美肌加工
  • 「カウントダウン」:撮影スタートまでのカウントダウン
  • 「その他」:フラッシュのON/OFF
  • 「スタンプ」:使用できるスタンプを表示
  • 「タップで撮影」:撮影ボタン
  • 「アップロード」:スマホ内の写真や動画をアップロード

自分が加工したい項目を選んで、好きなようにアレンジしましょう。動画の編集自体は、あとでも行えるので安心してください。はじめて『TikTok』をやる人は、とりあえず何もせず「ステップ2.楽曲を選ぶ」に移りましょう。

ステップ2. 楽曲を選ぶ


編集画面が開けたら、動画にしたい楽曲を選びます。やり方は編集画面の中央上部「楽曲を選ぶ」をタップするだけ。表示された曲のなかから、撮影したい音楽を選んでください。もし「好きな曲が見つからない」という方は、検索ボックスにキーワードを入力しましょう。自分のお気に入りの曲が見つかるかもしれません。

曲が多すぎて決められないという方は、ジャンルから探してみましょう。画面を下にスクロールすると「おすすめ」「プレイリスト」「人気急上昇」など種類ごとに曲が表示されます。撮影したい曲が選べたら、いよいよ次は撮影です。

ステップ3. 動画を撮影する


撮りたい曲名をタップすると動画の撮影画面に移動します。画面から変更したい項目のアイコンをタップしてください。はじめてTikTokを撮影する方は次の3つがオススメです。

  • 切り替え
  • 速度
  • カウントダウン

切り替えはカメラの前後を設定します。自分を撮影したい場合は、タップして変更しましょう。カメラの向きを設定したら「速度」を変更してみてください。

「x」の数値が小さいほど出来上がりが遅くなり、大きいほど早くなります。もし「はじめてで上手に撮影できるか不安」という方は「2x」か「3x」がオススメです。

撮影時には曲がゆっくりと流れて、焦ることなく表情や動きを変えられますからね。最後は「カウントダウン」を設定しておくと安心です。曲がはじまる3秒前からカウントダウンをすることができます。

しっかりと準備をしてから撮影できるので、『TikTok』初心者の方は設定しておくといいですよ。

ステップ4. 楽曲をカットする


動画の撮影ができ次第、自動的に編集画面にうつります。まずは、曲の長さを調整しましょう。やり方は編集画面右上「楽曲をカット」をタップしてください。

すると曲の波長が画面の下に表示されます。編集できる内容は「曲のスタート位置」です。

「曲のどこから動画を作成したいか」を考えて、カットしましょう。自分が面白いと思えるシーンだけ残したり、ミスをしてしまった場面を削ることができます。

特にこだわりがない人は、曲をカットせずに投稿することも可能です。もし音量が「小さい」「大きい」と思ったら編集画面上部の「ボリューム」から簡単に調整できますよ。自分の思うようにオリジナルの動画をつくりましょう。

ステップ5. 動画を加工する


いよいよ編集のメイン作業「加工」です。編集画面の下に表示された項目から、加工したい内容を選びましょう。アレンジできる内容は次のとおり。

  • 「エフェクト」:エフェクト(特殊効果)をつける
  • 「カバーを選ぶ」:サムネイルの変更
  • 「フィルター」:色味をかえる
  • 「ステッカー」:ステッカーをはる

エフェクトは『TikTok』最大の魅力といっても過言ではありません。1つ加工するだけで、動画の印象は一気に変わります。

エフェクトは動画全体に模様をつけたり、リピートさせたりするのも難しくありません。パソコンで動画編集をやろうとすると難しいことも、『TikTok』ではタップ1つでできてしまいます。

フィルターで色味を変えたうえにステッカーを貼って、世界に1つだけの動画を完成させましょう。特別なスキルも必要ないので、はじめての方でもハイクオリティな作品をつくれますよ。

ステップ6. 動画を投稿する


編集が完了したら、最後はいよいよ投稿です。動画編集画面の右下にある「次へ」をタップすると、投稿画面にうつります。動画の概要を記載して「閲覧」「コメント」「デュエット」の設定をしましょう。閲覧では「どこまでの人に動画を表示させるか」を決めることができます。

公開せず保存したい場合も、こちらの項目から設定可能です。慣れてきたら「デュエット」機能を活用しましょう。芸能人や有名インフルエンサーともコラボ動画を簡単に作ることができますよ。以上がTikTokの動画の作り方です。

動画を作るやり方を覚えてTikTokerデビューしよう

TikTokははじめて使う人ももちろん、スマートフォンに慣れていない人でさえも簡単に動画を作ることができます。撮影や編集も画面をタップするだけですからね。

具体的なやり方が知りたい方は、ご紹介した6ステップを実践してみてください。5分もかからずにハイクオリティな動画を撮影することができますよ。

TikTok ティックトック ・販売元: TikTok Pte. Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 321.3 MB
・バージョン: 6.2.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 2017 Bytedance Inc.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!