『iOS 13』のスクリーンショット画像がWWDC発表前に流出? 米メディアが公開

米メディア『9to5Mac』が、『iOS 13』のスクリーンショット画像を公開しています。

WWDC公開前に流出か


Appleは日本時間6月4日午前2時から開催される「WWDC 2019」にて、iPhoneやiPadの次期OS『iOS 13』を発表するとみられています。

しかし、その『iOS 13』のスクリーンショット画像が米メディア『9to5Mac』によって公開されました。

公開されたのはホーム画面、ミュージックアプリ画面、スクリーンショット撮影画面の3種類。

待望のダークモード搭載か

注目はミュージックアプリ画面で、画面の黒色が完全に真っ暗です。これは「ダークモード」をオンにしているとのこと。


有機ELディスプレイで黒を表現する場合、液晶ディスプレイのように画面を点灯させる必要がないため『iPhone XS/XS Max』ではバッテリーの持続時間が向上すると期待されています。

マークアップツールも変更

また、スクリーンショット撮影時に表示されるマークアップツールのデザインも変更されています。

▼『iOS 12』でのマークアップツールのデザイン


iPadではより多くのツールが表示されるようです。


リマインダーアプリが再設計

さらに再設計されるとうわさのリマインダーアプリの画像も公開されています。


「今日」、「スケジュール」、「フラグ」、「すべて」の各ボックスに大きなサイドバーがつき、タスクを探しやすくなっているようです。

「iPhone/友達を探す」が統合

「iPhoneを探す」、「友達を探す」アプリは統合され「Find My」になります。


こちらの日本語名はわかりません。「私を探す」になるのでしょうか?

AppBankでは日本時間6月4日午前2時からWWDCのリアルタイムレポートを行う予定です。ぜひAppleの配信と一緒に楽しんで貰えたらと思います。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「9to5Mac」より

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ